妊娠初期の方で、着ている服やインナーが窮屈に感じ始めたら、そろそろマタニティウェアに変えてみてはいかがでしょうか。

ですが、いざ準備しようと思っても何をどれくらい用意すればいいのか分かりませんよね。そこでここでは、

  • マタニティウェアの役割
  • マタニティウェアの選び方
  • おすすめのオンラインショップ

…などを中心に、手持ちの服を活用する賢い方法と注意点も詳しく解説していきます。

先におすすめのオンラインショップをチェックしたい方は、「3. マタニティウェアおすすめオンラインショップ5選」からジャンプしてみてくださいね。

1. マタニティウェアとは

まずは、マタニティウェアの役割や必要性について見ていきましょう。

1-1. マタニティウェアの役割

マタニティウェアとは、お母さんの体を優しくサポートしてくれる下着や洋服のこと。

サイズが大きいだけではなく、機能や素材など、妊娠中のお母さんに配慮した様々な工夫が施されています。

マタニティウェアの役割
・体を締めつけずに守る
…赤ちゃんの成長やお母さんの血流を妨げず、快適に着用できます。
・体型の変化をサポートする
…大きくなっていくお腹やバストのサイズ調整可能なホックが付きや、腰をサポートし体の負担を減らすものなどがあります。
・着脱が楽で肌や体に負担をかけない
…妊娠中でも無理なく着られる工夫や、敏感になる肌に優しい素材で作られているものが多いです。
・お腹や腰まわりを冷やさない
…お腹をすっぽりと包み込むデザインや、前がずり上がらないよう前裾に十分な長さがあるなど工夫されています。

マタニティウェアは体型の変化に合わせた設計なので、ラインもきれいに見せてくれますよ。

次では、マタニティウェアを用意する時期について解説します。

1-2. マタニティウェアを用意する時期

お腹周りの大きさや、体重の増加は人によって個人差が大きいもの。マタニティウェアは、一体いつから着れば良いのでしょうか。

用意するタイミングの目安としては、

  • 一般的には妊娠4ヶ月目頃から
  • 着ているものがきつく感じ始める頃

…ですが、4ヶ月目に入ったからといって慌てて全て揃える必要はありません。体を締めつけたり冷やすものでなければ、妊娠初期は手持ちの服でも大丈夫

妊娠4ヶ月目の詳しい様子については妊娠4ヶ月の赤ちゃんとお母さん|戌の日のマナーから活用したい公的制度まで詳しく解説でご紹介していますのでぜひチェックしてみてくださいね。

このような方は早めにマタニティウェアへ切り替えを
すでに出産を経験したことのある妊婦さんは、お腹が早くから大きくなる場合があるため、マタニティウェアへの切り替えも早めに。
また、つわりがひどい場合にも体を締めつけないマタニティウェアを早めに使い始めるのがおすすめです。

次は、マタニティウェアの選び方を見ていきましょう。

2. マタニティウェアの選び方

いろいろあるマタニティウェアの中から自分に必要なアイテムの選び方を種類別にご紹介していきます。

まずはじめに、どのアイテムを選ぶ時にも気をつけておきたいポイントが3つあります。 

  1. 肌にやさしい素材か
  2. サイズアップに対応できるか
  3. 産後や授乳期にも便利か

これをポイントにそれぞれのアイテムを選んでいけば、きっと納得できるものが見つかるはずですよ。

普段と同じサイズを選ぶ

サイズですが、ほとんどの場合は妊娠前と同じものを選んで大丈夫。
 例)通常サイズ:S

   → マタニティウェア:S 
マタニティ用は、通常サイズのものを体が大きくなる部分だけ考慮してデザインされています。

次では、マタニティウェアの種類と、それぞれの選び方のポイントをご紹介します。

2-1. マタニティインナー 

直接お肌に触れるインナーは、素材にこだわり清潔に使用できるものを選びましょう。シルクオーガニックコットンのものがおすすめです。

◆ マタニティブラ/ハーフトップ

妊娠するとバストは平均2カップほど大きくなります。

母乳をつくる乳腺の発達を妨げないよう、伸縮性が高く締めつけないノンワイヤータイプのブラジャーがおすすめ。数段階サイズ調整できるホック付きが便利です。

  • 価格帯:1,000円〜5,000円程度
  • 必要枚数:3〜4枚程度

カシュクールやスライドデザインなど、産後の授乳期にも使いやすい工夫が施された製品も多く販売されていますよ。

◆ マタニティキャミソール

妊婦さんは汗をかきやすいため、通気性や吸汗性に優れた肌着があると快適に過ごせます。

ブラなしで着られるカップ付きのものなら、体調のすぐれない時でもストレスフリー。

  • 価格帯:2,000円〜3,500円程度
  • 必要枚数:2〜3枚程度

おなかや腰回りを冷やさないよう、お尻まで包み込んでくれる長さがあると安心です。

◆ マタニティショーツ

おへその上まですっぽりと包み込み、お腹を冷えから守ってくれます。ウエストをゴムで締めつけず伸縮性があり、ゆったりとサポートしてくれるものを選びましょう。

  • 価格帯:1,000円〜2,500円程度
  • 必要枚数:3〜4枚程度

体調のサインや産前のおしるしが分かりやすいよう、クロッチ部分は白のものが良いですよ!

◆ 妊婦帯/ガードル

お腹を下からしっかり支えて安定させ、赤ちゃんを守ってくれます。腰痛対策としての着用もおすすめ

着脱が楽で冷えからも守ってくれる腹巻型や、ズレにくいショーツ一体型、サイズ調整が簡単なベルト型など様々なタイプがあります。

  • 価格帯:2,000〜3,500円程度
  • 必要枚数:1〜2枚程度

産前のサポートから、産後の体型補正まで使える骨盤ベルトを利用する妊婦さんも多いようですよ。

これだけでも買っておきましょう!

・マタニティブラ

・マタニティショーツ
…この2つは、どうしても大きさが合わなくなるので必要不可欠。
上下セットで販売されていることも多いのでセットで買うのもおすすめ。

続いて、マタニティウェアをご紹介します。

2-2. マタニティウェア

マタニティウェアの中でもまずは、大きくなるお腹に対応できるボトムスから揃えるのがおすすめです。

◆ ボトムス

ウエストがゴムやニットになっていて、伸縮性の高いパンツが1本あるととても便利です。おなか周りを優しく包んでくれるものを選びましょう。

最近では、ウエスト部分が着脱式やアジャスター付きで産後まで着られるデザインも増えています。

  • 価格帯:2,000円〜20,000円程度
  • 必要枚数:1〜2枚

ブランドやメーカーによって価格帯は幅広いですが、着まわし力の高いシンプルなものを選べば、たくさん買う必要なく楽しめますよ!

◆ ワンピース/トップス

なんといっても楽な服装がいちばん。ゆったりとお腹や腰周りをカバーできる丈の長いものがおすすめです。

からだに合わせてサイズを変えられるラップワンピースや、胸元がカシュクール(重ね合わせるタイプ)になっているものは産後の授乳時にも活躍してくれるので長く着られますよ。

  • 価格帯:2,000円〜30,000円程度
  • 必要枚数:1〜2枚

特に、冠婚葬祭からちょっとしたお食事など、幅広いシーンで使えるマタニティ対応の黒のワンピースは、買ってよかったという声が多数。

◆ マタニティタイツ/レギンス

冷え対策として着用したいのがタイツやレギンスなどのレッグウェア。伸縮性が高く肌にやさしい素材であることが重要です。

秋冬はもちろん、暖かい時期にも冷房対策としてスカートやワンピースに合わせて持っておくと重宝しますよ。

  • 価格帯:1,000円〜10,000円程度
  • 必要枚数:2〜3枚(※季節によります)

しっかりとした素材感のレギンスは、丈の長いトップスと合わせてパンツ代わりにすっきりと履けるのでおすすめ。

これだけでも買っておきましょう!
・マタニティストレッチデニム
…トップスに合わせるもの次第で、何通りにも着まわしできるキレイ目のストレッチデニムが最優秀アイテム。血流を妨げないよう、伸びが良く楽に着られることが重要なポイント。

次は、今までおすすめしたアイテムを買うことができるオンラインショップを厳選してご紹介します。

3. おすすめオンラインショップ5選

外出が難しくショッピングに行けない時、手軽にマタニティウエアを買えるオンラインショップはとても便利ですよね。

ここでは、たくさんある魅力的なオンラインショップの中からおすすめのお店を5つご紹介します。

◆Milktea(ミルクティー)

お母さん目線でおしゃれ&スーパー使えるアイテムが揃う「Milktea(ミルクティー)です。

店長自らの出産経験をもとに、妊婦さんの気持ちにフィットするアイテムを製作・販売するマタニティウェア&授乳服ショップ。

着やすく、洗濯も簡単、そしてワクワクするようなおしゃれ心溢れるデザインをモットーに作られています。

facebookに「いいね!」すると500円クーポンがもらえるのも嬉しいですね。

ショップ情報
Milktea(ミルクティー)
◇アイテム:マタニティウェア・インナー・授乳服・シューズ・小物・ベビー…他
◇特徴:着やすい・産後OK・会員特典あり・ギフトラッピングあり
◇送料:全国一律料金500円(1万円以上無料)
 
公式サイトを見る


◆BELL MAISON(ベルメゾン)

限られた時期しか着ないマタニティウェアをリーズナブルに揃えるなら「ベルメゾンがおすすめ。

品揃えが豊富で種類やテイストも幅広く、なんといっても送料無料キャンペーンなどのお得情報がいっぱいで見逃せません。

マタニティは大きなベルメゾンサイトの一部なので、他の身の回りのものや生活用品まで一緒にチェックできますよ

ショップ情報
BELL MAISON(ベルメゾン)
◇アイテム:マタニティウェア・インナー・授乳服・小物・マザーズバッグ・ケア用品…など
◇特徴:低価格・産後OK・ギフトラッピングあり(対象商品のみ)
◇送料:350円(5,000円以上無料)
 
公式サイトを見る


◆merrier BEAMS(メリアビームス)

オフィスにも着て行けるようなハイセンスな服が多い人気ショップ「merrier BEAMS(メリアビームス)」です。

BEAMSがディレクションするマタニティ専門のオンラインショップで、マタニティだけで着るのはもったいないようなおしゃれなウェアや雑貨が揃っています

関東や関西の一部では、実店舗での取り扱いもあります。

ショップ情報
 merrier BEAMS(メリアビームス)
◇アイテム:マタニティウェア・インナー・授乳服・小物・ベビー…など
◇特徴:ハイセンス・産後OK・会員特典あり
◇送料:全国一律432円(3,000以上無料)
 
公式サイトを見る


◆CHOCOA(チョコア)

トレンド感満載のマタニティウエアが揃うオンラインショップ「CHOCOA(チョコア)」です。

妊娠中だけの特別なファッションを存分に楽しみたいけど費用は押さえたいという、コスパもトレンドも大事というお母さんにはぴったりのショップ。

購入した方のレビューも載っているので参考になりますよ。

ショップ情報
 CHOCOA(チョコア)
◇アイテム:マタニティウェア・授乳服・マザーズバッグ…など
◇特徴:低価格・トレンド・会員特典あり
◇送料:全国一律600円(9,720円以上無料)
 
公式サイトを見る


◆ANGELIEBE(エンジェリーベ)

妊娠・出産に必要なあらゆるものが見つかる心強いショップ「ANGELIEBE(エンジェリーベ)」です。

おしゃれなだけでなく使いやすさを追求している商品が多いのが特徴。細かくカテゴリー分けされたサイトはとても見やすく、品揃えやサイズ展開が多いのも魅力ですね。

直営の実店舗もあるので直接試してみることもできますよ。LINEでお友達になると限定クーポンのプレゼントも。

ショップ情報
ANGELIEBE(エンジェリーベ)
◇アイテム:マタニティウェア・インナー・授乳服・小物・マザーズバッグ・ケア用品・ベビー用品…など
◇特徴:レンタルあり・品揃え豊富・会員特典あり・ギフトラッピングあり
◇送料:500円(5,000以上無料)
 
公式サイトを見る

気になるショップはありましたか?

この他、「楽天市場」や「Amazon」などのオンラインモールも、いろいろなショップの中から必要なアイテムを一挙に検索できて便利。即日発送やポイント特典などのメリットも活用したいですね。

次は、新しくマタニティウェアを買わずに手持ちの服を活用する倹約術をご紹介します。

4. マタニティファッションのポイント

普段とちょっと違うマタニティウェア。そこで、

・手持ちの服の活用法
・靴やバッグ選びの注意点

について解説します。

4-1.買わないマタニティウェア倹約術

限られた時期だけしか着ないマタニティウェアをたくさん買うのはもったいない…というご意見もありますよね。

そこでここからは、新たにマタニティウェアを買うのではなく、今ある手持ちの服を活用して妊婦生活を賢く乗り切る方法をご紹介します。

◆アジャスターを使う

お気に入りのパンツのウエストサイズを伸ばし、妊娠中も履けるように調整する優秀アイテム。

スカートでも、ファスナーとベルト通しが付いているタイプならマタニティウェアに変身させることができますよ。

写真のようなベルトタイプの他、ボタンホールを利用してボタンで調節していくアジャスターバンドも人気です。

◆マキシ丈ワンピースを着る

胸下に切り替えがあるエンパイアラインのワンピースやチュニックなら、お腹を締めつけないので妊娠中でも快適に着ることができます。

ふんわりシルエットで、丈は長い方がおすすめ。マキシ丈のワンピースなら十分マタニティウェアの代用になりますよ。

他にも、サイズの大きなお父さんのセーターを拝借!なんていう裏技も。メンズサイズの服を上手に着こなす方もいますよね。

次は、マタニティファッションの注意点を見ていきましょう。

4-2. マタニティファッションの注意点

マタニティファッションとは、おなかの赤ちゃんを守るファッションを選ぶということでもあります。

ここでは、マタニティウェア以外にも気をつけたい靴とバッグの選び方について見ていきましょう。

◆ 靴の選び方

細いヒールを避けることはもちろんですが、履く時におなかを圧迫する姿勢になってしまうような靴もNG。妊娠中履く靴は、

  • 安定感のある靴
  • ひもがない靴
  • かがまずに履ける靴

…などがおすすめです。ひも靴は、結ぶ時にどうしてもかがむ必要がある上、解けた紐を踏んでしまいバランスを崩す心配もあるので避けましょう。

履きやすく滑りにくいスニーカーや、スリッポンがおすすめですよ。

◆バッグの選び方

重いものを持たないことは大前提ですが、妊娠中に携帯するバッグにも気を配りたいですよね。妊娠中には、

  • 軽いバッグ
  • 両手を空けられるバッグ

…などを持つようにして、人気ブランドの大きなレザーバッグなど、それ自体がかなり重厚で重さがあるようなものもできるだけ避けましょう。

軽くてからだの負担にならないショルダーバッグやリュックがおすすめ。

マタニティファッションは、安全を第一に!
万一つまずいてしまった時などに備えて、両手を空けておくことが大事。そのほかにも、冷えや締めつけを避けるファッションを意識することも、安全に過ごすためのポイントです。

妊娠中でもおしゃれに配慮する気持ちは素晴らしいことですが、何よりもまず自分と赤ちゃんを守ることを優先してくださいね。

5. まとめ

いかがでしたか?

身につけるもの一つで、敏感な妊娠中の気分や体調は大きく変わります。

今しか着れないマタニティウェアを思いきり楽しみたい!という方も、長く着られないものは余計に買いたくない!という方も快適に過ごせるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。