妊娠9ヶ月と2週目にあたる33週目は、子宮が大きくなり、赤ちゃんの内臓器官がほぼ完成する時期です。

お母さんは、後期つわりに悩まされたり、腰痛など身体の不調から精神的に不安定になる方も多いようです。

そこで今回は、

・妊娠33週目の赤ちゃんとお母さんの様子
・日常生活のポイント

…などを詳しくご紹介します。今のうちにやっておきたいことも多数ご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

1. 妊娠33週目の様子と変化

妊娠33週目は「妊娠後期」と呼ばれる時期です。

赤ちゃんは、よりふっくらとした赤ちゃんらしい姿となり、肺機能が整い全ての内臓器官が完成します。

お母さんは、赤ちゃんの頭が骨盤に入り込むため、足の付け根に圧迫感を感じたり、腰痛に悩まされるようになり、夫や家族の協力がますます必要になる頃です。

では、この時期の赤ちゃんとお母さんの状態について、詳しく見ていきましょう。

1-1. 妊娠33週目の赤ちゃん

この頃の赤ちゃんは、生まれてきても外の環境に適応できる状態までに発育し、身長約44〜45cm、体重1600~2300g程度に成長します。

見た目は新生児とほとんど変わらず、肺機能が整い、骨格がほとんど出来あがります。

羊水量が最大となり、子宮に浸かっているような状態です。胎児の手や足の形がお母さんのおなかに見えることもあるでしょう。五感がほぼ完成し、体温調整機能、免疫メカニズムも機能し始めます

1-2. 妊娠33週目のお母さん

赤ちゃんの成長に合わせて、子宮はバスケットボールほどに大きくなります。子宮底が26.8〜30.8cmになり、子宮がみぞおちのあたりまで上がってくるため、後期つわりに悩まされる人も多いようです。

おなかを支えようと反った姿勢をしたり、同じ姿勢を長時間続けると、腰や背中・足の付け根・恥骨などに痛みを感じるので、休息をとりながら生活することをおすすめします。

他には、次のような症状が現れることもあります。

妊娠33週目に現れる症状
◆腰痛や背中、恥骨の痛み
・子宮が大きくなり腰痛や背中に負担がかかり、赤ちゃんの頭が骨盤に入り込むため、恥骨や足の付け根に痛みを感じるようになります。

◆睡眠不足
・女性ホルモンの影響や頻繁にお腹が張るため、熟睡できなくなります。休める時に横になり、少しでも睡眠を取るようにしましょう。

◆体重増加
・体重が最も増えやすい時期です。産道に脂肪がつくと難産や帝王切開になる可能性も。食生活に気をつけて体重を毎日チェックしましょう。

他にも、腰痛や貧血に悩まされたり、切迫早産などのマイナートラブルが起こりやすいのもこの頃の特徴です。

続いて、この時期に気を付けたいトラブルについてご紹介します。

1-3. 妊娠33週目のトラブル


妊娠33週目に起こりやすいトラブルについてご紹介します。

トラブル① 前駆陣痛

この頃から、お母さんは不規則なお腹の張りを感じることが多くなります。

これは「前駆陣痛」と呼ばれる子宮の収縮で、痛みの強弱が安定せず、安静にしていると痛みが和らいでくるのが特徴です。

前駆陣痛以外に破水やおしるしなど他の症状が見られない場合は、慌てずに横になり、痛みが引くかどうか様子を見て対処するようにしましょう。

本陣痛の場合は感覚が短く規則的で、だんだんと痛みが増していきますよ。

破水や出血を伴う「切迫早産」では破水や出血を伴いますので、病院に連絡しましょう。


トラブル② 逆子

この時期までに逆子が直らないと帝王切開になる可能性が高まります。

逆子を治す方法として、お灸・鍼・整体、医師が行う外回転術などの方法がありますが、自宅でできる逆子体操がおすすめです。

詳しい逆子体操の方法については、記事下部でご紹介いたします。

まだ逆子が治る可能性は十分にありますので、諦めないでくださいね。病院と相談しながら、赤ちゃんと一緒にがんばりましょう。

万が一の帝王切開に備える
いざ帝王切開となる場合に備えて、健康保険や医療保険の確認をしておくと安心です。様々な給付や返金が受けられる可能性があるので、医師と相談して書類を備えておきましょう。

また、この時期に多い後期つわり」「妊娠高血圧症候群などにも気を付けましょう。

続いて、妊娠33週目の過ごし方についてご紹介します。

2.妊娠33週目の過ごし方


妊娠32週目はどのように過ごすと良いのか、

…といった順番で見ていきましょう。

2-1.妊娠33週目の妊婦健診

妊娠9ヶ月の妊婦健診は、32週と34週の2週に1回のペースで行われます。

33週は内臓器官で一番最後に完成する肺が機能するようになる時期で、早産になっても障害なく過ごせる場合が殆どです。五感が発達し、味覚も感じるようになってきます。

33週以降は、羊水検査・エコー検査で、ダウン症の可能性を示唆される場合もあります。また、出産方法を決める時期もこの頃です。

詳しくは、34週目の妊婦健診で記述しますので、参考にしてくださいね。

2-2.日常生活で気を付けること

腰痛や恥骨痛などの不調に悩まされるこの時期に、妊婦さんが日頃から気をつけたいポイントをご紹介します。

ポイント① 転倒に注意

お腹が前に出てくるので、今まで以上に足元が見えにくく、全身のバランスが取りづらくなるため注意が必要です。

・高いヒールはNG!階段や段差に注意しましょう。
・階段の上り下りはゆっくりと。
・足の爪切りや靴下を履くなど、夫や家族のサポートを得る


といったことに気をつけて、安全に衛生的に過ごしてくださいね。

慌てて動いたり、急に立ち上がるのも危険です。普段よりゆっくりと足元に気をつけて行動するようにしましょう。

ポイント② 仰向けで寝ない

前駆陣痛に悩まされたり、腰痛、恥骨痛、お腹の張りや痛みが出る頃です。
胸やお腹が圧迫されると、より痛みを増長してしまう恐れもあるため、楽な体位で休むようにしましょう。

ポイント③軽めの運動をする

後期つわりに悩まされるお母さんがいる一方で、食欲が止まらないという逆の悩みを抱えるお母さんもいます。

この頃はもっとも体重が増えやすい時期なので、体重管理に気をつけましょう。栄養バランスのとれた食事を心がけなから、ウォーキングなど軽い運動を心がけましょう。

妊娠後期や臨月でもできるおすすめの運動には以下のようなものがあります。

◆ウォーキング
有酸素運動なので20〜30分歩くことで、脂肪燃焼効果が高まります。また、肩こりや腰痛、便秘の改善にも効果的です。
◆マタニティヨガ
身体のバランスを整える他、こわばった筋肉をほぐしてくれるリラクゼーション効果も。教室に通わなくても自宅でDVDを見ながら楽しめます。
◆マタニティビクス
全身運動のため、出産に向けた体力づくりや呼吸法の習得にも役立ちます。また、産後の身体の回復もスムーズです。
◆マタニティスイミング
専門のインストラクターの指導で、リズムに合わせて無理のないエクササイズを行います。産後の体型を戻すためにも効果的です。

などです。体調と相談しながら、自分にあった運動を心がけましょう。

ポイント④体重管理に気をつける

28週以降は1週間に+500gまでにとどめるとよいでしょう。
妊娠全期間の体重増加の目安は、妊娠前のBMI(肥満指数)から算出して、

BMI18.5未満:+9~12kg
BMI18.5以上25.0未満: +7~12kg
BMI25.0以上: +5kg

※算出方法は、BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

に止めましょう。

食べたいものを我慢したり無理な食事制限をするのではなく、無理のない範囲での体重管理を心がけましょう。

毎日体重計に乗り、日々の体重をチェックするだけでも意識が変わり、増加ペースがわかるのでおすすめです。

2-3. 妊娠中の食事について


妊娠後期はお腹の赤ちゃんへ栄養を供給するため、少し食べ過ぎただけでも体重が増えてしまいます。

とはいえ、厳しい食事制限は赤ちゃんの成長をさまたげることになるため、1日2,000~2,250kcalを目安に栄養バランスのとれた食事に加えて、

  • 薄味を意識する
  • 栄養バランスを意識した食事をとる

…ということを心がけましょうね。

妊娠中に積極的に摂りたい栄養素は以下のとおりです。

積極的に摂りたい栄養素
《たんぱく質》
・動物性たんぱく質(牛肉など)
・植物性たんぱく質(豆腐・納豆など)
…赤ちゃんが大きくなる時期なので、良質なたんぱく質をバランスよく。
《DHA》
・アジ・サバ・サンマなど
…赤ちゃんの脳や眼といった神経細胞が増える時期。青魚に多く含まれるDHAを摂る。
《食物繊維》
・ひじき、ワカメ、昆布、キウイ、モロヘイヤなど
…後期になりやすい便秘対策に
《​鉄分》
・鶏レバー、枝豆、モロヘイヤなど
…後期になりやすい貧血対策に

後期つわりがひどく、食が細くなっている方は、1回の量を減らして回数を増やすなど、食べられる時に栄養をしっかりと摂るようにしましょう。

◆NG食材とカロリーに注意

過剰な体重増加は、お産のトラブルにつながることがあります。高カロリーな食品は控え、体重管理をしっかりとしましょう。

特に、

  • 糖質の多いもの
    …菓子パン、麺類、ジュース類など
  • 脂質の多いもの
    …洋菓子、ベーコンやサラミ、揚げ物など

は、高カロリーのため控えましょう。家事が辛い時期なので、外食や市販のお惣菜に頼る場合は、メニュー選びに気を配ることをおすすめします。

NG食材
◆生もの
・お刺身や生魚など火を通していないものはNG
・特に水銀の濃度が高いマグロは特にNG!
◆アルコールやカフェイン
・赤ちゃんの脳や体づくりに悪影響を及ぼします
・ノンカフェインの紅茶やルイボスティーに変えましょう

もっと気をつけたい食品について知りたい方は、「知っておきたい妊娠中の食事とルール|おすすめ&NG食品から外食のコツまで」のNG食品で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

続いては、いよいよ産休に入る妊娠中の仕事についてご紹介します。

2-4.仕事のポイント

産休に入る時期について、法律では、以下のように定められています。

◆「産前休業」
・出産前に取得できるお休みのことで、出産予定日を基準として6週間前から利用することができる。双子など、多胎妊娠の場合は14週間前から産前休業を取得すること可能。
◆「産後休暇」
出産後8週間までは、事業主は女性を働かせることができない。

多くのおかあさんは、出産日の6週間前にあたる妊娠34週目から産休に入る方が多いのではないでしょうか。

仕事の引き継ぎを済ませ、円満に産休に入れるようにしましょう。上手な引き継ぎのポイントは以下の通りです。

  • 後任者が決まる前から引き継ぎの準備をはじめる
  • 業務フローや引き継ぎマニュアルを作る
  • 戻ってくる前提で引き継ぎをする

妊娠中は体調を崩しがちなので、産休をとるのであれば、余裕を持って準備に取り掛かりましょう。

★先輩ママからのアドバイス

妊娠33週赤ちゃん人気おすすめランキング
先輩ママA子さん
COMMENT
後任者がなかなか決まらず、時間があまり取れなかったのですが、事前に日常の業務を書き出しておいたので、引き継ぎがスムーズにできました。
産休明けに、戻ってきた時のことを考え、後任者に「仕事のやり方で気になることがあれば伝えてね」とお願いしておいたので、日頃の業務の携わり方を見直す機会にもなりました。

また、職場の方へのさり気ない心配りとして差し入れをしておくなど、デキる女性を印象づけておくのもおすすめです。

◆保育園探しをしましょう

産休、育休後に仕事に復帰するために、保育園探しをしておきましょう。

居住区の市区町村が認可している認可保育園のほか、無認可の保育園も視野に入れて探しておくことをおすすめします。待機児童が多い地域は、居住区や最寄駅以外でも預けやすい場所で探しておくとよいでしょう。

続いて、この時期にしておきたいことについてご紹介します。

3. 妊娠33週目にしておきたいこと

ここでは、妊娠33週目にしておきたいことをご紹介します。

◆里帰りをする(里帰り先での受診を済ませる)

里帰り出産をする人は、里帰り先の病院を受診しましょう。病院によっては、検診の手順や入院準備などが異なる場合もあるので、早めに受診しておくことをおすすめします。


◆逆子体操

この週までに逆子が直らない場合、帝王切開の可能性が高くなりますが、まだ、逆子が治る可能性は十分にありますので、諦めないでくださいね。

ここからは、逆子体操の方法についてご紹介します。

逆子体操の方法
◆胸膝位(きょうしつい)
うつぶせになるスタンダードな体操です。両膝を軽く広げてうつぶせになり、太腿が床に直角になるように、腹部を緩めておしりをできるだけ高く持ち上げて15分〜20分維持します。
◆側臥位(そくがい)
もっとも簡単なのがこの方法です。シムスの姿勢で、赤ちゃんの背中が上を向くようにして横向きで休みます。検診の時に赤ちゃんの位置を確認しておきましょう。
◆仰臥位(ぎょうがい)
仰向けになる体操で、ブリッジ法とも呼ばれます。腰を床から高さ30~35cmくらいになるように、腰の下にクッションか枕をあて仰向けになり約10分維持します。慣れない場合は2〜3分から、一日2回がベストです。

胸膝位、仰臥位での逆子体操の後は、シムズの姿勢で横向きになりお休みしてください。

その時、赤ちゃんの背中が上になるように横向きになりましょう。向きがわからない場合は、病院で確認してくださいね。

最後に、お父さんや周りができることについてご紹介します。

4. お父さんや周りができること 

この時期のお父さんや周囲の家族・知人にできることについてご紹介します。

◆重い荷物ややりづらいことをサポート

この頃のお母さんは、後ろから支えてあげたくなるほどお腹が大きくなります。

重い荷物や大きな買い物をするときは、旦那さんや周囲が積極的に協力しましょう。夫と一緒にベビーグッズを選んで買うのも楽しいですよ。

また​家事や生活においても、布団の上げ下ろしはもちろん爪切りや靴下を履くこと、お風呂掃除なども大きなお腹がつかえてできなくなる頃です。

できるだけ配慮しながら、負担を軽減してあげましょう。

◆マッサージをしてあげる

33週目のお母さんは、腰痛や背中の痛みなど、身体の不調を訴えがちです。腰をさすってあげる、足をマッサージしてあげるなど、できるだけ身体の負担を和らげてあげてください。

◆話を聞いてあげる 

お母さんは、出産を間近に控えるだけでなく、産休や里帰りなど環境の変化で気持ちが不安定になりがちです。ただ話を聞いてもらうだけでも不安が和らぎます。

また、父親となるお父さんも不安を感じています。お互いに話し合うことで、不安を和らげ、赤ちゃんを迎える心構えをしましょう。

◆里帰りの場合は、妻との連絡をマメにとる

里帰り出産の場合は、妻を実家まで送るようにしましょう。

とくに遠方の場合は、途中の交通機関や妊婦さんの身体に何が起こるかわかりません。どうしても、夫が付き添えない場合は、家族や代理の人に頼んで送ってもらうと安心です。

また、里帰りをした後は、お母さんだけでなく、夫も環境が変わって不安になりがちです。マメに電話をしたり、メールでやりとりするなど、お互いに連絡を取り合うようにしましょう。

5.まとめ

妊娠33週目のお母さんのための特集はいかがでしたか?ここで、妊娠33週目で押さえるべきポイントをまとめました。

【注意すべきトラブル】
・腰痛や背中、恥骨の痛み
・睡眠不足
・お腹の張り
・体重増加
【日常生活のポイント】
・転倒に注意
・仰向けで寝ない
・軽い運動
・体重管理
【32週目にしておきたいこと】
・里帰りをする(里帰り先での受診を済ませる)
・逆子体操
【仕事のポイント】
・産休に入る時期は?
・保育園探し

この時期についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

体調が不安定な時期ですが、赤ちゃんに会えるまでもうすぐです。周囲の協力を仰ぎながら乗り越えましょう。