安定期に入り1か月を迎える妊娠19週目になると、精神的にも生活も落ち着いてきて心に余裕ができてきますね。

しかし、安定期とはいえ赤ちゃんが大きく成長するこの時期に油断は禁物です。

そこでここでは、

  • 妊娠19週目の赤ちゃんとお母さんの様子
  • 気を付けたいトラブルや日常生活のポイント

などについて詳しくご紹介します。

また、この時期にしておきたいことや次回の妊婦検診の内容についてもご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

1. 妊娠19週目の様子と変化

妊娠19週目は、安定期に入って1ヶ月を迎える時期ですね。

この時期の赤ちゃんは急激に成長し、周りの人が気づき始めるくらいおなかが大きくなってきたのではないでしょうか。

では、この時期の赤ちゃんとお母さんの状態について詳しく見ていきましょう。

1-1. 妊娠19週目の赤ちゃん

妊娠19週目の赤ちゃんは急激に成長しており、大きさは160~200mmほど、体重は200~280gほどになります。

体には皮下脂肪がつき始め、より人間らしい見た目に近づく時期です。

この頃は赤ちゃんの腎臓や膀胱などのからだの器官が完成し、肝臓で血液がつくられ始めるなど、お母さんのおなかの外で生きるための準備をする大切な時期でもあります。

また動きが活発化し、妊娠18週目よりも胎動を感じることが多くなります。胎動の感じ方には個人差がありますが、おへその下あたりで感じるお母さんが多いようです。

胎動で「逆子」だと感じたら…
胎動を膀胱近くやおへその上あたりで感じるなど「逆子」の疑いがある場合でも、赤ちゃんが活発に動くこの時期はまだ心配いりません。しかし念のため定期検診のときに診てもらいましょう。

では次に、妊娠19週目のお母さんの様子を見ていきましょう。

1-2. 妊娠19週目のお母さん

この時期のお母さんはつわりがおさまって食欲が増加し、ウエストや腰回りを中心に全体的にふっくらとしてきます。体重増加の目安は5㎏程度といわれていますので、くれぐれも太りすぎには注意しましょう。

さらに、妊娠19週目は

  • 足がつりやすくなる
  • シミや黒ずみが出やすくなる

といった症状が出やすくなる時期でもあります。シミ対策については「3-1.シミ対策」を参考にしてみてくださいね。

◆お腹の張りを感じるように

そのほか子宮の収縮、いわゆる「おなかの張り」を感じるようになるお母さんもいます。

張りを感じたらすぐに安静にし、それで治るようであれば問題ありません。

しかし、極端に頻度が多かったり長時間おさまらないなどの場合には「常位胎盤早期剥離」や「子宮頸管無力症」の疑いも考えられますので、早めに病院で受診しましょう。

初乳がでる人も…
初めてでるお乳のことで、透明で粘り気があります。初乳が生成されているのは、胎盤がしっかり完成し始めているからです。心配せず、汚れた場合はきれいに乳房ケアしてあげましょう。

では次は、お母さんの体のトラブルについて解説していきます。

1-3.妊娠19週のトラブル

ここでは、妊娠19週目でチェックしておきたいトラブルをご紹介します。

トラブル① 常位胎盤早期剥離

「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」とは、妊娠中に胎盤が子宮から剥がれてしまう疾患で、発生すると母子ともに危険な状態になる可能性が高いとされています。

この発生を予測することは難しいとされていますが、

  • 妊娠高血圧症候群(PIH)
  • 前期破水、感染
  • 喫煙
  • 外部からの強い刺激

…などはリスクを高める原因といわれていますので注意しましょう。

トラブル② 子宮頸管無力症

子宮頸管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)とは、「子宮頸管」と呼ばれる管腔が開くことで子宮口も開いてしまう症状をいい、切迫流産の原因のひとつでもあります。

この症状の原因は明確にわかっておらず、妊娠後に子宮口の開きなどの兆候がないと診断ができません。

気になるときは検診で
この症状は妊娠初期の頃から対策すれば安全に出産することも可能なので、妊婦健診の際にはしっかりと診てもらいましょう。

トラブル③ 切迫流産

安定期とはいえ、身体に負担のかかる生活を続けていると「切迫流産」など流産の可能性を高めてしまいます。

この時期の流産は母体からの影響が大きいとされていますので、安定期だからといってくれぐれも無理はしないでくださいね。

トラブル④ 腰痛の悪化

妊娠19週目頃になると、赤ちゃんの成長に合わせて骨盤がゆるむことで腰痛が悪化しやすくなります。

また、この時期はお母さんのからだに大きな負担がかかっている時期でもありますので、疲れを感じたらすぐに休むなど普段からリラックスを心がけましょう。

続いては、妊娠19週目の過ごし方のポイントについてご紹介します。

2. 妊娠19週目の過ごし方

ここでは、妊娠19週目を快適に過ごすために、

  1. 妊婦19週目の妊婦検診
  2. 日常生活で気をつけたいポイント
  3. 妊娠中の食生活について
  4. 仕事のポイント

の4つに分けて、ポイントや注意点を解説していきます。

2-1.妊娠19週目の妊婦検診

妊娠23週目までは、月に1回の妊婦検診が推奨されています。妊娠16週頃に検診を行っていた場合、次回の検診は、妊娠20週頃です。

次回の検診メニューを以下にまとめました。

妊娠20週頃の主な検診メニュー
・問診・内診
・体重・血圧測定
・尿検査
・浮腫検査
・経腟超音波検査

…子宮全体の大きさ、卵巣の状況を把握するために膣内から撮影
・腹部超音波検査
…胎児や胎盤、羊水の観察のために下腹部に検査用器具をあてる
・子宮底長測定
…胎児の成長の把握と予測のために触診とメジャーで測定

腹部エコーがある20週頃の検診では、

  • 着脱しやすい服装(上下セパレートやウエストがゴムのパンツなど)
  • 靴下(タイツやストッキングだと着替えるのが大変)

…といった脱ぎ着しやすい服装がおすすめですよ。

また、検診の際は以下の物を持っていきましょう。

健診に必要な持ち物
・健康保険証、母子健康手帳、診察券
・助成券
・時間をつぶすもの(本など)
・現金
…助成券を超えたとき用。5,000~10,000円程度あると安心
・生理用品
…内診後に出血する場合があるので、持っていると安心
・上着やブランケット
…待合室での冷え対策に

上記のほかに、メモや筆記用具があると医師の診断やアドバイスをメモすることができるので便利ですよ。

自分と赤ちゃんの健康のためにも、妊婦検診は定められたペースでしっかり受けるようにしてくださいね。

次に、妊娠19週目での日常生活のポイントをご紹介していきます。

2-2.日常生活のポイント

妊娠19週目で気をつけるべき日常生活のポイントには以下の通りです。

日常生活のポイント
① 適度に運動する
…極度な体重増加の防止や体力づくりのためにもマタニティスポーツを始めるのがおすすめです。

② しっかり睡眠をとる
…ホルモンバランスの乱れによる体調不良の防止、疲労回復のためにもしっかり睡眠をとりましょう。

③ からだの負担になることを避ける
…重いものを持つ、長時間立つなどのからだの負担になることは避けましょう。

④マタニティウェアを着用する
…おなかが大きくなり始めるこの時期から、リラックスできるゆったりした服装を心がけましょう。

⑤乳房・妊娠線のケア
乳房のケアに加え、妊娠4ヶ月頃から始める妊娠線のケアも継続して行いましょう。

また、体調が安定しているこの時期から「マタニティスポーツ」を始めるのがおすすめです。

マタニティスポーツには、

  • ヨガ、エアロビクス
  • スイミング
  • バレエ

…など様々な種類があります。

体重管理や安産力の向上、肩こりの予防などに効果的ですのでぜひ試してみてくださいね。

2-3. 妊娠中の食事について

ここでは、赤ちゃんとお母さんの健康を守るために気をつけたい食事のポイントをご紹介します。

◆母乳育児を意識した食事バランス

母乳には、赤ちゃんとお母さんにとって

  • 赤ちゃんの免疫力を高めてくれる
  • お母さんの体力回復を早めてくれる

など、良いことがたくさんあるといわれています。産後の母乳の出をよくするためにも母乳に良い栄養素を摂りながら食事バランスに気をつけましょう。

母乳に良い栄養素
たんぱく質
…しらす干し、牛肉、イワシなど
鉄分
…豚レバー、あさり水煮缶、乾燥ひじきなど
カルシウム
…桜エビ、チーズ、ししゃもなど

また、妊娠中に摂るべき栄養素は「知っておきたい妊娠中の食事とルール|おすすめ&NG食品から外食のコツまで」で詳しく紹介されていますので参考にしてみてくださいね。

◆鉄分を多めに摂る

赤ちゃんの成長とともにお母さんの血の量が2倍になり、血の濃度が薄まって貧血を起こしやすくなるこの時期には、「鉄分」を多めに摂ることが大切です。

妊娠中期にあたる19週目頃は、一日あたり約20mgの鉄分を摂取することが推奨されています。鉄分を多く含むおすすめの食材とその含有量を以下の表にまとめました。

食品 100gあたりの鉄分含有量
豚レバー 13.0mg
かつお 1.9mg
あさりの佃煮 18.8mg
乾燥ひじき 55.0mg
納豆 3.3mg


これらを参考に、意識的に鉄分を摂るようにしましょう。

ただし豚レバーについては、摂りすぎると胎児に影響を及ぼす可能性のあるビタミンAも豊富に含んでいるため、過剰摂取には気を付けてくださいね。

続いては、この時期の仕事のポイントについてご紹介します。

2-4.仕事のポイント

おなかが大きくなり始める時期とはいえ、妊娠19週目はまだまだ働ける時期でもあります。

ラッシュ時などは押されたりして危険ですのでなるべく空いている時間に通勤できるようにしましょう。

また、自転車もバランスをとるのが難しくなってきますので避けるようにしましょう。

次に、妊娠19週目にしておきたいことについてご紹介していきます。

3.妊娠19週目にしておきたいこと

妊娠19週目にしておきたいことは以下の2つです。

  1. シミ対策
  2. ベビー用品をそろえ始める

どちらもしっかりと始めておきたいことですので、詳しくご紹介していきます。

3-1. シミ対策

妊娠19週目頃になると、ホルモンの関係でシミや黒ずみができやすくなります。産後にシミを残さないためにも、この時期からしっかりとメラニンケアをしておきましょう。

  • 改善+予防の「ビタミンC誘導体」配合のもの
  • 低刺激のもの

をポイントに化粧品を選ぶようにしましょう。また美白効果のある食べ物を積極的に摂るのもおすすめです。

シミの改善に効く化粧品は「シミ改善に効く化粧品7選|美白が叶うおすすめ化粧品ランキング」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

3-2.ベビー用品をそろえ始める

体調が安定しているこの時期は、産後の準備を始めるのにぴったりの時期でもあります。

  • ベビー服
  • ベビーカー
  • ベビーベット

…など、必ず必要になるアイテムからそろえ始めるのがおすすめです。気分転換にもなるので、産まれてくる赤ちゃんを想像しながら楽しく選んでみてくださいね。

ベビー服については別記事の「ベビー服の種類一覧|赤ちゃんにぴったりの服が分かる解説」もチェックしてみてくださいね。

次に、お父さんができることをご紹介していきます。

4.お父さんができること

だんだんとおなかが大きくなり、姿勢や体調など様々な変化が表れ始める妊娠19週目には、お父さんが積極的にサポートしてあげることがとても大切になります。

◆家事のお手伝い
重いものを持たせるのは避けましょう。おなかの圧迫や骨盤の開きにつながる可能性があります。

◆夫婦生活にとらわれないコミュニケーション
安定期とはいえ、お母さんのからだには大きな負担がかかっています。積極的なコミュニケーションで、精神的に支えてあげてくださいね。

これ以外にも、ちょっとしたところから気遣ってあげて、お母さんの負担を少しでも減らしてあげてくださいね。

5.まとめ

いかがでしたか?
妊娠19週目で押さえるべきポイントをまとめました。

【注意すべきトラブル】
・常位胎盤早期剥離
・子宮頸管無力症
・切迫流産
・腰痛の悪化
【日常生活のポイント】
・マタニティスポーツを始める
・しっかり睡眠をとる
・からだの負担になることを避ける
・マタニティウェアを着用する
【食生活のポイント】
・栄養バランスを意識する
・鉄分を多めにとる

また、今月の症状についてもっと知りたい人は以下の記事をぜひチェックしてみてください。

押さえるべきポイントに注意して、楽しいマタニティライフを過ごしてくださいね。