妊娠5週目は生理予定日の1週間後にあたり、多くの方が妊娠していることに気がつく時期です。

また、つわりの症状や妊娠初期の体の変化で体調不良を感じている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、

  • 妊娠5週目の赤ちゃんとお母さんの体の変化
  • 妊娠初期の体のトラブルとつわりの対処法
  • 妊娠初期の日常生活と仕事をする際の注意点

について分かりやすく解説していきます。

初めての妊娠や体調への不安を感じている方のためにも分かりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.妊娠5週目の様子と変化

生理予定日を1週間過ぎても生理が来ず、妊娠を疑ったら、まずは市販の妊娠検査薬を購入して自己チェックしましょう。

妊娠検査薬を使うと、妊娠しているときに分泌される尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という女性ホルモンをチェックでき、妊娠の有無が確認できますよ。

ここでは、妊娠5週目の赤ちゃん・お母さんの状態と、この時期に起こりやすいトラブルをご紹介します。

1-1.妊娠5週目の赤ちゃん

妊娠5週目の赤ちゃんは胎嚢(たいのう)という袋に包まれていて、胎嚢の中には胎芽(たいが)と呼ばれる2mm程度の状態の赤ちゃんがいます。

超音波検査では、胎芽はまだはっきり見えませんが、胎嚢は確認できます

この時期から目・耳・鼻・口など顔のパーツ形成が始まり、消化器系の臓器や大動脈も作られて心臓が動き始めます。心拍が確認されるのはだいたい妊娠6週目頃です。

1-2.妊娠5週目のお母さん

妊娠5週目は妊娠していることに気づいたばかりの頃かと思いますが、お腹の中で赤ちゃんはすでに成長を始めます。

それに伴い、お母さんの体にも少しずつ変化が感じられるようになるのです。

日中の眠気やだるさなど妊娠初期症状が表れ、つわりの症状が始まる方もいます。

妊娠初期症状の例
・眠くなる、だるさを感じる
・熱っぽくなる、吐き気・胸やけ
・生理痛のような下腹部痛
・少量の出血がある
・肌荒れ、胸の張り、乳首の痛み
・イライラする
・頭痛やめまい、便秘、下痢
…など

つわりは個人差がありますが、一般的には妊娠4~6週頃に始まり、8~11週頃(妊娠3か月)にピークを迎えて12~16週(妊娠4か月)頃に落ち着いてくることが多いようです。

◆つわりの症状

つわりの症状は、次のようなタイプに分けられます。

  • 吐きつわり
  • 食べつわり
  • においつわり
  • 眠りつわり

ほかにも、よだれがいつもより多く出たり、味の好みが変わるなど、つわりにはいろいろな症状があります。つわりの対処法は「2-2.日常生活で気をつけたいこと」で詳しくご紹介いたします。

次は、妊娠5週目に起こりやすいトラブルをご紹介します。

1-3.妊娠5週目のトラブル

妊娠が確認されたとしても、妊娠初期はまだ赤ちゃんもお母さんも不安定な時期です。この時期に起こるトラブルには「子宮外妊娠」や「流産」があげられます。

トラブル① 子宮外妊娠

子宮外妊娠とは、子宮内膜に着床するはずの受精卵が何らかの原因で卵管など子宮内膜以外に着床してしまうことをいいます。

自然妊娠の100人に1人がかかるといわれ、この場合妊娠を継続することはできません。

症状はわかりにくく、妊娠初期には痛みなどの自覚症状はほとんどありませんが、兆候としては次のような症状があります。

  • ピンク色のおりものや少量の出血がある
  • 少量の出血が4~5日続く
  • 生理痛のような下腹部痛がある

正常な妊娠かどうかを確認するためにも、妊娠に気づいたら早めに産婦人科を受診しましょう。

トラブル② 早期流産

妊娠初期に起こる早期流産のほとんどは胎児側の原因によるものです。受精卵の染色体異常による場合が多く、高齢妊娠の場合はその確率も高くなります。

流産をしてしまうと自分を責めてしまう方が多いですが、お母さんが原因ではなく自然に起こってしまうことがほとんどです。もし流産してしまってもあまり自分を責めないでください。

早期流産には次のような症状が見られます。

  • 不正出血があり、出血がダラダラと続く
  • 周期的な腹痛がある
  • 基礎体温が急に下がる
  • つわりが急になくなる

子宮内に赤ちゃんや胎盤が残っている状態の流産の場合、手術が必要になります。流産の疑いがあるときは必ず産婦人科を受診しましょう。

トラブル③ 切迫流産

切迫流産とは、胎児は子宮の中で生きているけれど流産しかけている状態のことをいいます。気をつけたい兆候は、

  • 不正出血
  • 下腹部の痛み
  • お腹が頻繁に張る

などです。

妊娠初期に切迫流産になってしまった場合は、まずは体を休めて安静にするしかありません。産婦人科で診察を受けて、医師の指示に従いましょう。

続いては、妊娠5週目の過ごし方についてご紹介します。

2.妊娠5週目の過ごし方

ここからは、妊娠5週目の過ごし方を、

…という順番でご紹介します。チェックしてみてくださいね。

2-1.妊娠5週目の妊婦検診

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、次はいよいよ産婦人科の受診です。正常な妊娠かどうかを知るためにも、妊娠5~6週目を目安に受診しましょう。

この時期は1~2週おきに妊婦検診に行き、赤ちゃんが無事成長していることを確認します。

◆初診に必要な持ち物

妊婦検診に行くときは以下のものが必要です。初診の前に確認しましょう。

アイテム 特徴
健康保険証 カルテを作る際に必要。トラブルがある場合は保険適応に。
初診料 事前に初診料がいくらか確認しておく。平均3000円~1万5000円程度。
最終月経日のメモ 妊娠週数や出産予定日の算出に必要。基礎体温票か、最終月経日を聞かれる。
生理ナプキン 必要ない場合が多いが、内診の際おりものに混ざった軽い出血が見られることがある。
筆記用具 検査のあと医師から妊娠生活の説明を受けるためメモがあると便利。

 
産婦人科によっては、診察に予約が必要な場合があります。事前に確認しておきましょう。

◆妊婦検診ですることは?

妊娠すると、産婦人科などで定期的に妊婦検診を受けることになります。最初の妊婦検診ではどのようなことをするのでしょうか?

妊婦検診の流れ
①問診
…年齢や身長・体重・家族構成、アレルギーの有無、最終月経の開始日、などを記入します。診察の際、医師からの問診もあります。
②尿検査
…毎回行います。尿蛋白・尿糖などを調べます。直前にトイレに行ってしまうと苦労するので妊婦検診の前はトイレを我慢しておきましょう。
③体重・血圧測定
…毎回行います。「妊娠高血圧症候群」を見極めるためにも必要です。
④内診
…内診では、医師が膣の中に直接手を入れて子宮や卵巣の状態を診察します。医師がお腹を触って外側から子宮も診察します。
⑤超音波検査(エコー)
…子宮内に赤ちゃんを包む胎嚢(たいのう)があるかを調べます。卵管や卵巣も同時に見て、子宮外妊娠でないことを確認します。

内診は最初は抵抗があるかもしれませんが、お母さんと赤ちゃんのためにも大切な診察です。力を抜いてリラックスして診察を受けましょう。

つわりがひどい場合は薬が処方されることもあるため、出血やその他体調不良がある場合は医師に相談しましょう。

◆妊娠高血圧症候群とは?

妊娠20週~産後12週までの高血圧の発症を「妊娠高血圧症候群」と呼びます。

重症化すると蛋白尿・むくみに加えて、けいれん発作や肝臓・腎臓の機能障害、赤ちゃんの発育不良などを引き起こします。

妊婦検診の服装やメイクについては別記事の「妊娠4週目のママが知っておきたいこと|妊婦検診の服装とメイク」でも詳しく解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

続いては、日常生活を送るうえで気をつけたいことについてご紹介します。

2-2.日常生活で気をつけたいこと

妊娠初期は流産や赤ちゃんの発育に気をつけたい時期です。お腹の中に赤ちゃんがいることを第一に考えた生活を心がけましょう。

特に気をつけたい行為は以下の4つです。

妊娠5週のNG行為
①お酒やたばこ
…妊娠初期の飲酒・喫煙は赤ちゃんの奇形や先天性疾患、低体重児や流産、早産のリスクが高くなります。

②市販の薬
…一部の薬には赤ちゃんの発育に影響を及ぼすものがあるので、市販の薬は飲まず産婦人科に相談しましょう。

③体を冷やす
…体の冷えはつわりを悪化させたりお腹が張りやすくなります。冷えがひどい場合、切迫早産の原因にもなります。

④ストレスや過労
…妊娠中はホルモンバランスが乱れ、気分の変動が激しくなりストレスも感じやすくなります。流産・切迫早産の原因にもなり、赤ちゃんの発育にも良くありません。

妊娠に気がつく前にお酒やたばこ、薬を飲んでしまったことを不安に感じる方もいますが、継続して慢性的に続けなければ赤ちゃんへの影響はほとんどありません

大切なのはこれからの生活です。妊娠がわかったらこれらの行為はすぐやめるようにしましょう。

◆つわりを乗り切るポイント

妊娠5週目あたりは、つわりに悩まされる方が特に多い時期です。そんな空は、以下のポイントを守ってつわりを軽くしていきましょう。

  • 食べられるものを食べる
  • 空腹時に備えて食べ物を常備する

つわりを軽くしたいときは別記事の「つわりを楽にする食べ物11選|吐き気を抑えて栄養も摂れるおすすめ食材」でも詳しく解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

続いては、妊娠中の食事のポイントについてご紹介します。

2-3.妊娠中の食事について

妊娠初期は食事の内容もとても大切です。食事のポイントについて見ていきましょう。

妊娠初期は、葉酸・カルシウム・鉄分・たんぱく質という4つの栄養素をバランスよく摂りたい時期。

妊娠初期におすすめの食品
① 葉酸
…菜の花、ほうれん草など
② カルシウム
…ヨーグルト、干しエビなど
③ 鉄分
…豚レバー、あさり水煮缶など
タンパク質
…豚もも肉、卵など

これらにあわせて、食物繊維・ビタミンもしっかり摂りましょう。

食物繊維は便秘を予防し、ビタミンCは葉酸の吸収を、ビタミンB12には鉄分の吸収を高める効果があるので、あわせて摂りたい栄養素です。

◆控えたい食べ物

また、以下の食べ物は控えましょう。

  • 生もの
    …刺身、生肉、生卵など
  • アルコール
  • ナチュラルチーズ
  • 脂溶性ビタミンA
    …レバー、うなぎ、あん肝など

妊娠初期の食生活については、別記事の「妊娠初期に食べてはいけないもの11選|赤ちゃんへの影響や食生活のコツまでご紹介」でも詳しく解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

次は、妊娠5週目の仕事との向き合い方についてご紹介します。

2-4.仕事のポイント

妊娠5週目はまだ妊娠に気づいたばかりの頃なので、妊娠していることをまだ職場には伝えず、無理をしてしまいがちな時期です。

普段通りの仕事をしていて流産の心配をする必要はほぼありませんが、次のような場合は注意が必要です。

  • 体に負担のかかる立ち仕事、長時間労働
  • 重たいものを持ち運んだりする仕事
  • 体を冷やす仕事
  • たばこの煙が気になる職場
  • ストレスがたまる仕事

…こういった業務の場合は無理をして我慢せず、職場の上司に早めに相談しましょう。

つわり時はムリをしないように
妊娠初期に一番つらいのはつわりです。つわりがひどくて休みが欲しい場合も、無理をせず上司に相談しましょう。

流産のリスクもあるため、職場の上司に妊娠を伝えるのはもう少し時間を置きたいところですが、まずは赤ちゃんのいる身体を大事にしてください。

続いては、妊娠5週目にしておきたいことを解説します。

3.妊娠5週目にしておきたいこと

ここからは、妊娠5週目にしておきたいことを3つご紹介します。

①通いたい産婦人科を探す

妊娠に気がついたら、まずは産婦人科探しです。ネットや知人の話などを参考に、通いたい産婦人科を見つけて受診しましょう。

通いやすさはどうか、総合病院か個人産院か、出産にかかる費用や入院中の部屋や食事メニューなどを検討して決めましょう。

産婦人科選びのポイントは、別記事の「妊娠 4週」でも詳しく解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

②つわり対策グッズを揃える

つわりが本格的に始まるのはこれからです。今のうちにつわり対策グッズを揃えておくと便利です。

携帯できる食品や炭酸飲料・柑橘系のアロマグッズ、におい対策のマスクなどもおすすめです。

③今後のライフスタイルを考える

初診でおおよその出産予定日がわかったら、出産までのプランを立ててみましょう。

仕事を続ける方は産休に入る時期を考えたり、里帰り出産をするかどうかなど、今後のライフスタイルを考えていきましょう。

最後に、お父さんにできることについて見ていきましょう。

4.お父さんにできること

妊娠がわかったら、まず赤ちゃんのお父さんに相談しましょう。

お父さんもお母さんと同じように、お腹の中に赤ちゃんがいることを第一に考えた生活を心がけましょう。

この時期のお父さんは、

  • 喫煙者の場合、家ではたばこを吸わない
  • つわりが始まるので、お母さんの体調を考えて生活する
  • 妊娠中は情緒不安定になりやすいことを理解する

などの気遣いをしてあげることが大切です。

男性の場合、自分の体に変化はないので赤ちゃんがいることが女性よりわかりにくいかもしれませんが、親になることへの自覚はお母さんと同じです。夫婦で協力して妊娠生活を過ごしていきましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?他の週について知りたい方は、以下を参考にしてみてくださいね。

妊娠5週目はまだ妊娠に気がついたばかりで産婦人科選びもまだ何もしていない…という方も多いかもしれません。

妊娠初期の赤ちゃんはとても小さくてはっきりと見えないないくらいですが、毎日ものすごいスピードで成長しています。

これからつわりに悩まされたり情緒不安定になることもあるかと思いますが、ゆったりとした気持ちでリラックスして、お腹の赤ちゃんの成長を楽しんでくださいね。