愛犬に可愛い服を着せてあげたいと思っても、

「実際犬の服ってどんなものなのかわからない…」
「通販サイトなどの種類が多すぎて決められない…」

などといった理由で購入を断念したことはありませんか?

私たちが通販で服を購入する場合は、通販サイトで人気の服をランキング上位から見てみたり、好きなブランドのサイトを見てみたりしますよね。
実は、ドッグウェアも探し方は一緒なのです!

この記事では、おしゃれな犬服をスムーズに見つけ出す方法をご紹介します。

1.犬服の効果

犬服とは「犬に着せる服」のことです。
可愛くて機能性もある犬服ですが、メリットとデメリットがあります。

犬服のメリット
・毛抜けを防止
・汚れを防止
・病気治療・予防
・傷舐め防止
・冷暖房の風を避ける
・寒さや暑さに弱い犬を守る
・おしゃれができる
犬服のデメリット
・犬服が苦手な犬にはストレスになる
・誤食の危険性
・長毛犬は毛玉ができやすくなる

おしゃれな犬服を着せてあげたい気持ちはわかりますが、犬が嫌がるようならやめたほうが良いでしょう。

たくさんスキンシップをとって、からだ中どこを触っても大丈夫にしておくと、抵抗なく着ることができるそうです。

つまり犬服は、飼い主さんとの信頼関係の証でもあるんですね。

2.どんな服があるの?

では早速犬服を見ていきましょう。まずは、犬服の種類をご紹介します。

  • トップス
  • ボトムス
  • オールインワン
  • その他
  • 気温に対応した服

という順番でご紹介するので、気になるものをチェックしてみてくださいね。

2-1.トップス

まずは「トップス」。トップスとは、人間と同様に上半身に着る服です。犬服の定番アイテムですね。

◆Tシャツ

Tシャツとは、襟のついていないシャツのことです。

春夏の外出時はもちろんのこと、抜け毛防止や、部屋着として1年中着用できます。お手頃価格のものが多いので、初心者さんにも大人気。

柄、カラーバリエーションも豊富で、普段着として何着も購入している人が多いようです。

◆シャツ

シャツにはカッターシャツ、ドレスシャツ、ポロシャツ、ネルシャツなど、たくさんの種類があります。

綺麗なシルエットのものが多いので、シャツを着るだけで一気におしゃれさんになれますよ。

柄があるものはきれいめカジュアル、無地・ストライプのものはフォーマルな雰囲気になります。特別な日にもおすすめです。

POINT
Tシャツもシャツの中に含まれるようですが、多くの通販サイトでTシャツとシャツは別の項目として分けられているので、ここでも分けて書いています。

◆タンクトップ

タンクトップとは、襟と袖のないランニング型のTシャツです。

スポーティなものが多いのが特徴。カジュアルな着こなしにも使えます。

袖がないので比較的犬へのストレスが少なくて安心なうえ、夏場のジリジリとした日差し対策にも効果的です。
ドッグランで遊ぶときや、散歩のときに着させてあげたいですね。

◆キャミソール

キャミソールとは、細い肩紐の、袖なしのトップスのことで、女の子用の犬服です。

フリルやレースがあしらわれていたり、リボンや花がついていたり。とにかく女の子らしさが前回のトップスです。
ドッグカフェなど、ちょっとおしゃれなお出掛けをするのにピッタリ。

◆スウェット(トレーナー)

スウェットとは吸湿性の高い厚手の布で作られた、伸縮性、吸汗性、防寒性に優れたゆったりした生地のことです。

秋から春先にかけてのあったかウェアとして人気です。
ストレッチが効いているので楽に着られるうえ、洗濯が簡単にできるものが多いので、普段着に持っていると便利です。

◆パーカー

パーカーとは、トップスのうち 首の根元に帽子となるフードが付いているものをいいます。特にフード付きのスウェットシャツをパーカーと呼ぶことが多いですね。

ほとんどのウェアでストレッチが効いているので、服が苦手なワンちゃんにまず1着!という時にもおすすめです。
耳がついているパーカーもありますよ。

◆浴衣、はっぴ、甚平

夏にぴったりの浴衣・はっぴ・甚平はいずれも日本の伝統衣装ですね。

犬服であっても本格的なものが多く、人の浴衣同様、帯まで選べるものもあります。古典柄から現代的な柄まで、デザインも様々です。

お祭りの日はもちろん、夏場の普段の散歩にも使えますよ。

◆コート

コートは、防寒などのために着る外衣です。
犬服の場合はインナーは着せずにコートだけ着せるのがほとんどです。

犬を寒さから守ってくれます。また、風が強い日のウインドブレーカーとして活用できます。

洗濯できるものを選んだ方が、普段からたくさん着せてあげることができますよ。

◆レインコート

レインコートは、雨天時に着るコートのこと。

雨の日でも、毛をあまり濡らさずに散歩ができます。また、風が強い時にも愛犬をしっかりガードします。

カラフルなものが多く、雨の日も明るくお散歩できそうです。防寒のものから、通気性がよいものまで、季節に合わせて上手に活用しましょう。

◆ジャケット、ブルゾン(ジャンパー)

  • 犬服
    iDog
  • 犬服
    milla milla
  • ジャケットは上着の一種で、コートよりも丈が短いものを指します。
  • ブルゾンもジャケットの一種ですが、裾をゴムやベルトで絞り、身頃をふくらませた活動的なジャケットを指すことが多いです。

ジャケットやブルゾンと聞くと、ちょっと動きにくそうなイメージがありますが、実際は多くのウェアが柔らかい生地を採用しているので、安心です。

厚手のものや、風を通さないものがほとんどなので、秋冬のお出かけにぴったりです。

2-2.ボトムス

ボトムスも人と同様に、アウターウェアを身に着ける体の部位で分類した1つで、下半身に着る衣服です。

ボトムスは小型犬や細身の犬向けのものが多いのが特徴です。

◆パンツ

パンツとは、下半身につける、両足に分かれた衣服のことです。ズボンともいいます。

パーカーやTシャツと合わせてカジュアルに着こなしたり、ブラウスやシャツと合わせてみたり、いろんなトップスと合わせてコーディネートを楽しめます。

おしゃれして犬カフェに行ってみませんか?

◆スカート

 スカートは腰から下を覆う、女の子用の筒状の衣服ですね。

プリーツやフリルなど、デザインが豊富なのでトップスと合わせてコーディネートを楽しみましょう。腰につけるだけなので、簡単に着せることができますよ。 

写真を撮ってSNSにあげたい時にもおすすめです。

2-3.オールインワン

オールインワンとは、上下が一続きになった衣服のことです。 簡単にトータルコーディネートができるので、初心者の方にもおすすめです。

◆ワンピース

ワンピースは、上衣とスカートが一緒となり繋がった形状の女の子向けの衣類ですね。

大型犬にも、小型犬も、女の子なら着せてみたいと考える人が多いです。

人間と同じように、カジュアルなものからラブリーなものまで、テイストは様々。お出かけ、お散歩はもちろんのこと、パーティや結婚式のお呼ばれにも使えます。 

◆つなぎ

つなぎは、上着とズボンが縫い合わされて完全に繋がった形状の服であり、ワンピースの下衣部分をズボンにしたものと言えます。

つなぎは室内着の定番です。

  • お部屋での毛抜けの防止
  • 寝冷えの防止

という効果があります。デザインが豊富なので、何着も欲しくなってしまいますよ!

2-4.その他

そのほかにも犬服には種類があります。
可愛い上に機能的な犬服や、記念撮影にうってつけの犬服をご紹介します。

◆マナーパンツ(サニタリーパンツ)

マナーパンツとは、オスの犬がお出かけしたときにマーキングをしないようにする為のマーキング防止用パンツです。
メス用はサニタリーパンツと言い、お出かけしたとき生理に困らないようにする為のパンツです。

ドッグカフェや、お友達のお家へあがるときの必需品です。内側のメッシュ部分にマナーおむつ(ナプキンのようなもの)をはさんで使用します。普通のドッグウェアと一体にになっているものもありますよ。

◆フォーマル

ドレス、タキシード、ウエディングドレス、袴など、フォーマルなドッグウェアも数多く出ています。

記念日や結婚式、パーティに参加するときに最適です。記念写真を撮って、年賀状などのポストカードにしたりする人も多いようです。

2-5.気温に対応した服

ドッグウェアには、暑さ、寒さの対策に特化したものがあります。

特に暑い日や、寒い日に、このような服を持っていると役立つこと間違いなしです。

◆暑い日におすすめの服

犬は汗をかくことができません。さらに全身を毛で覆われています。そして最近は猛暑といわれていて特に暑い!つまり、犬も暑さ対策が欠かせません。

そんな猛暑に立ち向かうのが「クールウェア」です。

クールウェアは、ほとんどが水にひたすタイプです。洗って何度でも使えます。しかも水なので、冷たすぎるということはありません。乾いてきたらまた濡らしてあげれば冷たさが戻ります。

首輪タイプもあり、服が苦手な犬にも暑さ対策ができますよ。

◆寒い日におすすめの服

犬種によって、寒さに強かったり弱かったりします。毛が短く、シングルコート(上毛と下毛の二層構造になっていない)、の小型犬は特に寒さに弱いので、しっかり寒さ対策をしてあげましょう。
チワワ、ミニチュア・ピンシャーなどが該当します。

フリースや、裏起毛になっているもの、生地の厚いコート、ダウン、ニット、セーター、もこもこタイプなど、暖かい生地のものを選びましょう。

POINT
犬は暑くても自分で服を脱ぐことができません!
外出時に着せていたあったかウェアは、暖房の効いた室内では脱がせてあげましょう。
寒がる場合は外用より薄手ものを着せてあげましょう。

◆靴、靴下

夏場の日中は、アスファルトの温度が50~60℃にもなります。日が昇ってすぐと、日が沈むころに散歩をすることを心がけるか、犬用靴や犬用靴下を着用させて散歩をしましょう。
これらを履くことで、肉球を保護することができます。

犬用靴には冬用のものもあり、冬の雪道でもへっちゃらです!

3.犬のサイズ別おすすめコーデ

ドッグウェアにはどのような種類があるかを紹介してきましたが、自分の愛犬にどんな服を選べばよいのか、まだはっきり浮かびづらいと思います。ここでは、犬のサイズ別に、服の種類の特徴と、おすすめのコーディネート方法をご紹介します。

※サイズの正式な定義はありませんが、重さで大体を分類すると、このようになります。

小型犬 10㎏
未満
チワワ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア、トイプードル、ミニチュアダックスフンド、パピヨン、ミニチュアシュナウザー、パグ、マルチーズ、シー・ズー、ビーグル、ミニチュアピンシャー など
中型犬 10㎏

20㎏
未満
柴犬、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、ボーダー・コリー、フレンチブルドッグ など
大型犬 20㎏〜40㎏
未満
ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、ドーベルマン、ボクサー、ジャーマン・シェパード、シベリアンハスキー、秋田犬、ダルメシアン など

3-1.小型犬のおすすめコーデ

ボトムスの種類が豊富なのが小型犬のドッグウェアの最大の特徴です。

様々なテイストの服があるので、好きなテイストを選びましょう。

季節ごとに新作が沢山出るので、季節に合わせたコーディネートもしやすいです。また、犬を2匹飼っている方は、双子コーデも楽しめますよ。

▲POINT
テーマを決めてコーディネート。
左側は双子コーデ、右側はスポーツコーデ。
▲POINT
季節に合わせたコーディネート。
左は夏、右は冬。

3-2.中型犬、大型犬のおすすめコーデ

中型犬と大型犬のドッグウェアは、パンツやスカートの種類は小型犬と比べると少ないため、Tシャツやオールインワン系の犬服を単体で着せることが多いです。

大きいので犬服の色が映えます。ビビットカラーがおすすめです。

▲POINT
鮮やかな色の犬服が映えます!
▲POINT
オールインワン系の服で、個性的な着こなしも楽しめます。

3-3.実際の投稿写真を参考にしよう

もっと、おしゃれな犬を参考にしたいという方は、インスタグラムを参考にしてみましょう。

#タグ検索がとても便利です。

おすすめ検索ワード
#dogclothing
#dogfashion
#dogfashionista
#犬服
#ドッグウェア

4.話題の通販サイト6選

愛犬にどんな服を購入しようか、イメージは付きましたか?

次は、実際に通販サイトでお気に入りの服を探してみましょう。ここでは、口コミで話題のおすすめ通販サイトを紹介します。

4-1.free stich(フリーステッチ)

「より豊かな暮らしを愛犬と!」を合言葉に、ペットにとってよりシンプルで良質なものを取り揃えています。

ペット業界のスペシャリスト達やデザイナー集団と綿密に協業を行い、プロダクトからサービスまでシンプル。自社商品開発にこだわりつつも、良い物であれば国内外から素敵な犬服を集めています。

価格は3,000円から。アウター系は15,000円くらい。愛犬の誕生日などに購入する人も多いようです。

4-2.PET PARADAISE

株式会社クリエイティブヨーコが提供するサイトです。

企画・生産・販売までの自社一貫コントロールにより、高品質・低価格な犬服が揃っています。ディズニーなどのキャラクターの犬服も豊富です。

季節やイベントごとに特集ページが更新されるので、毎月のように覗きたくなってしまいます。

価格は2,000円~。手軽におしゃれが楽しめますね。

4-3.pikone

プードルやチワワ、パピヨンなどの小型犬向けのとっても可愛いペット用品を販売しているオンラインショップです。女の子向けの服がメインです。

twitterやinstagramには、お店で販売している犬服を実際に着た犬の写真が沢山載せてあるので、とても参考になりますよ。

価格は大体4,000円~。ちょっとお値段は高いのですが、とっておきの一着が見つかりそうです。

4-4.Dog Peace

「飼い主さんと愛犬の間で、ハッピーをたくさん作りたい!」という願いをこめた犬服の通販サイトです。

犬の体に無理のないよう、犬の体型を研究して考えられた立体的な設計になっています。なので犬服が苦手でも、これなら大丈夫!という子もいるようです。

  • ドッグピース・オリジナル
  • ドッグピースBASIQ
  • ドッグピース・エブリデイ
  • ピンクプリエ

の4つのブランドに分けてデザインしているので、好きなテイストが見つけやすいですよ。
価格は1,500円~と、リーズナブルなものも多いです。

4-5.犬と生活 Life with Dogs

良質でお洒落なオリジナルウェアやグッズを作っています。全国多数の有名デパートや専門店でも販売しています。
価格は大体3,000円~。

4-6.アイアンバロン

「アイロンバロン」は、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバーなど、大型犬用品の専門ショップです。

大型犬の犬服は、小型犬の犬服とは違う可愛さがありますね。

ウェアだけでなく、かぶりものも充実していて、サイトを眺めているだけでも癒されてしまいます。パーティなどでおめかししたいときにも良さそうです。

服の価格は4,500円~、かぶりものは2,000円~。

5.通販以外で服を見つける

通販サイトを見てみても、いまいち良いものが見つからなかった、可愛い服があったけれど、なんとなく不安・・・という人もいるのではないでしょうか。そんな人のための、3つの提案です。

5-1.お店に行ってみる

私たちもウィンドウショッピングをしますよね。ドッグウェアを探すときも、この方法が有効です。もちろん、お気に入りの一着を見つけたらその場で購入できます。
ショッピングモールなどにお店があったりすることが多いです。また、以下のサイトでペットショップを検索できます。

5-2.雑誌を参考にしてみる

人と同様、犬にも専門の雑誌があるので、目を通してみるのも良いでしょう。本屋さんのペット雑誌コーナーに、犬の専門誌がありますよ。

◆おすすめの雑誌は「cuun」

  

「cuun」という、ドッグウェエアに特化した犬の専門雑誌があります。

可愛い犬服のコーディネートが数多く載っているので、とても参考になります。しかしながら、なかなか店頭に並んでいるところは少ないので、電子版の購入か定期購入をおすすめします。

また、この雑誌を取り扱っている店舗に行って読むこともできます。

5-3.ハンドメイドしてみる

好きな柄や素材を使って、世界にひとつだけのドッグウェアを作ってみるのもひとつの手です。

本も出ています。また、一度教室に通ってみるのもおすすめします。web教室というものもあるので、活用するのも良いでしょう。 

6. まとめ

人の服と同じ感覚で探していくと、簡単に素敵な犬服を見つけることができます。

犬に服を着せるのはおかしいという人もいます。しかし、現在のドッグウェアは、愛犬に快適に過ごしてもらえるように考えられたものがしっかりあります。

犬は、飼い主を信頼すると服を着てくれやすくなるそうです。飼い主と愛犬の絆を深め、犬服でおしゃれを楽しみたいですね。