「子どもが欲しいけどお金が心配…」
「出産にはどのくらいのお金がかかるか知っておきたい!」

…とお悩みではありませんか?

おなかの赤ちゃんのためにも、出産費用は事前にしっかりと準備しておきたいですよね。

そこでここでは、

  • 出産費用の内訳
  • 出産費用を節約するコツ

などを詳しくご紹介していきます。また、出産に必要なものなどについてもご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

1. 出産にかかる費用とは

出産費用は、個人差はあるものの【約50~100万円】かかると言われています。主な内訳は以下の通りです。

  1. 健診費用
  2. マタニティ・ベビー用品費
  3. 出産費用
  4. 内祝い

それぞれを詳しくご紹介していきます。

1-1. 健診費用:
5~10万円ほど(自己負担分)

健診費用とは、妊娠が確定したらお母さんが定期的に受けることになる「妊婦健診」にかかる費用のことをいいます。

多くの自治体では、母子手帳を受け取る際に「妊婦健診補助券」という自治体から費用の一部を負担してもらうための券をもらうことができますが、

  • 初診料:5,000円~20,000円
  • 自己負担額:約50,000円
  • 交通費

などを合わせると、だいたい【5~10万円】ほどを自己負担することになります。

妊婦健診の標準的な回数は14ですが、自治体や病院によって健診1回あたりの金額も変わってきますので、しっかりと確認しておきましょう。

補助券は忘れずに
補助券を忘れた場合は全額自己負担となってしまうことが多いので、妊婦健診の際には忘れないようにしてくださいね。

1-2. マタニティ・ベビー用品費:
5~15万円ほど

マタニティ・ベビー用品費は、

  • マタニティウェア
  • 腹帯
  • 葉酸サプリ
  • ベビー服

など、お母さんや赤ちゃんのためのグッズにかかる費用です。

おなかが大きくなるにつれて買い替えなくてはいけないものもあり、お母さんと赤ちゃんのものを合わせると【5~15万円】ほどかかります。

できるだけ費用を節約するためにも、本当に必要なものを必要なだけ買うようにしましょう。

また、出産に必要なものについては「3.出産・産後に必要なもの」で詳しく紹介していますので参考にしてみてくださいね。

1-3. 出産費用:
30~70万円ほど

出産費用とは、出産の際に必要な入院費や分娩費にかかる費用をいいます。

正常分娩・入院費は健康保険が使えないため自己負担となり、通っている産院などによって個人差はあるものの、その金額は【30~70万円】ほどです。

また、深夜・早朝や日曜・祝日での分娩の場合、割増料金が発生する病院もあるのでチェックしておきましょう。

帝王切開の費用は?
帝王切開の場合、自然分娩と異なり健康保険が適用されます。そのため、自己負担額は【40~100万円】と、自然分娩と同じくらいの金額になる病院が多いようです。

出産費用は、産院の設備や部屋タイプによって差が出ますので、事前にしっかりと調べておきましょう。

また、病産院によっても費用が異なりますので、「4.出産スタイルごとの特徴」を参考にしてみてくださいね。

1-4. 内祝い:
5~10万円ほど

内祝いとは、親戚や友人などからもらった出産祝いに対するお返しのことをいいます。個人差はありますが【5~10万円】ほどかかることが多いようです。

内祝いに贈るものは特に決まってはいませんが、

  • お菓子などの食品
  • 食器
  • カタログギフト

などが人気ですよ。

内祝いの相場
内祝いは、出産祝いとしてもらった金額の半額~3分の1が目安とされています。年代や性別など、相手に合わせたものを選ぶことも意識してくださいね。

内祝いについては別記事の「出産祝いのお返し|知らないでは済まされない正しいマナーを解説」もチェックしてみてくださいね。

次に、出産費用を節約するためのコツをご紹介します。

2. 出産費用を節約するためのコツ

出産費用を節約するためには、国や自治体の公的制度を利用するのがおすすめです。

ここでは、費用節約のために利用したい制度

  • 出産前に利用したい制度
  • 出産後に利用したい制度

に分けてご紹介します。

2-1.出産前に利用したい制度

ここでは、出産前に利用したい6つの制度とその概要をご紹介します。

① 妊婦健診の助成金

自治体が妊婦健診の費用を一部負担してくれる制度。母子手帳をもらう際、妊婦健診14回分ほどの補助券が支給されます。
※自治体によって金額は異なります

② 出産育児一時金

「出産育児一時金」とは、出産時の費用のサポートとして健保から一定の金額が支給される制度で、受給条件と金額は以下の通り。

受給対象となる方
・健康保険加入者またはその被扶養者
妊娠4ヶ月以上で出産・死産・流産したお母さん
もらえる金額
・子ども一人につき42万円
(双子の場合は84万円
・42万円以下なら差額をもらえる

またこの制度には、以下の3つの種類があります。

制度 特徴
直接支払制度 ・病院と合意文書を交わして申請。
・病院が手続きしてくれるため手間が少ないが、申請手数料が必要。
受取代理制度 ・お母さんが自分で健康保険に申請する。
・採用している産院が少なく、出産予定日までの2か月間に事前申請が必要。
手数料がかからない。
産後申請方式 ・産後に支給額が振り込まれる制度。
手数料がかからない
出産時は全額自費で払う必要がある。

 
多くの産院では直接支払制度がとられているため、お母さんは退院時に出産費用との差額を払えば大丈夫です。

産院によっては選ぶことも可能です。自分の地域や産婦人科の制度をきちんと確認しておきましょう。

③ 高額療養費

健康保険が適用される治療で1ヶ月の自己負担限度額を超えた場合、その超過分が支給されます。
※自己負担限度額は所得に応じて異なります

④ 傷病手当金

妊娠悪阻(にんしんおそ)や切迫流産で会社を休む場合に、支給開始日の以前12ヶ月間の各標準報酬日額の3分の2が支給されます。

「標準報酬日額の3分の2」とは?
月収30万円の場合なら…
…30万÷30日=1万円(1日当たり)
…1万円の2/3=6667

⑤ 出産手当金 

産休中、支給開始日の以前12ヶ月間の各標準報酬日額の3分の2が健康保険から支給されます。
※産休:産前42日、産後56日の計98日間

⑥ 失業給付金

退職した際、雇用保険から給料の6割ほどが支給されます。
※就業期間に応じて金額は異なります

制度や自治体などによっては事前の申請が必要な場合もあるため、早いうちからしっかり確認しておきましょう。

次に、出産後に利用したい制度についてご紹介します。

2-2.出産後に利用したい制度

ここでは、出産後に利用したい3つの制度とその概要をご紹介します。

出産後に利用したい制度
◆育児休業給付金
…産休が終了する翌日(産後57日目)から子どもが1歳になるまでの休業中、一定の金額が支給されます。
※最初の180日間:月給×0.67×日数
 それ以降:月給×0.5×日数

◆子ども手当
…子どもの年齢に応じて一定の金額が支給されます。出生届を出すときに合わせて申請するのがおすすめです。
※3歳未満:15,000円 / 月
3歳~小学校修了前:
 10,000円 / 月(第1・2子)
 15,000円 / 月(第3子以降)
中学生:15,000円 / 月

◆医療費控除
…家族全員分の医療費が年間で10万円を超えた場合、税務署に確定申告をすることで還付金を受け取ることができます。

出産費用は、公的制度を利用することで大きく節約することができます。今回ご紹介した制度を参考に、上手に節約してみてくださいね。

次に、出産・産後に必要なものをご紹介していきます。

3. 出産・産後に必要なもの

出産に必要なものを準備するとなると、意外と多くのお金がかかります。ここでは、出産・産後に必要となるものを

  • マタニティ用品
  • ベビー用品

に分けてご紹介します。

3-1.マタニティ用品

マタニティ用品は、マタニティウェアや葉酸サプリなど、赤ちゃんがおなかにいる間に必要となるグッズです。

主に必要となるものとその金額を以下にまとめました。

グッズ名 価格の目安
マタニティウェア 2,500円~
マタニティ下着 約1,000円
腹帯 800円~
葉酸サプリ 1,000円~
妊娠線ケアクリーム 3,000円~
抱っこひも 3,000円~
母乳パッド 約500円
授乳ブラジャー 1,000円~


これらのグッズは、素材や機能によって金額が異なりますので、予算や目的など自分に合ったものを選んでみてくださいね。

3-2.ベビー用品

ここでは、赤ちゃんのために必要となるベビー用品をご紹介します。主に必要となるものとその金額を以下にまとめました。

グッズ名 価格の目安
ベビー服 約2,000円
ベビー肌着 500円~
ベビー布団 約5,000円
哺乳瓶 800円~
ベビーソープ 300円~
ベビーバス 約2,000円
ベビー用爪切り 約700円
ベビー用綿棒 約300円
紙おむつ 約1,300円
おしりふき 約400円


今回ご紹介したものは必要最低限のグッズのため、上記を参考に必要なものがあればその都度準備しておきましょう。

4. 出産スタイルごとの特徴

出産費用は、出産の仕方や場所によって大きく差が出てきます。主な出産スタイルとしては、

  • 総合病院
  • 個人病院
  • 里帰り分娩

の3つが挙げられます。それぞれの特徴を以下にまとめました。

出産スタイルごとの特徴
【総合病院】
費用:35~80万円
医療設備が充実しており、万が一のときでも安心できる。また、売店などの院内施設が充実しており利便性が高い。一方、個人に向けたサービスはあまり充実していないともいえる。

【個人病院】
費用:50~70万円
個室完備やエステがあったりと、個人に向けたサービスが充実している産院が多い。一方、総合病院と比べると医療設備は劣り、出産費用も高めである。

【里帰り分娩】
費用:30~50万円
自分の両親が近くにいるため、精神的に安心できる。一方、健診補助券が使えないなどの金銭的負担が大きく、お父さんとも離れてしまうなどのデメリットもある。

このように、出産スタイルによって費用や設備、サービス内容などが大きく異なります。

上記を参考に、自分に合った出産スタイルを検討してみてくださいね。

5. まとめ

いかがでしたか?
出産費用は、全体で【50~100万円】ほどのお金がかかることがわかりました。

また、今回ご紹介したポイントを以下にまとめました。

出産にかかる費用
健診費用:5~10万円
マタニティ・ベビー用品費:5~15万円
出産費用:30~70万円
内祝い:5~10万円
出産前に利用したい制度
・妊婦健診の助成金
・出産育児一時金
・高額療養費
・傷病手当金
・失業給付金
・出産手当金
出産後に利用したい制度
・育児休業給付金
・子ども手当
・医療費控除

出産費用を正しく理解して、充実したマタニティライフを過ごしてくださいね。