子育て中は、1人でゆっくりと落ち着く読書の時間なんてなかなかとれませんよね。

「子育ての手を抜かずに、読書の時間もとれたらいいのに…」

そんなママの願いは、「大人も子供も楽しめる読み応えのある絵本」が叶えてくれます。

読み応えと言っても、文字が多い絵本というわけではありません。

子供にとっては「絵がたくさんあって楽しい」、大人にとっては「奥深くて気付きや学びのある」絵本なので、親子で楽しむことができるんです。

子育て真っ只中、出版社勤務の旦那を持つ筆者が厳選した絵本の決定版です。


1.おすすめ絵本8選

子供が純粋に絵本として楽しめて、大人にとっては気付いて学べる、一石二鳥の絵本って実はたくさんあるんです! 今回は、その中でも特におすすめの絵本8冊をご紹介します。

1-1.『さかさま』

  • 大人の絵本

ひとつのページで上下ふたつのストーリーが進行する、今までになかった斬新な絵本です。

ひとつのストーリーを読んだら、ひっくり返してもうひとつのストーリーを読んでください。すると、同じ世界の出来事でもまったく違う見え方に変化します。
2つの力がぶつかるとき「それぞれがそれぞれの正義を訴える」ように、視点や価値観によって見え方が変わることを考えさせられる1冊です。

1人で読んだり親子で向かい合って読んだりと、さまざまな視点で読んでみるとよりこの絵本を楽しめますよ。

『さかさま』
価格:¥1,620(税込)
作者:TERUKO(著)
出版社:ディスカバー・トゥエンティワン
サイズ:30.6×22×1.4cm

詳細はこちら

1-2.『りんごかもしれない』

  • 大人の絵本

出発点はテーブルの上に置いてあったひとつのりんご。それをりんごじゃないかもしれないと思った瞬間、発想のビックバンが始まります。

「目の前のりんごは、もしかしたら大きなさくらんぼの一粒かもしれない」
「目の前のりんごは、もしかしたら裏側から見たらみかんかもしれない」

などなど、”当たり前”をちょっと疑うことで「モノやコトをよく観察する力」「想像して考える力」「あらゆる可能性を見出す力」を身に付けられる哲学絵本。
あなたの目の前にある絵本、もしかしたら○○かもしれない!?

『りんごかもしれない』
価格:¥1,512(税込)
作者:ヨシタケシンスケ(著)
出版社:ブロンズ新社
サイズ:25.8×20.8×0.8cm

詳細はこちら

1-3.『おおきな木』

  • 大人の絵本

この物語の主人公は「1本のりんごの木」と「1人の少年」。
登ったり枝にぶらさがったり、りんごの木が大好きな少年。

やがて成長した少年は「お金」を作るためにりんごをもぎとり。「家」を建てるために枝を切り。「舩」を作るために幹を切っていく―

与え続けるりんごの木は少年に何を伝えたかったのか? シンプルな文章なだけに、読者によっていろいろな解釈が生まれる物語です。

『おおきな木』
価格:¥1,296(税込)
作者:シェル・シルヴァスタイン(著)/村上春樹(訳)
出版社:あすなろ書房
サイズ:22.4×18.2×1.4cm

詳細はこちら

1-4.『くぎのスープ』

  • 大人の絵本

ケチなはずのおばあさんが、口のうまい旅の男(お腹がぺこぺこ)に乗せられて、知らず知らずのうちにたんまりとごちそうをふるまってしまうスウェーデン生まれのとんち絵本です。

ごちそうしてしまったおばあさんは、てっきり後悔しているのかと思いきや、なぜか幸せな気持ちで満たされています。
さて、この口のうまい男はどんな手を使ったのでしょうか?

スズキコージさんのイラストも雰囲気があって物語を盛り上げます。

『くぎのスープ』
価格:¥1,389(税込)
作者:菱木晃子(著)、スズキコージ(イラスト)
出版社:フェリシモ出版
サイズ:14.4×10.8×0.8cm

詳細はこちら

1-5.『おくりものはナンニモナイ』

  • 大人の絵本

ねこのムーチはある日、なんでも持っている大切な友達・アールに尋ねた。

「欲しいものはなーに?」するとアールは
「ナンニモナイ!(なんでも持っているから)」と答える。
「“ナンニモナイ”ってどこに売ってるんだろう?」

こうしてムーチの“ナンニモナイ”探しの旅が始まります。さて、ムーチは無事“ナンニモナイ”を手に入れることはできるのでしょうか?

今すでにある幸せに気づき、当たり前だと思っていることに感謝できる1冊です。読んだ後、心がキュンとし、ほっこり癒されます。

『おくりものはナンニモナイ』
価格:¥1,296(税込)
作者:パトリックマクドネル(著)、谷川俊太郎(訳)
出版社:あすなろ書房
サイズ:20.6×17.6×1.2cm

詳細はこちら

1-6.『あさになったのでまどをあけますよ』

  • 大人の絵本

「あさになったのでまどをあけますよ」というフレーズとともに、さまざまな窓からの景色が展開されるとってもシンプルな作品。

それなのに、なぜか絵本の世界に心が奪われます。これも荒井良二さんの現実の世界よりも美しく描かれた絵(景色)があってこそ。

疲れた時に、癒されたい時に、読むだけでスカッと目が覚めた朝のようなさわやかな気分に浸れます。

『あさになったのでまどをあけますよ』
価格:¥1,404(税込)
作者:荒井良二(著、イラスト)
出版社:偕成社
サイズ:28.8×21.4×0.8cm

詳細はこちら

1-7.『ぼくを探しに』

  • 大人の絵本

この絵本の主人公は、完全なまんまるになれない「ぼく」。100%まんまるなぼくを夢見て、足りないかけらを探しに旅に出ます。

でも、まんまるになることってそんなに素敵なことなのでしょうか?
何かが足りない「ぼく」、でもそんな「ぼく」だからこそできることがあるんです。

「痛み」を知っている人にしか他人の「痛み」が分からないように、誰もが持つ「欠点」や「悩み」が、実は自分にとって「大切なもの」であることを気づかせてくれる1冊です。
あなただったら、目の前の「悩み」で苦しみたいですか? それとも喜びたいですか?

『ぼくを探しに』
価格:¥1,620(税込)
作者:シェル・シルヴァスタイン(著)、倉橋由美子(訳)
出版社:講談社
サイズ:21.6×18.6×1.6cm

詳細はこちら

1-8.『100万回生きたねこ』

  • 大人の絵本

この本は子供のころに読んだことがある方も多いはず。でも、「もう昔に読んだからいーや!」って方は、ぜひこの機会にもう一度読んでみませんか? 子供のころには気づけなかった「真実の愛」に気づけるチャンスかもしれません。

人は愛されることに鈍感。でも、愛することで初めてどれだけ愛されていたかがわかります。主人公のねこも例外ではなく、愛するものを見つけた時にある真実にたどり着きます。

ねこが最後、二度と生き返らなくなった意味を、子供のころよりも深く考えさせられる1冊です。

『100万回生きたねこ』
価格:¥1,512(税込)
作者:佐野洋子(著)
出版社:講談社
サイズ:26×24.6×1

詳細はこちら


気になる絵本はありましたか?
大人になってから読むとまた違った印象を受ける懐かしの絵本や、哲学・思想をテーマとしハッと気付ける絵本など、大人でも楽しめる絵本って実はたくさんあるんです。
今度の休日に絵本を買いに出かけてみようと思った方のために、次は都内近郊で絵本がたくさん取り揃えられた書店をご紹介いたします。

2.都内近郊、絵本の品揃えの良いお店

たくさん本屋はあれど、絵本の品揃えが良い本屋となるとなかなかないものです。そこで、東京近郊にあるおすすめの本屋5つをご紹介します。

2-1. 蔦屋書店(代官山)

  • 大人の絵本

おしゃれなのはお店の雰囲気だけではありません。絵本のセレクトもおしゃれで、洋書絵本などズラッと、大人もウキウキしてしまいます。もちろん、子供達も喜ぶ定番の絵本や仕掛け絵本なども充実。

蔦屋書店(代官山店)
場所:東京都渋谷区猿楽町17-5DAIKANYAMA T-SITE
営業時間:1F 朝7:00~深夜2:00、2F 朝9:00~深夜2:00
定休日:年中無休

詳細はこちら


2-2.教文館ナルニア国(銀座)

  • 大人の絵本

1885年に創業した、銀座の歴史ある書店の児童書コーナーです。
ロングセラーから新刊まで豊富な品揃えは約15,000冊にも上ります。
本棚はすべてが2段までで統一されており、子供が手を伸ばせる高さなのも嬉しいところ。

教文館ナルニア国
場所:東京都中央区銀座4-5-1
営業時間:10:00~20:00
定休日:年中無休

詳細はこちら


2-3.子どもの本や(阿佐ヶ谷)

  • 大人の絵本

細い路地にひっそりとたたずむ小さな本屋さん。ウッドベースの温かみのある店内は5坪ほどと小さいながらも、たくさんの絵本が所狭しと並んでいます。子供たちが心から楽しめることを目指した良質な絵本のラインナップの中には、大人でも楽しめる絵本がたくさんありますよ。

子どもの本や
場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-47-7
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜日、祝日

詳細はこちら

2-4. メッゲンドルファー(鎌倉)

  • 大人の絵本

テレビの情報番組でも度々取り上げられる仕掛け絵本の専門店。約600種類の仕掛け絵本が揃い、子供はもちろん大人も夢中になってしまう店内です。普通の本屋では、中が見られないことが多い仕掛け絵本ですが、こちらでは実際に手に取って見られます。仕掛け絵本を開くときの独特の緊張感やワクワク感を実際に手に取って、お楽しみください。

メッゲンドルファー
場所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-1-27
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日

詳細はこちら

2-5.【番外編】国立国会図書館 国際こども図書館(上野)

  • 大人の絵本

世界中の絵本や読み物を所蔵している児童書専門の図書館。本屋さんではありませんが、約35万冊所蔵しており、1日いても飽きずに、思う存分絵本が読めるでしょう。
また、建物も素敵で、東京都の歴史的建造物に認定されており、訪れるだけでも楽しめる場所です。

国立国会図書館 国際こども図書館
場所:東京都台東区上野公園12-49
開館時間:9:30~17:00
休館日:毎週月曜日、年末年始、5月5日を除く国民の休日・祝日、第三水曜日

詳細はこちら

3.まとめ

大人でも「深く気づける絵本」のラインナップはいかがでしたか?
絵本の素敵なところの1つに“いつまでもすたれないこと”があるように思います。いい物語は、いつの時代も愛されるのです。

-子供が大きくなったとき、自分が読んであげていた絵本を大切に持っていてくれたなら。
-その子供が大人になったとき、小さいころには理解できなかった、親からのメッセージに気づいてくれたなら。
-そして、子供のまた子供に、その絵本を読みきかせてあげてくれていたら。

今度の休日には、そんなことを想像しながら、書店に足を運んでみてはいかがでしょうか?