1. ホーム
  2. 美容ガイド
  3. エイジングケア
  4. 【美容皮膚科医監修】まぶたのたるみの解消法|簡単3つのツボ押しでぱっちり目元を叶えるコツ
まぶた,たるみ,人気,おすすめ,ランキング

【美容皮膚科医監修】まぶたのたるみの解消法|簡単3つのツボ押しでぱっちり目元を叶えるコツ

はれぼったい顔や、老けた印象に見えてしまう「まぶたのたるみ」。セルフケアで何とかできたらいいのに…と悩んでいませんか?

そこでこの記事では、Vera編集部が徹底的にリサーチした

  • まぶたのたるみに効くツボ押し
  • まぶたのたるみ改善に役立つ豆知識

…といった、まぶたのたるみを効果的にケアする方法をご紹介します。

また今回の記事は、美容皮膚科医である武田りわ先生にまぶたのたるみに関して取材を行いながら作成しました。

敏感肌化粧水おすすめ
今回ご協力頂いた専門家
タケダ・スポーツビューティークリニック
美容皮膚科医 
武田 りわ
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
アジアアンチエイジング美容協会 名誉顧問
皮膚科医・美容皮膚科医。整形外科医である夫と福岡市でタケダスポーツ・ビューティークリニックを開業。現在は、レーザー・ケミカルピーリングなどの美容皮膚科学と、漢方・オーソモレキュラー医学(栄養療法)を取り入れた統合治療を行いながら、テレビや雑誌などを通じ正しいスキンケア方法を発信している。
http://tsc-h.com/

たるみの原因や美容医療などについてもあわせて解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

きっと若々しくパッチリした目元が叶いますよ。

※本記事内の情報は一般的な知識であり、症状の自己判断を促すものではありません。気になる症状がある場合、まずは医療機関に相談しましょう。

1.まぶたのたるみの原因とは?

年齢を重ねるごとに「まぶたのたるみ」が目立ってしまい、気になりますよね

まずは、まぶたがたるんでしまう主な原因を4つご紹介します。

まぶたがたるむ主な原因

①加齢によるハリの減少

②目をゴシゴシこする習慣

③毎日のアイメイク

④PC・スマホの使い過ぎ

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

原因①加齢によるハリの減少

お肌の内部には、ハリを支える成分「コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン」が存在します。

まぶたたるみ

これらの成分が加齢などにより減少すると、目の周りの肌もハリを失い、まぶたがたるんでしまうんです。

とくに皮膚が薄いまぶたは、たるみやすい部位と言えますよ。

原因②目をゴシゴシこする習慣

眠い時などに目をこすってしまうと、乾燥やまぶたの筋肉を傷める原因になり、たるみに繋がります。

普段からクセになっている人は注意しましょう。

原因③毎日のアイメイク

まぶたたるみ

目元の印象作りのために濃いアイメイクや二重メイク(アイプチ)を繰り返すことも原因の一つです。

メイクの工程やクレンジングの際に、引っ張ったり摩擦することでたるみが悪化してしまいますよ。
▷まぶたの負担を軽減するアイメイクのコツは記事下部で解説

原因④PC・スマホの使い過ぎ

PC作業やスマホの見過ぎによって目の周辺の筋肉が衰えると、まぶたのたるみも悪化します。

目の周辺の筋肉とは?

まぶたを開閉する際には、「眼輪筋(がんりんきん)「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)と言う筋肉が使われます。 

 

まぶたたるみ

これらの筋肉が衰えることでまぶたが下がり、たるみに繋がってしまうんです。

このようにまぶたがたるむ原因は様々ですが、改善のためには早めのケアが重要ですよ。

次の章からは、とくにまぶたのたるみに効果的な

  • ツボ押し
  • 美容医療

…の2つのたるみ対策について詳しくご紹介していきます。

2.まぶたのたるみに効くツボ押し3ステップ

まぶたたるみ

まぶたのたるみ解消には、短時間で簡単にできるツボ押しでのセルフケアがおすすめです。

血行を促進して筋肉がほぐれることで、目の周りがスッキリしてたるみの解消に期待できますよ。

ツボ押しを行う際は、以下の点に注意して優しく行ってくださいね。

ツボ押しの際の注意点

・力を入れすぎない

☆軽く押さえるイメージで、気持ちいい程度に

・体調が悪い時は控える

・1日1~2回だけ行う

では、具体的なやり方を見ていきましょう。

◆ステップ①「攅竹(さんちく)」を押す

まぶたたるみ

まずは、眉頭にある攅竹(さんちく)というツボを押します。

【5秒押さえて休む】を1セットとし、合計2セット行いましょう。

◆ステップ②「魚腰(ぎょよう)」を押す

まぶたたるみ

続いて、眉毛の真ん中にある魚腰(ぎょよう)というツボを押します。

ステップ①と同様に、【5秒押さえて休む】を2セット行いましょう。

◆ステップ③「絲竹空(しちくくう)」を押す

まぶたたるみ

最後に絲竹空(しちくくう)と呼ばれる眉尻のツボを押します。

3秒かけて、押しながら少し上に引き上げるように1回だけ行いましょう。

ツボ押しは目の疲れにも効果的

ツボ押しはまぶたのたるみだけでなく、目の疲れ解消にも効果的です。

とくに長時間PC作業をする方にはおすすめ◎

ただしツボ押しは即効性があるわけではないので、毎日続けることが大切ですよ。

より素早くたるみを解消したい方は、次の章で解説する「美容医療」を検討してみるのも良いかもしれません。

3.美容医療でまぶたのたるみを改善

まぶたたるみ

素早くたるみを改善したい方や、たるみが酷い場合には「美容医療クリニック」での治療も一つの手です。

美容医療クリニックで受けられる主な治療は、

  • 眉下切開法
  • 重瞼腺(じゅうけんせん)切開法

…の2種類です。それぞれの治療方法の特徴は以下の通り。

◆眉下切開法

まぶたたるみ
  • 眉下ギリギリを切開してリフトアップする
  • 腫れや傷跡が目立ちにくく、自然な目元が作れる

◆重瞼腺(じゅうけんせん)切開法

まぶたたるみ
  • まぶたを切開してリフトアップする
  • 二重形成も同時にでき、パッチリした目元が作れる 

またどちらの方法であっても、美容医療での治療には腫れ・傷が治るまでの期間(ダウンタイム)が必要になりますよ。

美容医療の費用は?

費用は店舗や手術方法ごとに差がありますが、相場は約25~35万円とやや高額になります。

治療を受けたい方は、時間や費用の面もよく考えて決断してくださいね。

次は、まぶたのたるみ解消に関する豆知識をご紹介します。

4.まぶたのたるみ解消に役立つ豆知識

まぶたたるみ

ここからは、まぶたのたるみを解消・予防するために知っておきたい3つの豆知識をご紹介します。

どれもちょっとしたポイントではありますが、まぶたのために大切な情報ばかりですよ。

以下より、ひとつずつ詳しく解説していきます。

4-1.まぶたのたるみは化粧品で予防できる

まぶたのたるみは、肌にハリを与えてくれる成分配合の化粧品で予防することができます。

とくに目元はデリケートな部位なので、専用の「アイクリーム」を使うのがおすすめです。

◆まぶたのたるみ予防におすすめのアイクリーム:
アイ エクストラ セラム(アテニア)

アテニアの「アイ エクストラ セラム」は、まぶたを含む目元全体をケアしてくれるアイクリームです。

  • まぶたに潤いとハリを与える
    …セイヨウキズタエキス、コメヌカ油
  • 目尻や目の下のたるみをケアする
    …シトルリン、マイオキシノール

…など、ハリに良い成分がたっぷり配合されているのが嬉しいポイント。

このアイテムを詳しく見る
商品詳細

アイ エクストラ セラム

◇ブランド名:アテニア

◇価格:3047円(税抜)/15g

◇買える場所:公式通販、実店舗(店舗一覧

全成分表示を見る

水、ジメチコン、BG、グリセリン、ジグリセリン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、スクワラン、イソステアリン酸イソステアリル、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、オレイン酸オレイル、DPG、ジポリヒドロキシステアリン酸PEG−30、ペンチレングリコール、シクロペンタシロキサン、PEG−10ジメチコン、シトルリン、アロエベラ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、コメヌカ油、加水分解オクラ種子エキス、キサントフィル、アンペロプシスグロセデンタタ葉エキス、ローズマリー葉油、ニオイテンジクアオイ油、オレンジ果皮油、サフラワー油、フィトステロールズ、水添レシチン、PEG−75、デキストリン、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸イヌリン、ジステアルジモニウムヘクトライト、トコフェロール、塩化Na、フェノキシエタノール

 

公式サイトを見る

アイクリームは美容液や乳液の後に、まぶたを刺激しないよう優しく塗ってくださいね。

4-2.まぶたの負担を軽減するアイメイクのコツ

まぶたたるみ

記事上部でも解説したように、濃いアイメイクを繰り返すことはたるみの原因になります。

しかし、以下のようなポイントに注意してアイメイクを行うことで、まぶたの負担を軽減することができますよ。

アイメイクの注意点

・ビューラーはホットビューラーを使う
…挟むタイプのビューラーは、まぶたを引っ張るおそれがある

・クレンジングは優しく行う
…マスカラは専用のリムーバーでこすらず落とす

・つけまつ毛はリムーバーを使って外す
…のりが付いたまま引っ張って外すことはNG

このように、とにかく強く引っ張ったりこすったりしないことが大切。

また、二重メイク(アイプチ)もなるべく使用を控えましょう。

どうしてもやりたい場合には、使用頻度を下げることを心がけてくださいね。

▷先にアイメイクのコツをチェックしに来た方は、こちらから記事上部に戻ることができます。

4-3.酷いたるみは「眼瞼下垂(がんけんかすい)」の可能性がある

瞳孔にまぶたがかかるほどたるみが酷い場合には、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」の可能性があります。

まぶたたるみ

主に加齢が原因ではありますが、

  • ハードコンタクトレンズの長期使用(10年以上)
  • 引っ張る、摩擦などの外部刺激

…などでもまぶたの筋肉が痛んでしまい、眼瞼下垂の症状が出る場合があります。

気になる方は、病院で診察を受けてくださいね。

5.まとめ

まぶたたるみ

まぶたのたるみを解消する方法は分かりましたか?

セルフケアでは「回数をこなす」のではなく、「毎日続けること」を心掛けると効果的です。

また、PC作業やスマホは適度に休憩をはさむことも大切。目をいたわって、ぱっちりした目元を目指しましょう!

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。