「赤ちゃんの肌の乾燥が気になるけれど、どう保湿してあげたらいいの?」「ベビークリームを使ってあげたいけれど、ちょっと心配。」

...とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、

  • ベビークリームとは
  • おすすめのベビークリーム
  • 赤ちゃんの肌のケア方法

…などをご紹介していきます。

先におすすめのベビークリームが知りたい方は「2.おすすめのベビークリームランキングTOP3」からチェックしてみてくださいね。

1.ベビークリームの選び方

赤ちゃん用のスキンケアアイテムはたくさんありますが、ベビークリームにはどのような特徴があるのでしょうか。

1-1.ベビークリームとは

ベビークリームは、デリケートで乾燥しやすい赤ちゃんの肌を優しくケアしてくれるアイテムの一つ。

  • 生まれたその日から使用できるものが多い
  • ローションとオイルの中間のテクスチャ
  • 油分と水分のバランスが良く保湿力が高い

…といった特徴があります。

赤ちゃんの肌が乾燥する原因
赤ちゃんの肌は大人の3分の1前後ととても薄く、特に生後3か月以降は皮脂の分泌量が減るため潤いを保ちにくくなります。多量にかいた汗とともに肌表面の潤いも蒸発してしまうのも原因の一つです。

上記の理由から、保湿がかかせない赤ちゃんの肌に合うベビークリームはどのように選べばよいのでしょうか?

1-2.ベビークリームの選び方

ベビークリームを選ぶ際のポイントは、以下の2つです。

  1. 低刺激性のものを選ぶ
  2. 保湿力が高いものを選ぶ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①低刺激性のものを選ぶ

ベビークリームは、赤ちゃんのお肌にも優しい低刺激性のものを選びましょう。

以下に避けたい成分をまとめたので、商品選びの参考にしてくださいね。

避けたほうが良い成分 成分表示名
パラベン 同じ
アルコール エタノール
合成色素
(タール系色素)
黄色~号
青色~号など
合成界面活性剤 ラウリル硫酸Na
ラウレス硫酸Na


上記のような化学成分が入っていないものを選ぶためには、オーガニック認定商品を選ぶのも一つの手です。

◆オーガニック認定商品とは

オーガニック認定商品とは、オーガニックの国際的な認証基準を満たしているもののことをいいます。

以下の認証団体のマークがついているものは、厳格な基準をクリアしたアイテムですよ。

オーガニックコスメ認証団体の一例

・ECOCERT(エコサート/フランス)

・USDA(アメリカ)

・USDA(アメリカ)
・ACO(オーストラリア)

ただし、オーガニック認定商品だからといって「刺激を与えない」という保障があるわけではありません。

赤ちゃんに何らかのアレルギーがある場合、天然成分がアレルギーを誘発してしまう可能性もあるので注意しましょう。

②保湿力が高いもの

デリケートで乾燥しやすい赤ちゃんのお肌のためには、以下のような高保湿成分がたっぷり配合されているアイテムを選びましょう。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ミツロウ
  • 各種植物性オイル
    (オリーブオイルなど)

ただし、保湿剤としての植物性オイルが逆にアレルギー症状の引き金になってしまうケースがあるため慎重に選んであげましょう。

使用前にはパッチテストを
初めて使うクリームの場合、使用前にパッチテストをしましょう。パッチテストの方法については「4-2.ベビークリームを使う際の注意点」をチェックしてみてくださいね。

◆ベビークリームの選び方まとめ

ここまでご紹介した、ベビークリームの選び方をまとめました。

ベビークリームの選び方まとめ

①低刺激性のもの

…化学成分が入っていないもの
…オーガニック認証アイテムを選ぶのも一つの手

②保湿力が高いもの

…セラミドやヒアルロン酸などが配合されているもの

以上のポイントを参考にして、赤ちゃんにぴったりのベビークリームを選びましょう。

次の章では、おすすめのベビークリームをランキング形式でご紹介します。

2.おすすめのベビークリームランキングTOP3

ここでは、上記で紹介した選び方をもとに

  • 低刺激性
  • 保湿力が高い

…というポイントから厳選したベビークリームをランキング形式でご紹介していきます。

1位:ベビークリーム(アロベビー)

開発から生産までのすべてをMade in Japanにこだわった「アロベビー ベビークリーム」です。

  • 天然由来成分
    (ハマナエキス、セイヨウニワトコエキスなど)
  • オーガニックシアバター

を贅沢に配合。99%が天然由来成分なので、やさしく赤ちゃんの肌を保湿してくれます。

また、無香タイプなのでおむつ周りに使用してもにおいが気にならず、赤ちゃんもママも快適に使うことができますよ。

商品詳細

アロベビー ベビークリーム

◇ブランド名:アロベビー

◇価格:2,100円/75g

◇買える場所:公式通販サイトなど

◇特徴:99%が天然由来成分(天然由来成分・オーガニックシアバターなど、無添加・無着色・無香料

 

公式サイトを見る

2位:ベビーバーユマドンナ(マドンナ)

全国の産婦人科や総合病院でも使用されている100%天然成分の「ベビーバーユマドンナ」です。

  • 天然馬油
  • 天然ミツロウ
  • オーガニックパルマローザ油

がデリケートな肌を保湿・保護してくれます。

防腐剤・アルコール無添加の優しい処方なので、赤ちゃんだけでなく大人の肌トラブルにもおすすめですよ。

商品詳細

ベビーバーユマドンナ

◇ブランド名:マドンナ

◇価格:1200円/25g

              3300円/83g

◇買える場所:公式オンラインショップなど

◇特徴:100%天然成分(天然馬油・ミツロウなど)、防腐剤・アルコールフリー

 

公式サイトを見る

3位:ベビーミルキークリーム(ママ&キッズ)

赤ちゃんにとって理想的なママの胎内環境をお手本にしてつくられた、ママ&キッズの「ベビーミルキークリーム」。

デリケートな赤ちゃんの肌を優しく守る

  • 羊水に含まれる「8種のアミノ酸」
  • 胎脂に近い保湿成分「ベビーズエマルジョン」

…を配合。もちろんアルコール・パラベン・着色料など無添加の低刺激処方です。

スルスルと伸びが良いテクスチャのため、動き回る赤ちゃんの全身にササッと塗ることができるのも嬉しいポイントですね。

商品詳細

ベビーミルキークリーム

◇ブランド名:ママ&キッズ

◇価格:1800円/75g

             5000円/310g

◇買える場所:公式オンラインショップなど

◇特徴:8種のアミノ酸、ベビーズエマルジョン(セラミドなど)、無香料、無着色、アルコール・パラベンフリー

 

公式サイトを見る

3.特徴別おすすめベビークリーム

ここからは、おすすめのベビークリームを以下のカテゴリに分けてご紹介します。

気になるものをチェックしてみてくださいね。

3-1.持ち運びに便利なベビークリーム

赤ちゃんとのおでかけは、持ち物も多く大変ですよね。ここでは「バーム状になっていて持ち運びに便利なベビークリーム」をご紹介します。

◆ベビーバーム カモミール&カレンドラ(バジャー)

アメリカのオーガニック認証団体USDAの認定を受けている、バジャーの「ベビーバーム カモミール&カレンドラ」です。

  • オリーブオイル
  • ヒマシ油
  • ミツロウ

…などの天然由来の保湿成分を配合。赤ちゃんのデリケートなおむつ周りから敏感肌の大人まで、年齢・肌質を問わず使うことができますよ。

商品詳細

ベビーバーム カモミール&カレンドラ

◇ブランド名:バジャー

◇価格:580円前後/21g

             960円前後/56g

◇買える場所:通販サイトなど

◇特徴:オリーブオイル、ヒマシ油、ミツロウ配合、USDAオーガニック認証取得済

 

さらに詳しく見る

◆ベビーリップバーム(コアラベビー)

こちらは、生後3か月の赤ちゃんから使用できる「コアラベビー」の「ベビーリップバーム」です。

オーガニック成分配合率99.8%の優しい処方で

  • ミツロウ
  • シアバター

…などの天然保湿成分配合。

こちらはリップクリームですがカサつきが気になる全身に使うことができるため、お出かけ先でも1本持っていると便利ですよ。

商品詳細

ベビーリップバーム

◇ブランド名:コアラベビー

◇価格:1500円/5g

◇買える場所:通販サイトなど

◇特徴:生後3か月より使用可能、ミツロウ、シアバター配合

 

公式サイトを見る

3-2.プチプラでおすすめのベビークリーム

ここからは「1000円以内で購入することのできるベビークリーム」をご紹介していきます。

◆フェイス&ボディークリーム(ママバター)

こちらは、家族全員で使うことのできる「ママバター」の「フェイス&ボディークリーム」です。

100%ピュアなシアバターでできているため、敏感肌や乾燥ダメージが気になる肌をしっかり潤してくれます。

赤ちゃんや大人のボディはもちろん、顔や髪のケアすることもできる万能アイテムです。無香料なので、化粧品の香りが苦手な方にもおすすめですよ。

商品詳細

フェイス&ボディークリーム

◇ブランド名:ママバター

◇価格:500円/6g

           1200円/25g

           1900円/60g

◇買える場所:公式オンラインショップなど

◇特徴:シアバター100%、アレルギーテスト済(すべての方にアレルギーが起こらないということではありません。)

 

公式サイトを見る

◆ 保湿しっとりクリーム(アトピタ)

まるでママのお腹の中で守られているようなやさしさを実現、アトピタの「保湿しっとりクリーム」です。

天然のヨモギエキス配合で皮膚をしっとりなめらかにしてくれます。

パラベンフリーなどのやさしい処方なので、デリケートな顔周りにも使用することができますよ。

商品詳細

保湿しっとりクリーム

◇ブランド名:アトピタ

◇価格:650円/60g

◇買える場所:全国の薬局、百貨店など

◇特徴:無香料、無着色、パラベンフリー、アレルギーテスト済(※すべての方にアレルギーが起こらないということではありません。)

 

公式サイトを見る

3-3.プレゼントにもおすすめのベビークリーム

もらって困らないベビークリームは、出産祝いなどのプレゼントにもおすすめです。ここでは「ギフトセットでベビークリームとしても優秀なアイテム」をご紹介いたします。

◆ファースト・オーガニックセット(ダーマ)

ECOCERTの認証を受けた数少ないベビーケアアイテムのひとつ、ダーマの「ファースト・オーガニックセット」です。

  • シャンプー・クリーム・バーム

の全身に使える3点セット。

クリームには、保湿力の高い「オーガニックアロエベラ葉エキス」配合で、お肌の水分バランスをしなやかに整えてくれます

妊娠中や産後のママから敏感肌の方まで使用することができるためプレゼントにも喜んでもらえるはずですよ。

商品詳細

ファースト・オーガニックセット

◇ブランド名:ダーマ

◇価格:3700円

◇買える場所:通販サイトなど

◇特徴:アロエベラ葉エキス、シア脂配合(クリーム)、ECOCERT認証取得済(シャンプー・クリーム・バーム)

 

さらに詳しく見る

◆ギフトセット(ベベブー)

ママとベビーのために生まれた国産のオーガニックコスメブランド、ベベブーの「ギフトセット」。

「ボディ&ヘアウォッシュ・ミルクローション・イル・バームのスキンケア用品・可愛いトートバック」がセットになっています。

バームには

  • シア脂
  • カレンドラエキス

…配合で、デリケートな肌をしっかり保湿して肌荒れを防いでくれます

見た目の愛らしさと、持ち運びに便利なサイズ感でいつもカバンにいれて持ち歩きたくなるアイテムです。

商品詳細

ギフトセット

◇ブランド名:ベベブー

◇価格:10400円

◇買える場所:公式オンラインショップなど

◇特徴:シア脂、ヒマシ油、ミツロウ配合、ECOCERT認証のオーガニック成分使用(バーム)

 

公式サイトを見る

その他の出産祝いのプレゼントは、こちらの「ママが出産祝いでもらって嬉しかったもの15選」を参考にしてみてくださいね。

次の章ではベビークリームの正しい使い方と注意点をご紹介します。

4.ベビークリームの使い方と注意点

ここからは、ベビークリームの使い方と注意点についてご紹介していきます。

4-1.ベビークリームの正しい使い方

ベビークリームは乾燥が気になったタイミングや入浴後に、以下の手順で優しく塗るようにしましょう。

①ベビークリームを人差し指の先から第一関節くらいまで指に取る

②全身数か所にクリームを点置きする

③両手のひらで皮膚全体を覆うように伸ばす

生後4か月以降の乾燥がひどくなる時期には、ローションやオイルと合わせて使うことをおすすめします。

赤ちゃんとの大切なスキンシップの時間として、しっかり肌を保湿してあげてくださいね。

4-2.ベビークリームを使う際の注意点

ベビークリームを使う時には以下のことに注意しましょう。

ベビークリームを使う時の注意点

①使用前にパッチテストを行う

…初めて使うクリームの場合は、二の腕の裏側に少量塗って最低でも1日おき、問題がないのを確認してから使用するようにしましょう。


②使用期限を守る

…防腐剤を使用していないナチュラルなベビークリームは劣化しやすい。劣化したクリームの使用は肌トラブルの原因となる可能性があるため、使う前に商品裏面の使用期限を確認しましょう。

ベビークリームを使う際には、書かれている説明をよく読んで正しく使うようにしましょうね。

また、赤ちゃんの肌に

  • 赤い湿疹ができている
  • お尻や足の付け根にかぶれがある

…などの症状がある場合は、乳児湿疹乳児脂漏性湿疹の可能性があります。すぐに皮膚科か小児科を受診しましょう。

次の章では、赤ちゃんの肌の乾燥をケアする日常生活のポイントをご紹介します。

5.もっと赤ちゃんの肌の乾燥をケアする方法

スキンケアで保湿することだけでなく、毎日の生活の中で赤ちゃんの肌の乾燥させないよう予防することも大切です。

以下に、乾燥対策として生活の中でできることをまとめました。

赤ちゃんの肌の乾燥対策

①入浴時に肌を洗いすぎない

…特に生後間もない赤ちゃんは、皮脂分泌が盛んなため毎日の入浴が大切です。ただし洗いすぎは肌の乾燥の原因に。短時間でやさしく洗うようにしましょう。


②加湿器などで部屋の湿度を調整する

…乾燥がひどい冬場などは、加湿器を使用して部屋の湿度を5~60%に保ってあげましょう。濡れたバスタオルを部屋干しする方法もおすすめ。


③保湿タイプの入浴剤を使用する

…生後3~4か月過ぎの赤ちゃんには、保湿効果の高い入浴剤を使ってあげましょう。入浴剤を選ぶ際は赤ちゃん用のものかオーガニックのものを選んであげるようにしましょうね。

以上のことを意識して、敏感で乾燥しやすい赤ちゃんの肌をしっかり守ってあげてくださいね。

6.まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介したおすすめのベビークリームTOP3は以下の通りです。

おすすめのベビークリームランキングTOP3

1位:アロベビー ベビークリーム

2位:ベビーバーユマドンナ

3位:ママ&キッズ ベビーミルキークリーム

赤ちゃんのスキンケアは、赤ちゃんにとってパパやママとの大切なスキンシップの時間です。ベビークリームを活用して、デリケートな赤ちゃんの肌を乾燥から守ってあげてくださいね。

また、「おすすめベビーシャンプー8選|使いはじめのタイミングから上手な洗い方まで解説」でおすすめのベビーシャンプーもご紹介していますので、是非参考にしてみてください。