妊娠40週はもういつ出産が始まってもおかしくない時期。

いつ陣痛が来るのか、まだ陣痛が来ないけど大丈夫か…毎日ドキドキしながら過ごす日々が続きますね。

ここでは、妊娠40週の赤ちゃんとお母さんの様子のほか、

  • 日常生活のポイント
  • 陣痛から入院までの流れ
  • 出産の進み方と陣痛を乗り切るコツ

…について詳しく解説していきます。

赤ちゃんとの対面まで、あと少しです。心の準備をしながらリラックスして、出産の日を迎えましょう。

※本記事内の情報は一般的な知識であり、症状の自己判断を促すものではありません。気になる症状がある場合、まずは医療機関に相談しましょう。

1.妊娠40週の赤ちゃんとお母さん

いよいよ迎えた出産予定日。

この時期のお母さんは「早く産まれてほしい!」という気持ちが大きくなっているのではないでしょうか。

お産は人それぞれ、赤ちゃんのペースで出産の準備を始めるので、少しくらい予定日を過ぎていてもあまり気にしなくて大丈夫です。

妊娠41週6日目までであれば、出産予定日を過ぎることはよくあることです。

焦らずリラックスして陣痛を待ちましょう

1-1.妊娠40週の赤ちゃん

この時期の赤ちゃんの大きさは約50㎝、体重は2800~3500gほど。

体の成長は完了し、もういつでも外に出られる状態です。

  • 髪がしっかり生える
  • 口周りの筋肉が発達
  • いつでも声が出せる

など、新生児と同じ姿になっています。

赤ちゃんは骨盤の中に入り、あごを胸につけて手足を折りたたみ体を丸くして出産の準備をしています。

続いては40週目のお母さんの様子を見てみましょう。

1-2.妊娠40週のお母さん

妊娠40週のお母さんも、もういつ陣痛が始まってもおかしくない状態です。

赤ちゃんの頭が下がって骨盤に収まるようになるので、恥骨や足の付け根に痛みを感じ、腰痛など体にかかる負担が大きくなります。

赤ちゃんが骨盤に下がってくるため胃の圧迫感は軽くなり、胎動が落ち着いてきたと感じることも多いようです。

妊娠40週目の妊婦さん
この時期は少し動いただけで頻繁にお腹が張るようになります。不規則な強い張り前駆陣痛なので、痛みが治まるまで静かに体を休めましょう。

前駆陣痛については、「妊娠36週のお母さん」でも詳しく解説していますので一度チェックしてみて下さいね。

また、次の出産のサインもしっかり確認しておきましょう。

出産のサイン 詳細
おしるし 赤ちゃんを包む卵膜と子宮の壁がこすれて少量の出血が起こります。おしるしがないまま陣痛がくることも。
陣痛 赤ちゃんを外に押し出そうと子宮が収縮します。痛みの間隔が短く規則的になってきたら本格的な陣痛の始まりです。
破水 卵膜が破れて羊水が流れ出ます。通常は陣痛の後に破水しますが、陣痛より先に破水してしまう場合もあります。


おしるしは出産の数日前~前日に見られることが多いため、慌てて病産院に行く必要はありません。

陣痛や破水の場合は迷わず病産院に連絡しましょう。

破水を見極めるポイント
・尿漏れのようにチョロチョロと温い水が出る
・意識しても止められない

上記の場合は破水している可能性が高いです。慌てずナプキンかタオルをあて、入院の準備をして車やタクシーで病産院に向かいましょう。

続いてこの時期に起こりやすいトラブルをご紹介します。

2.妊娠40週のトラブル

妊娠40週目に気を付けたい4つのトラブルについてご紹介します。

トラブル①前期破水

陣痛が起こる前に卵膜が破れて破水することを、「前期破水」といいます。

少しでも破水していると感じたら、病産院へ連絡しましょう。

また、細菌感染のリスクがあるので前期破水の場合は入浴は避けてください。

破水かどうか迷ったときも、まずは病産院に連絡しましょう。

トラブル②微弱陣痛

「微弱陣痛」とは、

  • 陣痛が弱い
  • 陣痛の時間が短い

など、赤ちゃんを押し出す力が足りない状態のことです。こうなると、陣痛促進剤を使いお産を進めます。

陣痛促進剤の使用
微弱陣痛の場合、陣痛促進剤を使って人工的に強い陣痛を起こして出産を進めます。それでも出産が長引いて、経膣分娩が難しいと判断された場合は分娩中に帝王切開分娩に切り替えられます。

トラブル③
常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

胎盤は出産後にはがれるのが通常ですが、まれに胎児がまだお腹の中にいるうちに子宮からはがれてしまうことがあります。

これを「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」といい、母子ともに危険な状態になる重大なトラブルです。

常位胎盤早期剥離の場合はほとんどが帝王切開分娩となります。

こんな時はすぐに病院へ

・お腹がカチカチにかたくなる
・腹部への激痛
・持続的に出血がある
※おしるしとは異なる、さらさらとした鮮血かたまりを伴う出血

発見が早ければ早いほど、無事に生まれる可能性は上がります。

少しでも兆候が見られたときは自己判断せず、すぐに病産院を受診してくださいね。緊急の場合は救急車を呼びましょう。

トラブル④
児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)

頭がお母さんの骨盤より大きい場合、赤ちゃんは骨盤を通って産まれることができません。

この状態を「児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)」といいます。

経膣分娩が難しい場合
産婦人科でX線検査をして、経膣分娩が難しいと判断された場合は帝王切開分娩になります。

児頭骨盤不均衡の可能性があっても経膣分娩が可能な場合もあるので、お産の最中に帝王切開分娩に切り替わることもあります。

◆妊娠42週を過ぎてしまったら

妊娠42週0日以降を「過産期」といい、

  • 赤ちゃんが大きくなりすぎる
  • 胎盤機能の低下や羊水の減少
  • 赤ちゃんの心拍低下

などのトラブルが起きやすくなります。

検診で問題がなければ自然なお産を待つこともできますが、リスクを避けるため、妊娠41週のうちに「陣痛誘発剤」を使って出産することが多いです。

続いて妊娠40週の過ごし方をご紹介します。

3.妊娠40週の過ごし方

いつ出産が始まってもおかしくない妊娠40週は、どのように過ごせばよいのでしょうか。

ここでは、

…について詳しく見ていきます。

出産直前や当日の参考にしてみてくださいね!

3-1.日常生活のポイント

◆妊婦検診は週に1回

妊娠40週も、39週までと同じように週に1回のペースで妊婦検診を行います。

  • おしるしや出血はないか
  • お腹の張りはどうか
  • 胎動はどうか

など日常の体の変化に耳を傾け、医師に報告しましょう。

出産で気になることがあれば何でも医師に相談して、少しでも不安を取り除きましょう。

◆食生活のポイント

赤ちゃんが下がってくることで今まで圧迫されていた胃が楽になり、臨月になって急激に体重が増加してしまった…なんてこともよくあります。

急激な体重増加は、

  • お産が長引いて難産になる
  • 乳腺が詰まって母乳の出が悪くなる

など、トラブルにつながります。

「あと少しだから大丈夫」と油断せず、体重管理は最後まで気をつけましょう。

◆遠出は避ける

妊娠40週はもういつ出産が始まってもおかしくありません。

外出する際は遠出は避け、いつでも病産院に行けるような準備をして出かけましょう。

外出時に持ち歩くもの

・母子健康手帳

・健康保険証

・診察券

・携帯電話

・タクシー代

・生理用ナプキン

予定日が近づくと「外出先で陣痛が起こったら困る」と行動が控えめになりがちですが、体調が良ければ外出して程度に歩くのもおすすめです。

気分転換にもなるので、あまり家にこもらず無理のない範囲で日常を過ごしましょう。

続いて出産当日、陣痛から入院までの進み方を見ていきましょう。

3-2.陣痛から入院まで

  • 妊娠40週目人気おすすめランキング赤ちゃん

陣痛が始まったら、まずは痛みの間隔を計りましょう。

陣痛が始まってから次の陣痛が始まるまでの間隔が10分間隔になったら病産院に連絡して入院となります。

陣痛から入院までの順序

①陣痛が10分間隔になる

②病産院に連絡する

③家族に連絡する

④一人のときはタクシーを呼ぶ

⑤荷物を持って病産院へ

もし陣痛が始まる前や陣痛が始まってから病院につくまでに破水してしまっても、慌てずに生理用ナプキンを当ててタオルを持って、速やかに病産院に向かいましょう。

入院時の持ち物については「36週目の出産準備のポイント」をチェックしてみてくださいね。

続いて出産の進み方について解説していきます。

3-3.出産の進み方

病産院に着いたら、最初に診察をしてお産の進み具合を確認します。

緊急の場合を除き、入院後はすぐに分娩室ではなく、まずは陣痛室か入院する部屋に案内されます。

出産にかかる時間は一般的に

  • 初産の場合…14~15時間
  • 経産婦の場合…7~8時間

かかるといわれています。

産まれるまでの時間は長いですが、陣痛の痛みは波が引いたり来たり、休みながら進むので安心してください。

それでは、出産の進み方を見ていきましょう。

出産の進み方

◆分娩第1期

①陣痛の間隔:5分間隔になる

子宮口の開き具合:4~5㎝

【赤ちゃんの様子】
お母さんの背中のほうに体を回転させながら下りてくる

【お母さんの様子】
陣痛が強まり、腰や恥骨の痛みも強くなってくる


②陣痛の間隔:3~4分間隔になる

子宮口の開き具合:6~10㎝


【赤ちゃんの様子】
産道を下りながらあごを引いて体を丸め、骨盤の中に入ってくる

【お母さんの様子】
「いきみ感」が強くなり、排便したいような感覚になる

 

⇒このときは、なるべくいきみを逃すようにします。


◆分娩第2期

③陣痛の間隔:1~2分間隔になる

・子宮口の開き具合:10㎝(全開大)

 ※子宮口が全開になったら分娩室に移動する


【赤ちゃんの様子】
頭が軟産道に入り、産道から頭が出る

★いきみのタイミングを医師が合図する

 

⇒このとき、お母さんは息を止めないでしっかり呼吸しましょう!


◆分娩第3期

④誕生


【赤ちゃんの様子】
全身が出たら、産声を上げる

★対面後、へその緒を切って赤ちゃんの体を洗ってもらう

【お母さんの様子】

胎盤が出て、軽い陣痛が起こる

※会陰切開をした場合は縫合し、産後の処置を受ける

陣痛の痛みは最初の頃はまだ余裕がありますが、ピークに近づいてくると寝ているのも動くのもつらくなってきます。

そんなときは立ったり座ったり、少しでも楽になれるポーズを探してみましょう。

◆陣痛を上手に乗り切るコツ

陣痛を乗り切るための工夫や、あると便利なものをご紹介します。一番楽な方法を探して上手に乗り切ってくださいね。

  • あぐらをかく
  • 立って壁、人にもたれかかる
  • よつんばいになり、腰を突き上げる
  • 足に布団をはさんで横になる(シムスの体位)
  • 腰をさすってもらう
  • テニスボールや握りこぶしで肛門を押してもらう
あると便利なもの

・テニスボール

・うちわ

・アロマオイル

・飲み物、ストロー付きペットボトル

・ハンドタオル

・カイロなど温めグッズ

陣痛が強くなってくる時間は想像以上に痛くてつらいものですが、上手に痛みを逃して、なるべくリラックスして過ごしましょう。

次は、出産が始まったら周りやお父さんがすることをご紹介します。

4.お父さんや周りにできること

お産が始まったら、お母さんは陣痛の痛みと緊張感でいっぱいです。

お父さんや周りの人はできる限りお母さんのサポートをしてあげましょう。

お産が始まったらすること

・お産が始まったことを家族に連絡する

・病産院に行くルートや夜間入り口の確認

・入院中にしておくことの確認
 ★他に小さい兄弟がいる場合、送迎やお世話をどうするか など

・陣痛が始まったお母さんのサポート
 ★腰をさする、うちわであおいであげる など

・お母さんをなるべくリラックスさせてあげる

もしもお父さんが会社に行っている間に陣痛が来た場合、病産院への付き添いは母親など家族にお願いすることになるかもしれません。

そういう場合の情報も家族皆で相談しておきましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?

この時期についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

長かった妊娠生活もあとわずか、ついにゴールが見えてきましたね。

出産は決して楽なものではありませんが、

  • まずはリラックスする
  • 赤ちゃんのためにもしっかり呼吸する
  • いきみを上手に逃す

…などが大切になってきます。

出産は赤ちゃんとお母さんの共同作業です。

「赤ちゃんも頑張っているんだ」という気持ちを支えに、出産を無事に乗り切って元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。