ほっと一息入れたい時は、甘いものに限りますね。スイーツとご一緒にオーガニックハーブティーはいかがでしょうか。

様々な効能を持つオーガニックハーブティーは体に良い効果をもたらすことに加えて、体に良い成分だけをおいしくたっぷり摂り入れることができます。

ここでは、美容や健康や癒しなどに効果的で、見た目も華やかなオーガニックハーブティーを5種類厳選してご紹介します。

1.  オーガニックハーブティーついて

1-1. オーガニックハーブティーとは?

皆さん、「オーガニック」をご存知ですか?

「オーガニック」とは、「化学肥料や農薬を一切使わずに、自然の恵みで栽培する方法」です。

食品のみならず、タオルや衣類などの日用品から、ボディーオイルや香水などの化粧品など、オーガニックで製造される商品は実に幅広いものがあります。

このオーガニック製法で作られたものが老若男女を問わず健康志向の人達から高い人気を得ています。

なかでも近年注目が集まっているのが、このオーガニック製法で作られた紅茶である「オーガニックハーブティー」なのです。

1-2. オーガニックハーブティーの良さ

オーガニック製法で栽培されたオーガニックハーブティーの人気の秘密は、「安心・安全である」ということ、そして農薬を使った商品との違いが、味や使用感に歴然と表われてくるというところにあります。

普段、ほとんどの人が口にしている紅茶は、従来の栽培法で、大量生産されたものです。
美や健康にこだわり、気を使おうと思うなら、厳選した製法で作られた「オーガニックハーブティー」をチョイスしませんか?

POINT
・「オーガニックハーブティー」の認定基準や表示は各国で異なります。
・商品によって、使用される茶葉の品質や種類は異なります。
・購入の際には、原材料表示を確認したうえで、できるだけ100%オーガニックで栽培されたものを購入することをおススメします。

続いては、そんなオーガニックハーブティーの正しい淹れ方をご紹介します。

1-3. オーガニックハーブティーの正しい淹れ方

ここでは、オーガニックハーブティーの正しい淹れ方をご紹介します。

というのも、ティーパックの紅茶はお湯で抽出するだけですが、茶葉で購入した紅茶を淹れるには、少しの時間と手間が必要になってくるのです。

とはいえ、かかる時間は10分ほどなので、気負わずに紅茶を淹れてみましょう。

オーガニックハーブティーの淹れ方
①紅茶を淹れるカップを温め、お湯を沸かしましょう。
②ティーポットに茶葉を入れます。購入したパッケージに分量などが記載されていたら、それを参考にして下さい。
③お湯が沸騰してから一呼吸置いて注ぎ、蓋をして3~5分ほど蒸らします。
④蒸らしおわってから、温めておいたカップに注いで、完成です。

ホットでしたらこの通りに、アイスでしたらこの後に冷ましてから冷蔵庫で冷やしましょう。

続いては、効果別に飲みたいおすすめオーガニックハーブティーをご紹介します。

2.  効果別のおすすめオーガニックハーブティー

ここでは、効果別におすすめのオーガニックハーブティーをご紹介します。効果はそれぞれ、以下の通りです。

・紫外線対策
・口のにおい予防
・目の健康効果
・安眠効果
・喉を癒す効果

気になる効果を持つオーガニックハーブティーをチェックしてみてくださいね。

2-1. 紫外線対策

「紫外線を内側からケアしたい!」という方におすすめなのが「ハイビスカスティー」で、注目すべきはその美白効果です!

  • ビタミンC
  • クエン酸
  • ハイビスカス酸
  • カリウム

など、美白効果のある成分がたっぷりと含まれており、白い肌をつくり出します。

とくにビタミンCは、紫外線で破壊されたコラーゲンの産生を促進・ハリメラニン色素を抑制し、シミやシワの抑制、予防をしてくれます

ホットでもアイスでもおいしくいただけますので、朝飲めばスッキリと目覚められますよ♪

ローズヒップティーのポイント
◇効果:美白、アンチエイジング、疲労回復
◇主要成分:ビタミンC・クエン酸・ハイビスカス酸・カリウム
◇おすすめの飲み方:ハチミツやシロップを加えると、酸味の苦手な方でも飲みやすくなります。
 
ローズヒップ&ハイビスカス

また、美肌効果のあるお茶は「飲むだけで美肌に良いお茶10選!肌の悩み別の効果を徹底解説」でも詳しく解説しています。

2-2. 匂い予防

人と顔を近づけて話していると不意に口臭が気になってしまう…そんな方に、オススメなハーブティーが「ペパーミントティー」です。

というのも、ペパーミントティーには口臭予防に一番効果的な「ミント」が含まれているのです。

そんなペパーミントティーに含まれる成分は、

  • メントール:爽快感を与える。殺菌効果から口臭予防に効果的。
  • フラボノイド:抗菌作用や、毛細血管の保護
  • アズレン:うがい薬に使われる。抗酸化作用あり。

などなど。これらの成分が爽快感と抗菌作用を生み出しています。
また、こうした成分は口臭予防だけでなく、乗り物酔いやむかつきの予防にもなり、食後に飲むと口の中がリフレッシュされます。

ペパーミントティーのポイント
◇効果:殺菌、乗り物酔い、むかつき、口臭の予防
◇主要成分:メントール・フラボノイド・アズレン
◇おすすめの飲み方:オレンジジュースやミルクを加えると、清涼感を少し抑えることができます
 
ペパーミントティー

2-3. 目の健康効果

スマホやパソコンの普及とともに、ドライアイや眼精疲労といった症状に悩む人におすすめなのが、眼精疲労のケアをしてくれる「アイブライト」のハーブティーです。

アイブライトはヨーロッパ原産で、古くから花粉のアレルギーや結膜炎などの治療薬として使用されてきました。

主な成分の効果は以下の通り。

  • アウクビン:抗炎症作用。結膜炎などの眼疾患を予防
  • ビタミンA:目の乾燥を防ぎ、ドライアイに効果的
  • ビタミンB:角膜の粘膜を保護する
  • ビタミンC:水晶体の老化防止

このように、大変目に良い成分ばかりです。色は、光輝く薄緑色で、口に含むと、草原に居るような爽やかな香りが鼻に抜けていくのが感じられます。

ほのかに苦味がありますが、スッキリとしていて、ウーロン茶に似た味わいです。ハーブティーだけでなく、サプリメントとしても有名ですので、そちらでご存知の方も多いかもしれません。

アイブライトティーのポイント
◇効果:目のトラブル、抗アレルギー
◇主要成分:アウクビンケルセチン・アピゲニン・タンニン・ビタミン
◇おすすめの飲み方:レモングラスやハイビスカスティーとブレンドすると、アイブライトティーの苦みが消えて飲みやすくなります。
 
アイブライトティー

2-4. 安眠効果

疲れているのに眠れないことってありますよね?そんな寝つきの悪い夜には、リラックス効果のある「バレヒアン」のハーブティーを飲むことをオススメします。

欧米では睡眠障害を持つ人に広く利用されているお茶で、代表的な成分は以下の2つ。

  • 吉草酸:睡眠促進、精神安定
  • 揮発油成分:鎮静作用

これらが、睡眠促進や、ストレス緩和、気分を落ち着かせるといった効果を発揮します。

バレヒアンティーのポイント
◇効果:リラックス
◇主要成分:吉草酸・揮発油
◇おすすめの飲み方:就寝前に、ホットでレモンやハチミツを加えて飲むと、体の緊張がとれ、寝つきが良くなります。
 
バレヒアン

2-5. 喉を癒す効果

乾燥から喉がイガイガしたり、風邪で咳がとまらなかったり…そんな症状の改善に効果的なのが「マロウブルー」というハーブティーです。

含まれる成分は、粘液質やタンニン、アントシアニジンなどです。成分の効果を説明しますと・・・

  • タンニン:抗菌殺菌・抗酸化作用。肥満予防にも有効
  • アントシアニジン:強い抗酸化作用を持つ。老化防止に効果的
  • 粘液質:喉や胃などの粘膜を保護。消化器系の症状や、タバコによる咳の改善にも効果的。

以上の通り、特に喉に良いとされる成分が多く含まれています。

そんなマロウブルーの魅力はのどを潤す成分だけではなく、魔法のような色の変化を楽しめるという点です。

まず、お湯で抽出したマロウブルーは、最初、美しい海のような青色ですが、時間が経って冷めてくると、紫色に変化するのです。

更にレモンを浮かべると酸に反応し、

なんとピンク色に!

この鮮やかな色の変化から、「夜明けのハーブ」と呼ばれ、多くのアレンジが生み出されています。乾燥が改善するだけでなく目でも楽しめる「マロウティー」で、乾燥が厳しい冬を乗り越えましょう!

マロウティーのポイント
◇効果:風邪予防、のどの不調
◇主要成分:粘液質・タンニン・アントシアニジン
◇おすすめの飲み方:レモンやカルピスを加えるとピンク色に変化します。
 
ブルーマロウティー

3. まとめ

オススメのオーガニックハーブティーを紹介してきましたが、いかがでしたか?

これらのハーブの効果を知っていれば、自分で組み合わせてオリジナルのハーブティーを作り出すことができます。

「健康は1日にしてならず」です!飲み続けていれば、身体の調子が良くなっていくのを感じられることでしょう。

また、上記で紹介した効果のほかに、お通じに効くお茶を「便秘に効くお茶5選|ムリなく便秘を解消できるお茶の選び方」で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。