妊娠21週目にもなると、赤ちゃんの胎動などが感じられて、お母さんとしての実感が少しずつ出てきている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

赤ちゃんも生まれてくるために、どんどんと身体を成長させています。

では、妊娠20週目での赤ちゃんとお母さんの状態や生活習慣などについてご紹介していきます。

1.妊娠21週目の様子や変化

妊娠21週目の赤ちゃんは、お腹の中でとても活発に動き回るようになります。それに伴って、お母さんが日々胎動を感じる事も多くなってくる時期です。

お腹が大きくせり出し、赤ちゃんの成長は感じるものの、お母さんにとっては、お腹のハリや腰痛に悩まされる時期でもあります。

では、この時期の赤ちゃんとお母さんの状態について、詳しく見ていきましょう。

1-1.妊娠21週目の赤ちゃん

妊娠21週目の赤ちゃんは190mm~250mmの大きさ、300~450gの重さになります。

眉毛や髪の毛が生えてきたり、お腹の中での動きが活発になる時期です。

また、この時期になると明るさを感じられるようになり、寝たり起きたりのサイクルができてきます。身体だけでなく、脳の発達が急速に進む時期です。

1-2.妊娠21週目の妊婦さん

妊娠21週目の妊婦さんは、子宮底長がおよそ20~26cmになります。

この時期のお母さんの状態としては、お腹が急にせり出して腰痛が起きやすくなってきたり、妊娠線やシミなどができやすくなることが挙げられます。 

またこの時期は、

  • 中絶できる最後の週
  • 流産のリスクがグッと低くなる週

であることを把握しておきましょう。22週を過ぎると、中絶はできなくなり「早産」となります。

続いて、この週に気をつけたいトラブルについてご紹介します。

1-3.妊娠21週目のトラブル

妊娠21週目に気をつけたいトラブルに「妊娠高血圧症候群」があります。

妊娠高血圧症候群とは、妊娠によって血管に負担がかかって発症する病気のことです。 原因や症状は以下のようなものになります。

妊娠高血圧症候群
発症時期:妊娠20週以降
原因:高血圧、たんぱく尿
主な症状:急な血圧上昇

症状の多くは、妊娠末期頃に見られることが多いのですが、妊娠中期から症状が出てくることもあります。

早く発症すればしただけ重症になるリスクが高まるので、気をつけましょう。

特に、「高齢初産」太り過ぎ」「多胎妊娠」の人に起こりやすいので、当てはまる方は注意してください。

2.妊娠21週目の過ごし方

ここでは、妊娠21週目の過ごし方を、

妊娠21週の妊婦検診
日常生活で気をつけること
妊娠中の食事について
仕事のポイント

…の4つに分けてご紹介していきます。

2-1.妊娠21週目の妊婦検診

妊娠6ヶ月(23週目)までは、4週間に1回のペースで検診に行くようにしましょう。

主な検査の流れは以下の通りです。

妊娠6か月目の検査メニュー
・問診、内診、体重、血圧測定
・尿検査
・腹部超音波検査
・経腟超音波検査
・浮腫検査
・腹囲、子宮底長測定
・乳房の観察
 など

検診に必要な持ち物や、服装に関しては「2-1.妊娠20週目の妊婦検診」で詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2-2. 日常生活で気をつけること

妊娠21週目の過ごし方としては、「運動をはじめること」と「腰痛対策」を意識しはじめてみましょう。その理由や効果についてご紹介していきます。

◆運動をはじめる

出産にはかなりの体力を使うため、安定期に入るこのくらいの時期から、適度な運動運動で体力をつけておきましょう。

また、運動をすることで

  • 運動不足の解消
  • 体重増加の管理
  • むくみ、腰痛、便秘

などの改善ができます。妊婦さんにおすすめなのは、以下のような運動があげられますよ。

妊娠中におすすめの運動
・マタニティヨガ
・妊婦体操
・マタニティスイミング(20週から!)
・ウォーキング

妊娠中に体を動かすのは良いことですが、すべての妊婦さんに当てはまるとは限りません

「切迫流産」「切迫早産」「前置胎盤」など、場合によっては運動禁止や安静が必要な状態である場合もあります。

どんな運動をするときも、まずは検診の際に主治医の先生に相談してから始めるようにしましょう。

◆腰痛の対策方法

お腹がせり出してくるこの時期には、背中が反りがちになるため、腰痛を引き起こしやすくなります。

  • 猫のポーズ
  • シムス位

などは、手軽にできるのでおすすめです。
また、抱き枕を抱えて眠ったり骨盤ベルトをつけるだけでも、傷みを改善することができます。

腰痛以外にも、紫外線対策・妊娠線ケア・乳頭マッサージも、引き続き行っていきましょう。

中でも妊娠線ケアについては予防が大切になるため別記事の「おすすめの妊娠線クリーム9選|しっかり予防するための正しい使い方と選び方」にて詳しい予防法をチェックしてみてくださいね。

2-3. 妊娠中の食事について

体重管理が必要なこの時期には、カロリー管理も大きく関わってきます。

  • 葉酸
    …鶏レバー、枝豆など
  • タンパク質
    …肉類、卵、大豆製品など
  • カルシウム
    …乾燥ひじき、干しエビなど

…といった栄養素をバランスよく三食摂っていきましょう。また刺身や生卵などの生ものや、アルコールなどは絶対に控えるようにしてくださいね。

また以下のようなカロリーダウン方法などもとりいれて調理しましょう。

カロリーダウンのコツ
フッ素加工のフライパンを使うようにする
ノンオイルのドレッシングを使うようにする
③ 肉などは脂を落として食べるようにする

しかし、食欲が増す妊婦さんばかりではないですよね。食欲が落ちてしまう妊婦さんもいらっしゃる方もいると思います。

そのような方は無理をせず、食べられるものを食べられるときにとりましょう。喉を通りやすいおかゆや茶碗蒸しなどから食べ始めてみてください。

詳しくは「知っておきたい妊娠中の食事とルール|おすすめ&NG食品から外食のコツまで」をチェックしてみてくださいね。

続いては、妊娠21種の仕事のポイントをご紹介します。

2-4. 仕事のポイント

仕事を続けている妊婦さんは、安定期に入って通勤に安心と余裕が出てきたころではないでしょうか。

しかし、油断は禁物です!万が一のことを考えて、きちんと注意して通勤しましょう。

通勤時のポイント
①車・自転車での通勤はNG
②電車やバス通勤では遠慮せずに座らせてもらう

通勤ラッシュ時には人に押されて転倒する恐れなどがあるので、なるべく空いている時間に出勤するようにしましょう。

自宅から職場が近ければ、徒歩通勤もおすすめです。運動不足の解消や、体重管理にも効果的です!

続いて、妊娠21週目にしておきたいことをご紹介します。

3.妊娠21週目にしておきたいこと

妊娠21週目には、歯科検診に行ってみたり、乳頭マッサージを始めてみたりすることを心がけてみましょう。

また、マタニティウェディングを考えている妊婦さんは、安定期の6ヶ月目頃に行うのがおすすめです。

マタニティウェディングは、通常の結婚式準備とはちがい、ドレス→式場の順番で決めていきます。

◆ドレス選び

マタニティドレスは、通常のウェディングドレスに比べて数が少ないです。ですので、式場よりも先にドレス選びからはじめましょう。

妊婦さんには、

  • Aライン
  • プリンセスライン
  • エンパイアラインドレス

などの比較的お腹が目立たないデザインがおすすめです。

詳しくは別記事の「ウエディングドレスの選び方|4つのポイントで自分に似合うドレスを見つける方法」を参考にしてみてください!

◆式場選び

マタニティウェディングの式場選びでは、以下の2点をチェックしてみてください。

式場選びのポイント
①マタニティウェディングになれている式場
②短期間で式が挙げられる

マタニティウェディングに慣れている式場であれば、万が一体調不良になってしなったときも安心です。

また、短期間で式が挙げられるので、妊婦さんの体にも負担になりにくいのがよいところです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後に、この時期のお母さんに、お父さんや周りがしてあげられることについてご紹介します。

4.お父さんや周りができること

家事や育児を手伝ってあげて妊婦さんの負担を減らしてあげましょう。

  • 買い物
  • ゴミ捨て
  • 皿洗い

…をはじめとして、立ちっぱなしになる家事や重いものを持たなければならない家事などはお父さんがサポートできるといいですね。

また、マタニティウェディングをする夫婦は、お父さんが率先して式の準備をしてあげると妊婦さんのからだにも負担がかからず、気持ちも楽になるでしょう。

5.まとめ

今回は、妊娠21週の赤ちゃんや妊婦さんの症状に加え、マタニティウェディングなどについても触れてきました。

この時期についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんに会えるまでもう少しです。ストレスをため過ぎずに、ご自身の身体のケアも大事にしていきましょう!