表情をどんより暗く見せてしまう目の下のたるみ。もっと歳を重ねてから出来ると思っていたのに‥‥と、鏡に映った自分の顔に愕然としている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は目の下のたるみは加齢以外にも様々な原因があるんです。あなたが日常生活で何気なく行っていることも、目の下のたるみを悪化させている原因なのかもしれません。

今回は、目の下のたるみができる原因をひとつずつ丁寧に解説していきます。また改善方法もあわせてご紹介しますので、ぜひ今後のケアの参考にしてくださいね。

1. 目の下のたるみとは

目の下のたるみとは、このように涙袋の部分が大きく垂れ下がって出来るたるみ部分の事です。

目は体の中でも皮膚が薄く、最もたるみが出やすい部分です。
そのため目もとでは、目の下のたるみ以外にも、

  • まぶたのたるみ
  • 目尻のしわ

など様々なトラブルが発生しやすいとも言えます。

また目の下のたるみが悪化すると、たるみ部分に影ができてクマのように見えてしまい、余計に老け顔になってしまう恐れもあります。

ではこのような目の下のたるみはどうしてできてしまうのでしょうか?

2. 目の下のたるみができる原因

目の下にたるみができてしまう原因は大きくわけてこの4つです。

目の下にたるみができる原因
1. 老化
2. 紫外線
3. 長時間にわたるPCの使用や読書
4. 運動不足

老化以外にもこのような原因があるなんて驚きですよね。次からは、これらの原因をひとつずつ解説していきます。

2-1. 老化

目の下のたるみができる原因の一つ目は「老化」です。

老化が進むと、以下のような現象が起きます。

  • 肌弾力の低下
  • 筋力の低下
  • 眼窩(がんか)脂肪のふくらみ

このようなことが原因となった結果、目の下がたるんでしまうのです。
ではこれらの仕組みをひとつずつご紹介します。

・肌弾力の低下

肌の弾力は、表皮の下にある真皮層のなかの

  • コラーゲン
  • エラスチン

という線維上のタンパク質が正常に働くことによって保たれています。
ですが老化が進むと共に、これらコラーゲンやエラスチンも老朽化・減少したるみが起きてしまいます。

・筋力の低下

老化すると、目の周りの眼輪筋という筋肉が弱まります。
退化した筋肉は脂肪へと変化し、その脂肪が重力に従って下へ下へとたるんでしまうんです。

また涙袋もこの眼輪筋からできています。
ですので涙袋の大きい人ほど、歳を重ねたときに目元のたるみが大きくなる可能性が高いのです。

・眼窩(がんか)脂肪のふくらみ

眼球の下には、クッションのように眼球を支える眼窩脂肪という脂肪があります。
年齢によって眼球が沈むと、その下にあった眼窩脂肪が前に押し出され、外から見るとまるで脂肪が膨らんだかのようなたるみが生まれます。

以上3つが老化によって目の下がたるむ原因です。
こうしたエイジングトラブルによるたるみは、早いうちからのケアによって遅らせる事ができますので、スキンケアやエクササイズなどを行って日頃からケアしていきましょう。

なおスキンケアでの対策については3-1. スキンケア、エクササイズでの対策については3-2. 目の下の筋肉を鍛えるエクササイズをご覧ください。

老化による目の下のたるみの原因3つ
1. コラーゲン等の老朽化・現象による肌弾力の低下
2. 目の周りの筋肉が衰え脂肪へと変わる
3. 眼窩(がんか)脂肪が前に押し出されたるむ

2-2. 紫外線

目の下のたるみの原因2つ目は、「紫外線によるダメージ」です。
というのも、紫外線はその波長の長さによって、

  • UVA(紫外線A波)
  • UVB(紫外線B波)
  • UVC(紫外線C波)※地上にはほとんど届かない

という3種類に分けることができ、そのなかでも「UVA」は紫外線のなかでもっとも波長が長く、肌の内部まで到達してきます。

そうして真皮にまで届いたUVAが、コラーゲンやエラスチンなどを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えてしまうのです

線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチンなどの生成量が減ってたるみの原因になったり、これらを壊す活性酵素が増えて肌のハリが失われたりしてしまいます

・紫外線によるダメージは蓄積される!

UBAによる日焼けは一ヶ月ほどで治まりますが、たるみを引き起こしてしまうUVAによるダメージは、浴びたぶんだけ直実に身体に残り続けるんです。

そのためトータルで長時間紫外線を浴びた人ほど、後々の目の下のたるみも深刻化しやすいと言えます。

ちょっとなら大丈夫と思っていても、それが長年積み重なると、結果たるみになってしまうなんて恐ろしいですね。

2-3. 長時間にわたるPCの使用や読書

通常私たちは、まばたきをすることで目の周りの筋肉の眼輪筋を、知らず知らずのうちに鍛えています。

ですが長時間にわたるPCの使用や読書によって、まばたきの回数は極端に減少します。
一説によると、通常時は一分間に20~40回しているまばたきが、PCや読書中は4~10回と半分以下になっているそうです。

このようにまばたきの回数が減ると眼輪筋が衰えてしまいたるみを引き起こします。

また長時間のPCの使用や読書は、目の周りの血流も悪化させるので、たるみと共にクマを引き起こしてしまうこともあります。

2-4. 運動不足

運動不足が続くと血行が悪くなりますが、その血行の悪さが最も目立ちやすいのが目元なんです。
血行が悪くなると、

  • むくみ
  • コラーゲンやエラスチンの生成不良

などを引き起こします。

むくみは皮膚の下に老廃物を溜め込んでしまうので、そのぶん皮膚が伸びてたるみが引き起こされます。

また運動不足によって新陳代謝も低下します。すると通常よりも肌の老化が早く進んでしまい、たるみを加速させてしまいます。

◆目の下にたるみができる原因

以上が、たるみを引き起こす原因です。
加齢以外にも、長時間のPCの使用や読書によっても目の筋力を衰えさせてしまうなんて驚きですね。

年齢の割に目の下のたるみがひどい気がするという方は、このあたりが原因かもしれませんね。

目の下のたるみができる原因まとめ
・老化による肌弾力の低下や筋肉の衰え
・紫外線によるダメージ
・長時間にわたるPCの使用や読書
・運動不足によるむくみや新陳代謝の低下

つづいてはこんな目の下のたるみを改善させる方法をご紹介します。

3. 目の下のたるみの解消方法

ここでは、目の下のたるみを改善する
・スキンケア
・目の下の筋肉を鍛えるエクササイズ
・目の下のたるみを改善するツボ
・美容医療

という4つの方法について詳しくご紹介していきます。

3-1. スキンケア

目の下をたるみを改善させるのに効果的なスキンケアは

  • アイクリームの使用
  • ピーリング

の2つです。

◆アイクリームの使用

アイクリームはその名のとおり、目元専用の専用のクリームの事。

目元のトラブルである、たるみや小じわに効果的な成分が配合されているものが多いので、悩みに直接アプローチできるアイテムなんです。

アイクリームを選ぶときは、その美容成分をチェックしましょう。なかでもおすすめなのが以下のアイテムです。

おすすめアイクリーム「薬用レチノアAエッセンス」

こちらはコラーゲンの生成促進や、肌のターンオーバーを正常に保ってくれるレチノールという成分が配合されたアイクリームです。

オリーブバージンオイルやプラセンタなど豊富な美容成分をも入っているので、肌をナチュラルに保護して肌荒れを防ぎつつ、レチノールの効果を最大限にひきだしてくれます。

翌朝もしっかり潤ってハリがあります
読者’s COMMENT
一週間ほど使ってみました。とても伸びがよくて使いやすいです。しっとりうるおうので冬の乾燥しがちな季節にぴったりです。翌朝もしっかり潤っていてハリがあります。べたつきもなく使い心地がいいので、朝も使うようにしました。気になる目元や口元は重ね付けしています!(混合肌/30代後半)

10日分ずつの小分けになっているので、いつでも新鮮に使い続けられるのもありがたいですよね。
また目元だけでなく、ほうれい線など口元ケアにも使えるのも嬉しいポイントです。

商品詳細
薬用レチノアAエッセンス
◇ブランド名:DHC
◇価格:3600円(税抜き)/5g×3本
◇買える場所:直営店公式通販
◇効果:エイジングケア◎、保湿ケア◎
◇口コミ:@cosme 
公式サイトをみる

◆ピーリング

ピーリングで古い角質を取り去ることで、肌のターンオーバーを正常にしコラーゲンやエラスチンなど肌弾力を保つ成分の生成を促進してくれます。

ピーリングにはさまざまなタイプがありますが、ジェルやスクラブタイプは皮膚がうすい目元には刺激が強すぎて肌を逆に傷める可能性も。

おすすめは泡で優しくピーリングすることができる洗顔料タイプです。

おすすめピーリング「ACアクティブウォッシングフォーム」

こちらは「NOV」から出ている洗顔タイプのピーリングなので、洗顔と同時にピーリングも出来ます。肌表面の古い角質や毛穴のつまり、過剰な皮脂を取り去ってくれ肌を健やかに保てます。

化粧ノリがよくなりました
読者‘s COMMENT
肌に優しいマイルドピーリング効果で大人ニキビを撃退してくれます。泡立ちは普通な感じですが、洗った後、お肌がすべすべ。でもつっぱりません。洗い続けていくうちに、お肌のトーンがあがったような、化粧ノリがよくなりました。これからとても期待しています!(混合肌/40代前半)

洗顔をする際は、繊細な目元を傷つけないように泡をしっかり立てて優しく包み込むようにしてあらってくださいね。

商品詳細
ACアクティブウォッシングフォーム
◇ブランド名:NOV
◇価格:2700円(税込)/100g
◇帰る場所:薬局など
◇効果:角質ケア◎、大人ニキビケア◎、オイルフリー
 
公式サイトをみる

3-2. 目の下の筋肉を鍛えるエクササイズ

眼輪筋など目元の筋肉を鍛えるエクササイズを毎日行うことによって、たるみの改善が期待できます。
使わないと筋肉はどんどん衰えてしまうので、早め早めにケアしてあげましょう。

今回は、目元の中でも特に目の下を鍛えるエクササイズをご紹介します。

目の下のたるみに効くエクササイズ①「ピースエクササイズ」

  • 目の下のたるみ原因
ピースエクササイズのやり方
①中指を目頭・人差指を目尻においてピースしたような状態にする。
②そのまま黒目だけ上へ向ける。
③下まぶたを引き上げ目を細めた状態で10秒キープ。これを3セット。
※下まぶたを引き上げるとき、頰に筋肉は動かなさいようにする。

目の下のたるみに効くエクササイズ②「ウィンク エクササイズ」

ウィンクエクササイズのやり方
①上まぶたが動かないよう手で押さえる。
②下まぶただけを動かし、5秒ほどかけウィンクする。
③左右1回ずつウィンク×5セット行う。
 ※ウィンクするときは頬の筋肉ではなく下まぶたの筋肉のみで行う

3-3. 目の下のたるみを改善するツボ

目にはたるみを改善させるツボがあるってご存知でしたか?

さきほどのエクササイズと合わせてツボ押しも行いよりスッキリした目元を目指しましょう。

◆目の下のたるみに効くツボ

  • 目の下のたるみ原因
  • 太陽・・・こめかみのくぼみ部分。むくみに効果的。
  • 承泣(しょうきゅう)・・・目の下の骨のすぐ上にある。たるみに効果的。

これらのツボを気持ちいい程度の力で1分ほど押し続けてあげましょう。
目の疲れにも効果があるので「オフィスで目が疲れたな…」なんて時にマッサージかわりに押すのもオススメですよ。

3-4. 美容医療

根本からたるみを解消したいなら、ヒラルロン酸注射やレーザー治療などの美容医療がオススメです。

◆ヒアルロン酸注射

たるみやシワによって凹んだ部分に直接ヒアルロン酸を注入し、皮膚を平らにするのがヒアルロン酸注射です。

一回の注射で確実な効果が出るので、根本からたるみを解消したい人にはおすすめ。
また見た目もボトックス注射ほど不自然さがないので、ナチュラルさを求めるかたにはピッタリです。

ヒアルロン酸注射の効果
一回の注射での効果は半年〜1年で、費用は5〜10万が相場となっています。

◆レーザー治療

特殊なレーザーを当てることでコラーゲンを活性化させ、肌にハリを与えるのがレーザー治療です。

一度に大きな改善が得られるものではなく基本的には数回の施術が必要になりますが、レーザーは自分自身の肌を活性化していくので、非常に仕上がりが自然で効果も年単位で続きます。

ただ、深いシワ等は完全に消すことはできません。
施術費用はレーザーの種類によって様々ですが5万円〜となっています。

たるみを根本から解消する美容医療まとめ
ヒアルロン酸注射
◇メリット:一度の施術で効果てきめん。深いシワやたるみに◎
◇デメリット:効果が短ければ半年程度と短い
◇費用の相場:5~10万

レーザー治療
◇メリット:仕上がりがとにかく自然。効果も年単位と長い。
◇デメリット:数回の施術が必要。深いシワやたるみは消しきれない
◇費用の相場:5万〜

以上が目の下のたるみを改善させる方法です。
日常的に取り入れやすい安いものが多かったかと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目の下のたるみを改善する方法まとめ
アイクリームとピーリングでスペシャルケアを。
・たるみに効くエクササイズとツボ押しを毎日続けてたるみ改善
・根本からたるみを解消したい場合は美容治療も視野に入れて。

4. まとめ

目の下のたるみができる原因はおわかりいただけましたか?
最後にもういちどまとめると

  • 老化による肌弾力や筋力の低下
  • 紫外線による肌ダメージ
  • 長時間にわたるPCの使用や読書
  • 運動不足によるむくみやコラーゲンの生成不良

などが目の下のたるみの原因です。
日常の生活に少し気をつけるだけで、これらの原因のなかには回避できるものもありますので、ぜひ今日から意識してみてくださいね。