高い保湿力やマッサージに使えることで人気の「ボディオイル」ですが、

「ボディクリームやミルクとはどう違うんだろう?」「どう使っていいかわからない」…など悩んでしまう方も多いですよね。

そこでここでは、

  • ボディオイルの特徴
  • ボディオイルの選び方
  • おすすめのボディオイル

…などをご紹介します。最後には、ボディオイルの正しい使い方や注意点も解説しますのでぜひ参考にしてください。

先におすすめのボディオイルが知りたいという方は、「3. おすすめのボディオイルTOP3」にジャンプしてチェックしてみてくださいね。

※本記事でいう「むくみケア効果」とは、マッサージによって血行促進やリンパの流れを良くすることをいいます。「エイジングケア」とは、年齢に合ったお手入れのことをいいます。

1. ボディオイルの特徴

「ボディオイル」とは、ボディケア用に使う美容オイルのこと。主に自然由来のオイルから作られており、肌への刺激が少ないのが特徴です。

また、顔や髪のケアなど、ボディ以外にも様々な使い方ができるのもボディオイルならではのポイント。

ボディオイルには主に、

  • お肌を保湿して乾燥を防ぐ
  • マッサージ時に使い、むくみ・セルライト対策
  • 肌を柔らかくして妊娠線を予防する

…といった使い方があります。オイルは滑りがよく摩擦が少ないため、敏感肌の方にもおすすめですよ。

では、ボディクリームやボディミルクとはどのような違いがあるのでしょうか。

ボディクリーム・ボディミルクとの違い

・ボディオイル

…油9:水1で、天然の植物油が主成分。保湿効果が高く、入浴後の濡れた肌に使える製品も多い

・ボディクリーム

…油7:水3で、オイルやワセリンが主成分。保湿効果はオイルに次いで高い

・ボディミルク

…油3:水7で、水分が多い。べたつかずにさらさらとした肌に仕上がる

違いがわかったところで、次は自分にあったボディオイルの選び方を見ていきましょう。

2. ボディオイルの選び方

うれしい効果がたくさんあるボディオイルですが、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

ボディオイルを選ぶときには、以下のポイントに気を付けましょう。

  • 植物由来成分を配合したオイルを選ぶ
  • 使用目的に合わせて選ぶ

では、選び方について詳しく見ていきます。

2-1. 植物由来成分を配合したオイルを選ぶ

ボディオイルでは、植物由来成分が配合されたものを選びましょう。肌に優しく保湿力や美容効果が高いのでおすすめですよ。

植物由来オイルの中でも保湿力が高くおすすめなものが以下のオイルです。

おすすめの植物由来オイル
・ホホバオイル
・オリーブオイル
・アボカドオイル
・椿オイル
・マカダミアナッツオイル
・セサミオイル

また植物由来オイルでは「100%天然成分」や「オーガニック認証獲得済み」のものだとなお良いですね。

2-2. 使用目的に合わせて選ぶ

ボディオイルは使い道が多いぶん「よくわからないまま自分の目的に合ってないものを選んでしまった」…なんてことも多くあります。

…という2つの目的に合わせた選び方をご紹介します。

保湿用に使いたいときは、上の「2-1. 植物由来成分を配合したオイルを選ぶ」から、高保湿オイルが配合されたものを選んでみてくださいね。

・マッサージ、むくみケアに使いたいときは…

ボディマッサージ用のオイルには、滑りがよくベタつかないものを選びことが大切です。

オイルでお肌にかかる摩擦を減らしてなめらかにマッサージしていくことで、

  • お肌や体の血行を促進
  • リンパの流れを良くする

…といったむくみケアができますよ。

またお肌を引き締めたり、やわらげるような成分が配合されたオイルだとなおおすすめです。

・妊娠線ケアに使いたいときは…

妊娠線対策として使うのであれば、無香料または微香性の、妊娠中でも気分の悪くならないものがおすすめです。

また、妊娠中はお肌も敏感になっていますので、刺激の強すぎないお肌に優しいものを選ぶようにしましょうね。

妊娠線予防のマッサージ方法は、「おすすめの妊娠線クリーム9選|しっかり予防するための正しい使い方と選び方」で詳しくご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

◆ボディオイルの選び方まとめ

ボディオイルの選び方をまとめてみました。

ボディオイルの選び方まとめ

◆植物由来成分を配合したオイルを選ぶ

・お肌に優しい

・保湿力・美肌効果が高い


◆使用目的に合わせて選ぶ

→マッサージなら…
引き締め・むくみケア効果に期待

→妊娠線ケアなら…
無香料・微香性、お肌に優しいものがおすすめ

自分に合ったボディオイルの選び方がわかったところで、続いてはおすすめのアイテムをご紹介します。

3. おすすめのボディオイルTOP3

ここでは、特に保湿力が高いものを中心に、おすすめのボディオイルをランキング形式でご紹介します。

1位:ホホバオイル(無印良品)

保湿力:★★★★★
使い心地:★★★★★
おすすめ度:★★★★★

無印良品の「ホホバオイル」は、口コミサイトでもNO.1になるなど、大人気のボディオイル。

ホホバの種子から得られたオイルを精製した植物由来のオイルで、テクスチャもさらりとして使いやすいものとなっています。

保湿効果が高く全身のケアに使えるほか、ヘアトリートメントクレンジングとしても活用できる優秀アイテム。

テクスチャにも香りにもクセがないないため、使いやすいという声が多く聞かれました。3種類の容量とプチプラなところも魅力的ですね。

商品詳細

ホホバオイル
◇ブランド名:無印良品
◇価格:

 900円(税込)/50 mL

 1,600円(税込)/100 mL

 2,500円(税込)/200 mL
◇買える場所:実店舗、公式オンラインショップ
◇特徴:高保湿、様々な用途、無香料・無着色、プチプラ

 

公式サイトを見る

2位:オーガニックホホバオイル(ナチュラルオーケストラ)

オーガニックブランドのナチュラルオーケストラ、「オーガニックホホバオイル」

100%オーガニック認定された天然のオイルで、ホホバオイルはアミノ酸・ミネラル・ビタミンを豊富に含んでいます。

また低刺激で酸化しにくく保存がきくため、万能オイルとも呼ばれています。高保湿で、エイジングケアもできますよ。

口コミ評価も高く、容量もお試しの小さなものから多めのものまで3種類のサイズから選べますよ。

商品詳細

オーガニックホホバオイル
◇ブランド名:ナチュラルオーケストラ
◇価格:

 2,778円(税抜)/34mL
 4,352円(税抜)/55mL
 9,260円(税抜)/210mL
◇買える場所:公式オンラインショップのみ
◇特徴:100%オーガニック、高保湿、様々な用途

 

公式サイトを見る

3位:天使の聖油(キャメロン&ガブリエル)

スキンケアブランド・キャメロン&ガブリエルの、高機能美容オイル「天使の聖油」

スクワランやアーモンドオイル、椿オイルなどを贅沢に配合した商品です。乾燥肌や年齢を重ねたお肌の角質までスーッと浸透し、ハリ・ツヤ・潤いを与えてくれますよ。

また、酸化に強い天然美容オイルを使っているため、油焼けや日焼けの心配がないのがうれしいですね。香りは使うたびに癒されそうなグレープフルーツの香り。

商品詳細

天使の聖油
◇ブランド名:キャメロン&ガブリエル
◇価格:4,320円(税込)/40mL
◇買える場所:公式オンラインショップ、販売代理店の美容室・エステサロン
◇特徴:高保湿、エイジングケア、様々な用途、油焼け・日焼けの心配なし、グレープフルーツの香り

 

公式サイトを見る

保湿力の高いアイテムを中心にご紹介しましたが、いかがでしたか?

次からは、マッサージ向きのものや香りの好みで選べるものなど、特徴ごとにおすすめのアイテムをご紹介します。

4. 特徴別おすすめのボディオイル

ここでは、おすすめのボディオイルを、

の3つの特徴別にご紹介していきます。参考にしてみてくださいね。

4-1. マッサージ用におすすめのボディオイル

マッサージ用にボディオイルを使いたい!という方は多いですよね。そこでここでは、特にマッサージに適したボディオイルをご紹介します。

◆ホワイトバーチ ボディオイル(ヴェレダ)

ナチュラル・オーガニックコスメブランド、WELEDA(ヴェレダ)の人気オイル、「ホワイトバーチ ボディオイル」

ホワイトバーチとは白樺のことをいい、アンズ核油やホホバ種子油などをベースに、引き締め・ハリ・キメ効果の高い白樺の葉エキスなどをブレンドしたオイルです。

お肌のざらつきケアのために開発されたマッサージ用オイルなので、気になる部分のお肌を滑らかにやわらげてくれますよ。

商品詳細

ホワイトバーチ ボディオイル
◇ブランド名:WELEDA(ヴェレダ)
◇価格:4,104円(税込)/100mL
◇買える場所:直営店、東急ハンズやドラッグストア、公式オンラインショップ、ネット通販など
◇特徴:マッサージ用オイル、ざらつきケア、引き締め効果、グレープフルーツの香り

 

公式サイトを見る

 

◆アンティ オー(クラランス)

フランス生まれのスキンケアブランド・クラランスのボディオイル、「アンティ オー」

血行を促進してお肌をしっかり引き締めながら、ビターオレンジやレモンなどの香りが包み込んでくれる癒しのマッサージオイルです。

水分のたまったむくみ脚の疲れをケアしてくれます。さらりと軽いテクスチャで、使いやすいアイテムですよ。入浴後の湿ったお肌に使うのがおすすめです。

商品詳細

アンティ オー
◇ブランド名:クラランス
◇価格:7,992円(税込)/100mL
◇買える場所:直営店、公式オンラインショップ、ネット通販など
◇特徴:マッサージ、引き締め、むくみケア、セルライトケア

 

公式サイトを見る

 

◆マッサージオイル アンセンテッド(アロマベラ)

カリフォルニア生まれアロマブランド・アロマベラの、「マッサージオイル アンセンテッド」

100%植物由来のオイルで、香りに敏感な方でも使える無香料タイプ。

「リラクゼーション」「フォー スポーツ」など用途に合わせて選べるラインナップも魅力的なシリーズですね。

カノラオイル(アブラナ種子油)やホホバオイル・オリーブオイルなど様々な配合成分が角質層までしっかり浸透してくれます。

商品詳細

マッサージオイル アンセンテッド
◇ブランド名:アロマベラ
◇価格:1,500円(税抜)/200mL
◇買える場所:直営店(香ぎゃらりぃ)、公式オンラインショップ、ネット通販など
◇特徴:マッサージ、無香料、保湿、様々な用途

 

公式サイトを見る

つぎは、香りがいいと評判のボディオイルをご紹介します。

4-2. いい香りと評判のおすすめボディオイル

ボディケアのときには「素敵な香りで癒されたい」という方も多いのでは?

そこでここでは、いい香りがするおすすめのボディオイルをご紹介します。

◆プロディジュー オイル(ニュクス)

フランスのナチュラルコスメブランド・NUXE(ニュクス)の「プロディジュー オイル」

マカダミアオイルやヘーゼルナッツオイル、アーモンドオイルなど6種の植物オイルを配合した保湿効果たっぷりの美容オイル。

ボディケア以外にも顔や髪、ネイルケアなど全身に使えます。

香りはオレンジブロッサムやマグノリア(木蓮)などの上品な香り。バスオイルとしても使うことができ、贅沢なバスタイムを過ごすこともできますよ。

商品詳細

プロディジュー オイル
◇ブランド名:NUXE(ニュクス)
◇価格:

 3,240円(税込)/50mL
 5,508円(税込)/100mL
◇買える場所:直営店、公式オンラインショップ、プラザ・マルイ・LOFTなど
◇特徴:オレンジブロッサムやマグノリアの香り、保湿、バスオイルにもおすすめ

 

公式サイトを見る

 

◆ボディオイル(サボン)

イスラエル生まれのボディケアブランド・SABON(サボン)の「ボディオイル」です。

アーモンドやアサイーなど様々な草花から抽出した天然オイルをベースにした保湿用のオイルで、スプレータイプでべたつかないのが特徴。

香りはバニラ、ラベンダー、パリョリラベンダーバニラ、ムスクの4種類から選ぶことができ、自分の好みに合った香りを楽しめますよ。

商品詳細

ボディオイル
◇ブランド名:SABON(サボン)
◇価格:3,000円/100mL
◇買える場所:実店舗、ネット通販など
◇特徴:バニラ・ラベンダー・パリョリラベンダーバニラ・ムスクの香り、保湿、スプレータイプ

 

公式サイトを見る

 

◆ローズアロマオイル RX(ばら園)

資生堂のヘアケア/ボディケアブランド・ばら園の「ローズアロマオイル RX」です。

咲きたてのばらからとれる、ローズヒップオイルやホホバオイル、ティーローズなどを凝縮したアロマオイル。

オイルとエッセンスが2層になっており、お肌につやを与えてくれますよ。

香りはみずみずしいばらの香り。ばらやお花の香りの好きな女性にはたまらないオイルと言えそうです。

商品詳細

ローズアロマオイル RX
◇ブランド名:ばら園
◇価格:1,944円(税込)/75mL
◇買える場所:化粧品店、ドラッグストア、公式オンラインショップなど
◇特徴:ばらの香り、ローズヒップオイル、保湿

 

公式サイトを見る

次では、匂いが気になる方におすすめの無香料、微香性のボディオイルを見ていきましょう。

4-3. 無香料・微香性でおすすめのボディオイル

ボディケアは、なるべくなら香りの気にならないアイテムを使いたい…という方も多いですよね。

そこでここでは、無香料・微香性でおすすめのオイルをご紹介します。

◆ソンバーユ 無香料(尊馬油)

薬師堂の尊馬油の、「ソンバーユ 無香料」です。馬油を100%配合した、無添加・無香料の商品。

こちらは植物由来オイルではありませんが、馬油人間の皮脂に近いため浸透しやすくシミシワニキビなどにも効果のある優れもの。

お肌に潤いを与えて乾燥から守り、日焼けによるシミそばかすも防いでくれます。また、髪や頭皮に使うことで枝毛フケも抑えてくれますよ。

商品詳細

ソンバーユ 無香料
◇ブランド名:尊馬油
◇価格:2,000円(税込)/75mL
◇買える場所:直営店、薬局・ドラッグストア、東急ハンズ、公式オンラインショップなど
◇特徴:馬油、高保湿、シワやシミ・ニキビなどにも使える、無添加・無香料

 

公式サイトを見る

 

◆プライムボディ ボディオイル(ビオレ)

ビオレから発売されている大人の女性向けのオイル、「プライムボディ ボディオイル」

月見草・ラベンダー・ホホバから抽出した100%天然由来のオイルで、すうっとなじんでなめらかな肌に仕上げてくれます。

ライトな使用感で、ミルクなどとの重ねづけにも向いていますよ。

香りは「摘みたて小花の清々しい香り」。わざとらしさのない自然な生花の香りが、とても使いやすいと評判の商品です。

商品詳細

プライムボディ ボディオイル
◇ブランド名:ビオレ
◇価格:972円(税込)/80mL
◇買える場所:ドラッグストア、ネット通販など
◇特徴:自然な生花の香り、べたつかない、プチプラ

 

公式サイトを見る

気になるボディオイルは見つかりましたか?続いては、ボディオイルの使い方を解説していきます。

5. ボディオイルの正しい使い方と注意点

ボディオイルには「濡れた肌にも使える」「酸化しやすい」といった、ほかのボディケアアイテムとは異なる特徴があります。

ボディオイルの正しい使い方を知って、効果的にボディケアを行いましょう!

5-1. ボディオイルの使い方

ボディオイルは、以下のタイミングで塗るのがおすすめです。

  • お風呂から上がってすぐ
  • お風呂を上がる直前

これらのタイミングはお肌がもっとも清潔かつ乾燥しやすい状態です。ボディオイルでマッサージしながらお肌に潤いを与えてあげましょう。

ボディオイルを使うときは、以下の手順を参考にしてみてくださいね。

ボディオイルの使用手順

① 手のひらに500円玉大のオイルを取る

② 手のひらで軽くあたためる

③ マッサージするように塗りこんでいく

このとき摩擦でお肌を傷つけないよう、たっぷりの量を使うことがポイントです

また、ボディオイルとボディクリームの両方を使う場合は、

  • クリームにボディオイルを1、2滴加えてテクスチャの伸びをよくして使う
  • 「クリーム→オイル」の順で塗ってWの保湿効果を狙う

…といった使い方がおすすめです。

◆ボディ以外への使い方

ボディオイルのもう一つの特徴として、ボディケア以外に様々な用途に使えるというところがあります。主な使い道としては、

  • ドライヤーの前にトリートメントとして
  • 入浴剤代わりに1滴
  • 毛穴汚れまで落とせるクレンジングとして
  • 化粧水の導入液として

…などが挙げられます。ただし、製品によっても使える範囲は異なりますので、説明をよく読んで確認してくださいね。

詳しい使い方は、「おすすめ美容オイル8選|お肌も髪もキレイになる優秀オイルの選び方」でもご紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

5-2. ボディオイルの注意点

ボディオイルには、使用や保管の際に注意すべき点があります。

ボディオイルの注意点

①朝や日中は使用しない

…ボディオイルを塗って日にあたってしまうと、日焼けや油焼け、酸化の危険があります。

 

②ニキビの原因となるパーツは避ける

…背中や胸元など、皮脂腺の多い部位には使用しないようにしましょう。

 

③保管に気をつける

…ボディオイルは大変酸化しやすいもの。直射日光の当たらない冷暗所や冷蔵庫で保管し、使用期限をしっかりと守りましょう。

※使用期限は製品にもよりますが、1~3カ月程度で使いきるようにしましょう。

酸化しやすいという特徴をもつボディオイルは、小容量のものをこまめに買い替えていくことがおすすめ。

このような注意点に気をつけて、ボディオイルを効果的に活用しましょう。

6. まとめ

ボディオイルについて見てきましたが、いかがでしたか?

今回ご紹介したおすすめのボディオイルTOP3は次のとおりです。

お気に入りのアイテムと出会って、日々のケアにぜひボディオイルを取り入れてみてくださいね。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。