アトピー肌さんの入浴剤を探していても、カサカサしたり、ピリピリしたり…と自分に合ったものを見つけるのは大変ですよね。

お肌に合わないものを選ぶとアトピーを悪化させてしまう可能性もあるため、しっかりと選ぶことが大切です。

そこでここでは、

  • アトピー肌におすすめの入浴剤
  • アトピー肌の方の入浴剤の選び方
  • 入浴のコツや入浴後のケアについて

などを詳しく解説しますので、入浴剤選びの参考にしてみてくださいね。

先におすすめの商品を知りたいという方は、2.アトピー肌におすすめの入浴剤TOP3」「3.特徴で選ぶアトピー肌におすすめの入浴剤からジャンプしてみてくださいね!

1. アトピー肌の入浴剤選び

1-1. アトピーに入浴剤は効果的?

入浴には「肌を清潔に保つ」以外にも、

  • ターンオーバーの促進
  • 免疫機能のアップ

…といった効果があり、アトピーの改善に大切な行為です。

入浴剤は、こうした入浴そのものの効果を更に高める機能を持っているので、体質改善に向けたケアとしてとても有効とされています。

自分に合った入浴剤をきちんと選び、普段悩まされているお肌の悩みを積極的に改善させていきましょう。

かゆみや炎症がひどいときは…
アトピーの症状がひどく、かゆみが強い場合は、入浴せずにシャンプーだけでとどめておきましょう。

1-2. アトピーにいい入浴剤の選び方

アトピーにいい入浴剤を選ぶときにチェックしてほしいポイントは以下の3つです。

アトピーにい入浴剤選びのポイント

保湿成分配合のものを選ぶ
アトピーにいい成分配合のものを選ぶ
③ お肌の刺激になりやすい成分を避ける

種類により、アトピー症状に効くものと相性の悪いものがあるので、適切な性質のものを選んで使用しましょう。

まずは、アトピー症状に効く入浴剤の種類をご紹介します。

① 保湿成分配合のものを選ぶ

アトピー治療の基本は「保湿」です。保湿成分を配合している入浴剤はスキンケア効果を高めてくれますよ。

  • セラミド
  • ホホバ油
  • スクワラン
  • 植物エキス など

これらを使った入浴剤の湯上がりは、お肌がしっとり・スベスベになるのが特徴です。

② アトピーにいい成分配合のものを選ぶ

入浴剤を選ぶときは、アトピーにいい成分配合のものを探しましょう。

酵素系成分

主成分:蛋白質分解酵素、パパイン、パンクレアチンの酵素 等
効果:優しい洗浄効果により、お肌を柔らかくし、保湿成分が浸透し易い状態にします。


薬用植物系(生薬系)成分
主成分:カミツレ・トウキ・センキュウ・ボウワウ・ハッカなどの生薬
効果:殺菌や保湿作用に優れており、アトピー肌を始め、敏感肌・乾燥肌の方におすすめです。

これらが入った入浴剤を探してみてくださいね。

③ 刺激になりやすい成分を避ける

入浴剤の種類によっては、アトピー症状を悪化させてしまう事があるので、下記のような種類の入浴剤はなるべく使用を控えましょう。
※症状の度合いにより使用しても問題ない方もいます。

〈アトピー症状と相性の悪い入浴剤〉

成分 詳細
硫黄 成分から出る強い刺激にお肌が耐えられず、痒みや痛みを悪化させる可能性が高い。
炭酸ガス 過度な刺激によってかゆみが悪化する可能性があるので注意してください。
合成成分 防腐剤、酸化防止剤、合成色素、合成香料などは、刺激によってアトピー反応を誘発することもあります。

 
微量であれば配合されていても大きな問題はありませんが、各々の症状の度合いに応じて、体質に適した成分を取り入れて(避けて)いただくことをおすすめします。

まずは試してみることが大切
新しいアイテムを買った場合はまず一度試してみて、お肌に合うかどうかをしっかりチェックしましょう。

◆アトピー肌の入浴剤選びまとめ

アトピー肌の入浴剤選び
① 保湿成分配合のものを選ぶ
…セラミド、ホホバ油など
② アトピーにいい成分配合のものを選ぶ
…パパイン、カミツレなど
③ お肌の刺激になりやすい成分を避ける
…硫黄、炭酸ガスなど

アトピーの方のお肌は、外部からの刺激が負担になりやすい状態です。

保湿力が高く、化学成分などによる刺激の少ない入浴剤を積極的に取り入れてみましょう。

次からは、こうした選び方をもとに厳選した入浴剤をご紹介します。

2. アトピー肌におすすめの入浴剤TOP3

ここでは、おすすめの入浴剤を

  • 保湿力がある
  • 低刺激性である
  • かゆみ(炎症)を鎮静させる

という観点から厳選して、ランキング形式でご紹介します。

1位:アトピタ 薬用保湿入浴剤(アトピタ)

保湿力:★★★★★
低刺激:★★★★★
鎮静力:★★★★☆
おすすめ度:★★★★★

 

肌トラブルの原因となるお肌のうるおい不足に着目したスキンケアシリーズ・アトピタの入浴剤「アトピタ 薬用保湿入浴剤」です。

天然生薬有効成分「ヨモギエキス」を配合しているので、入浴しながらしっしんや荒れ性・あせもなどのトラブルを鎮めます

デリケートな赤ちゃんのお肌もしっとり保湿する「うるおい補給成分(ラノリン脂肪酸コレステリル:保湿剤)」を配合しています。

さらに詳しく見る

◆実際に使った方のクチコミ

アトピー入浴剤人気おすすめランキング
お肌への優しさに安心しました
読者's COMMENT
息子の肌はアトピーっぽいお肌で、合わないスキンケアがあるとよく痒みのある症状が出ますが、こちらを使った後お肌のトラブルはなく、しっとりしたお肌になりました。乾燥する今の時期でも痒がったりしないのでお肌に優しいんだな~♪と安心しました☆(乾燥肌/30代)
アトピー入浴剤人気おすすめランキング
困り果てていた中、出会いました
読者's COMMENT
冬になると全身に激しいかゆみが大発生する私。困り果てていた中、この入浴剤に出合いました。姪っ子も冬にこれを入れるとかゆみが出なくなり、楽に生活できているようです。(乾燥肌/30代)

お肌の弱いお子様でも、使用後の肌トラブルを気にせず、安心してしっとり肌をキープできます。

商品詳細

アトピタ 薬用保湿入浴剤

◆ブランド名:アトピタ
◆価格:1,512円(税込)/
500g(ボトルタイプ)
◆買える場所:ドラッグストア、スーパー、通販サイト
◆特徴:保湿◎、赤ちゃん使用可、無香料、天然生薬有効成分(ヨモギエキス)、うるおい補給成分(ラノリン脂肪酸コレステリル:保湿剤)配合
 
公式サイトを見る

 

2位:キュレル入浴剤[医薬部外品] (キュレル)

保湿力:★★★★☆
低刺激:★★★★★
鎮静力:★★★★☆
おすすめ度:★★★★☆

乾燥性敏感肌のためのスキンケアシリーズ花王「キュレル」の入浴剤、「キュレル 入浴剤」です。

うるおい成分である、

  • 潤浸保湿セラミド機能成分*
  • ユーカリエキス

…が、角層の深部まで浸透してお風呂上りの乾燥を防ぎます。

コメ胚芽油配合で、入浴効果を高め、荒れ性、しっしんなどのお肌にも効果があります。
*ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド

さらに詳しく見る

◆実際に使った方のクチコミ

アトピー入浴剤人気おすすめランキング
確かに保湿されているのを感じます
読者's COMMENT
アトピー性皮膚炎で、年中乾燥に悩まされていて、普通に湯船に浸かってしまうと逆に乾燥してしまい、肌が荒れてしまうためこちらを購入。
こちらの入浴剤は確かに保湿されているのを感じます。
普段お風呂から出たあとは乾燥で体がかゆくなってしまうのですが、そんなことはありませんでした。(アトピー肌/20代)
アトピー入浴剤人気おすすめランキング
乾燥が気にならなくなりました
読者's COMMENT
ソルトタイプや泡タイプ、アトピー肌用など様々な入浴剤を使ってきましたが、季節の変わり目にも問題なく使用できたのがキュレルの入浴剤でした。
こちらの商品を使用し始めてから乾燥が気にならなくなりました。
べたつきもなく愛用しています。(アトピー肌/20代)

しっかりとした保湿力を持ちながら、使用後のさっぱり感も持続し、季節を問わず心地よい入浴時間を与えてくれます。

商品詳細

キュレル入浴剤[医薬部外品]

◆ブランド名:キュレル
◆価格:1,080円(税込)
/420ml(約14回分)
◆買える場所:ドラッグストア、公式HP通販、その他通販
◆特徴:赤ちゃん使用可、潤い成分(『潤浸保湿セラミド機能成分*』・ユーカリエキス)
*ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド配合
 
公式サイトを見る

 

3位:みんなの肌潤風呂(北の快適工房)

保湿力:★★★★★
低刺激:★★★★☆
鎮静力:★★★★☆
おすすめ度:★★★★☆

化学成分に頼らず、自然素材による微発砲を実現させた入浴剤「みんなの肌潤風呂」です。

配合された別府明礬(みょうばん)温泉の湯の花の洗浄力と温泉ミネラル成分がお肌について汚れや油脂をしっかり除去。

また砂糖成分がお肌の水分吸収力と保湿力を高め、お肌をたっぷり潤します。

さらに詳しく見る

 

◆実際に使った方のクチコミ

アトピー入浴剤人気おすすめランキング
やっと納得できるものに出会いました
読者's COMMENT
子供がアトピーなので使用していますが、全身が常にしっとりとして潤っているのが分かります。掻き傷や皮膚が毛羽立ったようなかさ付きも目立たなくなり、やっと納得できるものに出会ったという感じです。
(混合肌/30代)
アトピー入浴剤人気おすすめランキング
今のところ大満足です
読者's COMMENT
赤ちゃんの頃から娘のアトピーに悩み、良いと言われている物はいろいろ試しました。そこでたどり着いたのがみんなの肌潤糖です。使い始めてから2週間位ですがすっかり綺麗になりました。
今の所大満足なので、アトピーが無くなるのを信じて娘の為に続けたいです。
(脂性肌/30代)

あらゆる方法を試しても、納得のいくケアが出来なかった皮膚も、即効性と共に確かな保湿力を感じさせてくれます。
 

商品詳細

みんなの肌潤風呂

◆ブランド名:北の快適工房
◆価格:2,980円(税込)/600g
◆買える場所:公式HP通販、その他通販サイト
◆特徴:砂糖(潤い保湿ヴェール成分)配合、無着色、合成香料不使用
 
公式サイトを見る

使ってみたいアイテムはありましたか?自分に合ったものを探してみてくださいね。

次からは、惜しくもランキングには入らなかったもののおすすめの入浴剤を特徴別にご紹介します!

3. 特徴で選ぶアトピー肌におすすめの入浴剤

ここでは、入浴剤の種類と効果別におすすめのアイテムを、

…という順番でご紹介します。それぞれ気になるものをチェックしてみてくださいね。

3-1. 保湿効果を高めるスキンケア系入浴剤

スキンケア系入浴剤は特に保湿効果が高く、ミルクタイプでやさしい使い心地のアイテムが多くあり、

  • アトピー肌
  • 敏感肌
  • 乾燥肌

…という幅広い方に使用されているのが大きな特徴です

保湿成分の浸透力が高く、なめらかなお肌に導いてくれるので、スキンケアの一環として美肌効果を目指す方にもおすすめです。

◆バスロマン スキンケアセラミド(バスロマン)

保湿成分である「セラミド」が、角質層に浸透し、乾燥しがちなお肌をしなやかに整える薬用入浴料の「バスロマン スキンケア セラミド」です。

さら湯のピリピリ感をやわらげる塩素除去成分を配合し、アレルギーテスト済み※なので、お肌の弱い方でも使いやすい入浴剤です。

また、イオンのベールで身体を包み込み、高い保湿効果を得られます。

※ただし、すべての方にアレルギーがおきないというわけではありません

さらに詳しく見る

◆実際に使った方のクチコミ

アトピー入浴剤人気おすすめランキング
乾燥が気になる日はこれ!!
読者's COMMENT
うるおい 、リラックス 、コストパフォーマンスの効果あり。 乾燥が気になる日はこれ。とろみがあり、かさつく肌にしみわたるような感じがして心地いいです。(混合肌/40代)

650円というコストパフォーマンスの高さも魅力のひとつですね。

商品詳細

バスロマン スキンケアセラミド

◆ブランド名:バスロマン
◆価格:650円(税込)/680g
◆買える場所:公式HP通販、その他通販サイト、ドラッグストア(一部店舗限定)
◆特徴:保湿◎、セラミド配合
 
公式サイトを見る

◆保湿入浴液 ウルモア クリーミーローズの香り(ウルモア)

「素肌の乾燥」に着目して開発された、保湿入浴液「ウルモア クリーミーローズの香り」です。

  • コラーゲン、吸着型ヒアルロン酸
  • セラミド
  • ローヤルゼリー、シアバター

…といった5種類の保湿成分に加え、うるおいベール成分「ポリクオタニウム-10」を含み、全身の乾燥をうるおいでコートします。

さらに詳しく見る

◆実際に使った方のクチコミ

アトピー入浴剤人気おすすめランキング
息子が痒いと言わなくなりました
読者's COMMENT
毎日使用中です!
これを入れるようになってから乾燥肌の息子が痒いと言わなくなりました!!
私もボディクリーム塗らなくても大丈夫なくらい潤います。
(混合肌/20代)

湯上がりに保湿クリームが不要だという声も出るほどの濃密な保湿力で、しっとりとしたお肌を仕上げます。

商品詳細

ウルモア クリーミーローズの香り
◆ブランド名:ウルモア
◆価格:750円(税込)/600ml
◆買える場所:公式HP通販、ドラッグストア
◆特徴:赤ちゃん使用◎、コラーゲン、吸着型ヒアルロン酸、セラミド、ローヤルゼリー、シアバター配合、保湿◎

 

公式サイトを見る

 

3-2. お肌を優しく洗浄する酵素系入浴剤のおすすめ

酵素系入浴剤は、皮膚に無理な刺激を与えず、洗浄効果をあげながら、入浴効果も高めてくれます。

乾燥による、お風呂上りの痒みを軽減し、疲労回復や美肌効果まで得られるアイテムが多く、様々な体質の悩み改善に広く用いられています。

◆パパヤバス(ESS)

お湯をやわらかくし、塩素による刺激を押さえてくれる酵素系入浴料「パパヤバス」です。

パパイン酵素の働きにより、古い角質や汚れをしっかり取り除き、清潔でなめらかなお肌に整えます。

さらに詳しく見る

◆実際に使った方のクチコミ

アトピー入浴剤人気おすすめランキング
久々にツルツル肌です
読者's COMMENT
すごく肌がツルツルです。かなりの乾燥が完全に良くなったワケではないのですが、久々にツルツル肌になり、3回か4回リピートしてます。
(アトピー肌/20代)

またアルコールフリー・オイルフリーで、お肌にやさしい成分が保湿効果を長時間キープしてくれます。 

商品詳細

パパヤバス
◆ブランド名:ESS
◆価格:1,890円(税込)/600g
◆買える場所:公式HP通販、その他通販サイト
◆特徴:天然パパイン酵素配合、保湿◎、赤ちゃん使用◎、アルコールフリー・オイルフリー

 

公式サイトを見る

 

◆おぷろ くも(おぷろ)

水そのものをきれいにしながら、お肌にやさしくアプローチする入浴剤のシリーズ、除塩素入浴剤「おぷろ くも」です。

塩素除去のための、ビタミンCとアミノ酸を含み、お湯ざわりを柔らかくしたうえで、ピリピリとした刺激を軽減させます。

また、コラーゲンとヒアルロン酸の配合により、乾燥したお肌に贅沢な潤いを与えてくれます。

さらに詳しく見る

◆実際に使った方のクチコミ

アトピー入浴剤人気おすすめランキング
お肌にジェルを塗ったような感覚です
読者's COMMENT
お湯に入れるとすぐに溶けて、パッケージの説明通り、お湯がまあるい感触になります。とろみ成分が入っているので、お湯からでるとお肌にジェルかクリームを塗ったような感覚で、洗い流すとつるつるすべすべ、しかもしっとりしたお肌になれました。
(混合肌/20代)

ゆずのような柑橘系の香りも人気の理由のひとつです。

商品詳細

おぷろ くも

◆ブランド名:おぷろ くも
◆価格:1,944円(税込)/10包入
◆買える場所:公式HP通販、その他通販サイト、バラエティ雑貨店
◆特徴:赤ちゃん使用◎、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC、アミノ酸配合、除塩素効果◎
 
公式サイトを見る

 

3-3. 低刺激で赤ちゃんと一緒に使える入浴剤

赤ちゃんのお肌はとても繊細で、様々な肌トラブルを起こしやすいものです。

これまでに挙げたものよりマイルドな使用感のものや、添加物等を一切使用せず、原料の素材のみを活かした種類のものを選ぶと、安心して使用できるでしょう。

こうした種類の入浴剤は、症状の重い大人の方にもおすすめです。

◆ビオレuバスミルクNa

100%ボディミルクでできており、お湯にやさしく溶け込みながら気になるカサつきをしっとりさせる入浴料「ビオレuバスミルクNa」です。

保湿成分「シアバター」と「セラミド-α*」が角質層まで浸透し、ミルクベールのうるおいがお風呂上りの乾燥から守ります。
*セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド

素肌と同じ弱酸性で、赤ちゃんのデリケートなお肌にもおすすめです。

さらに詳しく見る

 

◆実際に使った方のクチコミ

アトピー入浴剤人気おすすめランキング
夜搔きむしることも少ないです
読者's COMMENT
ほんの少しアトピーのある娘もこれを使い初めて、お風呂上がりのカサカサも落ち着いたし、夜中かきむしる事も少ないです!
ボディーソープにも敏感で痛いと言う彼女が毎日お風呂に入ると、アレ入れて~っていいます(笑)
(混合肌20代)

コスパも高く、家族みんなで使える入浴剤ですね。

商品詳細
◆ブランド名:ビオレu うるおいバスミルク パウダリーな香り
◆価格:590円(楽天市場参考税込価格)/600ml
◆買える場所:ドラッグストア、その他通販
◆特徴:保湿◎、弱酸性、ボディミルク成分(保湿成分:保湿セラミド-α、アロエエキス、ワセリン)配合
 
公式サイトを見る

 

◆華密恋(カミツレン)  薬用入浴剤

着色料や香料など、化学成分を一切使わず、カミツレエキス100%でできた、薬用入浴剤「華密恋(カミツレン)  薬用入浴剤」です。

炎症や湿疹などを防ぎ、乾燥からもお肌を守る「カモミールエキス」配合で、お肌を健やかに保ちます。

原料そのものによる保湿力に非常に優れており、香りと共にリラックスしながらデリケートなお肌を労ります。

さらに詳しく見る

◆実際に使用した方のクチコミ

アトピー入浴剤人気おすすめランキング
カミツレの強さが実感できる一品!!
読者's COMMENT
余計なものが何も入ってなくて(成分というより感触・効能的に)
カミツレの強さが実感できる逸品。
オイルくさくなることもないし、芯からあったまって肌トラブルあるときはかなり落ち着いた。
(混合肌/20代)
商品詳細
◆ブランド名:華密恋(カミツレン)
◆価格:2,250円(税込)/400ml
◆買える場所:公式HP通販、その他通販サイト、バラエティ雑貨店(一部店舗限定)、ドラッグストア(一部店舗限定)
◆特徴:保湿、赤ちゃん使用可、カモミールエキス100%、ダイズ油、ヤシ油配合
 
公式サイトを見る

使ってみたいアイテムはありましたか?気になるものを探してみてくださいね。

続いては、アトピーにおすすめの入浴方法とケア方法についてご紹介します。

4. アトピーにおすすめの入浴法

ここでは、アトピーにおすすめの入浴方法を、

  • アトピー肌の方の入浴ポイント
  • 入浴後のケア方法

…に分けて、順番にご紹介します。

4-1.アトピーの方の入浴ポイント

アトピーの症状による痛みや痒みを少しでも軽減させる為の入浴のポイントをご紹介します。

◆適切な温度設定は37~40°

高温のお湯に浸かることで体表温度が上がりすぎると、入浴後の乾燥を招きやすくなります

皮膚と体への負担を防ぐ為にも、湯船に浸かる時間は15分程度に抑え、浸かりすぎに注意しましょう

◆湯上がりにぬるま湯を被る

お湯を出たあとにぬるま湯を被りましょう。体表温度が下がるため、乾燥しにくくなりますよ。

◆身体の洗い方に注意する

頭⇒身体の順に洗うことで、シャンプーや洗顔などのすすぎ残しによる雑菌の繁殖を防止します。

身体は、石けんをよく泡立てて、タオルやガーゼなどの柔らかいものをつかって優しく洗うようにしましょう。 

POINT
汗をかきやすいわきの下や首、関節のしわがある部分は特にしっかりとていねいに洗いましょう。

◆塩素を除去する

水道水には、衛生保持のために強力な雑菌力を持つ塩素が沢山含まれています。これがアトピー肌へ強い刺激を与えてしまう可能性があります。

次のような方法を取りれて浴槽に潜む塩素を除去しましょう。

  • ビタミンまたは備長炭を浴槽に投入
  • 塩素除去用のシャワーヘッドを使用

塩素除去も可能なシャワーヘッドについては別記事の「シャワーヘッドおすすめ9選|節水や肌・髪ケアができる優秀シャワーヘッドの選び方」もチェックしてみてくださいね。

続いては、入浴後のケア方法についてご紹介します。

4-2.アトピーの方の入浴後ケア

お風呂上がりは、かゆみと乾燥が悪化しやすい時間です。湯上がり3分以内にしっかり素早く保湿ケアを行いましょう。

入浴後の保湿ケア
柔らかいタオルでやさしく押さえるように水分を拭きとる。
肌が湿っているうちに、保湿剤を手のひらでやさしく広げる。
関節やシワのある部分は、皮膚をのばして塗る。 
※浴室内でケアを行えば、より効果的になります。

入浴後に3分を過ぎた場合は、霧吹きやガーゼで皮膚を湿らせたり、化粧水を付けた後に保湿剤を塗りましょう。

また、

  • バスタオルは常に清潔なものを使う
  • お肌に刺激になるウール衣料は避ける

といったことにも気を付けましょう。

アトピーの方におすすめのスキンケアについては、別記事の「アトピー肌の化粧水」や「アトピーに効く保湿アイテム5選」でご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

最後に、さらにアトピーを改善するポイントをご紹介します。

 5.さらにアトピーを改善するポイント

ここからは、入浴以外のケアでさらにアトピーを改善していくポイントについて、睡眠・食事という普段の生活習慣から見ていきましょう。

5-1.アトピーを睡眠で改善

アトピー改善のためには、ストレスや疲れを溜めず、きちんとした睡眠を取ることも大切です。​

リラックスして速やかに眠りにつくために、以下の方法を実践してみましょう。

  • 姿勢を正して深呼吸する
  • 音楽を聴いて心を落ち着かせる
  • スマートフォンやパソコンの光をなるべく見ない
  • ストレッチを行う

入浴後のケアをしっかり行って体と心がほぐれたら、そのまま良質な睡眠をとりましょう。

ストレスを溜めないことも重要
環境の変化や仕事でのストレスも、アトピーの原因や悪化の要因になります。適度なストレス解消を行い、心をリラックスさせましょう。

続いては、アトピー肌の方の食事についてご紹介します。

5-2. アトピーを食事で改善

アトピーの方の食事では、

  • 一日三食をしっかり摂る
  • 栄養バランスのとれた食事をとる

…ということがとても大切です。食事の時間も規則正しく決めることができるとなおいいでしょう。

お肌の抵抗力を高めるタンパク質やビタミンB2・B6などを含んだ、

  • ヨーグルトなどの乳製品
  • 赤身肉や魚、卵
  • ナッツ類

…などの食材もおすすめです。

最後に、アトピーの方が控えたほうがいい食品についてもご紹介します。

◆アトピーの方が控えた方が良い食品

アトピー肌に悩んでいる方は、

  • アルコール
  • 香辛料、カフェインなどの刺激物
    …スパイスやコーヒー
  • 糖分や油脂が多いお菓子
    …チョコレートやスナック菓子

などといった食べ物はなるべく控えましょう。ジャンクフードなども避けられるといいですね。

リノール酸を避ける
サラダ油やひまわり油、ごま油に含まれる「リノール酸」はアトピーや炎症などを促進させてしまいます。代わりにアマニ油やオリーブオイルを使いましょう。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。

これまでにお話した通り、お肌の清潔と保湿をキープすることは、アトピーでお悩みの方にとってとても重要です。

また、体質に合う入浴剤を見つけ、毎日の入浴を快適に行うと共に、食事や睡眠などにも気を遣うことがポイントです。

自分に合った入浴剤選びで、一日の終わりを素敵な時間に変えていきましょう。


◆参考文献
古江増隆『アトピー性皮膚炎 正しい治療がわかる本』法研.
吉木伸子『素肌美人になれる正しいスキンケア事典』岡部美代治・小田真規子監修、高橋書店.
浅田康夫『最新改訂版 美容の医学 美容皮膚科学事典』中央書院.
小西さやか『日本化粧品検定協会®公式 コスメの教科書』日本化粧品検定協会®監修、主婦の友社.