美白になりたくて、美白効果の高い「ハイドロキノン」が気になっていませんか?

ハイドロキノンは「究極の美白成分」と呼ばれるほど美白効果が高いです。

ここでは、

  • ハイドロキノンの美白効果
  • ハイドロキノンの使い方
  • ハイドロキノンの入手方法

など、ハイドロキノン美白に関する疑問をすべて解決します。

ハイドロキノンを初めて使う人でも分かるように解説します。

1.ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは医療現場でも用いられる美白成分のひとつで、従来の美白成分と比べ約10~100倍の美白作用※があるといわれています。
※アルブチンなどの一般的な美白成分に比べ、チロシナーゼ活性阻害作用が約10~100倍

もともと美容クリニックで使われていましたが、2001年の規制緩和によって、市販でもハイドロキノン配合のアイテムが購入できるようになりました

そんなハイドロキノンについて詳しく見ていきましょう。

POINT
ハイドロキノンは、市販でも購入できる強力な美白成分です。シミやニキビ跡に効果的。

2.ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンには以下の2つの美白効果があります。

美白効果1:
メラニンの生成を抑える

シミの原因はメラニン色素です。

この作用は、直接そのメラニン生成を抑えるのではなく、メラニン生成を助ける物質(酵素チロシナーゼ)を弱めます。
そのため、シミの「予防」に効果的です。

コウジ酸やアルブチンなど従来の美白成分にも同じ効果がありますが、ハイドロキノンは約100倍強力です。

美白効果2:
メラニン色素自体を薄くする

この作用は、他の美白剤にはない効果で、ハイドロキノンの特徴です。

従来の美白成分は、間接的にメラニン生成を抑えるものが多いですが、ハイドロキノンは、出来てしまったメラニン色素自体を薄くする還元作用があります。

そのため、美容クリニックでもシミやニキビの色素沈着の治療によく使われます。

POINT
つまり、ハイドロキノンは今あるシミを治療して、これからできるシミも同時に予防できる美白成分です。

3.ハイドロキノン配合の化粧品について

つづいては、ハイドロキノンを配合している化粧品の選び方や買える場所、おすすめの商品などをご紹介していきます。

実際に購入する際の参考にしてくださいね。

3-1.ハイドロキノン化粧品の選び方

ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶときは

  • 配合率
  • 「ハイドロキノン」・「HQ」と表記されているか

これらを確認するようにしましょう。

◆ハイドロキノンの配合率

ハイドロキノンのおおよその配合率は、以下のような基準のものが多くなっています。

  • 市販化粧品:1%未満~4%
  • 病院処方:5%~

自分が買えるアイテムの中から、上記の基準値の範囲内でなるべく高濃度なものを選んでくださいね。

ハイドロキノンは刺激が強い
ハイドロキノンは効果が高いゆえに皮膚への刺激が出やすい成分のため、肌が弱い方は医師と相談のうえで使いましょう。また、そうでない方も使用前にパッチテストを行うのがおすすめです。

◆「ハイドロキノン」・「HQ」と表記されているか

ハイドロキノン化粧品を見つけたいときは、

  • 商品名に「ハイドロキノン」と記載されている
  • 商品名に「HQ」とついている

と表記されているものを選びましょう。
「美白」と書いてあってもほとんどの化粧品にはハイドロキノンが配合されていないことが多いので、成分名までしっかり確認してみてくださいね。

3-2.買える場所と価格帯

ハイドロキノンは、皮膚科や美容クリニックでの処方以外に、薬局やデパートなどでも買えますが、基本的にお店で買えるものはまだ少なくネット販売が多いです。

またハイドロキノンは配合率が高いほど高価になりますが、市販のものですと約10~20g (1,2ヶ月用) で5000円~1万円ほどです。

病院の処方ではその半値ほどで使えます。

3-3.おすすめハイドロキノン化粧品

ここでは、おすすめのハイドロキノン化粧品を

  • 美白効果
  • 適正価格

という2つのポイントから厳選してご紹介します。

◆ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9

  • ハイドロキノン化粧品

サイエンステクノロジーを使ったスキンケアブランド・ビーグレンの「QuSome ホワイトクリーム1.9」です。

成分を角層まで浸透させる「QuSomeテクノロジー」でハイドロキノンを包み、

  • 高い美白作用
  • 肌へのなじみやすさ

というポイントを両立させています。

加えて保湿効果・血行促進効果があるゲンチアナ根エキスも配合。しっかり美白しながら、お肌にハリと潤いをもたらしてくれます

さらに詳しく見る

 

◆実際に使った方のクチコミ

ハイドロキノン化粧品
シミが目立たなくなってきました
COMMENT
使い続けて2か月ほど経ちました気になる部分にピンポイントで使用しているので、結構長く使えます。ちょっとでも薄くなればいいな~と願掛け的に購入しましたが、試してよかったです。(混合肌/30代前半)
ハイドロキノン化粧品
美白できるのに刺激を感じません
COMMENT
刺激に弱い乾燥肌です。美白したいけどハイドロキノンって刺激が強そう…と悩んだ末に、思いきって購入してみました。べたべたせずに肌なじみも良く、すーっと伸びる使い心地です!(乾燥肌/30代後半)

刺激が強くなりがちなハイドロキノン配合の化粧品でありながら、乾燥肌の方でも保湿しながら使えるのが嬉しいポイントです。

◆WEB限定で最安値で試す方法

こちらのクリームにくわえて、洗顔料や化粧水・美容液・保湿クリームが入った7日分のトライアルセットをお試し価格で1800円、送料無料で試すことができます。

代引き手数料無料、365日間返金保証つきですので、お肌に合わなかった場合も安心です。

トライアルセットを見てみる

  

商品詳細
ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9
◆価格:6000円 / 15g
◆ハイドロキノン配合率:非公開
◆特徴:美白◎、低刺激◎、保湿◎
◆トライアルセット:7日分1800円(送料・代引き手数料無料)、365日間返金保証つき
 
公式サイトを見る

 

◆アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズ

ドクターズコスメブランド・アンプルールの美白ケアシリーズ「ラグジュアリーホワイトシリーズ」です。

洗顔から化粧水・BBクリーム・日焼け止めなどシリーズを通してさまざまなアイテムがありますが、そのなかで実に5アイテムにハイドロキノンが配合されています。

保湿成分もしっかり配合されているので、乾燥と美白のどちらもケアできますよ。

さらに詳しく見る

 

なかでもオススメするなら…
「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」

アンプルールの夜用美容液「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」です。

ハイドロキノンを2.5%と高配合しているので、シミやくすみなど気になる場所にスポット集中使いがおすすめ。

ゲル系のテクスチャなので直したい点にぴったり密着して、ピンポイントで色素沈着を改善していってくれます。

さらに詳しく見る

 

◆実際に使った方のクチコミ

ハイドロキノン化粧品
コンシーラー不要になって嬉しいです
COMMENT
今までコンシーラーで隠していたシミを本格的にケアしたくて、ハイドロキノン高配合のこちらを選びました。夜だけ使っているので結構長く使える印象です!(乾燥肌/30代前半)
ハイドロキノン化粧品
目立っていたシミが薄くなりました
COMMENT
サンプルを使ってわりと効果があったので現品購入しました。固めのテクスチャでシミの上にくっついてくれるので、ポイント使いしやすいです。(普通肌/30代後半)

◆WEB限定で最安値で試す方法

こちらの夜用美容液にくわえて、化粧水・朝用美白美容液・乳液ゲルが入った7日分のトライアルセットをお試し価格で1890円、送料・代引き手数料無料で試すことができます。

次回のお買い物が1000円割引になる特典つきですので、先に買うよりもまずはトライアルでお肌に合うか試してみるのがオススメです!

トライアルセットを見てみる

  

商品詳細
ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110
◆価格:10000円 / 11g
◆ハイドロキノン配合率:2.5%
◆特徴:ハイドロキノン高配合、ライン使いがおすすめ、保湿○
◆トライアルセット:税込1890円、送料・代引き手数料無料、次回購入時1000円割引
 
公式サイトを見る

 

以上がおすすめのハイドロキノン配合化粧品です。

別記事の「薬局やデパートで買えるハイドロキノン配合の美白化粧品16選」では、さらにたくさんのハイドロキノン配合化粧品をまとめたので、参考にしてみてくださいね。

4.ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンは、クリーム状のものが多く、使い方は簡単で、1日2回、朝と夜(または夜のみ1回)に適量を肌に塗るだけです。

シミのある場所にだけスポット塗りする場合と、顔全体に塗る場合があります。

日中にハイドロキノンを使用すると、強い紫外線を浴びると色素沈着を起こす場合があるので、必ずUVケアをしましょう。

ハイドロキノン配合の美白化粧品を塗ったら、その上から日焼け止めを塗ります。さらにその上に塗るファンデーションもUVカット効果のあるものがおすすめです。

またハイドロキノンは熱や光に弱いため、しっかりと密閉し冷蔵庫に入れておくのがおすすめです。

POINT
基本的に、1日2回朝夜にシミのある場所にスポット塗りして使います。

5.ハイドロキノン+レチノイン酸が効果的

「レチノイン酸(トレチノイン)」と「ハイドロキノン」を合わせて使うと、さらに美白に効果があります。

レチノイン酸には、「肌の角質をはがし、肌の生まれ変わりを早める」働きがあります。

「レチノイン酸」は、シミの成分(メラニン)を、皮膚の外に放り出し、
「ハイドロキノン」は、メラニンが新しく生成されるのを阻害するため、医師の処方ではこの2つの薬剤を併用することが多いです。

2つの薬剤を併用すると、塗った後、徐々に赤くなって皮が剥がれ、剥がれ落ちたあとはシミが少し薄くなります。剥がれ落ちるのを繰り返して徐々にシミを消してくれます。

一回皮が剥がれ落ちるのに1週間程度かかるので、薄いシミなら最短1週間~ふつうは消えるまで数か月かかることが多いです。

剥がれ落ちている間は、上から化粧をすることも可能ですが、見た目があまり美しくないのでしばらく辛抱が必要です。

POINT
角質をはがしてメラニンを皮膚の外に放り出す「レチノイン酸」と、メラニン生成を防ぐ「ハイドロキノン」を併用すると効果が早く出る。

6.ハイドロキノンの注意点

6-1.副作用はある?

ハイドロキノンを使うと部分的に白抜けする「白斑」ができると思っている人が多いですが、白く色抜けするのは「ハイドロキノンモノベンジル」です。

ハイドロキノンモノベンジルは毒性が強く、化粧品の配合が禁止されています。

ハイドロキノンとハイドロキノンモノベンジルは別物で、5%程度までのハイドロキノンでは白斑は報告されていません。

6-2.UVケアが必須

ハイドロキノン使用中は、強い紫外線を浴びると色素沈着を起こす場合があるので、必ずUVケアをしましょう。

紫外線にあたる機会が少ない場合も、完全な紫外線対策をしましょう。

7.まとめ

ハイドロキノンの美白効果は理解できましたか?

  • 従来の美白成分より強力な美白効果がある
  • 病院や薬局、デパート、ネット販売で購入可能
  • 病院処方は配合率5%程度、市販は4%以下が多い
  • 基本は1日2回塗布
  • 使用中はUVケアが必須
  • 5%程度であれば白斑が出た報告は無い

ハイドロキノンを上手く使って美白になりましょう!

別記事の「薬局やデパートで買えるハイドロキノン配合の美白化粧品16選」も是非参考にしてください。