出産祝いを用意するときに気になるのが、出産祝いの金額の相場ではないでしょうか。

あまりに高すぎてもお返しを悩ませてしまいますし、かといって安すぎるものは贈りたくないですよね。

ここでは、そんな出産祝いの相場を、出産祝いの基本的な知識とともにご紹介いたします。

関係とシーンに則した相場から出産祝いを選んで、相手に気負わせることなくスマートにお祝いの気持ちを伝えましょう!

どんな出産祝いが喜ばれるのか知りたい方は、別記事の「ママが出産祝いにもらって嬉しかったもの15選」でご紹介しています。

出産祝い 相場出産祝い 相場

1.出産祝いのルール

出産祝いを贈る前に、出産祝いのルールを確認しておきましょう。礼儀を守るという意味でも、相手に迷惑をかけないという意味でも、しっかり把握しておきたいですね。

1-1.出産祝いを贈るタイミング

まず、出産祝いを贈るタイミングについてです。

前提として、出産祝いは「出産の報せを聞いてから」贈りましょう!
ちなみに、無事の出産と母子の健康を確認してからお祝いを用意するのが基本です。

また、赤ちゃんの「生後7日~1か月くらい」に贈るのがベスト。

贈るタイミングについては地域によって差があるため、もし可能であれば相手が住んでいる地域、または相手が出産した地域でいつ贈るのがベストかを調べられると◎!

1-2.出産祝いの贈り物のルール

続いて、出産祝いの贈り物についての覚えておきたいルールについて説明します。

まず、出産祝いに添える表書きについて。
表書きには、「御祝」「ご出産」「寿」「御出産御祝」と書いて贈るのがマナーです。

続いて、水引の種類について。水引は、「紅白蝶結び」を選びましょう。
紅白蝶結びは何度でも結びなおすことができるため、「何度あってもよい」ようなお祝いごとやお礼に使われる熨斗なんですね。

出産祝いを贈るときのルールまとめ
・贈るタイミングは生後7日~1か月程。
・表書きは「御祝」「御出産御祝」「寿」「ご出産」
・水引の種類は「紅白蝶結び」

次項では、出産祝いの相場についてご説明します。

2.出産祝いの相場

ここからは、出産祝いの贈り物の相場を解説していきます。

2-1.関係別でみる出産祝いの相場

まずは、「自分と贈る方との関係別」でみる出産祝いの相場をご紹介します。
関係別の大体の相場は、以下の通りです。

  • 親戚:1~3万円ほど
  • 親友:1万円ほど
  • 友人・知人:5000~1万円ほど
  • 同僚・会社関係:5000~1万円ほど
  • 近所・隣人:3000円ほど

以上の相場を参考にプレゼントを選んでみてくださいね。

ここで注意したいのは、あまり高価すぎるものをプレゼントすると、相手がお返しに困ってしまうかもしれない…ということです。
相手に気負わせないように、ちょうどいい値段のギフトを贈りましょう。

とはいえ、ベビーカーのような「少し高価なもの」を贈りたい…という方もいるはずですよね。
そういうときは、友達や同僚など複数人の連名でお金を出し合い、みんなで少し高価なプレゼントを贈るのがオススメです!

POINT
ちなみに、親子間での出産祝いはそのまま「新生活への援助金」となることが多いため、相場は特にありません。
高価なものを贈る家庭もあれば、1~3万円を現金で贈る家庭や、また出産祝いの代わりとして日常生活をサポートする…という家庭もあり、それぞれケースが異なってくるためです。

2-2.年代別に見る出産祝いの相場

続いて、贈る側(自分)の年代別に見る出産祝いの相場をご紹介します。
諸説ありますが、年代別の相場は以下の通りです。

  • 20~30代:5000円程度
  • 40~50代:1万円程度

前述の「関係別でみる相場」と照らし合わせながら、相場に適した出産祝いのプレゼントを選びたいですね。

ちなみに親族以外ですと、どういった関係であっても出産祝いの相場はおよそ5000~1万円くらいになります。

POINT
出産祝いのお返しである「内祝い」の相場は、いただいた金額の1/3~1/2程度です。贈る相手が多くの人に内祝いをするという金銭的負担を考えると、高価すぎるものは贈らないようにしたほうがベターです。
詳しくは別記事の出産祝いのお返し|知らないでは済まされない正しいマナーを解説で解説しています。

2-3.双子の出産祝いの相場

どうしたらいいか迷ってしまうことが多いのが、双子の赤ちゃんの出産祝いです。双子の赤ちゃんの出産祝いの相場は、

「上記で紹介した相場の1.5倍~2倍の金額」

を用意できるといいですね。
とはいえ、地方によっては「子どもがひとり生まれたときと同じ程度」とするところもあるため、贈る相手の地域の伝統を確認しておけるとベストです。

また現金や商品券ではなくおもちゃなどの現物を贈る場合は、双子で仲良く使えるように品物をふたつ用意しましょう!

2-4.お金を贈るときに気を付けたいポイント

ここでは、出産祝いにプレゼントではなく「現金」を贈りたいときに気を付けたいポイントをご紹介します。

まず、贈る金額は前々項と前項を参考に、
縁起が悪い「4」「9」の入った額は入れないようにしましょう

また贈るお金は、新札をご祝儀袋に入れて用意するのがマナーです。

出産祝いの贈り物の相場まとめ
①出産祝いの相場平均は大体5000~1万円
②現金を贈る場合、縁起が悪い「4」「9」の入った額はNG
③現金を贈る場合、新札をご祝儀袋に入れて用意する

3.出産祝いにおすすめのアイテム

出産祝いの大体の相場がわかったところで、出産祝いにおすすめのアイテムをご紹介します。

3-1.80cm以上のベビー服

多くの人に喜ばれている出産祝いは「ベビー服」です。
生まれてすぐ着るサイズのものは両親や親戚が買い揃えているパターンが多いため、生後半年~1歳半くらいで着るサイズ(80cm~)のものを選ぶと喜ばれます。

いま、ママに人気のベビー服ブランドをランキングでご紹介します。

☆ママに人気のベビー服ブランド☆
1位:PETIT BATEAU(プチバトー)
…上質で優しい着心地と高いデザイン性から、多くのママに愛されている。シンプルでも流行りを取り入れ、どんなコーディネートにも合うオシャレなデザインが特徴。
>> PETIT BATEAU 公式サイトを見る

2位:COMME CA ISM(コムサイズム)
…日本人の肌色になじむような色を使ったアイテムが特徴。おとなしい服がメインだが、クマや蜂など動物をモチーフとしたポップなデザインも取り揃えている。

3位:RALPH LAUREN(ラルフローレン)
品のある鮮やかな子供服が多く、デザインもお馴染みのワンポイントポニー刺繍がメインのシンプルスタイル。

また別記事の「出産祝いのベビー服選び|もらって嬉しいハイセンスなブランドの選び方」では、3つ以外にも出産祝いにおすすめのベビー服ブランドをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

3-2.エルゴベビーの抱っこひも

まず一つ目は、「動きやすさ」と「快適性」を追求しママ人気No.1の座を獲得している「エルゴベビーの抱っこひも」です。

肩と腰から赤ちゃんをしっかり支えることで身体への負担がかかりにくく、その快適さは人間工学的な観点から見てもお墨付きをもらえるほど。

ちなみに、このエルゴベビーの抱っこひもは世界のセレブにも愛されており、オシャレで情報感度の高いママ達の間で大人気のアイテムなんです。

3-3.現金や商品券

相手が貰いすぎて困るものではなく、また必要なときに必要なものを買える…ということで人気なのが「現金・商品券」です。
相手の好みや欲しいものがわからないとき、何を贈ればいいか迷ったときにも使えるため、贈る側も贈られる側も嬉しいギフトですね。

POINT
商品券といえばデパートのものが定番ですが、なかでもベビー・マタニティ用品専門店の「ベビーザらス」の商品券が特に人気。
500~10万円までチャージできるプリペイド形式のため、使い勝手が良いところが魅力的です。
「ベビーザらス」公式サイト

3-4.ママ用のプレゼント

赤ちゃん用のグッズではなく、あえてママ用のプレゼントを選んでもいいですね。
ママ用のプレゼントとして人気なのは、

  • ノンカフェインの「お茶・お菓子」
  • 授乳しやすくなる「授乳クッション」
  • マザーズバッグ、おむつポーチなどの「育児グッズ」

…などです。
これからとっても頑張るママを手助けできたり、ほっとリラックスできるようなギフトを贈ってみては?
ママに人気のアイテムブランドもあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ママに人気のアイテムブランド
「LUPICIA(ルピシア)」(紅茶)
「BOBO(ボボ)」(授乳クッション)
「Cath Kidston(キャスキッドソン)」(ファッション小物)
「gelato pique(ジェラートピケ)」(ファッション小物)

4.まとめ

出産祝いの大体の相場はわかりましたか?
出産祝いのおおよその金額相場は、

  • 親戚や親友:1~3万円ほど
  • 友人・知人・職場関係:5000~1万円ほど

となっています。
上記で説明した相場を参考に、気持ちを込めた出産祝いのプレゼントを選んでいきましょう!

また、別記事の

では、実際のアンケートをもとにした出産祝いにおすすめのアイテムを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

また出産祝いにベビー服を選ぶときには別記事の「赤ちゃん服のサイズの見方|出産祝いでも間違えない選び方」を参考にしてみてくださいね。

相場とマナー・ルールに気を配りながら、心を込めて出産をお祝いしましょう!

出産祝い 相場出産祝い 相場