せっかくニキビが治っても、赤いニキビ跡が残ってしまうと憂鬱ですよね。

そこでこの記事では、Vera編集部所属のコスメコンシェルジュが

  • ニキビ跡に赤みが残る原因
  • ニキビ跡のセルフケア方法
  • ニキビ跡の治療法

…など、ニキビ跡の赤みについて徹底的に解説します。赤みを早く治すコツもあわせてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

またこの記事は、美容皮膚科医である武田りわさんにニキビ跡の赤みについて取材を行いながら作成しました。

ご協力いただいた専門家
美容皮膚科医
武田 りわさん
皮膚科医・美容皮膚科医。整形外科医である夫と福岡市でタケダスポーツ・ビューティークリニックを開業。現在は、レーザー・ケミカルピーリングなどの美容皮膚科学と、漢方・オーソモレキュラー医学(栄養療法)を取り入れた統合治療を行いながら、テレビや雑誌などを通じ正しいスキンケア方法を発信している。
クリニック公式Instagramでは症例や治療法を紹介中。個人用Instagramはこちら

すぐにセルフケア方法を見たい方は「2.ニキビ跡の赤みを早く治すためのセルフケア」からチェックできますよ。

※本記事内の情報は一般的な知識であり、症状の自己判断を促すものではありません。気になる症状がある場合、まずは医療機関に相談しましょう。

1.ニキビ跡の赤みが引かない原因

ニキビ跡赤み

ニキビがせっかく治ったのにニキビ跡が赤く残っていると、気になってしまいますよね。

実はこの赤みは、ニキビの炎症で皮膚が受けたダメージを修復しようと血管が拡張し、透けて赤く見えている状態なんです。

また色素沈着を起こしていたり、肌の奥に炎症の名残がある場合も赤く見えますよ。

赤みは自然と治る場合も

ダメージは少しずつ修復されるので、1~2年で自然と赤みが消えることもありますよ。

またニキビ跡には以下の3タイプがあり、それぞれ有効なケア方法が異なります。

◆ニキビ跡のタイプとケア方法

ニキビ跡赤み

赤み

タイプ

 

・炎症を抑える成分が効果的

・セルフケアで治しやすい

 

色素沈着

タイプ

・美白成分が効果的

・日焼けをすると消えにくくなる

クレーター

タイプ

・肌のハリ対策が効果的

・綺麗に消すには皮膚科治療が◎


このなかでも赤みタイプのニキビ跡は、早めのセルフケアで治しやすい状態です

なるべく早く赤みを消すためにも、次からご紹介するケアを実践してみてくださいね。

今すぐどうにかしたい方は…

「ニキビ跡の赤みをメイクで隠すコツ」

「ニキビ跡の赤みを解消する治療法」

※クリックで記事下部へジャンプします。

2.ニキビ跡の赤みを早く治すためのセルフケア

少し時間はかかってしまいますが、ニキビ跡の赤みはセルフケアでも対策できますよ

…の順に見ていきましょう。

2-1.化粧品でニキビ跡の赤みをケア

ニキビ跡赤み

ニキビ跡の赤みを効果的にケアするためには、

  • 肌の炎症を抑える
  • 肌のターンオーバーを整える

…といった働きを持つ、以下のような成分配合の化粧品がおすすめです。

炎症を抑える成分

・グリチルリチン酸2K

・グリチルレチン酸ステアリル

・アラントイン

・ビタミンC誘導体

・トラネキサム酸

など

ターンオーバーを整える成分

・ビタミンC誘導体

・ビタミンB群

・ビタミンE

など


とくに色素沈着や凹凸のあるニキビ跡も気になる場合には、これらの成分が両方配合されているものがおすすめ。

迷った時は「医薬部外品」を

迷ってしまった時は、「医薬部外品(薬用)」と表記されているものを選びましょう。

こういったアイテムは、しっかりとニキビ跡の赤みに働きかけてくれますよ。

また、ニキビ跡の赤みにおすすめの化粧品は以下の通りです。

◆ニキビ跡の赤みにおすすめの化粧品

 ▼低刺激性

 ▼高保湿

◇左:ノブ ACアクティブ フェイスローション モイスト【医薬部外品】

…赤く目立つニキビ跡の炎症を抑えつつ、潤いのある肌に整える。税抜3000円。

商品詳細を見る

ACアクティブ フェイスローション モイスト【医薬部外品】

・ブランド名:NOV(ノブ)

・価格:3000円(税抜)/135mL

・買える場所:公式通販、ドラッグストアなど(店舗一覧

全成分表示を見る

有効成分:サリチル酸、アラントイン、塩酸ピリドキシン
その他成分:水、BG、エタノール、ベタイン、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、ラフィノース水和物、ジグリセリン、グリコール酸、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、ヒアルロン酸Na-2、dl-α-トコフェロール、2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、ビタミンE、リボフラビン、乳酸Na液、EDTA-2Na、クエン酸、ヒドロキシエチルセルロース、ポリオキシエチレンフィトステロール、水酸化Na、メチルパラベン

 

公式サイトを見る

◇右:エトヴォス 薬用 アクネVCローションⅠ【医薬部外品】

…複数の有効成分配合で、ニキビ跡の赤み対策&美白ケアが叶う。税抜3800円。

商品詳細を見る

薬用 アクネVCローションⅠ【医薬部外品】

・ブランド名:ETVOS(エトヴォス)

・価格:3800円(税抜)/150mL

・買える場所:公式通販、直営店など(店舗一覧

全成分表示を見る

有効成分:3-O-エチルアスコルビン酸、グリチルリチン酸2K
その他成分:精製水、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、クエン酸、クエン酸Na、ヒアルロン酸Na-2、メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン·メタクリル酸ブチル共重合体液、アロエエキス-2、カッコンエキス、クロレラエキス、オウゴンエキス、DL-PCA·Na液、グリシン、DL-アラニン、プロリン、セリン、トレオニン、アルギニン、リジンHCl、L-グルタミン酸、タウリン、L-ロイシン、L-ヒスチジン塩酸塩、L-バリン、アスパラギン酸Na、L-イソロイシン、L-フェニルアラニン、チロシン、5'-イノシン酸二ナトリウム、5'-グアニル酸二ナトリウム、アラントイン、ビルベリー葉エキス、サクラ葉抽出液、ドクダミエキス、BG、フェノキシエタノール

 

公式サイトを見る

また効果的な化粧品選びとあわせて、スキンケアを優しく・丁寧に行うことも大切ですよ。

▷正しいスキンケア方法は別記事「大人ニキビのスキンケア」で詳しくご紹介

続いて、ニキビの赤みをケアするピーリングについて解説します。

2-2.ピーリングでニキビ跡の赤みをケア

ニキビ跡赤み

ニキビ跡の赤みケアには、ピーリング化粧品で肌のターンオーバーを整えることも一般的です。

ただし、

 × お肌が敏感になっている
 × ニキビが治りきっていない

…という方は肌のバリア機能が低く、刺激を受けやすいので控えましょう。

ピーリングのやりすぎにも注意

ピーリングはやりすぎると肌を傷めてしまい、逆効果です。2週間に1回程度に留め、スペシャルケアとして取り入れてくださいね。

こういったことから、ピーリングは自分で行うよりも皮膚科でやってもらうのがおすすめです。

では、皮膚科でのニキビ跡治療には具体的にどんなものがあるのでしょうか?次から詳しく解説します。

3.ニキビ跡の赤みを解消する治療法

ニキビ跡赤み

「ニキビ跡の赤みを確実にケアしたい」という場合には、皮膚科での治療がおすすめです。

皮膚科では、ニキビの種類に合わせてさまざまな治療法が用意されています。

◆ニキビ跡を消すための治療例

飲み薬・

塗り薬

ビタミン剤・抗生物質など。飲み薬と塗り薬はセットで処方される。


1点あたり約1000円(保険適用内)

ケミカル

ピーリング

ピーリング剤で古い角質を取る。1回30分で、早いと当日からメイク可能。


1回あたり約5500円~(保険適用外)

レーザー

ジェネシス(ロングパルスYAGレーザー)などで、真皮に熱を加えコラーゲンの合成・毛細血管の収縮を促す。


1回あたり約2万円~(保険適用外)

イオン導入

ビタミンCや保湿成分を電気で肌に浸透させ、ニキビ跡の改善を促す。


1回あたり約5000円~(保険適用外)

※治療方法・費用はVera編集部調べです。病院によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

この他に、ステロイドの注射・漢方薬などを併用することも。

まずはカウンセリングへ

治療は効果が高いとはいえ、人によってはお肌に合わない場合もあります。気になる方は、まずはカウンセリングに行ってくださいね。

市販の薬を使いたい場合も、まずはお医者さんに相談してからにしましょう。

次の章からは、ニキビ跡の赤み対策に役立つ豆知識をご紹介します。

4.ニキビ跡の赤み対策に役立つ2つの豆知識

ニキビ跡赤み

ポツンと目立つニキビ跡の赤みは、できるだけ早くなんとかしたいもの。

そこでこの章では、ニキビ跡の赤み対策に役立つ2つの豆知識をご紹介します。

セルフケアや皮膚科での治療と合わせて、こちらも参考にしてみてくださいね。

①ニキビ跡の赤みを悪化させないUVケア

ニキビ跡赤み

スキンケアなどと合わせて行って欲しいのが「紫外線対策」です。

紫外線を浴びると炎症が起こりやすくなり、赤みが悪化してしまう場合も。

そのため日頃から、

  • 日焼け止めをこまめに塗りなおす
  • UVカット効果のある化粧下地を使う

…などのUVケアを行ってくださいね。

また、こういったケアは色素沈着タイプのニキビ跡にも効果的です。

②ニキビ跡の赤みをメイクで隠すコツ

ニキビ跡赤み

セルフケアや治療で治していくニキビ跡の赤みですが、今すぐに隠したい時もありますよね。

そんな時はコンシーラーがおすすめ。

  • グリーン系、イエロー系
    ※とくに赤みが酷い人はグリーン系が◎

…のいずれかのカラーを使うと、ニキビ跡の赤みを自然にカバーできますよ。

◆赤みを隠すコンシーラーの使い方

ニキビ跡赤み

こうした手順にくわえ、

  • 厚く塗り過ぎない
  • コンシーラーをなじませすぎない

といったことを意識するのがポイントです。


しっかり対策・予防を行いながら、ニキビ跡を上手にカバーしていけると良いですね。

5.まとめ

ニキビ跡の赤みについて、詳しく知ることはできましたか?

最後にもう一度、ニキビ跡の赤みの対策方法をまとめました。

◆化粧品でのセルフケア

⇒炎症を抑えたり、ターンオーバーを促す成分配合の化粧品が◎

グリチルリチン酸、ビタミンC誘導体など

もう一度詳しく見る


◆ピーリングでのセルフケア

⇒週1回程度のスペシャルケアとして行うのがおすすめ

…肌が敏感な方、ニキビが治りきっていない方はNG

もう一度詳しく見る


◆皮膚科治療でのケア

⇒ニキビ跡のタイプに合わせて様々な治療法が用意されている

…肌に合わない場合もあるので、まずはカウンセリングを。

もう一度詳しく見る

このように対策方法はさまざま。

かかる期間や費用なども考えて、自分に合った効果的なケアを続けていくことが大切ですよ。

ニキビの赤みのケアをもっと知りたい方は、別記事「大人ニキビの赤みを消す方法」もチェックしてみてくださいね。

ニキビやニキビ跡に悩まない、素肌美人を目指しましょう!

この記事の編集者
ニキビ跡赤み

コスメコンシェルジュ
Vera編集部 柳澤 ヤスコ

美容ライター・エディター
コスメコンシェルジュ
日本化粧品検定1級

自身の乾燥肌で悩んでいたことから化粧品・ヘアケアについて勉強を始め、日本化粧品検定1級(JCLA)・コスメコンシェルジュ資格を取得。現在は美容ライター・エディターとして、どんな肌の方でも楽しめるメイクやスキンケアの情報を発信中。
───
コスメコンシェルジュとは?:美容成分やケア方法の正しい知識を持った専門家。「あらゆる肌悩みに対し最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル(日本化粧品検定協会より)」です。

 

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。