夏の間も紫外線対策はしていたけれど、やっぱり夏前に比べて日焼けが気になるという方がほとんどなのではないでしょうか?多少の日焼けは仕方がないことですが、肌が受けたダメージを補修して白肌を取り戻したいですよね。

・シミやそばかすを増やしたくない
・夏終わりの乾燥肌をどうにかしたい
・なるべく早く美白肌に戻したい

そんなお悩みを解決する美白習慣を一緒にお勉強していきましょう。今回は、高級なスキンケアグッズなどに頼らず “日常の習慣で美白を取り戻すこと” が目的です。

1. 日焼けと美白の仕組み

日焼けと美白の仕組みを知らずに対策や予防をしても、納得度や効果は最大化されません。まずは仕組みについてご説明します。

肌が黒くなるのは“防御”のため

日差しを浴びて肌が黒くなるのには理由があります。あびた紫外線が肌に吸収されるのを軽減するために、メラニン色素が生成されます。このメラニン色素がお肌にバリアを作ってくれるおかげで肌へのダメージを減らすことが出来ます。

もう少し詳しく話しましょう。紫外線の刺激を受けると、肌の情報伝達物質が発生します。この中には肌の酸化・老化を促す「活性酸素」やメラニン色素をつくりだす司令塔の「メラノサイト」などが含まれます。

するとメラノサイトは肌にダメージを与える活性酸素を吸収しながら「メラニン色素」を作り出します。つまり日焼けをするということは、肌を活性酸素から守っている証拠なのです。つくられたメラニン色素は徐々に肌の表面に表れ、この時に肌が日焼けした状態になります。

メラニン色素が作られたお肌はどうなるの?

次に気になるのは、ターンオーバーによってメラニン色素が表面化した後の「日焼け後お肌」の経過ですよね。通常は更にターンオーバーが繰り返されることによって、メラニン色素が少ないお肌(日焼けしていないお肌)が再び表面に表れます。真夏ほど日差しが気にならなくなる秋〜春の間に徐々に肌が白く戻っていく仕組みがこれです。

上記のようにメラニン色素は時間が経てば無くなってしまう(ターンオーバーされる)のですが、何かの原因で過剰に作られてしまったり蓄積されたりすると「シミ」として残ってしまうこともあります。

つまり“メラニン色素”を減らす

日焼けは肌表面の「メラニン色素」が原因であり、美白肌に戻すためにはその「メラニン色素」を減らせば良いのだということがわかりました。今回は、夏終わりの肌を美白に戻すためのメカニズムとして以下のことに着目します。

①肌のターンオーバーを正常化して皮膚表面のメラニン色素を一掃
②メラニン色素の生成を抑えて色素沈着(シミ)を防ぐ

①については正常な期間(28日とされています)ターンオーバーが進めば、白い肌を取り戻すまでの時間が短くなります。

②については必要以上にメラニン色素が生成されるのを防ぐことでシミができにくい肌をつくることができます。それでは、それぞれの詳しい対策方法を見ていきましょう。

2. 日焼けの美白ケア

仕組みが分かったところで、早速日焼けの美白ケアについてご紹介していきます。

2-1. 肌のターンオーバーを促して美白

ターンオーバーには28日という周期があります。基本の生活習慣を見直して、健康的な生活を取り戻すことが第一歩です。

“夜の睡眠”は成長ホルモンのゴールデンタイム

ターンオーバーを促すために大切なことが夜の睡眠です。夜眠りについて熟睡し始めてからの3時間が最も成長ホルモンが分泌される時間だとされています。この成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれているのです!

キャサリン♥さん
COMMENT
お肌の細胞の修復や再生、新陳代謝を活発にしているホルモンが睡眠中に分泌されるのです。ケラチンやコラーゲンが生成も成長ホルモンが手助けしてくれてます。お肌だけじゃない!若返りホルモンといわれるように、脂肪を減らしてくれたり、筋肉量や骨密度をあげてくれたり、ダイエットや健康にも欠かせない重要なホルモンなんです。(カラコロキレイ

早寝が難しい働くママでも、夜はぐっすりとリラックスして眠れる工夫をしましょう。安心して眠れるように朝ご飯の準備を簡単にしておいたり、眠る前の5分間でストレッチをしてみたり、アロマが香るバスタイムなんかも良いですね。

肌に負担をかけない“こまやかなスキンケア”

毛穴パックやスクラブやピーリングのように短期的に効果が望めるケアは満足度こそ高いものの、肌への負担もとても大きいです。そのようなケアを行うと、肌が自然と行っているターンオーバーのサイクルを崩してしまうことになります。

スキンケアのキーワードは 「やさしく、こまかく」です。

・洗顔をするときはたっぷりの泡で、ちいさくクルクルとマッサージするように行う。
・毛穴の奥まで化粧水がしみ込むように、数回に分けて化粧水をパッティングする。
・化粧水で潤った肌に、最後乳液でフタをする。

肌がしっとりするから、という理由で乳液をつけて安心してしまうのは間違いです。乳液の保湿効果は、化粧水で補った水分を外に逃さないようにするためだからです。まずは化粧水でお肌がひたひたになるくらいまで保水をしてあげましょう。

なお、お肌の奥まで水分補給するために効果的なのが「水素水」だそうです。世界で1番小さな分子が水素であるため、小さな毛穴の奥までも入り込めるのです。

2-2. メラニン色素の生成を抑えて美白

色素沈着を防ぐことが出来ればシミが出来にくくなります。メラニン色素の生成を抑えるにはどうしたら良いでしょうか?

メラニン色素に効果がある“栄養素を取る”

具体的には、ビタミンC(色素沈着を抑える)・ビタミンA(肌の潤いをキープ)・ビタミンE(新陳代謝を促すのでターンオーバーに効果あり)・タンパク質(身体や皮膚の基盤を作る)といった栄養素が求められます。

ただ、ビタミンCを取るために柑橘類ばかり食べてしまうと逆にダメージを与えてしまうのだとか。大量摂取には気をつけてくださいね。

1番良いのは上記の栄養素を含んだメニューを取り入れて自炊することですが、それが難しい場合は「コンビニのチーズやサラダチキン」であったり「ビタミンの錠剤を飲んで栄養補給」をすることでも充分に効果があります。ケアにストレスを感じてしまっては意味がないので、“できる範囲で無理せず” が大切です。

メラニン色素の原因 “紫外線をブロック”

根本に戻りますが、そもそもの原因である紫外線になるべく触れなくてすむことが重要ですよね。意外と知らない 「紫外線を防ぐことが出来るメイクテクニック」をご紹介しましょう。

・ファンデーションはパウダー>リキッド 
パウダーファンデーションには光を跳ね返す効果があります。メイク前にSPF効果がある下地や、日焼け止めを塗ると思いますがお化粧直しが難しいですよね。そんな時でも、お粉だけは重ね直してあげるようにしましょう。

・唇にもUV対策リップを
見逃しがちなのが唇の紫外線対策。顔の皮膚よりもデリケートで薄いので、唇にもシミが出来てしまう可能性があります。リップメイクの前にSPFつきのリップクリームを塗ることを忘れないようにしましょう。スキンケアも、唇に潤いを与えることを意識して下さいね。

3. まとめ

「肌を白くしたい!」という気持ちだけが先行しがちですが、日焼けと美白のメカニズムを知ることで普段の生活でも納得度が高いスキンケアができそうですよね。

ご紹介した方法は当たり前のことばかりですが、「ほんのひと工夫でお肌がかわる」ということを忘れずに自分のお肌を大切にしていきましょう。