無印化粧水敏感肌用
解析&解説:小野りさ
コスメコンシェルジュ

※評価や点数は、当ページ単体での解析によるものです。記事によって詳細な点数や評価基準は異なります。 また本記事でいう浸透とは、角質層までを言います。


化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ(無印)

総合評価:A
価格:638円(税抜)/200mL
特徴:シンプル処方、敏感肌向け、大容量

無印化粧水敏感肌用
成分 ★★★☆☆  3.8
…シンプル保湿+抗炎症の配合
コスパ

★★★★☆  4.3

…低価格で大容量が魅力

特徴

・低刺激で、乾燥肌~敏感肌向け

・バシャバシャ使える

7つの低刺激設計

・弱酸性

・無香料、無着色、無鉱物油

・アルコール(エタノール)無添加

・パラベン(防腐剤)無添加

・アレルギーテスト済み


*すべての方にアレルギーがおきないわけではありません。

▽アイテム解説

無印良品の「化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ」は、非常にシンプルな設計でコスパよく保湿できるのが魅力

無添加処方はもちろんのこと、肌を保護するスベリヒユエキスや、2種類の保湿成分を配合。また200mLで税抜638円という低価格なので、気兼ねなくたっぷり使えるのもいいですね。

「とっても高保湿!」というわけではありませんが、コスパ重視の低刺激な保湿ケアとしては、優等生なアイテムだと思います。

▽テクスチャ解説

無印化粧水敏感肌用

さらりとした水のようなテクスチャで、肌にスッとなじみます。浸透後しばらくはペタペタとした感触が続くので、苦手な人は要注意。

大容量で使いやすいので、コットンに浸してパックにしたり、顔だけでなく体の保湿ケアに使ってみるのも良さそうです。

▽成分解析&コスパ評価

無印化粧水敏感肌用 成分解析:★★★☆☆3.8

岩手県釜石の天然水をベースにした化粧水です。

 

リピジュアR・ヒアルロン酸・グリセリンなどの保湿成分がバランスよく配合されているほか、肌保護成分も2種含まれていて、荒れがちなお肌でも使いやすい設計だと思います。

 

無香料・無着色を始めとした、極力シンプルに抑えた成分も好印象。


無印化粧水敏感肌用 コスパ評価:★★★★☆4.3

とにかく安くて大容量!保湿力だけならもっと高品質なアイテムはたくさんありますが、この価格と量でこの成分設計はかなり満足度が高いと思います。

 

保湿ケアとしてはクリームや乳液との併用が必須ですが、顔や体まで気兼ねなく使えるコスパの良さを評価したいですね。

あわせて口コミも気になる人は、以下をチェックしてみてくださいね。

このアイテムの口コミを見る

執筆中に寄せられた、アンケートの口コミを一部ご紹介。   

無印化粧水敏感肌用
手に吸い付くようにしっとりする
アンケートの口コミ

今まで使用していたローションでは保湿力が物足りなくなってしまい、口コミのレビューが良かったので試しに使ってみたところ、トラブルも起こらずしっとりとした肌になりました。乾燥が気になっていたのですが、さっぱりとした使用感の割に保湿力が高くて驚きました。(20代後半/乾燥肌)

無印化粧水敏感肌用
お肌が十分に潤った
40代前半/敏感肌

同じ無印のしっとりタイプを愛用していましたが、高保湿タイプに切り替えました。高保湿とは書いてあるものの思ったよりサラッとして、しっかりとお肌に潤いが届く感じがします。お肌が十分に潤ったからか、ニキビなどの肌トラブルが減ったように思います!

「バシャバシャ使いたい」「低価格でもきちんと保湿したい」という人におすすめできるアイテムですね。 

 
▽どこで買える?

無印良品のスキンケアアイテムは、全国の無印直営店で手に入れることができます。(店舗一覧

そのほか通販サイト(公式通販Amazon楽天)でも取り扱いがあるため、使い勝手がいいところをチェックしてみてくださいね。

 
▽商品情報まとめ

化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ
無印化粧水敏感肌用

◇ブランド:無印良品

◇価格

・268円(税抜)/50mL

・638円(税抜)/200mL

・1101円(税抜)/400mL

◇市販:直営店(店舗一覧

◇通販公式通販Amazon楽天


成分を詳しく見る

水、DPG、グリセリン、PEG-32、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グレープフルーツ種子エキス、ポリクオタニウム-51、スベリヒユエキス、BG、フェノキシエタノール、PCA-Na、クエン酸Na、クエン酸

 

公式サイトを見る

※外部サイトにおける価格やサービスは当該サイトの利用規約に従うものであり、当社は一切責任を負いません。  
※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。 


この記事のライター
コスメコンシェルジュ
hadato編集部
小野 りさ
美容ライター・エディター
コスメコンシェルジュ
日本化粧品検定1級 ​​​​​​
美容ライターとして数々の記事を執筆する傍ら、さらに知識を深めるために日本化粧品検定1級(JCLA)とコスメコンシェルジュ資格を取得。さまざまな肌質に合ったスキンケアの提案や情報発信を行っている。
───
​​​​​​コスメコンシェルジュとは?:美容成分やケア方法の正しい知識を持った専門家。「あらゆる肌悩みに対し最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル(日本化粧品検定協会より)」です。