1. ホーム
  2. 美容ガイド
  3. ほうれい線
  4. ほうれい線が目立つ5つの原因|目立ちやすい人の特徴と対策方法を全解説
ほうれい線,原因,人気,おすすめ,ランキング

ほうれい線が目立つ5つの原因|目立ちやすい人の特徴と対策方法を全解説

見た目年齢を左右する「ほうれい線」。一度目立ち始めるとメイクでカバーするのも難しく、厄介ですよね。

そんなほうれい線は、目立ってしまう原因と対策を知ってしっかりケアすることが大切です。

そこでこの記事では、Vera編集部が徹底的にリサーチした

  • ほうれい線が目立つ原因
  • 効果的なほうれい線予防・対策

...について詳しく解説します。

ほうれい線について正しく知れば、しっかり予防・対策することができますよ。

※本記事内の情報は一般的な知識であり、状態の自己判断を促すものではありません。気になる症状がある場合、まずは医療機関に相談しましょう。

1.ほうれい線が目立つ原因

そもそもほうれい線とは、シワの種類ではなく頬と口元の筋肉の境目にある溝のことです。

一般的に、ほうれい線は肌のハリ・弾力を保つ成分「コラーゲン」が加齢とともに減少すると目立ち始めます。

ほうれい線原因

…とはいえ、ほうれい線の目立ちは加齢だけが原因ではないため、人によっては10代や20代など若いうちから目立つ場合も。

そこでここからは、加齢のほかにほうれい線を目立たせる5つの原因をご紹介していきます。

ほうれい線が目立つ原因

①お肌の乾燥

②紫外線によるダメージ

③生活習慣の乱れ

④表情筋の衰え

⑤元々の骨格や体型

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

原因①お肌の乾燥

1つ目の原因は、お肌の乾燥です。

水分の少ないお肌はハリと弾力を失い、頬がたるんでほうれい線が目立ちやすくなってしまいます。

またお肌の水分量は、ただでさえ加齢とともに減少していくもの。

ほうれい線原因

とくに口の周りは皮ふが薄く乾燥しやすいため、しっかり保湿ケアをする必要がありますよ。

原因②紫外線によるダメージ

2つ目の原因は紫外線によって肌内部のコラーゲンが破壊され、肌のハリが失われること。

ほうれい線原因

紫外線の影響は表面の日焼けやシミだけ...と思いがちですが、実は肌内部のハリや弾力まで失わせるほどのダメージがありますよ。

夏場や晴れの日だけでなくほぼ毎日紫外線は降り注いでいると言われているので、徹底したUV対策を行いたいですね。

原因③生活習慣の乱れ

ほうれい線原因

3つ目の原因は、不規則な睡眠・食事といった生活習慣の乱れ。

なかでも、

  • 無理なダイエットによる栄養不足
  • 急激な体重の減少

…などは肌を引き上げる筋肉を衰えさせるため、ほうれい線が目立つ原因に直結してしまいますよ。

喫煙もほうれいが目立つ原因に!?

タバコを吸うと血行が悪くなるため、肌に栄養が届きにくくなります。

その結果として肌老化を促進させてしまい、ほうれい線を目立たせてしまうのです。

また、水分・塩分・アルコールの摂りすぎで起こる「むくみ」もほうれい線が目立つ原因のひとつ。

規則正しい生活や、健康的な食生活などにも気を遣いたいですね。

原因④表情筋の衰え

ほうれい線原因

4つ目の原因は、頬や顔の脂肪を支える筋肉「表情筋」が衰えてしまうこと。

表情筋が重力に伴って少しずつ下にさがると、頬がたるんでほうれい線が目立ってしまうのです。

表情筋を衰えさせるNG習慣

・頻繁に「しかめっつら」や「への字口」でいる

...口角を下げる筋肉が発達してしまい、頬がたるみやすくなる

・口が半開きになっている

...口周りの筋肉がゆるみ、ほうれい線を目立たせてしまう

顔には30種以上の表情筋が存在していますが、とくに頬の周りの筋肉は衰えやすいと言われています。

表情筋を鍛えるエクササイズや、よく笑う・喋ることなどもほうれい線予防に効果的といえますよ。
▷ほうれい線対策のエクササイズについては記事下部で解説します。

原因⑤元々の骨格や体型

ほうれい線原因

5つ目の原因として、元々の骨格や体型が挙げられます。

  • 顔の形が面長 or 丸顔ぎみ
  • 口元が前に出ている
  • 痩せ型で脂肪が少ない体質

...など生まれもった骨格や体型で、ほうれい線が目立ちやすくなっているケースも。

思いあたる原因はありましたか?

ここまでご紹介した内容をまとめると、以下のような方はほうれい線が目立ちやすいといえますよ。

◆ほうれい線が目立ちやすい人の特徴

ほうれい線の目立ちやすさチェック

✓ 肌が乾燥していて、ハリがない

✓ よく日焼けする

✓ 睡眠・食事が不規則になりがち

✓ 無理なダイエットを行っている

✓ 喫煙・アルコールを摂取する習慣がある

✓ 面長・口元が目立つなど、骨格に特徴がある

これらの特徴に2つ以上当てはまると感じた方は早めのほうれい線対策を行って、しっかりケアしていきたいですね。

次の章からは、すぐに試せる効果的なほうれい線対策を詳しくご紹介していきます。

2.ほうれい線を薄くするエクササイズ

ほうれい線原因

ほうれい線対策には、頬を引き上げる役割をもつ表情筋のエクササイズを行うのが有効です。

ここでは、表情筋を効果的に鍛えるための

...といった3つのエクササイズをご紹介していきます。

2-1.舌回しエクササイズ

このエクササイズでは、口周りの筋肉を効果的に鍛えてほうれい線をケアします。

やり方は以下の通り。

ほうれい線原因
舌回しエクササイズのやり方

①口を閉じ、歯茎に沿って舌を右に回転させる

②今度は左に回転させる

★上記の手順20セットを1日3回行う

ほうれい線以外にも、

  • ひきしまった小顔を目指せる
  • 目元がパッチリする

などの嬉しい効果が期待できるので、ぜひ実践してみてくださいね。

2-2.あいうー体操

この体操は、ほうれい線だけでなく二重あごの予防・改善も期待できると言われています。

以下の手順を参考に行ってくださいね。

ほうれい線原因
あいうー体操のやりかた

①縦に口を大きく開けて「あー」と言いながら10秒キープ

②左右に大きく口を開けて「いー」と言いながら10秒キープ

③口をすぼめて「うー」と言いながら10秒キープ

★上記の動作を1日に15セット程度行う

この体操を行う際は、口を開ける時に眉間にシワが入らないように注意しましょう。

2-3.割りばしエクササイズ

このエクササイズでは、頬の周りの表情筋を効果的に鍛えることができます。

やり方は以下の通りです。

ほうれい線原因
割りばしエクササイズのやりかた

①割りばしを奥歯でくわえる

②口を開かずに口角を上げて、30秒キープ

③口角をゆっくり元に戻す

★上記の動作を5回繰り返す

ご紹介したエクササイズは簡単に実践できるものばかり。ぜひ取り入れてみてくださいね。

▷エクササイズを先にチェックしに来た方は、こちらから記事上部に戻ることができますよ。

続いては、気になるほうれい線を今すぐメイクで消す方法をご紹介します。

3.ほうれい線を消すベースメイクのコツ

ほうれい線がどうしても気になる時は、メイクで隠してしまうのも手です。

通常のメイクでは消えにくいほうれい線ですが、ちょっとした工夫で目立ちにくくすることができますよ。

◆ほうれい線を消すメイクの手順

ほうれい線原因

上記の手順で、コンシーラーを薄く伸ばしながらカバーしてみてくださいね。

厚塗りしすぎると、ほうれい線の溝にコンシーラーが溜まって余計に目立ってしまうため注意が必要ですよ。

ほうれい線を消すメイクのポイント

・肌よりも明るいトーンのコンシーラーを使う

...柔らかく伸びがいい筆ペンタイプがおすすめ

・スポンジではなく「指」でなじませる

...指を使うことで、コンシーラーが密着しやすくなる

また、アイメイクをはっきり濃いめにして、目線を目元に集中させるのも有効なテクニックです。

こうしたメイク方法も参考に、ほうれい線で悩まない日々を手に入れてくださいね。

続いては、日常のなかでほうれい線の目立ちを予防するコツをご紹介していきます。

4.ほうれい線を悪化させない生活のコツ

気になり始めたほうれい線は「もっと濃くなったらどうしよう...」と不安ですよね。

そこでここからは、日常生活でできるほうれい線予防のコツを、

...といった順番で解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

4-1.紫外線対策でほうれい線予防

ほうれい線原因

ほうれい線の予防として、まずは「紫外線対策」から取り組んでいきましょう。

紫外線はお肌が老化する原因の60%を占めるとも言われており、ほうれい線だけでなく、シミやシワなどすべての肌トラブルの原因になり得ます。

日常でできる紫外線対策としては、以下のようなものがおすすめです。

  • UV対策効果のある化粧品を使用する
    ...日常生活にはSPF20程度のUV対策効果で十分。
  • 日焼け止めをたっぷり塗る
    ...塗る量が少ないと効果が半減。2~3時間おきに塗りなおして!

上記にくわえ、帽子やサングラス・日傘などを活用するとより効果的ですよ。

4-2.肌のハリを増やす化粧品でほうれい線ケア

ほうれい線原因

ほうれい線には、化粧品でハリのケアをすることも有効です。

以下のような、ハリのあるお肌に導いてくれる成分配合の化粧品がとくにおすすめ。

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • ナイアシン

上記の成分は肌内部のコラーゲン生成を促す効果があるため、根本的なハリのケアが目指せますよ。

毎日の保湿ケアも大切!

「化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリーム」といった手順が、保湿ケアの基本ステップ。毎日しっかり行いましょう!

記事上部で解説したとおり、乾燥もほうれい線が目立つ原因のひとつなので、徹底した保湿ケアを心がけてくださいね。

4-3.生活習慣を改善してほうれい線予防

ほうれい線原因

睡眠・食事などの生活習慣を見直してみると、より効果的なほうれい線予防ができますよ。

  • 睡眠
    ...最低でも1日6時間の睡眠をとる
  • 食事
    ...暴飲暴食を避けて、バランスの良い食事を心がける

…など規則正しい生活習慣を送って、ほうれい線の目立ち予防につなげましょう。

できることから、少しずつはじめてみてくださいね。

5.まとめ

ほうれい線原因

ほうれい線が目立ってしまう原因や、日常でできる予防・対策についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

一度目立つと気になるほうれい線ですが、エクササイズや生活習慣の見直しで予防&ケアすることができますよ。

「今すぐに薄くしたい!」という時は...

深く刻まれたほうれい線にお悩みの方や、すぐにでも薄くしたい方は「美容医療」を検討してみるもの良いかもしれません。

メスを使わない治療もありますので、気になる方は専門医に相談してみてくださいね。


▷お近くの皮膚科は「お医者さんガイド」というサイトから検索することができます。

自分に合った方法でしっかりほうれい線対策をして、若々しい印象を手に入れてくださいね!

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。