1. ホーム
  2. 美容ガイド
  3. ほうれい線
  4. ほうれい線予防のエクササイズと解消法5選|簡単ケアで効果的に老け顔対策
ほうれい線,予防,エクササイズ,マッサージ,ツボ,スキンケア

ほうれい線予防のエクササイズと解消法5選|簡単ケアで効果的に老け顔対策

なんだか最近ほうれい線が目立ち始めた気がする…とお悩みではないですか?

そこでここではコスメコンシェルジュ在籍のVera編集部が、

  • 顔の筋肉を鍛えるエクササイズ
  • ほうれい線に効くツボ押し
  • ほうれい線に効果的なスキンケア

…などほうれい線の予防・改善に役立つ方法を分かりやすくお伝えしていきますよ。

ぜひ参考にして、ほうれい線しらずの若々しい肌を手に入れて下さいね!

ほうれい線予防
この記事のライター
コスメコンシェルジュ
Vera編集部
江利川 サナエ
美容ライター
コスメコンシェルジュ
日本化粧品検定1級
スキンケア・コスメを広く扱う美容ライター。執筆を行うなかでさらに深い知識を得たいと思い、日本化粧品検定1級(JCLA)・コスメコンシェルジュ資格を取得。さらに学びを重ねながら、肌質や年齢に合わせた美容の知識や情報を発信中。
───
コスメコンシェルジュとは?:美容成分やケア方法の正しい知識を持った専門家。「あらゆる肌悩みに対し最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル(日本化粧品検定協会より)」です。

※本記事内のほうれい線ケア・リフトアップとはエクササイズなどによってお肌にハリを与えることを言います。
※本記事内のエイジングケアとは年齢に合ったお肌のお手入れのことを指し、浸透とは角質層までのことを指します。

1.ほうれい線ができる原因

ほうれい線予防

ほうれい線を効果的にケアするには、原因を知ったうえで正しい対策を行うことが大切です。

◆ほうれい線の原因

  • 肌のハリを保つ成分の老朽化・減少
  • 表情筋の衰え
  • 血行不良
  • NGスキンケアや紫外線による肌ダメージ

こうした原因で頬がハリを失ってたるむと、頬と口元の間に「溝」ができ、ほうれい線となってしまうのです。

次のリストで、あなたのほうれい線のできやすさをチェックしてみましょう!

ほうれい線のできやすさチェック

① 煙草を吸っている

② 睡眠不足になりがち

③ 姿勢が悪く、猫背気味

④ 無表情なことが多い

⑤ UV対策をおろそかにしがち

⑥ マッサージや洗顔で肌をこすっている

⑦ 薄着・冷たい飲み物などで体を冷やすことが多い


いかがでしたか?心当たりが多かった人は、20代・30代でもほうれい線ができる可能性があるため要注意です!

いつまでも若々しい美肌をキープするために、以下の方法でほうれい線を防いでいきましょう!

次の章から詳しくご紹介していきますが、気になるものがあれば先にリンクからチェックできますよ。

2.ほうれい線予防のエクササイズ・ツボ

ほうれい線予防

ここでは、ほうれい線の予防と改善に役立つ簡単なエクササイズとツボをご紹介します!

10年後も若々しい肌でいるために、ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

①顔の筋肉を鍛えるエクササイズ

ほうれい線の原因である「頬のたるみ」のリフトアップには、顔の筋肉を鍛えるエクササイズが効果的です。

空き時間に手軽にできる「舌回しエクササイズ」をご紹介しますので、トライしてみて下さいね!

◆舌回しエクササイズ

ほうれい線予防
舌回しエクササイズのやり方

①口を軽く閉じる。

②舌を歯の外側に這わせて大きく回す。
②左右どちらも30回ずつを1日3セット行う。
※慣れてきたら回数を50回程度まで増やす。

毎日続けていくことでハリのある肌を実感できるようになりますよ!

②顔の血行を促すツボ押し

より効果的にほうれい線をケアしたいなら、血行やリンパの流れにアプローチできるツボ押しを取り入れるのも効果的です。

それではさっそく、ほうれい線をピンポイントでケアするツボの位置と、押し方について見ていきましょう!

◆ほうれい線に効くツボの位置

ほうれい線予防

◆ほうれい線に効くツボの押し方

ほうれい線予防

このツボ押しを左右3回を1セットで行なって下さいね。

マッサージは逆効果になることも…

・力の入れすぎ

・肌を強くこする

…といった自己流の間違ったマッサージは、肌を傷つけてほうれい線ができる原因に。
 

肌トラブルを防ぐためにもマッサージはエステなどでプロに任せて、エクササイズやツボ押しなど肌をこすらないセルフケアを実践していきましょう!


ただし、効果的な予防には化粧品を使ったスキンケアも併せて行うことが大切です。

そこで次からは、ほうれい線を防ぐ化粧品やスキンケア方法について詳しくご紹介していきます!

3.ほうれい線を防ぐスキンケア方法

ほうれい線の予防・改善には、

①ほうれい線に効果的な化粧品を使う
②肌を傷つけない正しいスキンケアを行う

…といった2つがポイントになります。

次から詳しく解説していきますので、若々しいお肌をキープするためにぜひ参考にして下さいね!

3-1.ほうれい線に効果的な化粧品を使う

ほうれい線予防

ほうれい線のケアには、肌のハリを補う成分配合の化粧品がおすすめです。

ほうれい線に効くおすすめの成分

 ①高保湿成分

効果:乾燥によるハリ不足をケアする

成分:セラミド ・コラーゲン ・ヒアルロン酸


②エイジングケア成分

効果:肌のハリを補ってたるみをケアする

成分:レチノール ・ビタミンC誘導体 ・ナイアシン


こうした化粧品を継続的に使用することで肌のハリが促され、ほうれい線をしっかりケアすることができますよ。

詳しくは、次の別記事も参考にして下さいね。

3-2.ダメージを与えない正しいスキンケア

ほうれい線予防

肌は思っている以上にデリケートなので、スキンケア中に肌をこすったり、叩くのは絶対にNG

間違ったスキンケアは肌にダメージを与えてほうれい線の原因となるため、以下を参考に正しいスキンケアを心がけて下さいね!

ほうれい線対策のスキンケア

①クレンジング・洗顔

・クレンジングは素早く約1分で行う

・洗顔料はしっかり泡立てて使う

・ぬるま湯ですすぎ、すすぎ残しに注意する


②化粧水・美容液

・たっぷりの量をやさしくハンドプレス

・ほうれい線の溝までしっかりと塗る


③乳液・クリーム

・乳液は顔全体にハンドプレスでなじませる

・乾燥が気になる部分にクリームを重ねづける

・油分が多いため肌の状態よって量を調整する

こうした丁寧なケアで、ほうれい線をしっかり防いでいきましょうね。

ここまでは、ほうれい線の直接的な対策・予防策をご紹介しましたが、次からは日常生活でできるほうれい線の対策方法をご紹介していきます!

4.日常生活でできる2つのほうれい線対策

日々の生活とお肌は密接にかかわっているため、日常生活からほうれい線を対策することも大切です。

  • ①UV対策を徹底する
  • ②正しい姿勢を心がける

といった2つを習慣にして、ほうれい線知らずのハリ肌をキープしていきましょう!

①UV対策を徹底してほうれい線を防ぐ

ほうれい線予防

紫外線は日焼けやシミだけでなく、ほうれい線の原因にもなるお肌の大敵。

  • 日焼け止めは365日使用する
  • 日焼け止めを1~2時間ごとに塗りなおす
  • 日傘、帽子、サングラスを使う 

…といった方法でりUV対策を心がけて下さいね。

おすすめの日焼け止めについては、以下の別記事でご紹介していますよ。

②正しい姿勢でほうれい線を防ぐ

姿勢と顔のたるみは大きく関係しており、猫背の姿勢は顔の筋肉を下に引っ張ることでほうれい線の原因となってしまいます。

長時間のデスクワークでは気づかぬうちに猫背になりがちなので、正しい姿勢を心がけましょう。

◆正しい座り姿勢

ほうれい線予防
正しい座り姿勢のポイント

・スマホやPCは目の高さに合わせて操作する

・腰と足の付け根は直角になるように座る

・骨盤を立て体重をお尻の骨に載せる

・背筋を伸ばして顎を引き、お腹を引き締める

また、過度のストレスも肌老化を早める原因となるため、あまり無理せず適度にストレス発散する時間を作ってくださいね!

続いて、ほうれい線を簡単にカバーするメイク方法についてご紹介していきます!

5.今すぐほうれい線を隠すメイク術

ほうれい線予防

「今すぐほうれい線を消したい!」という場合は、ちょっとしたメイクのコツでほうれい線をカバーすることができます。

ポイントとなるのは、以下のたった2点だけ!

①ハイライトで顔をリフトアップさせて見せる
②目元を強調してほうれい線から視線をそらす

それではさっそく、具体的なメイク方法について見ていきましょう。

◆ほうれい線をカバーするメイクのコツ

①ハイライトで顔をリフトアップさせて見せる

・ハイライトをTゾーンと目の下に入れる

・チークを頬の一番高い位置にいれる

・クリームハイライトを下の口角にのせる

②目元を強調してほうれい線から視線をそらす

・ビューラーでまつ毛を根元からしっかりあげる

・アイライナーでまつ毛のすきまを埋める

涙袋にパールホワイトのシャドウをサッといれる


こうしたメイクのコツを活用して、ほうれい線の気にならない美しい肌を叶えてくださいね。

ほうれい線にハイライトは逆効果

皮膚がよく動くほうれい線にハイライトを塗ると、時間の経過と共にヨレてほうれい線の筋に入り込みさらに目立つことも。 ハイライトで誤魔化すのではなく、アイメイクの強化で口元から視線をそらすのが◎

6.まとめ

ほうれい線予防

ほうれい線の原因や予防策などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ここでもう1度、ほうれい線を予防する方法について簡単に振り返っておきましょう。

さらに、年間を通じたUV対策や正しい姿勢を心がけることで、より効果的にケアすることができますよ。

さっそく今日からほうれい線対策を始めて、ハリのある美しいお肌をキープしていきましょう!

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。