妊娠13週目は、体調が良い日があったり、またちょっと悪かったり…と少し不安定な日々が続きます。

ただ、つわりさえ落ち着いてくれば比較的おだやかに過ごせる時期。おなかもそれほど大きくない今こそ、先の長いマタニティライフを楽しむための準備を整えましょう!

ここでは、

  • 妊娠13週目の赤ちゃんとお母さんの体の変化
  • 妊娠13週目の過ごし方と注意点
  • 妊娠13週目にしておきたいこと

などについて、詳しく解説していきます。おなかの赤ちゃんと充実した日々を過ごせるよう参考にしてくださね。

1. 妊娠13週目の様子と変化

おなかがちょっとぽこっとしてきた!と感じるお母さんも多い時期ですが、人によって個人差が大きい時期でもあります。

妊娠13週目の赤ちゃんとお母さんはどんな様子なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

1-1. 妊娠13週目の赤ちゃん

妊娠13週目に入ると、赤ちゃんはおなかの中で元気に動きまわるようになります。

妊娠13週目の赤ちゃんの大きさ
・大きさ(CRL):70~80mm
・体重:20〜25g

この頃には赤ちゃんの心臓や肝臓、胃腸などの体内の器官はもうほとんど形づくられ、それぞれが内臓機能としての働きを始めます。

「掌握反射」という、手のひらに触ると握リ返してくる反応も見られるようになって、赤ちゃんは手をグーパーと動かせるようになりますよ。

この時期の赤ちゃんの成長は個人差も大きく、羊水の中を自由に動き回って正確な測定が難しい場合もあります。大きさが平均的ではなくても、この段階で気にする必要はありません。

1-2. 妊娠13週目のお母さん

13週目になると、つわりも落ち着き始め調子の良い日が増えてきます。子宮の大きさは小さなメロンくらいになり、おなかがぽこっと出てくる人も。

特に、過去にもお産を経験したことのあるお母さんは、おなかの皮も伸びやすく早い段階で大きくなりやすいんだとか。 

妊娠13週目のお母さんの様子
・むくみやすくなってくる
・体重が増えやすくなってくる
・貧血気味になってくる

赤ちゃんのベッドである羊水や、栄養を送るための血液に含まれる水分が増えていくと「むくみ」が起こりやすくなります

またつわりが落ちついてくると、急に食欲が出てきて食べ過ぎてしまいやすいので、体重の増加にも注意ですよ!

◆ 腰痛に気を付ける

赤ちゃんが大きくなり始めると同時に、腰痛を感じ始めるお母さんも増えてきます。

腰まわりの血行を良くし、骨盤ベルトでサポートすることが予防に効果的。ヨガやストレッチも有効ですが、この時期はまだ控えましょう!

続いて、妊娠13週目に気を付けたいトラブルについてご紹介します。

1-3. 妊娠13週目のトラブル

この時期に特に注意したいのはお母さんの栄養不足です。落ち着いてきたとはいえ赤ちゃんの心配もなくなったわけではありません。

ここでは、貧血を中心に妊娠13週目に心配な症状を見ていきましょう。

トラブル① 鉄欠乏性貧血

妊娠すると血液量は増えますが、その多くは水分のため血液成分は薄まった状態になってしまいます。

さらに、栄養は赤ちゃんへ優先して送られるため、お母さんのからだに必要な鉄分が不足し、貧血になりやすい状態に。

めまいや動悸、疲れやすいといった症状には注意です。

​鉄欠乏性貧血の予防
吸収しやすいヘム鉄(レバー・卵黄・しじみ…など)を積極的に摂る
非ヘム鉄(ひじき・小松菜・油揚げ…など)はビタミンCと一緒に摂る
・食事中は、鉄分の吸収を妨げるコーヒー・緑茶 などは避ける

鉄分が摂取できるサプリについては、別記事「おすすめ鉄分サプリ9選|鉄分不足に効く選び方から貧血改善のコツまで解説」でご紹介しています。妊娠中にサプリを摂取する場合には必ずお医者さまに相談を!

症状がひどい場合には、病院で鉄剤を処方してもらいましょう。

トラブル② 後期流産

妊娠12週以降22週未満の流産は「後期流産」と呼ばれ、確率的には流産全体の10%ほどと言われています。

初期より心配は減ってくるものの、危険な兆候を見逃さないよう健診は必ず受け、度重なるおなかの張りや出血がある場合は病院へ

トラブル③ 切迫流産

切迫流産とは、流産寸前の状態。安静に過ごすなどの正しい対処をすることで、赤ちゃんは成長を続けてくれる可能性があります。

この時期、重いものを持ったり激しい運動をすることは避け、出血や下腹部痛・張りを周期的に感じる場合はすぐに医師へ相談を。

続いて、妊娠13週目の過ごし方についてご紹介します。

2. 妊娠13週目の過ごし方

妊娠13週目になると体調の良い日も増えてきますが、まだ不安定な時期です。

ここからは、

…という4つに分けて、妊娠13週目の過ごし方を解説していきます。

2-1. 妊娠13週目の妊婦健診

妊娠初期には1〜2週に1回ほど受診していた妊婦健診は、お母さんが比較的安定する妊娠12週目から23週目までは、月に1回の受診となります。

ここでは、妊婦健診に必要な持ちもの、内容、健診を受けやすい服装について見ていきましょう。

◆ 妊婦健診の必須4アイテム

・母子健康手帳
・診察券
・公費補助券
・健康保険証

妊婦健診は保険適用外ですが、健康保険証は必ず持っておきましょう。

先生に質問したいことをまとめておいたり、書きとめたりするためのメモや筆記用具もあると便利です。

◆妊婦検診の内容

・経腟超音波(エコー)検査
…子宮全体の大きさ、卵巣の状況を把握するために膣内から撮影
・経腹超音波(エコー)検査
…妊娠12週目以降になると、おなかの上から機械をあてて広範囲に診るエコーに切り替わります
・体重・血圧測定
・尿検査
・血液検査(必要に応じて)
・問診・内診

たとえ不調を感じていなくても、妊婦検診は定められた回数を必ず受けることが重要です。

異常を見逃さないためだけでなく、妊娠中の不安やトラブルなど生活のアドバイスをもらう貴重な機会でもありますよ。

また妊婦健診での服装は、以下を参考にしてみてくださいね。

  • 経膣エコーの場合
    …フレアスカートが◎。
    パンツならゴムがゆるく脱ぎ着しやすいものを。
  • 経腹エコーの場合
    …上下セパレートタイプで、ウエストはゆるいゴムのもの。

ボトムスとショーツを脱いで診察を受けることが多い「経膣エコー」と、おなかを出して診てもらう「経腹エコー」とでは、便利な服装も変わってきますね。

いずれの場合も、マタニティウエアのようなゆったりしたものが便利です。マタニティウエアについては、記事後半で詳しくご紹介します!

続いては、日常生活で気をつけることについてご紹介します。

2-2. 日常生活で気を付けること

次に、妊娠13週目を快適に送るために、特に意識しておきたいポイントを3つご紹介します。

① むくみ対策

妊娠中はおなかの赤ちゃんに栄養を届けるために血液量が増え、その成分である水分が溜まってむくみになりやすい状態です。

またこれから赤ちゃんが大きくなるにつれて血液やリンパ液がからだを巡りにくくなり、ますますむくみやすくなります。

生活習慣や食生活で、むくみを軽くするよう工夫しましょう。

妊娠13週目のむくみ予防
・血流を良くするマッサージを行う
・寝る時は足を頭より高くして血流を促す
・水分を溜め込まないよう塩分を控える

より詳しいむくみ対策については、「足のむくみの解消法5選|今すぐできる簡単マッサージから予防法まで全解説」でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

② 急にアクティブになりすぎない

少し気分が良くなってきて、急に動いたり食べ過ぎたりしてしまいがちなのが妊娠13週目の注意。

まだつわりのぶり返しや体調不良が起こりやすい時期ですので、仕事や家事は無理せずゆっくりペースを戻していきましょう。

③ ストレスを溜めない

この時期になると、赤ちゃんがお母さんのストレスを感じとれるようになると言われています。

ストレスを感じた時に分泌されるホルモンが赤ちゃんに影響を与えるという研究結果もあるため、上手に発散しましょう。

続いて、妊娠中の食事のポイントについてご紹介します。

2-3. 妊娠中の食事について

妊娠13週目の食生活は、つわりが続いているか治まってきたかによって異なります。また、赤ちゃんが大きくなってくるとお母さんの腸が圧迫されて便秘に悩まされることも。

それぞれの状況でのポイントを見ていきましょう。

まだつわりが続いている人
食べられるものを少しずつ摂る
栄養補給を意識し、栄養価の高いゼリー飲料などを利用する
・脱水、貧血や便秘予防のためにも水分補給を欠かさない
つわりが落ち着いてきた人
体重管理を始める
・好きなものだけに偏らずバランスの良い食事を意識する
便秘が気になる人
・便をやわらかくする食べ物(海藻類・大豆製品…など)を摂る
・腸内環境を改善する食べ物(ヨーグルト・はちみつ・オリーブオイル…など)を摂る

また、おすすめの栄養素と食材は以下の通りです。

  • タンパク質
    肉類・魚介類・大豆製品・卵など
  • カルシウム
    乳製品・ひじき・干しえびなど
  • 鉄分
    レバー・しじみ・小松菜など
  • 葉酸
    菜の花・ブロッコリーなど

その他ビタミン類や食物繊維などもとりながら、バランスのいい食生活を心がけましょう。

また、別記事「妊娠中の便秘の解消法|便秘になる4つの原因からお通じをすっきりさせる方法」も参考にしてみてくださいね。

続いては、この時期の仕事のポイントについてご紹介します。

2-4. 仕事のポイント

妊娠13週目に入ると、体調はだんだんと落ち着いてくるものの、ハードな勤務状況はリスクを伴います。

ここでは、妊娠13週目の妊婦さんにとって負担が大きく、避けたい仕事や作業について見ていきましょう。

妊娠13週目の妊婦さんが避けたい仕事
・重い荷物を取り扱う
・外回りなど長く歩き続ける
・販売など立ちっぱなしが続く
・頻繁に階段を昇り降りする
・深夜残業や同じ姿勢が長時間続く

自分のからだの状態や職場環境を考えて、働き方を判断することが大事ですね。

妊娠13週頃ではまだおなかもさほど目立たず、周りからは妊婦さんだと分かりません。通勤時には「マタニティマーク」を付けるようにしましょう。

この他、さらに詳しい妊娠中の働き方については、以下を見てみてくださいね。

続いては、妊娠13週目にしておきたいことについてご紹介します。

3. 妊娠13週目にしておきたいこと

少しずつおなかが大きくなってくる妊娠13週目。いよいよ本格的にマタニティライフの準備を整える時期です。

ここでは、服装と体調管理のための準備をご紹介していきます。

3-1. マタニティウエアの準備を始める

マタニティウエアとは、妊娠中のからだの変化を妨げず、おなかの赤ちゃんとお母さんのからだを優しくサポートしてくれる下着や洋服のこと。

サイズが大きいだけではなく、機能や素材などに配慮して、サポートする役割を持っています。

マタニティインナー
産後の授乳期にも役立つデザインのものがおすすめです!

◆ マタニティブラ/ハーフトップ
…ワイヤーがなく、バストのサイズアップに対応する伸縮性の高いもの
◆ マタニティキャミソール
…吸汗性に優れ、ブラなしで楽に着られるカップ付きのもの
◆ マタニティショーツ
…おなかの上まですっぽり包み込み、冷えや圧迫から守ってくれるもの
◆ 妊婦帯/ガードル
…おなかを支えて安定させ、腰痛や冷え対策としての機能も高いもの
マタニティウエア
まずは、大きくなるおなかに対応できるボトムスから揃えるのが◎!

◆ ボトムス
…ウエストがゴムやニットなど伸縮性が非常に高く締めつけないもの
◆ トップス/ワンピース
…おなか周りをカバーするゆったりと丈が長めのもの
◆ マタニティタイツ/レギンス
…伸縮性が高く肌にやさしい素材で、おなかや足の冷え対策になるもの

◆ おすすめのオンラインショップ

外出が難しくショッピングに行けない時期には、手軽にマタニティウエアを選べるオンラインショップがとても便利です。

たくさんある魅力的なショップの中から編集部おすすめの2店をご紹介します!

① オフィス仕様もOK!ハイセンスなお母さんにおすすめ

merrier BEAMS(メリアビームス)】

人気のショップBEAMSがディレクションするマタニティ専門のEC。マタニティだけにはもったいないおしゃれなウエアや雑貨が揃っています。

関東や関西の一部では、実店舗での取り扱いもありますよ!


② コスパもファッションも大事!というお母さんにおすすめ

CHOCOA(チョコア)】

妊娠中・授乳中のお母さんのための大人のマタニティウエアが揃うオンラインショップ。トレンド満載のウエアがとってもリーズナブルに購入できます。購入した方のレビューも載っているので参考になりますね!

3-2. マタニティスポーツの準備を始める

妊娠初期は安静が第一ですが、これから安定期に向けては体調管理や気分転換のためにも、適度な運動がとても効果的です。

ここでは、人気のマタニティスポーツと始める際の注意点を見ていきましょう。自分に合ったスポーツを選ぶための参考にしてくださいね。

おすすめのマタニティスポーツ
・マタニティヨガ
…筋力作りの他、リラックス効果や出産時に重要な呼吸を整えることにも効果絶大◎

・マタニティスイミング
…運動量が大きく体力作りに効果的。むくみやストレスの解消にも最適です。

・マタニティビクス
…リズミカルな動きを楽しめるため、運動不足やストレスの解消におすすめ。

◆ スポーツの際の注意点

・事前に必ず医師に相談すること
・少しでも体調の悪い日や寝不足の日は避けること
・人混みは避けること

適度な運動は、体重管理だけでなく便秘解消にもとても効果的です。

おなかの赤ちゃんに配慮して、くれぐれも無理をしないよう上手にトライしてくださいね。

最後に、お父さんや周りができることについてご紹介します。

4. お父さんや周りができること

つわりや体調不良が落ち着いてくる妊娠13週目には、この先のマタニティライフへ向けての様々な準備が忙しくなってきます。

家事や体力的なサポートだけでなく、良き相談相手になってあげましょう。

この時期のお父さんや家族は、以下のことを意識してサポートしてあげてくださいね。

  • むくみや腰痛解消のマッサージをしてあげる
  • 家事をお手伝いして負担を減らしてあげる
  • 買い物や体力作りなど、あらゆる「出産準備」を一緒にする
  • タバコは離れたところで!

…など、
出産に向けて一緒に歩んでくれる人がいるだけで、とても心強いものです。

お母さんの精神的な安定が赤ちゃんの健康にも直結することを忘れずに、優しくいたわってあげてくださいね。

5. まとめ

いかがでしたか?他の週ではさらに詳しい情報もご紹介していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

この時期の赤ちゃんの成長やお母さんの体調については、とても個人差が大きいものです。

調べた情報と多少の違いがあっても気にしすぎず、リラックスして過ごすことも大事ですよ。

おなかの赤ちゃんと一緒に過ごせる日々を、1日1日大事にしていきましょう。