きちんと乾燥ケアはしているつもりなのに、夕方になると肌がカサついたりファンデーションが浮いてしまったりしませんか?

実はあなたが正しいと思っているスキンケアは間違っているかもしれません。

今回は乾燥肌に対する効果的なスキンケア方法と、やりがちな間違ったスキンケア方法をあわせてご紹介します。
入浴前のクレンジングの段階から日中のデイリーケアまでを丁寧に解説しますので、ぜひ日頃の肌ケアに活かしてくださいね。

おすすめのスキンケアアイテムについて先に知りたい方は、「2-2. 乾燥肌さんにおすすめのスキンケアラインTOP3」からジャンプして、確認してみてください。

1. 乾燥肌について

乾燥肌さんは、お肌の水分と油分が足りていない状態にあります。

まずは乾燥肌の根本的な原因とその状況を知ることで、自分にぴったりな保湿クリームを選んでいきましょう。

1-1. 乾燥肌とは

  • 乾燥肌スキンケア

「カサカサする」「つっぱる」「粉をふく」…
こんな症状で、お肌の水分も油分も少ない肌が「乾燥肌」です。肌の水分も油分も少ないため紫外線などの外的刺激に弱く、「大人ニキビ」などの肌トラブルを引き起こしやすい状態です。

放置すると小ジワやくすみのもとにもなってしまいます。

ひどくなると水洗顔だけでヒリヒリ・赤みなどが起こる「乾燥性敏感肌」になることもあり、すぐに適切なスキンケアを行うことが重要です。

1-2. 乾燥肌の原因

肌の乾燥の原因は、肌内部にある「セラミド」という成分の減少にあります。この「セラミド」は角質層の細胞と細胞の間を満たし水分の蒸発を防ぐ役割をします。

セラミドの減少は、

・加齢
・間違ったスキンケア
・生活習慣の乱れ
・季節による極度の乾燥

などさまざまな理由で起こります。

では乾燥肌さんは、何に気を付けて、どのようなケアをすればよいのでしょうか?
こうした乾燥肌の対策には、主に「スキンケア」と「生活習慣や食事によるケア」があります

今回はそのなかでも「スキンケア」による乾燥肌対策について詳しく解説します。

体の内側からのスキンケアについては、「乾燥肌に効く食べ物|乾燥肌を改善する食べ方と悪化させる食事」で詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

また、乾燥肌を防ぐ対策方法については「乾燥肌の対策方法|自宅で今日から試せる正しいケアと生活習慣」で詳しく解説しています。

2. 乾燥肌さんのスキンケア

ここでは乾燥肌さんに気を付けてほしいスキンケアのポイントを、

  • 化粧水と保湿ケア
  • クレンジング
  • 洗顔
  • パック

の順にご紹介していきます。

2-1. 乾燥肌さんの化粧水と保湿ケア

洗顔やお風呂の後はもっとも肌が乾燥している状態です。すばやく化粧水と保湿ケアを行うことで、肌から水分が蒸発するのを防ぎましょう!

◆化粧水のポイント

乾燥肌さんが化粧水をつけるときの鉄則は、

  • 洗顔後に一秒でも早くつける!
  • 適量を数回にわけ、優しく手でつける!

の2点です。

乾燥肌に良い化粧水を選んでも、つけ方によっては効果がなかったり悪化することもあります。より早く確実に美肌を手に入れるために、今日からできる正しいつけ方を実践しましょう。

POINT
① 手で軽く化粧水をあたため、優しく顔全体を覆う
② そのまま手のひらを使ってゆっくりと顔になじませる
③ 再び化粧水を手に取り、乾燥しやすい目元や口元に指の腹でなじませる
④ 手のひらが肌に吸いつくくらい、顔全体に化粧水がなじんだら完了

化粧水をつける際にコットンを使用すると、摩擦が生じて肌を刺激してしまいます。
乾燥肌の大敵である「摩擦」と「刺激」を防ぐためにも、化粧水は手でハンドプレスがおすすめですよ。

続いては化粧水のあとの保湿ケアについてご紹介します。

◆化粧水後の保湿ケア

  • 乾燥肌スキンケア

化粧水のあとの保湿ケアとしてもっともおすすめなのは、「セラミド配合の美容液」です。

というのも、美容液は美容成分がもっとも高濃度といわれており、セラミドも高配合されていることが多いため。

また「クリームタイプ」でもセラミドをたっぷり配合しているものがあります。さらっとしたテクスチャより、濃厚なものがお好きな方はこちらもおすすめです。

POINT
セラミドの中でも、後ろに123のように数字がついた「ヒト型セラミド」配合のものがさらに効果が高くておすすめ!
成分表示欄をチェックしてみてくださいね。

特に目元や口元など動きの激しい部分は乾燥しやすいのでポイント付けもおすすめです

乾燥肌さんの化粧水と保湿ケアアイテムは、高保湿のセラミド配合かどうかがポイントなんですね。
ではそれを踏まえて、乾燥肌さんにおすすめのスキンケアラインをご紹介します。

2-2. 乾燥肌さんにおすすめのスキンケアラインTOP3

ここからは、乾燥肌におすすめのスキンケアブランドを

  • 高保湿成分「セラミド」配合でしっかり保湿できる
  • 肌に優しく低刺激

という2つのポイントから厳選して、ランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1位 「ayanasu(アヤナス)」ディセンシア

  • 乾燥肌スキンケア

1位は、ポーラ・オルビスグループの“敏感肌専門ブランド”DECENCIA(ディセンシア)から提供されている高保湿・エイジングケアのスキンケア「ayanasu(アヤナス)シリーズ」です。

通常のセラミドよりも浸透力が高い「ヒト型ナノセラミドを化粧水・美容液・クリームの全てに配合。さらに高保湿成分も豊富に配合されており、お肌のすみずみまでうるおいを与えます。

また、くすみを改善し透明感をアップしてくれる効果とあわせて、ストレスと肌荒れのメカニズムに着目したオリジナル複合成分「ストレスバリアコンプレックス®」を配合しているので、ストレスによる肌荒れにも徹底対応して健やかな肌を保ってくれます。

さらに詳しくみる

 

◆アヤナスシリーズ初心者にはこれ!

アヤナス クリーム コンセントレート

  • 乾燥肌スキンケア

アヤナスのなかでも必ず試してほしいのが「アヤナス クリーム コンセントレート」というフェイスクリーム。

弱った角層の代わりに肌を守るという特許技術を取得しているため、スキンケアの一番最後に使うことで肌を刺激からしっかりブロックしてくれます。

また、ナノサイズのヒト型セラミドを贅沢に配合しているので保湿力が高いほか、肌のコラーゲン産生を170%アップさせる成分を配合しているので、「しわ」「たるみ」「ほうれい線」の無いハリ肌へ導いてくれるんです。

さらに詳しく見る

 

肌にもスッとなじんで重たくなりません
読者's COMMENT
このクリームは敏感肌用ということで、どんな季節にも、どんな肌状態の時でも使えそう。とても伸びが良く、こっくりさの中にもみずみずしさがあってすごく使いやすいです。肌にもスッとなじんで、重たくなりません。お肌を守ってくれるような使い心地で、肌が薄い私でも安心感があります!(乾燥肌/30代前半)
ハリを実感できました!
読者's COMMENT
高保湿クリームです。こっくりとしたら濃密クリームで、ハリを実感できました!コクがあるクリームですが、ベタベタせず指が吸い付くような保湿力です。小じわが気になる乾燥肌だったのですがこのクリームを塗った次の日は目立たなくなりました。乾燥肌の私にとても合う商品です!(乾燥肌/30代前半)

◆WEB限定で最安値で試す方法

現在、こちらのクリームのほか化粧水・美容液が入った10日分のトライアルセットが初回限定1480円(税込)、送料・振込手数料無料でお試しできるキャンペーンを行っています。

30日以内なら全額返金保証つきで使用後も返品可能なので、万が一肌に合わなくても安心。一度は試してほしいクリームです。

トライアルセットを見てみる

 

商品詳細
アヤナス クリーム コンセントレート
◇ブランド名:DECENCIA(ディセンシア)
◇価格:5940円 / 30g
    リフィル 5400円
◇買える場所:公式通販のみ
◇特徴:保湿力◎、低刺激◎、ヒト型ナノセラミド配合、アンチエイジング効果あり
◇トライアル:初回限定10日分1480円(送料無料)、30日間全額返金保証つき
 
公式サイトを見る

 

2位 「ヒフミド」小林製薬 

こちらは、小林製薬から出ている、セラミドケアに特化したスキンケアラインヒフミド」です。

数あるセラミドのなかでも「ヒト型セラミド」のみにこだわり、4%という高い配合率を実現しているのが特徴。
さらに三種のヒト型セラミドをベストバランスで配合しているので、かなり高い保湿効果があるんです。

肌になじませていくと、すっと浸透していくのがわかりますよ。

さらに詳しくみる

 

◆ヒフミドシリーズ初心者にはこれ!

ヒフミド エッセンスローション

 

乾燥肌の方に特におすすめなのが「ヒフミド エッセンスローション」です。
洗顔後すぐのお肌に付けることで、ぐぐっとセラミドが入り込みダイレクトに肌に潤いが届きます

毎日使い続けることで肌がしっかり保水され、弾力とハリのあるお肌へと導いてくれますよ。

商品詳細
ヒフミドエッセンスローション
◇ブランド名:hifmid(ヒフミド)
◇価格:3000円 / 120mL
◇買える場所:通販
◇特徴:保湿◎、低刺激○、ヒト型セラミド3種配合
 
公式サイトを見る

3位 「モイスチャライジングシリーズ」ETVOS

肌への優しさにこだわった、クレンジング不要のミネラルファンデとセラミドケアで知られる「ETVOS(エトヴォス)」。
そんなETOVOSから出ている、保湿に特化したラインが第3位にランクインです。

このモイスチャラインには、ヒト型セラミドやヒアルロン酸など高保湿成分がたっぷり
しかも、シリコン・パラペン・鉱物油・合成香料・着色料・石油系界面活性剤が不使用なので、肌が強くない方も安心して使えます。
肌を優しく労わりながら、潤いに満ちたキメ細やかな肌に近づけますよ。

さらに詳しくみる


◆エトヴォスシリーズ初心者にはこれ!

バイタライジングローション

この化粧水には、ヒト型セラミド1・2・3・5・6と、なんと5種類ものセラミドが配合されており、肌に潤いを与えつつ、乱れがちなターンオーバーを正常に整えるサポートをしてくれます。

またアルガン幹細胞配合で、使い続けるほどに、弾むようなハリのある肌に

  • 肌の乾燥が気になる
  • キメの粗さが気になる
  • ハリをアップさせたい
  • 肌のゴワつきがきになる

……といった人におすすめの化粧水です。

商品詳細
バイタライジングローション
◇ブランド名:ETVOS (エトヴォス)
◇価格:4800円(税抜)/120ml
◇買える場所:ロフト、東急ハンズ、公式オンラインショップなど
◇特徴:ヒト型セラミド5種配合・エイジングケア◎
 
公式サイトをみる

使ってみたいアイテムはありましたか?
どれも乾燥をしっかりケアしてくれるアイテムばかりなので、まずトライアルで試してみると良いかもしれませんね。

乾燥肌さんにおすすめの化粧品をもっと知りたいという方は「乾燥肌に効く化粧品5選|カサカサ肌をしっとり潤す厳選ランキング」もチェックしてみてくださいね。

次は、乾燥肌さんの洗顔やクレンジングといった保湿以外のスキンケアのポイントを解説します。

2-3. 乾燥肌さんにおすすめのクレンジング

  • 乾燥肌スキンケア

クレンジングにはさまざまなタイプがありますが、乾燥肌さんにおすすめなのが、

  • バームタイプ
  • クリームタイプ
  • 乳化ジェルタイプ

のクレンジングです。

これらは他のタイプと比べてメイクなじみが良く、お肌への刺激となる界面活性剤が少ないため肌への刺激を最小限に抑えられます

一方で、洗浄力の強い「オイルタイプ」や「ふき取りシートタイプ」のクレンジングはしっかりメイク汚れを落とせる反面、肌に強い刺激を与えてしまうことがあるため、使用を控えましょう。

続いては、正しいクレンジングの方法をご紹介します。

◆正しいクレンジングの方法

1:手のひらでクレンジングをあたためる
2:顔全体に広げ指の腹をクルクルと回し、優しくメイクとなじませる
3:シャワーを顔に直接当てずに、ぬるま湯を手ですくって、こすらずに優しくすすぐ

マスカラや口紅などの濃いメイクは、ポイントメイク用クレンジングで先に落とすとベストです。
多少ぬるっとしても次の洗顔で落ちるので気にせず進みましょう。

一方、敏感肌のNGクレンジングは以下の通りです。うっかりやってしまわないように気を付けたいですね。

乾燥肌のNGクレンジング
×オイルやシートタイプのクレンジング
×1分以上かける
×ゴシゴシ顔をこする
×冷水や熱湯ですすぐ

ちなみに、クレンジングはそれ自体がお肌に刺激を与える行為でもあります。できるだけお肌に負担をかけないよう、1分ほどですばやく済ませることが大切です!

おすすめのクレンジングバームは別記事の「しっかり落とせて肌に優しいクレンジングバーム9選」を参考にしてみてくださいね。

続いては、洗顔のポイントについて解説します。

2-4. 乾燥肌さんの正しい洗顔方法

ここでは、乾燥肌さんが洗顔をするときに気を付けるべきポイントについて解説します。

◆乾燥肌さんの洗顔料の選び方

乾燥肌の洗顔でおすすめなのは、

  • 洗顔用固形せっけん

です。たっぷりの泡を立てて、泡で顔を優しく包み込むようにして洗ってください。

肌に良さそうな「しっとり・潤う」「泡立つ」といった言葉の洗顔料には注意が必要です。余計な油分や肌に浸透する成分、刺激になるほど多量の界面活性剤入りのため敏感肌には刺激になることがあります。

そのため、できるだけシンプルでしっかり汚れを落とせる洗浄力があるものを選びましょう!

続いては、正しい洗顔の方法について紹介します。

◆乾燥肌さんの正しい洗顔の方法

乾燥肌さんの洗顔は、肌に刺激を与えず優しく洗うことが大切です。これを意識して、以下の順序で正しい洗顔を行いましょう。

① 手を洗い、ぬるま湯(36℃前後)で顔を濡らす
② せっけんをよく泡立てて額・鼻筋のTゾーンを洗う
頬やフェイスラインなどUゾーンを洗う
④ 目元や口元、小鼻を優しく洗う
⑤ ぬるま湯で丁寧に洗い流し、清潔なタオルで優しく水気をとる

上記の手順を、お肌に摩擦と刺激を与えないように優しく行うことが大切です。そのため、

  • 手でのこすり洗い
  • すすぎのときに手でこすって顔を洗う

…といったことはしないようにしましょう。
ちなみに、泡立ちネットを使えば、このような濃厚な泡が簡単にできるのでおすすめです。

  • 乾燥肌スキンケア

また、洗顔後にお肌の水気を取ろうとタオルでゴシゴシと顔を拭くのは絶対にNG。お肌を傷つけないよう、顔についた水滴を優しくタオルで吸い取るようにしてくださいね。

◎洗顔するときのポイント
①皮脂をしっかり落とせる「洗顔用固形石鹸」がおすすめ
②洗うときの泡・ゆすぐときのお湯はたっぷりと
③拭くときは、顔についた水滴を優しくタオルで吸い取るように

×洗顔するときのNGポイント
①洗うときやすすぐときに手でこすらない
②タオルでごしごしと拭かない

乾燥肌さんのスペシャルケアというと「パック」を思い浮かべる方も多いですよね。
実は、乾燥肌さんには避けるべきパックとおすすめのパックがありました。

2-5. 乾燥肌さんのパックの方法

乾燥が気になる時のスペシャルケアとして、コットンに化粧水を含ませ顔にはりつける「コットンパック」をする方も多いかと思います。

ですがこのパックを長時間行うと、コットンに含まれる水分と一緒に肌の水分までも一緒に蒸発していき更に乾燥が進んでしまいます

  • 乾燥肌スキンケア

どうしてもコットンパックをする際には、

  • 優しく肌にのせ、1~3分程度を目安に
  • 乾燥を防ぐため、目・鼻・口の部分を切り取ったラップで顔を覆う
  • パックのあとは再度手のひらで優しく化粧水を馴染ませる

という3点を意識しましょう。

◆乾燥肌さんにおすすめのパック

また、乾燥肌にオススメのパックは、「塗って洗い流すタイプ」のもの。塗るタイプは密閉性が高いので肌から水分が逃げず、また拭き取りではなく洗い流すタイプにすることで肌への刺激を最小限にできますよ。

ここまでの乾燥肌さんのスキンケアポイントは、以下の通りです。

✔︎ 乾燥肌のスキンケアのポイントまとめ
①化粧水や保湿ケアは、セラミド配合・低刺激を手でつける。
②クレンジングは、ミルクやクリームタイプで優しく。
③洗顔は、たっぷりの泡とお湯で。
④スペシャルケアは、塗って洗い流すタイプがおすすめ。

では次に、乾燥肌を悪化させないデイリーケアのポイントをご紹介します。

3. デイリーケアのポイント

3-1. 朝の洗顔

寝起きはそんなに汚れていないので、ぬるま湯で何度かすすぐだけでOKですよ。また、ノーメイクの日もぬるま湯の洗顔で大丈夫です。

ゴシゴシと洗顔してしまうと肌の負担になるので、顔に手が触れないようなイメージで洗いましょう。

もし、特別敏感肌かな?と感じる朝には洗顔そのものが肌の刺激になるので夜の洗顔のみにしましょう。

3-2. 日中の乾燥対策に「UVケア」

乾燥肌さんは肌のバリア機能が弱まっているため紫外線のダメージを受けやすく、それによって更に乾燥が悪化してしまいます。
またそれがきっかけとなってメラニン色素が過剰に生成され、シミができることも。

そんな紫外線から肌を守るのに効果的なUVケアは、

  • 日焼け止め
  • パウダーファンデーション

の2つのアイテムを併用することです。

とくにパウダーファンデーションには、肌を紫外線から守る成分が含まれており、一般的なパウダーファンデーションでSPF20程度(日常生活において十分な日焼け防止効果)の力を発揮します。

この2つを使うときのポイントはこちらです。

《日焼け止めをぬるときのPOINT》
・適量をしっかり塗る。使用量が半分になるだけで効果は1/4に。
・一番紫外線が当たる頬骨の上を厚めにケア。

《パウダーファンデーションをぬるときのPOINT》
・顔全体にムラなく塗る。
・リキッドタイプは紫外線ブロックの効果が弱いため、パウダータイプを使う。

ちなみに紫外線ケアは季節や天気に関係なく一年中必要なものです。
太陽がでていなくても紫外線は常に存在するので、毎日のUVケアは欠かさないようにしましょう。

✔︎ 日中のUVケア対策POINT
・紫外線は乾燥の敵だということを忘れずに!
・日中のUVケアは日焼け止めとパウダーファンデーション
・UVケアは夏だけではなく1年中する

おすすめの日焼け止めについては「おすすめの日焼け止め15選|タイプ別に選ぶ人気の日焼け止め」を参考にしてみてください。

4. まとめ

乾燥肌のスキンケア、いかがでしたでしょうか。
これからは、以下のようなポイントを意識して乾燥肌とさよならしましょう。

乾燥肌さんのスキンケアのポイント
・乾燥肌の大敵は「摩擦と刺激」!常にお肌には優しく。
・クレンジングはクリームか乳化ジェルタイプ。
・化粧水は、コットンではなく手を使おう。
・最高の保湿ケアは「セラミド成分」配合のアイテム。
・乾燥肌ケアには「UVケア」も必須!

しっかりと正しいスキンケアをして、ふっくらうるおうお肌を手に入れたいですね。