ホームパーティでは、豪華なおもてなしサラダを出して、「すごい!おいしそう!」と言われたいですよね。

おもてなしサラダを作るには、いくつかポイントがあります。

ここでは、「豪華で色鮮やか」で「美味しい」おもてなしサラダが作れるワザとレシピを紹介します。

ポイントを抑えれば、必ず誰でも、ほめられるおもてなしサラダが出来るので参考にしてください。

1.野菜を「グリル」するだけで豪華に見える

生野菜を切っただけのサラダではどうしても「いつものサラダ」になってしまいます。そこで、一部の野菜を「グリル」して盛り付けるだけで、一気に「おもてなしサラダ」に変身します。

グリルパンが無くても大丈夫!フライパンにオリーブオイルをしいて焦げ目をつけるだけです!

POINT
フライパンで野菜をできるだけ動かさないことが、しっかり焦げ目を付けるポイント!
 


では、「グリル」した野菜を使ったサラダレシピをご紹介します。

  • 夏野菜のグリルサラダ

トマト、ナス、ズッキーニ、パプリカの夏野菜をフライパンで「グリル」して焼き色を付けたサラダです。焼き目が食欲を誘います。味付けはオリーブオイル、塩コショウ、モッツァレラチーズだけ。野菜本来の旨味に焼き目の香ばしさとバジルの爽やかさも加わって、美味しいです。

材料

ナス、ズッキーニ、トマト、赤パプリカ、黄パプリカ
バジル
モッツァレラ
シトロンのオリーブオイル
塩、こしょう

作り方

1.ナス、ズッキーニ、トマト、赤パプリカ、黄パプリカをグリルします。
2.1を皿に盛り、オリーブオイル、バジル、モッツァレラチーズ塩、コショウで和えます。


2.「クルトン」を使うだけでカフェ風になる

手作りクルトンをサラダに入れるだけで、カフェ風おもてなしサラダになります。
クルトンがドレッシングと絡んで美味しく子供にも人気です。

クルトンの作り方は、

  1. パンを切る(固めのパンがおすすめ)
  2. フライパンにバターかオリーブオイルを入れて、焼き色が付くまで中火で加熱する

の2ステップだけで簡単です。

POINT
包丁ではなく手でちぎる方が、ランダムな形になり全体になじみます。
 

では、「クルトン」を使ったサラダレシピを紹介します。

  • クルトンとトマトのサラダ

バゲットを焼いて「クルトン」にしてサラダを作ります。手でちぎったランダムな形のクルトンがアクセントに。クルトンを入れるとお店風になり、おもてなしにぴったりです。ワインビネガーやオリーブオイルをクルトンが吸って美味しくなります。食べ応えがあるのでメンズやキッズにも好評。

材料(4人分)

チャパタ 120g(フォカッチャやバゲッドなどでもOK)
フルーツトマト 120g  (赤と黄 各7個程度)
種無しブドウ 80g(チリ産クリムゾン)
フレッシュバジル 適量
ガーリックオイル 大さじ3
白ワインビネガー 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
イタリアンハーブミックス 適量 (ハウス食品 香りソルト)
ニンニク 1片


作り方

1.チャパタを一口サイズほどに切ったりちぎったりして細かくします。ボウルに細かくしたチャパタ、ガーリックオイル、すり下ろしたニンニク、イタリアンハーブミックス少々を 加えよくチャパタと和えます。天板に並べ、オーブンやトースターで表面をカリッとさせます。
※3~5分程度ですが焼き色の様子を見ながら調整します。

2.トマトはヘタをとって半分に切ります。種なしブドウは半分に切ります。バジルはちぎります。ボウルにまとめたらイタリアンハーブミックス少々、白ワインビネガー、オリーブオイルを加えよく和えます。

3.1と2を合わせます。2の汁気をしっかりクルトンにすわせます。彩りよくお皿に盛りつけます。お好みでパルミジャーノチーズなどトッピングしても美味しいです。

3.「フルーツ」を使うと色鮮やかになる

おもてなしサラダは「色鮮やか」にすることが大事です。フルーツを使うと、野菜では出来ないカラフルなサラダになるので食卓が豪華に見えます。

POINT
オレンジは、「色鮮やか」で「サラダと合う」のでオススメです。
厚めの輪切りスライスにすると存在感がでて、オシャレなサラダになります。
 

では、「フルーツ」を使ったサラダレシピをご紹介します。

  • ほうれん草、フェタチーズ、オレンジのサラダ

ブラッドオレンジを使った爽やかなサラダです。ブラッドオレンジがない場合は普通のオレンジでもOKです。ブラッドオレンジの色鮮やかなオレンジ色とほうれん草の緑のコントラストがサラダをグッと引き立ててくれます。クリーミーなアボカドと塩辛いフェタチーズの組み合わせが美味しい。

材料(2人分)

ベビースピナッチ(ほうれん草の幼葉)…2握り
ブラッドオレンジ…1個
アボカド…1/2個
フェタチーズ…適量
※フェタチーズが無い場合は、カッテージチーズに塩を混ぜたものでも代用できます。
ひまわりの種…適量
オリーブオイル…適量
黒こしょう…適量


作り方

1.ほうれん草は洗って水気を切っておく。アボカドは皮と種を取り除き、縦にスライスする。ブラッドオレンジは皮をむき、厚めの輪切りにスライスする。フェタチーズは細かく砕く。
2.ほうれん草、オレンジ、アボカド、フェタチーズ、ひまわりの種をお皿に盛り付ける。オリーブオイルと黒こしょうをかけて出来上がり。
  • オレンジとトマトのサラダ

オレンジを使うと、切って並べるだけなのに色鮮やかでおもてなし感が出ます。下に引いたアイスプラントも色のアクセントになっています。バルサミコとオリーブオイルでシンプルな味付けに。オレンジとトマトのみずみずしいサラダです。

材料

トマト、オレンジ
オリーブ、アイスプラント
塩、こしょう、オリーブオイル、バルサミコ
   

作り方

トマト、オレンジを大きめにカットして、オリーブと共にアイスプラントの上に並べる。
塩コショウ、オリーブオイル、バルサミコをかけて完成。

 

4.「白色」を加えるだけで野菜の色が映える

「白」の食材を加えると、野菜の緑や赤がとても引き立ちます。
「白」を加えるだけで、より色鮮やかなおもてなしサラダが完成します。

少量だけでも白を加えると引き締まります。

白い食材は、「チーズ」はもちろん、「ポーチドエッグ」、「ラディッシュ」がおすすめです。

では、「白」の食材を使ったサラダレシピをご紹介します。

  • トマト、バジル、モッツァレラのカプレーゼサラダ

モッツアレラの「白」で赤と緑が映えるカプレーゼ。味付けは塩とオリーブオイル、バルサミコ酢だけのシンプル簡単サラダです。モッツァレラの塩気とトマトのみずみずしさがマッチしてサッパリで美味しいです。

材料(2人分)

トマト…2~3個
モッツァレラチーズ(大)…1個
フレッシュバジルの葉…一握り
オリーブオイル…大さじ1
バルサミコ酢…大さじ1
コーシャーソルト


作り方

1.トマトとモッツァレラチーズを6mm程度に薄くスライスします。
2.大きなお皿にトマトとモッツァレラチーズを交互に配置していきます。塩を振りかけて、10~20分程度そのまま置いておきます。
3.バジルの葉を1枚ずつちぎり、トマトとチーズの間にはさんでいきます。
4.上からオリーブオイルとバルサミコ酢を振りかけてできあがり。
  • アボカドと枝豆のサラダ

ラディッシュを最後に散らすだけで、「白」が入るので一気に引き締まります。生姜が入ったドレッシングでさっぱりしていてもりもり食べれます。

材料(4人分)

枝豆…450g
にんにくのみじん切り…1片
生姜のすりおろし…小さじ1
はちみつ…小さじ2
米酢…60ml
オリーブオイル…大さじ3
ライムの絞り汁…1個
塩、粗挽きコショウ…ひとつまみ
長ネギ(小口切り)…60cc
パセリのみじん切り…大さじ3
ラディッシュ(スライス)…5~8個
アボカド…1個
ごま…適量


作り方

1.鍋に1リットル程度の水を沸騰させる。枝豆を2~3分茹で、取り出して冷ましておく。
2.小さなボウルに、米酢、オリーブオイル、ニンニク、生姜、ライム、はちみつ、塩、コショウを入れて、完全に混ざるまでよくかき混ぜる
3.別のボウルに、冷ました枝豆、ネギ、パセリ、ラディッシュ、アボカド、ゴマを入れて和える。ドレッシングをかけて提供する。


5.「高さ」を出すだけでレストラン風になる

具材は同じでも、普通に盛り付けるより縦に高さを出すように盛るとレストランのサラダのように華やかに見えます。

POINT
トマトとモッツァレラのカプレーゼも重ねて高さを出すだけでオシャレに。

では、「高さ」を使ったサラダレシピをご紹介します。

  • フルーツやハムのミルフィーユサラダ

重ねて「高さ」を出して、さらに「フルーツ」で色鮮やかにしたサラダ。切って、重ねて、刺すだけで完成するので簡単です。オレンジとハムとチーズがとっても合います。モッツァレラチーズと塩、オリーブオイルだけのシンプルな味付けでオレンジの酸味が効いています。赤大根の代わりにラディッシュを使ってもおいしそうですね。

材料(4人分) 

バゲット(スライス) 4枚 
サニーレタス 葉2枚 
赤大根 40g 
リンゴ 1/2個 
オレンジ 1個 
モッツァレラチーズ 80g 
ロースハム(スライス) 8枚 
ビアソーセージ(スライス) 8枚 
オリーブオイル 少々 
塩、胡椒、パプリカパウダー 少々


作り方

1.サニーレタスはバゲットの大きさに合わせて葉を切り揃える。リンゴは薄く串切りに。赤大根は薄く輪切りに。オレンジは厚さ1cmの輪切りにして皮を切り取る。モッツァレラチーズは薄切りに。
2.バゲットにマーガリン、お好みでマスタードを塗り、具材を重ねて行く。サニーレタス、赤大根、ビアサラミ、モッツァレラチーズ、ロースハム、リンゴ、オレンジの順。最後に爪楊枝や串を刺して止める。
3.お皿に盛り付け、塩、胡椒、パプリカパウダーをふり、仕上げにオリーブオイルをまわしかける。
※串の旗はポストイットで作成。
※上からパンで挟めばサンドイッチになります。


6.盛り付けの「途中」でドレッシングをかけてふんわりさせる

最後にドレッシングをかけると、みんなが食べるころには、水分を吸ってしんなりしたサラダになってしまいます。
盛り付けの最後ではなく、3分の2くらい盛り付けた所でドレッシングをかけて、その上から残りの葉をフワッとのせると、ふんわりしたサラダになります。

7.「ナッツ」でいつもと違う食感をプラス

「ナッツ」を入れると、いつものサラダとは違うザクザクした食感と、香ばしい香りがして、おもてなしサラダになります。
また、どのサラダにもナッツは合うので、使いやすいです。

スーパーでナッツミックスを買って、大きいナッツは袋に入れて包丁の背でたたき、砕いて使いましょう。
アーモンド、くるみ、ピスタチオなど、どのナッツもサラダに合います。

では、「ナッツ」を使ったサラダレシピをご紹介します。

  • ケールのレモンビネグレットサラダ

トッピングした「ナッツ」がレモンドレッシングと良く絡んで、食感も良いサラダ。たっぷりのケールとアボカド、チーズとナッツの食感が美味しい。アボカドも細かく切るのがポイント。

材料(4人分)

ケール…5カップ程度
アボカド…1個
調理キヌア…120cc
ザクロの種…120cc
ピーカンナッツ…120cc
ゴートチーズ…60cc
(A)オリーブオイル…60cc
(A)りんご酢…60cc
(A)レモンの搾り汁…大さじ3
(A)レモンの皮…1個分
(A)砂糖…大さじ1


作り方

1.ケールは食べやすいよう小さくカットします。アボカドは皮と種を取り除きさいの目に。ピーカンナッツとチーズは砕いておきます。レモンの皮はすりおろすか細かく刻んでおきます。
2.ドレッシングを作るために、小さなボウルに(A)の材料を入れてかき混ぜます。
3.サラダボウルにケールを入れ、アボカド、キヌア、ザクロの種、ピーカンナッツ、チーズをトッピングします。サラダの上にドレッシングをかけ、慎重に和えて出来上がり。

 

どんなサラダを作るかイメージは沸きましたか?
是非、今回紹介した以下の技を使って、素敵なおもてなしサラダを作ってくださいね。

  • 野菜を「グリル」する
  • 「クルトン」を使う
  • 「フルーツ」を使う
  • 「白色」を加える
  • 「高さ」を出す
  • 盛り付けの「途中」でドレッシングをかける
  • 「ナッツ」を加える