妊婦はカフェインを摂ってはいけない?カフェインをとると赤ちゃんにどう悪いの?
…など、妊娠中のカフェイン摂取については知っておきたいことがたくさんありますよね。

ここではそんなお悩みをもつ妊婦さんのために、

  • 妊娠中に摂取していいカフェイン量
  • カフェインが含まれている飲食物
  • ノンカフェインの飲みもの

…などについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 妊婦さんがカフェインを控える理由

アルコールや糖分など、妊娠中は様々な食事制限があります。その中でも、カフェインはとってもいいのかどうか心配になりますよね。

基本的に、カフェインは摂取量にさえ気をつけていれば赤ちゃんにすぐ悪影響が及ぶことはありません。

しかしカフェインを摂りすぎると子宮内の血流が悪化して赤ちゃんに十分な栄養が届きにくくなり、以下のような影響がでることもあるのです。

カフェインによる赤ちゃんへの影響
・胎児の発育が阻害される
・将来の健康リスクを高める
・早産・流産のリスクを高める
・低体重で生まれてくる可能性を高める

また、胎児だけでなくお母さんの体にも以下のような影響を及ぼすと言われています。

カフェインによるお母さんへの影響
・骨粗しょう症のリスクを高める
・鉄分やカルシウムの吸収を阻害する

カフェインがもつ利尿作用や鉄分の吸収を阻害する作用が、上記のようなリスクを高めてしまう可能性があります。

では、具体的にどのくらいのカフェイン量を摂っていいのかご紹介します。

2. 妊婦さんのカフェイン摂取量

2-1. 一日のカフェイン量目安

妊娠中に摂取していいカフェイン量は1日あたりおよそ100~150mg程度とされており、具体的には以下のような量になります。

  • コーヒー:1~2杯程度
  • 紅茶:1~2杯程度
  • ココア:2~3杯程度
  • チョコ:板チョコ1枚程度

コーヒーやチョコは種類によって含まれているカフェイン量が異なるため、しっかりチェックしてみてくださいね。

また、それぞれの体格によっても1日のカフェイン摂取量が変わってくるため、不安な方はかかりつけの医師に相談してみてくださいね。

ストレスを溜めないように
妊娠中は、つわりやホルモンバランスの乱れなどでついピリピリしがち。お母さんのイライラやストレスは赤ちゃんにも伝わってしまいますので、なるべくストレスを溜めないよう過ごしましょう!

次は、カフェインを含む飲み物と食べ物について、1日に食べても大丈夫な量をご紹介します。

2-2. カフェインを含む飲み物・食べ物

ここでは、カフェインが含まれている飲み物や食べ物を、1日に飲んでも問題ないと言われている量ごとに分けてご紹介します。

また、1杯(約150mL)に含まれるカフェイン量もあわせて記載しますので、参考にしてみてくださいね。

◆1日1杯までのもの

飲み物 カフェインの含有量
コーヒー
(ドリップ)
約135mg
コーヒー
(エスプレッソ)
約77mg
(40mLあたり)

◆1日2杯までのもの

飲み物 カフェインの含有量
コーヒー
(インスタント)
約60mg

◆1日3杯までのもの

飲み物 カフェイン量や特徴
紅茶 約30mg
※ストレートティーの場合
ほうじ茶 約30mg
ウーロン茶 約30mg
緑茶 約30mg
玉露はカフェイン量が多いので控える

 
普段から摂っている食品はありましたか?

紅茶などは茶葉から淹れるものを想定していますが、加糖の製品の場合はカフェインだけでなく糖分の摂りすぎにも注意してくださいね。

◆カフェインはこんなものにも…

コーヒーなどの代表的な飲み物以外にもカフェインが含まれているものは実はたくさんあります。

  • コーラ(500mL)
    …1日1本程度
    …2日に1本のほうが望ましい
  • 板チョコ
    …1日1枚程度
  • 栄養ドリンク
    …種類ごとのカフェイン量を確認

ココアは1日に大量に飲まなければ問題ありませんが、中にはカフェイン量がとても多いものや糖分が高いものもあるためチェックしてみてくださいね。

また1日のうちにカフェインを含むものを複数とりたい場合は、カフェイン量があわせて150mg程度に収まるよう調節しましょう。

続いては、妊婦さんがカフェインを上手にとるときのコツをご紹介します。

3. 妊婦さんがカフェインを摂るコツ

カフェイン入りの飲み物や食べ物が好きなお母さんが、うまくカフェインを摂るコツをご紹介します。

① 小さなカップで飲む

いつものカップよりも小さめのカップを使ってみましょう。一杯をちゃんと飲みきることで、少量でも満足感を得られますよ。

② 薄めて飲む

コーヒーや紅茶・緑茶などを淹れる際は、茶葉を少なくしたり、ドリップではなくエスプレッソを選ぶなどして薄めて飲みましょう。カフェイン摂取量を減らすことができます。

③ カフェインを摂らない日を作る

カフェインを毎日とっていると、排出しきれずに体内に溜まってしまうこともあります。カフェインの摂取頻度を2日に1回に減らすなどして、うまく調節しましょう。

コーヒーは「デカフェ」で
外でコーヒーを飲むときは、カフェインが取り除かれている「デカフェ」で注文するのがお勧めです。それ以外にも、ノンカフェインのものを選ぶなどして工夫をしてみましょう。

またドリンクを飲むときに砂糖を入れすぎると、肥満や乳腺炎など別の問題を引き起こすので注意しましょう。

冷たいドリンクは体を冷やすので温かいものを積極的に飲みましょう。

次に具体的にどの飲み物をどのくらい飲んでいいかわからない方に1日に飲んでいい目安の量をご紹介します。

4. ノンカフェインのおすすめドリンク

ここではノンカフェインでおすすめな飲み物とその効果を​ご紹介します。カフェインが含まれている飲み物の代わりにいかかがでしょうか。

◆ノンカフェインの飲み物

ノンカフェインのおすすめドリンク
・たんぽぽコーヒー
…コーヒーの代わりにおすすめ。
…妊娠高血圧症候群予防に最適。
・ゆず茶
…ビタミンCが豊富で、柑橘系のさわやかな香りでリラックスも。
…胎児の先天性異常や流産の予防・つわりの軽減・免疫力アップ効果。
・麦茶
…手に入れやすく、ご飯にも合うのが嬉しいお茶。
…体を冷やさないようなるべく温めた麦茶がおすすめ。

体温を下げすぎないよう、なるべく温めるか常温で飲むのがおすめです。

◆ノンカフェインのハーブティー

ノンカフェインのおすすめハーブティー
・ルイボスティー
…ノンカフェインで癖がないハーブティー。
…鉄分やミネラルが豊富に含まれているため、貧血対策にも有効。
・ローズヒップティー
…レモンの20倍にもなる豊富なビタミンCが配合。
…美肌効果、免疫力アップ効果、疲労回復効果あり。

ハーブティーは基本的にノンカフェインのため、妊娠中に好んで飲まれる方も多くいます。

しかしラズベリーリーフやセージ、ローズマリー、ジャスミンなど種類によって妊娠中に飲んではいけないものもあるため、選ぶときはまず医師や専門店に相談してみましょう。

5. まとめ

妊娠中のカフェインとの付き合い方をご紹介してきましたが、いかかでしたか?

カフェインを摂取するうえで以下のことに気を付けてください。

  • 飲む回数や量に気を付ける
  • 小さいカップで薄めて飲む
  • カフェインレスよりもデカフェを選ぶ

どれも小さな工夫でかなり安心できる生活を送れますね。

約10ヶ月妊婦さんとしてストレスをためないように、うまく付き合っていきましょう!