妊娠37週からは「正産期」と呼ばれる時期に入ります。

いつ陣痛が始まっても良いように、入院の準備をしておきましょう。

出産予定日が近づいてくるとお母さんはナーバスになることもあるかもしれませんが、しっかり準備して安心して出産の日を迎えたいですね。

ここでは、

  • 妊娠37週の赤ちゃんとお母さんの体の様子
  • 出産のサインと入院準備
  • 臨月の妊婦検診
  • 出産前に準備しておきたいこと

 についてわかりやすく解説していきます。

初めての出産で不安なお母さんのためにもわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事内の情報は一般的な知識であり、症状の自己判断を促すものではありません。気になる症状がある場合、まずは医療機関に相談しましょう。

1.妊娠37週の赤ちゃんとお母さん

妊娠37週から41週までを正産期といいます。

赤ちゃんもお母さんも出産に向けて準備が始まります。

気になる出産のサインもしっかりチェックしておきましょう。

1-1.妊娠37週の赤ちゃんの様子

妊娠37週の赤ちゃんは、お腹の中で身長47~49㎝、体重は2200~3000gくらいにまで成長しています。

体の器官はほぼ完成し、皮下脂肪もついてきていつ産まれてもいい状態になっています。

骨盤への移動
赤ちゃんは妊娠37週頃から手足をたたんで体を丸くし、徐々に骨盤の中に入っていきます。胎動が少なくなりお腹がだんだん下がってきたら、赤ちゃんが出産に向けて準備を始めたサインです。

続いて、妊娠37週のお母さんの様子を見ていきましょう。

1-2.妊娠37週のお母さんの様子

出産が近づいてくると、お母さんの体は準備を始めるようになり子宮口が少しずつ開いてきます

臨月になると、お腹の張りも頻繁に起こるようになります。

また、子宮が大きくなり赤ちゃんが重みが増すことで、お母さんは次のようなマイナートラブルに悩まされることがあります。

臨月のマイナートラブル
・腰痛
・頻尿
・恥骨や足の付け根の痛み
・足がつる(こむらがえり)
・むくみ
・胃もたれ
・不眠

また、出産が近づいてくると、「出産まであと少し」ということをお母さんに知らせるサインが出始めます。

いつ産まれてもいいように、下記の出産のサインを確認しておきましょう。

出産のサイン 詳細
前駆陣痛 子宮が収縮して不規則に痛みを感じます。すぐに痛みが引くならまだ本格的な陣痛ではありません。
おしるし 赤ちゃんを包む卵膜と子宮の壁がこすれて少量の出血が起こります。おしるしがないまま陣痛が来ることも。
陣痛 赤ちゃんを外に押し出そうと子宮が収縮します。痛みの間隔が短く規則的になってきたら本格的な陣痛の始まりです。
破水 卵膜が破れて羊水が流れ出ます。通常は陣痛の後に破水しますが、陣痛より先に破水してしまう場合もあります。


前駆陣痛については、「妊娠36週のお母さん」でも詳しく解説していますので一度チェックしてみて下さいね。

おしるしは出産の数日前~前日に見られることが多いため、慌てて病産院に行く必要はありません。

陣痛や破水の場合は迷わず病産院に連絡しましょう。

破水を見極めるポイント
・尿漏れのようにチョロチョロと温い水が出る
・意識しても止められない

上記の場合は破水している可能性が高いです。慌てずナプキンかタオルをあて、入院の準備をして車やタクシーで病産院に向かいましょう。

続いては、妊娠37週目に起こりがちなトラブルをご紹介します。

2.妊娠37週のトラブル

ここでは、妊娠37週目に出てきやすいトラブルを2つご紹介します。

トラブル①前期破水

通常は

  1. 陣痛が起こる
  2. 子宮口が全開近くまで開く
  3. 破水

という順番で破水しますが、陣痛前に何らかの刺激で卵膜が破れて破水してしまうことを「前期破水」といいます。

赤ちゃんの細菌感染が心配なので、破水していると感じたらすぐに病産院に連絡しましょう。

トラブル②
常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

胎盤は出産後にはがれるのが通常ですが、まれに胎児がまだお腹の中にいるうちに子宮からはがれてしまうことがあります。

これを「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」といい、母子ともに危険な状態になる重大なトラブルです。

常位胎盤早期剥離の場合はほとんどが帝王切開分娩となります。

こんな時はすぐに病院へ

・お腹がカチカチにかたくなる
・腹部への激痛
・持続的に出血がある
※おしるしとは異なる、さらさらとした鮮血かたまりを伴う出血

発見が早ければ早いほど、無事に生まれる可能性は上がります。

少しでも兆候が見られたときは自己判断せず、すぐに病産院を受診してくださいね。緊急の場合は救急車を呼びましょう。

続いては妊娠37週目の過ごし方のポイントをご紹介します。

3.妊娠37週の過ごし方

いよいよ出産が近づいてくると、ドキドキ不安に感じることも多いですよね。

安心して出産の日が迎えられるよう、準備をしっかり進めておきましょう。

この時期の過ごし方を、

の3つに分けて解説していきます。

3-1.妊娠37週の妊婦検診

臨月からは、妊婦検診も週に1回のペースで行われるようになります。

出産や体調のことで不安に感じていることがあったら、医師に相談しておきましょう。

主な検診内容は次のとおりです。

妊娠37週目の妊婦健診メニュー

◆基本検査

・問診、触診、内診
・体重/血圧測定
・腹囲/子宮底長測定
・尿、むくみ検査
・超音波検査

◆妊娠後期の検査
・NST(ノンストレステスト)
…分娩監視装置を用いて赤ちゃんが分娩に耐えられるかを調べる
・血液検査
…血糖値や貧血、感染症の有無を調べる
・GBS(B群溶血連鎖球菌)
…妊婦さんが菌を保有している場合は感染防止の措置を行う
・骨盤X線検査
…「児頭骨盤不均衡」が疑われる場合は医師の判断により行う

NST(ノンストレステスト)や骨盤X線検査で異常が確認された場合は「帝王切開分娩」になることがあります。

持ち物については別記事の「妊娠8週目の妊婦検診」でも詳しく説明していますので、一度チェックしてみてくださいね。

続いては、外出時に注意してほしいポイントをご紹介します。

3-2.外出時の注意点

出産予定日が近づいてくると

「もし外出時に突然陣痛が来たら…」

と不安に感じてしまいますが、いつ出産が始まっても対応できるようにしっかり準備しておけば大丈夫です。

家でじっとしているよりは、外に出たほうが気分転換もできて体重増加の解消にもなりますよ。

外出するときは、次のものを常に持ち歩くようにしましょう。

外出時の持ち物
・母子手帳・健康保険証
・病院の診察券
・携帯電話
・緊急時のタクシー代
・生理用ナプキン

もし急に病産院に行くことになっても大丈夫なように入院準備をバッグに詰めて置いておき、家族といつでも連絡が取れるようにしておきましょう。

入院に必要な持ち物については「妊娠36週目の出産準備のポイント」でも詳しく解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

次の章では、持ち物以外に準備することをご紹介します。

3-3.出産前に準備すること

入院に必要なものが準備できたら、次は出産当日をシュミレーションしてみましょう。

◆緊急連絡先を確認

  • 夫や両親の携帯が繋がらない
  • 夜間や緊急時

の出産の場合を考えて、緊急連絡先を夫婦で確認しておきましょう。

確認しておくべき緊急連絡先
・お互いの実家
・タクシー会社※何社か控えておくと安心です
・夫の職場
・両親が働いている場合、両親の職場
・病産院・夜間受付の連絡先
・頼れる姉妹・兄弟または友達

これらをあらかじめ共有して、いつでも連絡できるようにしておけば安心です。

◆産院での問診の準備

妊婦検診や出産当日に、体調のことをいろいろ聞かれることがあります。

日頃から以下のような体調の変化に耳を傾け、確認しておきましょう。

妊婦検診で質問されること
・お腹の張りはどうか
・夜は眠れているか
・出血など体のトラブルはないか
・産後世話してくれる人はいるか
…など

また、出産や産後の赤ちゃんのことなどで医師に質問したいことがあれば、質問内容を準備しておきましょう。

出産方法や呼吸法については「36週目の安産のためのポイント」でもご紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

次は、安産のためのエクササイズをご紹介します。

4.安産のためにしておきたいこと

安産のためには、

  • 股関節を柔らかくする
  • 体力・筋力をアップする
  • 体重が増えすぎないようにする

…などが大切です。

臨月でもできる安産エクササイズをいくつかご紹介します。

骨盤底筋を鍛えたり、股関節を柔らかくして、スムーズにお産が進むようにしておきましょう。

①骨盤底筋を鍛えるエクササイズ

  • 妊娠37週目人気おすすめランキング赤ちゃん
手順

①仰向けに寝て手のひらを床につけ、膝を立てます
②肛門に力を入れて、ゆっくりと息を吐きながら持ち上げます。
③腰が上がり切ったら一休みして、またゆっくり息を吐きながら腰を落とします。

骨盤底筋は骨盤を支える大切な筋肉です。鍛えておけば、産後の尿漏れ・緩みといったトラブルの予防にもつながりますよ。

◆股関節を柔らかくするポーズ

  • 妊娠37週目人気おすすめランキング赤ちゃん

股関節が広がると、産道がゆるんでお産がスムーズに進みやすくなります。

手順
あぐらをかいて、股関節を開きます。
★下にバスタオルなどを敷いて、辛くない程度に前かがみになるののもおすすめです。

安産エクササイズはできれば毎日続けましょう。

お腹の張りがあるときや体調が悪いときは無理をしないようにしてくださいね。

次の章では、37週目のお母さんにお父さんや周りの人がしてあげたい事をご紹介します。

5.お父さんや周りができること

ここでは、出産が近づき不安でいっぱいのお母さんのために、お父さんや周りの人がしてあげたいことを紹介します。

①入院中のことを話し合う

いつ出産が始まってもいいように、入院中にすることをお母さんから引き継いで確認しておきましょう。

  • 入院中に必要なもの
  • 退院時に必要なもの
  • 退院時の支払いの費用
  • 印鑑の保管場所
  • 日常生活に必要なルール
    (ゴミ出しや回覧板など)

…など、チェックしておくべきことは意外と沢山。お産が始まる前にお母さんからいろいろ聞いて確認しておきましょう。

②ベビー用品の買い出し

お母さんと一緒にゆっくり買い物できるのもあと少し。出産が近づいてナーバスになりがちなお母さんの気分転換にもなるので、

  • 赤ちゃんのおむつ
  • 肌着
  • 哺乳瓶

など、足りないものがあれば一緒に買い物に出かけましょう。

③予定日近くの仕事の調整・確認

出産予定日の頃の仕事の調整を早めにしておきましょう。

出産当日や産後に休みをもらう場合は、上司や職場の同僚への仕事の引継ぎが必要になることも。周囲の人たちにも協力をお願いしておきましょう。

緊急時に備えてこまめな連絡を
緊急時に備え、両親や義両親など出産当日に連絡を取りたい相手とこまめに情報を共有して、いつでも連絡が取れるようにしておきましょう。

また、上にお子さんがいる方は

  • 幼稚園や保育園のお迎え
  • 習い事の時間

などを入院中にどうするのか、必要なことを伝えておきましょう。

6.まとめ

いかがでしたか?

この時期についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

出産予定日が近づいてくるといろいろ不安に感じることも多いですよね。

ズッシリと体も重くなり、寝苦しかったりつらい症状を感じることもあるかもしれませんが、赤ちゃんと会える日まであとわずかです。

不安や悩みは周りに相談し、リラックスした気持ちであと少しのマタニティライフを楽しんでくださいね。

 

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。