青汁は美容や健康に良いものの、「飲みにくい」という印象が強いですよね。

そこでここでは、

  • 青汁のおいしい飲み方
  • おすすめのアレンジ方法
  • 自分にぴったり合った青汁の選び方

などについて詳しくご紹介します!

また美容・健康サポート力を高める飲み方やおすすめの青汁についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

先におすすめの飲み方が知りたい!という方は「2. 青汁のおいしい飲み方・ポイント」からジャンプしてチェックしてみてくださいね。

1.青汁の働き

青汁とは、ケール、大麦若葉、明日葉など、グリーンの野菜を中心とした野菜ジュースのことです。

生の青汁のほか、冷凍、粉末(顆粒)、粒タイプなど様々なタイプがあり、美容・健康にいいため特にヘルシー志向の女性たちから支持を得ています。

青汁の主な原材料と栄養素
・ケール
栄養価が非常に高いが、苦みが強い。
メラトニンによる休息サポートがあるのも特徴。
(主な栄養素:ビタミン類、ミネラル類、食物繊維、メラトニン)
・大麦若葉
栄養価が高く、苦みは少ない。
SOD酵素が含まれ、若々しさサポートや美容サポート力が高い。
(主な栄養素:SOD酵素、ミネラル類、ビタミン類、食物繊維)
・明日葉
明日葉にしか含まれないカルコンのスッキリサポート力や美容サポート力、ダイエット時の栄養補給に期待ができます。
(主な栄養素:ビタミン類、ミネラル類、食物繊維、カルコン)

では、そんな青汁はどのような特徴や働きを持っているのでしょうか。

◆青汁の働き

栄養豊富な青汁を飲むことで、普段不足しがちな栄養バランスを補うことができます。

また、

  • エイジングケア、美容ケア
    (βカロテン、ビタミンC、SOD酵素)
  • ダイエット時の栄養補給、スッキリサポート
    (カルコン、カリウム、食物繊維)
  • めぐりサポート
    (ビタミン類、鉄分、ポリフェノール)
  • 毎朝のスッキリサポート
    (食物繊維、カルコン、カリウム)

などといった健康メリットも期待できます。

ただ、青汁はその独特の味ゆえにそのままでは飲みづらくもありますよね。

そこで次から、青汁のおいしい飲み方アレンジとポイントについてご紹介します!

青汁の特徴・働きについてもっと詳しく知りたい方は「青汁の効能を徹底解説 | 美と健康に効く青汁の選び方」をチェックしてみてくださいね。

また、青汁でお通じを良くしたい方は別記事の「青汁を飲んで便秘を解消|体質から改善して溜めない体を作る方法」も参考にしてみてください。

2.青汁のおいしい飲み方・ポイント

ヘルシーで栄養も豊富な青汁ですが、
「青汁の苦みや青臭さが苦手」
という方も多く、飲み始めたけれど習慣化しないと悩んでいる人も多いようです。

そこでここでは、牛乳や豆乳・フルーツジュース・スムージーなど、おいしく飲めると評判な青汁のアレンジ方法を厳選して5つご紹介します。

2-1. 「青汁+牛乳」

青汁と牛乳を混ぜて飲むことで、青汁独特の苦味や青臭さが緩和されて飲みやすい味わいになります。

抹茶ミルクのような味わいは、家族みんなにおすすめです。はちみつやレモン果汁を加えるとさらに飲みやすくなりますよ。


また、牛乳には、炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素が含まれています。

牛乳にはカルシウムが豊富なので、味わいとして飲みやすくなるだけでなく、栄養価もアップします。

★「青汁+牛乳」のおいしい飲み方
レシピ①
「青汁牛乳」

・牛乳:150〜200cc(青汁の希釈量で調整する)
・青汁:1包
・はちみつ、レモン汁(お好みで)
《作り方》
粉末青汁を少量の牛乳でよく溶かし、牛乳を注ぐ。好みではちみつやレモン汁を加えてできあがり。
レシピ②
「青汁オレ」

・牛乳:150〜200cc
・青汁:1回分
・お湯:適量
《作り方》
青汁の粉末をお湯で溶き、人肌に温めた牛乳を注いでできあがり。

栄養も口あたりもいい牛乳と青汁の組み合わせることで、家族みんなが飲みやすいドリンクになります。

食欲のない朝の朝食代わりに取り入れるのもおすすめです。

2-2. 「青汁+豆乳」

青汁も豆乳もどちらも独特のにおいやクセがありますが、混ぜることで互いのクセが消え飲みやすくなります

栄養面においても、豆乳に含まれる栄養素と青汁に含まれる栄養素は影響しあうことがないため、豊富な栄養を余すところなく摂取できます。

また、豆乳に含まれる大豆イソフラボンの頼もしい働きで、美容や健康にも高い力を発揮してくれるのが嬉しいポイントです。

★「青汁+豆乳」のおいしい飲み方
レシピ①
「青汁豆乳」

・牛乳:150〜200cc
・青汁:1包(粉末タイプ)
・はちみつ、レモン汁(お好みで)
《作り方》
粉末青汁を少量の豆乳でよく溶かし、残りの豆乳を注ぐ。好みではちみつやレモン汁を加えてできあがり。
レシピ②
「青汁豆乳バナナ」

・豆乳:150cc
・青汁:1包(粉末タイプ)
・バナナ:1本

・はちみつ、きなこ、ココナッツオイル(お好みで)
《作り方》
粉末青汁を少量の豆乳でよく溶かし、残りの豆乳を注ぐ。好みではちみつやきなこ、ココナッツオイルを加えてできあがり。

豆乳は、「青汁豆乳ダイエット」と呼ばれるダイエット方法もあるほど、低カロリーで栄養価に優れています。

特に豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性らしさをサポートしてくれる成分です。

  • 更年時期などの女性特有のお悩みケア
  • 美容ケア
  • エイジングケアパワー

も期待できます!

2-3. 「青汁+ジュース」

青汁をより飲みやすくするなら、野菜ジュースやフルーツジュースなどジュース類もおすすめです。

青汁の苦味が緩和され、自然な甘みが加わるので飲みやすさも抜群です。

どんなジュースとも相性がよくいただけるので、飽きたらジュースの味を変えればいいので続けやすいですね。

フルーツの中でも、りんごとの相性は抜群です。

りんごに含まれる水溶性食物繊維のペクチンがリフレシュサポートを、また、若々しさをサポートしてくれるカテキンも多く摂取できます。

★「青汁+ジュース」のおいしい飲み方
レシピ①
「青汁野菜ジュース」

・野菜ジュース:150〜200cc
・青汁:1包
《作り方》
野菜ジュースに青汁を混ぜてできあがり。
レシピ②
「青汁+りんごジュース」

・りんごジュース:150cc
・青汁:1包
《作り方》
りんごジュースに青汁を混ぜてできあがり。

一説に「人参は、青汁のビタミンCを壊してしまう恐れがある」と言われることもありますが、加熱処理されているものであれば、混ぜても大丈夫なんだとか。

2-4. 「青汁+スムージー」

スムージーを飲む習慣のある方は、いつものスムージーに青汁の粉末を混ぜるのもおすすめです。

緑の野菜の代用として青汁を使用すれば、簡単にグリーンスムージーがつくれます。

たくさんの野菜やフルーツを用意しなくてもできるので、疲れている時や時間のない朝でも、ストレスなく続けることができるアレンジです。

野菜やフルーツを変えることで気分も変わるので、無理なく続けられる飲み方です!

★「青汁+スムージー」のおいしい飲み方
レシピ①
「青汁+ヨーグルトのスムージー」

青汁:1包
バナナ:1/2本
りんご:1/2個
ヨーグルト(プレーン):80g
豆乳:100cc
《作り方》
バナナ、りんごを適当なサイズにカットしてミキサーにかけ、青汁、ヨーグルト、豆乳を入れて滑らかになるまでミキサーにかける。
レシピ②
「青汁+バナナとキウイのスムージー」

青汁:1包
バナナ:1本
キウイ:1個

旬のフルーツ、牛乳または豆乳、お好みで
《作り方》
バナナとキウイは適当なサイズにカットし、青汁と一緒にミキサーにかける。好みで牛乳または豆乳、旬のフルーツを入れても◎

いつものスムージーや旬のフルーツと一緒に作りましょう。

青汁の栄養素とフレッシュな生のフルーツの酵素やビタミンCで、朝のスッキリや美容ケアに役立ちます。

2-5. その他の青汁活用術

その他にも、青汁はヨーグルトやスープに混ぜてもおいしくいただけます。
とっても簡単なので、よかったら試してみてください。

・ヨーグルトと混ぜる
・ポタージュやカップスープと混ぜる
・スープやお味噌汁に入れる

など、「食べる青汁」といった感覚で日々の食事に取り入れられます。青汁を加えるタイミングとしては、青汁を加えてから熱を加えるのではなく、他の食材の調理を終えてから、最後に混ぜるとよいでしょう。

自分のライフスタイルに合った方法で青汁を楽しんでみてくださいね。

次からは、自分にあった青汁の選び方についてご紹介します。

3. 青汁のおすすめな飲み方

青汁のいろいろな飲み方がわかりましたが、青汁を効率的に取り入れるにはどうしたらいいのでしょうか?

  • 自分に合った青汁を飲む
  • 青汁を飲むタイミングに気を付ける

という2つの方法をご紹介します。

◆自分に合った青汁を飲む

青汁は継続して飲み続けることが大切なので、自分のライフスタイルにあっていて、無理なく続けられる青汁を選ぶのがポイント。

冷凍、粉末(顆粒)、粒タイプなど各メーカーから様々な青汁商品が出ていますが、「どうやって飲むか」で青汁のタイプを選んでみましょう。

青汁のタイプ別アレンジ方法
◆牛乳・豆乳・冷たいジュースなどに混ぜて飲むなら
…粉末タイプ、顆粒タイプ
◆ミキサーにかけてスムージーなどにするなら
…粒タイプ以外の全タイプ

試してみたい飲み方に合わせてタイプを選んでみましょう!

◆青汁を飲む「タイミング」に気をつける

青汁は継続的に摂り入れ続けることが大切です。飲み忘れないように習慣化できるタイミングで摂り入れましょう。

①「決まったタイミング」に飲む

朝食前、夕食前など、飲みやすいタイミングを決めて飲むことをおすすめします。

また、いつも必要以上に食べ過ぎてしまうという方は、前述の牛乳や豆乳に混ぜた青汁はまろやかな味わいで満足度がアップするので、食前に飲むことで、食生活の見直しにも役立つかもしれません。

がっつり食べる昼食や夕食の前がおすすめです!

こんな人におすすめ!
・健康食品を活用するのがはじめての方
・つい食べすぎてしまう方

②一食を青汁に置き換える

1日の食事のうち、1食を青汁に置き換えるという方法です。

この方法は、置き換えダイエット用の青汁を用いて摂取カロリー自体を抑えてダイエットサポートする方法です。

青汁によっては、置き換えダイエットには向いていない青汁もあるので、各販売メーカーに確認することをおすすめします。

忙しくて朝に時間がない人は、朝食がわりに青汁を飲むのもオススメです。

こんな人におすすめ!
・健康的なキレイを目指したい方
・ダイエット時に不足しがちな栄養素を手軽に補いたい方
・健康のためのダイエットに励んでいる方

青汁ダイエットについて詳しく知りたい方は、別記事の「ダイエットに効く青汁の選び方|痩せるコツからおすすめアレンジまで解説もチェックしてみてくださいね。

③間食として飲む

小腹が空いた時などに、間食がわりに青汁を飲むという方法もあります。

これは、普段の食事では不足しがちな栄養素を補うことができるので、健康維持を目的としている方におすすめです。

毎日確実に栄養素を摂取することで、毎朝のスッキリサポートも期待できます。

こんな人におすすめ!
・外食が多く、食前や置き換えなどの方法が難しい方
・食生活が乱れがちで毎日の栄養摂取が心配な方
・間食のカロリーが気になる方

青汁は低カロリー・高栄養の飲み物なので、普段の食事で栄養が足りていない人ほど実感できるかもしれません。

普段のライフスタイルと照らし合わせて、ぜひ自分にあった飲み方を見つけてくださいね。

4. おすすめの青汁TOP3

ここからは、

  • 飲みやすさ
  • 買いやすさ
  • 栄養の豊富さ

という基準から選んだ、おいしいと評判の青汁をランキング形式でご紹介します。

1位:極の青汁(サントリー)

飲みやすさ:★★★★★
買いやすさ:★★★☆☆
栄養の豊富さ:★★★★★
おすすめ度:★★★★☆

国産の大麦若葉と明日葉を使用したサントリーの「極の青汁」です。

野菜ポリフェノール「ケルセチンプラス」と「フラクトオリゴ糖」を配合しており、野菜の栄養分をしっかりとからだに届けてくれます。

煎茶と抹茶を加えた上品な味わいが特徴で、毎日飲んでも飽きないようなすっきりとした飲みやすさが魅力です。

さらに詳しく見る

 

◆実際に使った方のクチコミ

青汁飲み方おすすめランキング人気
一番飲みやすいです
COMMENT
この青汁は今まで飲んだ青汁の中で一番飲みやすいです。青汁というよりも抹茶って感じです。粉っぽさもありません。飲み始めて1ヶ月ですが実感としては溜まりがちだった日々を軽やかに過ごせるようになりました。(女性/30代後半)
青汁飲み方おすすめランキング人気
牛乳に溶かすとおいしい!
COMMENT
2回目の注文です。今回は本格的に続けようと90包入りを注文しました。味は抹茶味です。甘すぎることがないから続けられます。お湯よりも温めた牛乳に溶かして飲むと美味しいと分かったので、毎日の朝食時に摂っています。(女性/40代前半)

毎日おいしく野菜不足を解消したい方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

商品詳細
極の青汁
◇メーカー名:サントリー
◇価格:3600円(税抜)/30包
◇タイプ:水に溶かす粉末タイプ
◇買える場所:公式サイト
◇特徴:国産原料、野菜ポリフェノール、美味しい
 
公式サイトを見る

2位:えがおの青汁満菜(えがお)

飲みやすさ:★★★★★
買いやすさ:★★★★☆
栄養の豊富さ:★★★★☆
おすすめ度:★★★★☆

青汁メーカー「えがお」の「青汁満菜」です。

九州産の大麦若葉に明日葉・ケールなどの有機原料を10種類配合し、これ一杯で1日に必要な野菜350g以上の栄養素がとれてしまいます。

また、この青汁にはダイエット中にも有効な水溶性の食物繊維が豊富に含まれているのも嬉しいポイントです。

さらに詳しく見る


◆実際に使った方のクチコミ

青汁飲み方おすすめランキング人気
クセがなく、アレンジしやすい
COMMENT
クセがないため、いろいろなものと割りやすいです。水や牛乳、豆乳はもちろん、最近はアーモンドミルクで割ったりもします。リンゴジュースで割るのも美味しいですよ。(女性/30代前半)
青汁飲み方おすすめランキング人気
おいしくて飲みやすい!
COMMENT
最初は飲むのに躊躇いましたが、飲んでみると飲みやすい!というか美味しい!こんなに美味しくて野菜も普通には摂取できないような量を摂る事ができるので便利です。ホットミルクに混ぜて飲むと身体も温まり美味しく飲めます。(女性/40代後半)

苦みが強いケールやゴーヤが入っているにも関わらず苦さや青臭さがなく、ほんのり甘い風味でおいしくいただけます。

商品詳細
えがおの青汁満菜
◇ブランド名:えがお
◇価格:3000円(税抜)/31包
◇タイプ:水に溶かす粉末タイプ
◇買える場所:公式オンラインショップ
◇特徴:有機原料10種使用
 
公式サイトを見る

3位:ふるさと青汁

飲みやすさ:★★★★★
買いやすさ:★★★☆☆
栄養の豊富さ:★★★★☆
おすすめ度:★★★★☆

 健康食品・自然派食品を扱う「マイケア」の「ふるさと青汁」です。八丈島産の明日葉を根っこまで惜しまず青汁にしています。

ビタミン・ミネラル・食物繊維など、普段の食事では摂りにくい栄養素や、「カルコン」「クマリン」と呼ばれる明日葉特有のポリフェノール成分も豊富に含まれています。

日本人には嬉しい味噌や漬物などに含まれる「植物性乳酸菌」が含まれているため、溜まってしまったお悩みの解消や美容の維持にもおすすめです

さらに詳しく見る


◆実際に使った方のクチコミ

青汁飲み方おすすめランキング人気
飲みやすく、ダイエット効果にも期待!
COMMENT
他の青汁と変わらない飲みやすさで、牛乳や豆乳に混ぜて飲んでいます。始めて1ヶ月目ですが、毎日のスッキリ感が嬉しい。食べ過ぎたかなと思った翌日もうまくこれで置き換えて調整すればダイエットにも良いかも。期待しています!(女性/20代後半)
青汁飲み方おすすめランキング人気
野菜の大切さを思い知りました
COMMENT
半年前から大量のニキビに悩まされ、あらゆる方法を試しても改善しませんでした。偶然ネットで「野菜不足が原因かも」と言う記事を見て、野菜嫌いの私はこちらの商品にたどりつき、青汁を飲み始めました。飲み始めて1ヶ月後には悩んでいたことが嘘のよう。野菜の大切さを思い知りました。今後も肌と健康のために続けたいです。(女性/30代前半)

こだわりの原材料は全て国産で、島根県産の桑の葉、熊本産の大麦若葉など、国産原料にこだわりたい方にもおすすめです。

商品詳細
ふるさと青汁
◇ブランド名:マイケア
◇価格:3800円(税抜)/30包
◇タイプ:水に溶かす粉末タイプ
◇買える場所:公式オンラインショップ
◇特徴:八丈島産の明日葉使用、国産原料、ポリフェノール成分(明日葉由来)
 
公式サイトを見る

飲んでみたい青汁はありましたか?
味の好みやライフスタイルに合わせて、自分に合った青汁を見つけてみてくださいね。

5. まとめ


いかがでしたか?
青汁は

  • 美容
  • 健康

のどちらにも高いメリットを発揮してくれます。普段の生活を大きく変えることなく様々な悩みを改善してくれるのも嬉しいですよね。

そのためにも、継続することが何よりも大切です。様々なアレンジを楽しみながら、青汁を習慣づけていきましょう!

最後に、今回ご紹介した商品をまとめておきます。

【おすすめの青汁TOP3】
1位:極の青汁(サントリー)
2位:えがおの青汁満菜(えがお)
3位:ふるさと青汁


普段の生活に青汁をプラスして、ぜひ美と健康を手に入れてくださいね!

また、明日葉入り青汁について詳しく知りたい人は別記事の「野菜不足をしっかり補う!明日葉入りのおいしい青汁11選」もチェックしてみてくださいね。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。