乾燥肌や敏感肌のスキンケアでおなじみの保湿成分「セラミド」ですが、実際に肌にどのような効果があるのか気になりますよね。

そこでこの記事では、Vera編集部が

  • そもそもセラミドとは?
  • セラミドの効果
  • 効果的なセラミド化粧品

...などついて、詳しくご紹介します。

またこの記事は、美容皮膚科医である武田りわさんにセラミドの効果に関して取材を行いながら作成しました。

ご協力いただいた専門家
美容皮膚科医
武田 りわさん
皮膚科医・美容皮膚科医。整形外科医である夫と福岡市でタケダスポーツ・ビューティークリニックを開業。現在は、レーザー・ケミカルピーリングなどの美容皮膚科学と、漢方・オーソモレキュラー医学(栄養療法)を取り入れた統合治療を行いながら、テレビや雑誌などを通じ正しいスキンケア方法を発信している。
クリニック公式Instagramでは症例や治療法を紹介中。個人用Instagramはこちら

セラミドの効果について正しく知って、自分にぴったりのスキンケアを叶えてくださいね。

※本記事内のセラミドに関する情報は一般的な知識であり、効果・効能を保証するものではありません。

1.そもそもセラミドとは?

そもそもセラミドは、お肌に元々ある成分のひとつで、皮ふのいちばん外側の表皮にある「角質層」に存在しています。

また、その角質層の内側には細胞同士をセメントのようにつなぐ「細胞間脂質」があり、その約半分がセラミドでできているんです。

セラミド効果

この細胞間脂質には以下の2つの役割があります。

  • 水分保持機能
    ...水分の蒸発を防ぎ、肌のうるおいを保つ
  • バリア機能
    ...外部の刺激から肌を守る

肌にとって大切なこの機能を支えているのがセラミドなのです。

◆お肌のセラミドは年々減っていく

そんなセラミドですが、実は加齢とともに減っていくことが分かっています。

セラミド効果

セラミドが減少する主な原因は、加齢以外にも

  • 紫外線によるダメージ
  • 毎日のスキンケアによる摩擦

...など、さまざま。
▷セラミドが減る原因と対策については記事下部で解説

セラミドが減少するとバリア機能も低下して、乾燥肌・敏感肌を引き起こしやすくなってしまいます。

セラミドとアトピー肌の関係

アトピー性皮膚炎の方は元々体内のセラミドの量が少なく、バリア機能が弱いため、乾燥などの外部刺激を受けやすいと言われています。

こうした体内のセラミド不足を補うためによく使われているのが、セラミド配合の化粧品です。

では、セラミド化粧品の効果についてもっと詳しく見ていきましょう。

2.セラミドの効果と種類

ここからは、化粧品成分としてのセラミドの効果についてご紹介していきます。

2-1.化粧品に配合されるセラミドの効果

セラミド効果

化粧品成分としてのセラミドには水分をはさみ込む性質があり、

  • 肌の角質層のバリア機能をサポートする
  • 乾燥・肌荒れを防ぐ

といった効果が期待できます。

セラミドは低刺激性

セラミドは人の肌に元々ある成分なので肌になじみやすく、低刺激性で敏感肌でも使いやすいといった特徴も。

こうしたことから、セラミドは肌本来の保湿力をサポートする保湿成分として注目されているのです。

2-2.化粧品に配合されるセラミドの種類

セラミド効果

化粧品に配合されるセラミドには、大きく分けて以下の3種類があります。

  • 天然セラミド
    ...馬などの動物から抽出されたもの
  • 植物セラミド
    ...コンニャクや米ぬかから抽出されたもの
  • 合成セラミド
    ...人の手によって合成されたもの

なかでも優秀なのは、合成セラミドの一種である「ヒト型セラミド」。

人の肌にあるセラミドとよく似た性質をもつため、セラミドの中でもとくに肌なじみがよく高保湿なんです。

さらにヒト型セラミドにも以下のような種類があり、それぞれ効果が異なります。

◆ヒト型セラミドの種類と効果

成分表示名 主な効果
セラミド1 摩擦や紫外線などの刺激から肌を守る
セラミド2 最も高い保湿力をもつ
セラミド3 肌を保湿し、シワをケアする
セラミド4・5 脂質バリア層を作り、肌を保湿する
セラミド6・6Ⅱ 保湿&ターンオーバーの促進
セラミド7 皮ふにある菌のバランスを整える


上記の中でも、「セラミド1・3・6」が不足していると、乾燥肌や敏感肌を引き起こしやすくなると言われていますよ。

このように「セラミド」とひと口に言ってもさまざまな種類があるため、しっかりチェックして取り入れたいですね。

次の章では、化粧品で効果的にセラミドを取り入れる方法をご紹介します。

3.効果的なセラミド化粧品とは

セラミド効果

セラミドは油分となじみやすい「油溶性」の保湿成分。

そのため、

  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

...といった油分の多い化粧品で取り入れるのがおすすめです。

セラミド配合の化粧水も人気ですが、より効果的にセラミドを取り入れたい場合は上記のようなアイテムを選びましょう。

セラミドの種類もチェック!

記事上部でご紹介した通り、セラミドの種類によっても効果が異なります。セラミド化粧品は、ヒト型セラミド配合のものが◎

実際におすすめのセラミド配合化粧品は、以下の通りです。

◆おすすめのセラミド化粧品2選

ここでは、ヒト型セラミド配合のおすすめ化粧品を2つご紹介します。

どちらもVera編集在籍のコスメコンシェルジュが全成分をしっかりチェックした優秀なアイテムなので、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめ①
ヒフミド エッセンスクリーム(小林製薬)

◇セラミド1・2・3配合

小林製薬の「ヒフミド エッセンスクリーム」は、

  • ヒト型セラミド(4%配合)
  • 米セラミド+リピジュア

などの成分を配合した高保湿なクリーム。セラミドの配合量がしっかり明記されているので、成分にも納得して使えますね。

無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリーなのも嬉しいポイントです。

商品詳細

ヒフミド エッセンスクリーム

◇ブランド名:小林製薬

◇価格:

・6000円(税抜)/40g

・4000円(税抜)/22g

◇買える場所:公式通販

全成分表示を見る

水、BG、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、グリセリン、セラミド2、ダイズステロール、イソステアリルアルコール、ペンチレングリコール、ホホバ種子油、スクワラン、セラミド1、セラミド3、グルコシルセラミド(植物セラミド)、ポリクオタニウム-51(リピジュア)、ポリクオタニウム-61(リピジュア)、キハダ樹皮エキス、PCA-Na、マカデミア種子油、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、α-グルカン、カルボマー、フェノキシエタノール、トコフェロール、水酸化Na

  

公式サイトを見る

 

◆モイスチャライジングセラム(エトヴォス)

◇セラミド1・2・3・5・6Ⅱ配合

ETVOS(エトヴォス)の美容液「モイスチャライジングセラム」です。

  • 5種類のヒト型セラミド
  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸

...といった保湿成分のほか、スクワランやホホバオイルなどの植物エキスをたっぷり配合。

肌にやさしい低刺激性の処方なので、どんな肌質の方でも使いやすいアイテムですよ。

商品詳細

モイスチャライジングセラム

◇ブランド名:ETVOS(エトヴォス)

◇価格:4000円(税抜)/50mL

◇買える場所:公式通販、バラエティショップなど(取扱店舗

全成分表示を見る

水、グリセリン、ラベンダー花水、BG、1,2-ヘキサンジオール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、スクワラン、ホホバ種子油、メドウフォーム油、シア脂、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ベヘニルアルコール、水酸化K、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

 

公式サイトを見る

おすすめのセラミド配合化粧品は、以下の記事でもご紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。


次からは、セラミドについての気になる疑問をQ&A形式でご紹介します。

4.セラミドの気になる疑問解決Q&A

ここからは、セラミドについて気になる疑問をQ&A形式で解決していきます。

ぜひ参考にして、より効果的なケアを目指してくださいね。

Q1.セラミドは食品やサプリから摂取できる?

セラミド効果

⇒A.摂取は可能ですが、効果は実証されていません。

経口摂取によるセラミドの効果については、まだ研究段階にあり立証されていません。

ですが、食品などからもセラミドを積極的に摂り入れることで、

  • 乾燥肌
  • アトピー性皮膚炎

...といった症状を改善する効果が期待されていますよ。

セラミドを含む食品

セラミドは、米・トウモロコシ・こんにゃく芋といった食品に多く含まれています。

気になる方は、こうしたセラミドを含む食品やサプリメントなどを試してみてもいいかもしれませんね。

Q2:セラミドが減る原因と対策が知りたい!

セラミド効果

⇒A.以下を参考に、できることからはじめてみましょう。

お肌のセラミドが減る原因と対策は、以下の通りです。

◆セラミドが減る原因と対策

原因 対策
紫外線による
ダメージ
・季節を問わず1年中日焼け止めを塗る
・サングラスや日傘を活用する
乾燥

・エアコンの直下で過ごさない

・秋冬は加湿器を使う

スキンケア
による摩擦
・強くパッティングしない
・洗顔は35℃前後のぬるま湯で行う
ストレス

・1日6~8時間は睡眠をとる

・湯船につかってリラックスする


どれかひとつを意識してみるだけでも、お肌のセラミドを守ることにつながりますよ。

▷セラミドが減る原因と対策を先にチェックしに来た方は、こちらから記事上部に戻ることができますよ。

5.まとめ

セラミド効果

セラミドの効果やセラミド化粧品についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

正しい知識をもとに、自分にぴったりのスキンケアを叶えてくださいね。

この記事の編集者

コスメコンシェルジュ
Vera編集部 柳澤 ヤスコ

美容ライター・エディター
コスメコンシェルジュ
日本化粧品検定1級

自身の乾燥肌で悩んでいたことから化粧品・美容について勉強を始め、日本化粧品検定1級(JCLA)・コスメコンシェルジュ資格を取得。現在は美容ライター・エディターとして、どんな肌の方でも楽しめるメイクやスキンケア・エイジングケアの情報を発信中。
───
コスメコンシェルジュとは?:美容成分やケア方法の正しい知識を持った専門家。「あらゆる肌悩みに対し最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル(日本化粧品検定協会より)」です。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。