美白になりたくて、美白効果の高い「ハイドロキノン」が気になっていませんか?

ハイドロキノンは「究極の美白成分」と呼ばれるほど美白効果が高いです。

ここでは、

  • ハイドロキノンの美白効果
  • ハイドロキノンの使い方
  • ハイドロキノンの入手方法

など、ハイドロキノン美白に関する疑問をすべて解決します。

ハイドロキノンを初めて使う人でも分かるように解説します。

1.ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素を作らせない漂白剤のような働きをするため、「究極の美白成分」と呼ばれています。

なんと、従来の美白成分と比べて、美白効果は約10~100倍強力で、医療でも用いられるもっとも強力な美白成分です。
※一般的な美白成分に比べ、チロシナーゼ活性阻害作用が約10~100倍

レーザーより日数はかかりますが、レーザーのように痛みもなく、シミやニキビ跡などの色素沈着を薄くできます。

このように高い美白効果があるため、医師の処方箋が必要でしたが、2001年の化粧品規制緩和によって、市販の化粧品への配合が可能になりました。

美容クリニックでの美白治療にはハイドロキノンが定番で使われますが、この規制緩和によって、市販でもハイドロキノン化粧品が購入できるようになりました。

POINT
ハイドロキノンは、市販でも購入可能で、レーザー治療に代わる強力な美白成分です。シミやニキビ跡に効果的。

2.ハイドロキノンの美白効果

それでは、ハイドロキノンの美白効果はどれくらいあるのでしょうか?

ハイドロキノンには以下の2つの美白効果があります。

美白効果1:
メラニン生成を助ける物質を阻害

シミの原因はメラニン色素です。

この作用は、直接そのメラニン生成を抑えるのではなく、メラニン生成を助ける物質(酵素チロシナーゼ)を弱めます。
そのため、直接ではなく間接的に美白効果があり、シミの「予防」に効果的です。

コウジ酸やアルブチンなど従来の美白成分にも同じ効果がありますが、ハイドロキノンは約100倍強力です。

美白効果2:
メラニン色素自体を薄くする

この作用は、他の美白剤にはない効果で、ハイドロキノンの特徴です。

従来の美白成分は、間接的にメラニン生成を抑えるものが多いですが、ハイドロキノンは、出来てしまったメラニン色素自体を薄くする還元作用があります。
※メラニン色素は酸化することによって生成されるので、メラニン色素を元に還元すれば、その色を薄くできます。この還元作用はビタミンCにもありますがハイドロキノンがもっとも強力です。

そのため、美容クリニックでもシミやニキビの色素沈着の治療によく使われます。

POINT
つまり、ハイドロキノンは今あるシミを治療して、これからできるシミも同時に予防できる美白成分です。

3.ハイドロキノン配合の化粧品

ハイドロキノンを使ってみたいけど、どうやって入手できるのでしょうか。

3-1.どこで買える?

皮膚科や美容クリニックでの処方はもちろん、薬局、デパート、ハンズ、ロフト、ネット通販などで、ハイドロキノン配合の化粧品が買えます。

別記事の「薬局やデパートで買えるハイドロキノン配合の美白化粧品16選」で、処方箋無しで買えるハイドロキノン配合化粧品をまとめたので、参考にしてください。

お店で買えるものはまだ少なく、ネット通販のみが多いです。

3-2.価格帯

非常に美白効果の高い成分なので、ハイドロキノン配合の化粧品は高価です。

ハイドロキノン配合率が高いほど高価になりますが、市販のものはだいたい10~20g (1,2ヶ月用) で1万円ほどします。

病院の処方ではその半値ほどで使えます。

3-3.配合率

市販の化粧品でもハイドロキノン配合率には規制はありませんが、「5%」あたりが病院処方と市販品との境目になっています。

市販化粧品では、ハイドロキノン配合率「1%未満~4%」のものが多く、病院処方になると「5%~」のものが多いです。

市販品でもまれに「5%」のものがありますが、肌の弱く心配な方は医師に相談の上使った方が良いです。

3-4.見付け方

市販品で探すのであれば、化粧品に含まれる成分をパッケージの裏面や、商品サイトで確認して「ハイドロキノン」が含まれているものを探すのが一番確実な方法です。

また、ハイドロキノン配合化粧品は商品名に「HQ」と付くことが多いです。たとえば、「オバジHQ ブライトニングナイトセラム」や「ホワイトHQクリーム」など。
なので、「HQ」と書いてある化粧品を見つけたら、ハイドロキノン配合の可能性が高いので、裏面の成分をチェックしてみてください。

「美白」と書いてあってもほとんどの化粧品にはハイドロキノンが配合されていないので注意しましょう。

もしくは、皮膚科や美容クリニックで相談すれば処方してもらえます。

4.ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンは、クリーム状のものが多く、使い方は簡単で、1日2回、朝と夜(または夜のみ1回)に適量を肌に塗るだけです。

シミのある場所にだけスポット塗りする場合と、顔全体に塗る場合があります。

ハイドロキノン使用中は、強い紫外線を浴びると色素沈着を起こす場合があるので、必ずUVケアをしましょう。

ハイドロキノン配合の美白化粧品を塗ったら、その上から日焼け止めを塗ります。さらにその上に塗るファンデーションもUVカット効果のあるものがおすすめです。

ハイドロキノンは熱や光に弱いため、しっかりと密閉し冷蔵庫に入れておきます。

POINT
基本的に、1日2回朝夜にシミのある場所にスポット塗りして使います。

5.ハイドロキノン+レチノイン酸が効果的

「レチノイン酸(トレチノイン)」と「ハイドロキノン」を合わせて使うと、さらに美白に効果があります。

レチノイン酸には、「肌に角質をはがし、肌の生まれ変わりを早める」働きがあります。

「レチノイン酸」は、シミの成分(メラニン)を、皮膚の外に放り出し、
「ハイドロキノン」は、メラニンが新しく生成されるのを阻害するため、医師の処方ではこの2つの薬剤を併用することが多いです。

2つの薬剤を併用すると、塗った後、徐々に赤くなって皮が剥がれ、剥がれ落ちたあとはシミが少し薄くなります。剥がれ落ちるのを繰り返して徐々にシミを消してくれます。

一回皮が剥がれ落ちるのに1週間程度かかるので、薄いシミなら最短1週間~ふつうは消えるまで数か月かかることが多いです。

剥がれ落ちている間は、上から化粧をすることも可能ですが、見た目があまり美しくないのでしばらく辛抱が必要です。

POINT
角質をはがしてメラニンを皮膚の外に放り出す「レチノイン酸」と、メラニン生成を防ぐ「ハイドロキノン」を併用すると効果が早く出る。

6.ハイドロキノンの注意点

6-1.副作用はある?

ハイドロキノンを使うと部分的に白抜けする「白斑」ができると思っている人が多いですが、白く色抜けするのは「ハイドロキノンモノベンジル」です。

ハイドロキノンモノベンジルは毒性が強く、化粧品の配合が禁止されています。

ハイドロキノンとハイドロキノンモノベンジルは別物で、5%程度までのハイドロキノンでは白斑は報告されていないので心配ありません。

6-2.UVケアが必須

ハイドロキノン使用中は、強い紫外線を浴びると色素沈着を起こす場合があるので、必ずUVケアをしましょう。

紫外線にあたる機会が少ない場合も、完全な紫外線対策をしましょう。

7.まとめ

ハイドロキノンの美白効果は理解できましたか?

  • 従来の美白成分より強力な美白効果がある
  • 病院や薬局、デパートで購入可能
  • 病院処方は配合率5%程度、市販は4%以下が多い
  • 基本は1日2回塗布
  • 使用中はUVケアが必須
  • 5%程度であれば白斑が出た報告は無い

ハイドロキノンを上手く使って美白になりましょう!

別記事の「薬局やデパートで買えるハイドロキノン配合の美白化粧品16選」も是非参考にしてください。