1. ホーム
  2. 妊娠・子育てガイド
  3. 幼児・子供の病気とケア方法
  4. 赤ちゃんの発熱の対処法|発熱の原因とママが出来る対処法を症状に合わせて全解説
赤ちゃん,発熱,人気,おすすめ,ランキング
we heart it

赤ちゃんの発熱の対処法|発熱の原因とママが出来る対処法を症状に合わせて全解説

「赤ちゃんが熱を出してしまった!」
「原因もわからないし…何をすればいいの?」
…とお悩みではありませんか?

大事な赤ちゃんが熱を出してしまい、不安で何をしたらいいかわからなくなってしまいますよね。

そこでここでは、

  • 赤ちゃんの発熱とは
  • 発熱の原因
  • 発熱への対処方法

などを詳しくご紹介していきます。また、病院で受診するときのポイントなども併せてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

※本記事内の情報は一般的な知識であり、症状の自己判断を促すものではありません。気になる症状がある場合、まずは医療機関に相談しましょう。

1.赤ちゃんの発熱とは

一般的に、赤ちゃんの場合37.5度以上「発熱」と定義されています。

しかし、赤ちゃんの平熱の平均は36~37.5度ともともと高いことが多いため、普段からご自身のお子さまの平熱を知っておくことが大切です。

発熱は、赤ちゃんのからだが病原体と闘っている証拠でもあるため、熱が高いからといって重病とは限りません。

他にどんな症状があるかを確認して、落ち着いて対処するようにしましょう。

ただし、

  • 生後3か月未満の発熱
  • 嘔吐を繰り返している
  • けいれんを起こしている

…などの症状の場合、病院でのすばやい対処が必要です。詳しくは「4.病院での対処が必要な症状」を参考にしてみてくださいね。

また、赤ちゃんの体温は、以下を参考にして正しく測りましょう。

正しい体温の測り方

① 測る前にわきの下の汗をふき取る
★汗で皮膚の表面の温度が下がるため、しっかりふき取りましょう。
② わきの下のくぼみにしっかりあてて測る

★くぼみにしっかりあてていないと、正確に熱が測れないことがあります。

続いて、赤ちゃんの発熱の原因をご説明していきます。

2.赤ちゃんの発熱の原因

赤ちゃんの発熱の主な原因には以下のようなものがあります。

  1. かぜ症候群
  2. インフルエンザ
  3. ウイルス性胃腸炎
  4. 中耳炎
  5. 便秘

上記について、1つずつ詳しく見ていきましょう。

①かぜ症候群

かぜ症候群は、

  • 鼻水・鼻づまり
  • せきや喉の痛み
  • 機嫌が悪く、食欲がない

などの症状が特徴の、急性の炎症を起こす病気全般のことをいいます。

⇒予防・対処法
こまめに水分補給をして、安静にすることがかぜを治す近道です。気になる症状があれば、迷わず病院を受診してくださいね。

②インフルエンザ

インフルエンザは、かぜ症候群の症状に加えて

  • 急な高熱
  • ぐったりとしている

といった症状が特徴の病気で、インフルエンザウイルスに感染することで発症します。

⇒予防・対処法
かぜに比べて症状が重く感染力も強いため、手洗い・うがい予防接種などであらかじめしっかり予防しましょう。

③ウイルス性胃腸炎

ウイルス性胃腸炎は、

  • 急な嘔吐や下痢
  • 水っぽい便が大量に出る

などの症状が特徴の、ウイルスに感染して起こる急性の胃腸炎です。

⇒予防・対処法

下痢や嘔吐によって体の水分が失われてます。脱水症を起こさないためにも、水分補給は忘れずにしましょう。

④中耳炎

中耳炎は、

  • 機嫌が悪い・ぐずる
  • 頭を振ったり、しきりに耳を触る
  • 黄色い耳だれが出る

などの症状が特徴で、耳が炎症を起こしてしまう病気です。

⇒予防・対処法
薬の服用や鼻水の吸引などで治療するため、中耳炎の疑いがあれば早めに病院で受診しましょう。

⑤便秘

便秘が原因で発熱することもあります。便秘は、

  • 便が固くなって3~5日以上出ない
  • 固い便が出る

といった症状が特徴です。

⇒予防・対処法
便秘は、食べ物を見直したり運動マッサージをして解消していきましょう。市販の麦芽糖を取り入れるのもおすすめですよ。

ご紹介した症状と対処法はあくまでも一例であるため、適切な対処をするためにも病院で受診しましょう。詳しくは「4.病院での対処が必要な症状」を参考にしてみてくださいね。

次は赤ちゃんの発熱への対処法をご紹介します。

3.赤ちゃんの発熱への対処方法

ここでは、赤ちゃんの発熱への対処方法を

  1. 経過に合わせて対処する
  2. 熱があるときの過ごし方

に分けてご紹介していきます。

3-1.経過に合わせて対処する

赤ちゃんの発熱には、熱の経過に合わせて適切な対処をすることが大切です。

ここでは、以下の3つの段階に分けてご紹介します。

①熱の上がり始め
②熱が上がりきったとき
③熱が下がってきたとき

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

①熱の上がり始め

◆赤ちゃんの様子

血管の収縮によって手足が冷たくなったり震えが出ることがある

⇒対処方法

・手足が冷たいようであれば、布団を足すなどして温めてあげる


②熱が上がりきったとき

◆赤ちゃんの様子

からだにほてりや汗ばみが出て、呼吸も荒くなる

⇒対処方法

・しっかりと水分補給する

(汗と呼気の両方から水分が失われるため)

・充分に睡眠をとらせる

・赤ちゃんが気持ちよさそうであれば首やわきの下、太ももの付け根などを濡れタオルや保冷剤(直接ではなく、タオルでくるむ)で冷やしてあげる
★水分補給で飲ませてもいいもの

…母乳やミルク、麦茶、湯冷まし、ベビー用イオン飲料、経口補水液


③熱が下がってきたとき

◆赤ちゃんの様子

一度下がってもぶり返すことがある

⇒対処方法

・しばらくは安静にして様子を見る

・朝、昼、夜の3回は熱を測る
・丸一日平熱が続くようになるまで観察する

上記を参考に、しっかり赤ちゃんを観察して対処してあげましょう。

次は、赤ちゃんに熱があるときの過ごし方をご紹介します。

3-2.熱があるときの過ごし方

熱があるときの過ごし方のポイントは以下の通りです。

過ごし方のポイント

◆食事のポイント

…薄味のうどん、おかゆ、野菜スープ、すりおろしたリンゴなど、消化に良い+ビタミンやミネラルが豊富な食べ物がおすすめです。


◆お風呂やシャワー

…体力の消耗につながるため、湯船は避けましょう。お湯で絞ったタオルでからだを拭く程度が◎


◆部屋の温度と湿度

夏は25~28℃冬は18~20℃が適温です。湿度は50~60%を目安としましょう。

赤ちゃんの服は基本的に「下着」+「パジャマ」を着させますが、

  • 暑そうであれば1枚減らす
  • 寒そうであれば1枚増やす

など、赤ちゃんの様子を見ながら調節しましょう。

たくさんの汗をかくので、こまめに着替えさせてあげることも忘れないでくださいね。

続いて薬の飲ませ方をご説明します。

◆薬の正しい飲ませ方

赤ちゃんに薬を飲ませるときは、以下の手順を参考にしてみて下さい。

薬を飲ませる手順

①水をたらしてすばやく練る
小さな器に1回量を入れて水を2~3滴たらして練る
★耳たぶくらいの硬さでひとかたまりになるまで


②赤ちゃんの頬の裏に貼りつける
練った薬を、頬の裏や上あごなどに貼りつける
※舌の上は苦みを感じるので×


③水や湯冷ましなどと一緒に飲ませる
嫌がるときには薬用ゼリーでくるむのも◎


④もう一度水を飲ませる
口の中に薬が残っている場合があるため、もう一度最後に水を飲ませる

赤ちゃんの発熱は、状況に合わせて適切に対処することが大切です。

上記の対処方法を参考に、赤ちゃんの発熱をなるべく早く治してあげたいですね。

次は、病院での対処が必要な症状についてご紹介します。

4.病院での対処が必要な症状

赤ちゃんの状態・症状が以下のような場合は、病院ですぐに対処する必要があります。

病院での対処が必要な症状
◆生後3か月未満の発熱
◆嘔吐を繰り返している
◆けいれんを起こしている

また、赤ちゃんの症状をお医者さんにしっかり説明するためにも、

  1. いつごろから続いているのか
  2. どんな症状なのか
  3. 熱や食欲について

などの様子を細かくチェックしておくことが大切です。 受診のときには以下の持ち物を用意しておくとスムーズですよ。

受診のときの持ち物リスト

・健康保険証

・母子健康手帳

・病院の診察券

・ミルク

・おむつと着替え

・筆記用具

・赤ちゃんのおもちゃ など

いざというときのためにも、赤ちゃんの様子をじっくり観察して適切に対応するための準備をしておきましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?
今回ご紹介した発熱への対処方法を以下にまとめました。

発熱への対処方法

・むやみに下げようとしない

・熱の経過に合わせた対処をする

・ビタミンやミネラルが豊富な食べ物を食べさせる

・湯船は避け、絞ったタオルでからだを拭く

・室温は、夏は25~28℃、冬は18~20℃に設定する

・汗をかいたらこまめに着替えさせる

病院での対処が必要な症状が出たらすぐに病院へ

赤ちゃんの熱が出たときには、上記を参考に適切に対処することを心がけてくださいね。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。