洗顔後にヒリヒリしたり赤くなったりする敏感肌に、悩まされていませんか?
ここでは、敏感肌の原因を確認しつつ、

  • 敏感肌を改善するスキンケア
  • 生活習慣から敏感肌を改善
  • お肌に優しいメイク方法

なども解説します。

あわせて敏感肌を改善してくれる、おすすめスキンケアアイテムをランキングでご紹介。肌トラブルのない美肌を手に入れましょう。

先に敏感肌におすすめのアイテムが知りたい方は、「4-2.敏感肌におすすめスキンケアラインTOP3」からチェックしてみてくださいね。

1.敏感肌とは?

普通の人よりも化粧品や洗顔料・紫外線など「外からの刺激」に弱い肌のことを「敏感肌」といいます。

この敏感肌の原因は、主に乾燥による肌の「バリア機能」の低下です。

通常お肌は、外の刺激から守るバリア機能をもっています。ところが何らかの理由で水分と皮脂が減少し、お肌が乾燥するとバリア機能が低下した「敏感肌」になってしまうのです。

  • 敏感肌改善

この「お肌を乾燥させた理由」は様々で、大きく2つのタイプに分けられます。

次で紹介するタイプによって改善方法が変わってくるので、自分がどちらに当てはまるのか考えてみてくださいね。

2.敏感肌の2つのタイプ

敏感肌さんは肌が乾燥してしまった原因によって、大きく2つのタイプに分けられます。

敏感肌のタイプ2つ
①後天的に敏感肌になったタイプ
②生まれつき肌が弱いタイプ

では、それぞれ詳しく解説していきます。

①後天的に敏感肌になったタイプ

もともと敏感肌とは違う肌質だったという人は、以下がきっかけで敏感肌になってしまうことがあります。

  • 間違ったスキンケア
  • 過度のストレスや睡眠不足
  • バランスの悪い食生活

不規則な生活を送っている人はこのタイプの可能性が高いです。そのため正しいライフスタイル、スキンケア、食生活を心掛けて敏感肌を改善していきましょう。

詳しい改善方法については「3.後天的な敏感肌の改善方法」で解説します。

ホルモンバランスの変化でも敏感肌に
月経や出産で女性は大きくホルモンバランスが変化し、人によっては敏感肌になることも。
これは一時的な変化なので、化粧水やケア方法も一時的に敏感肌用に変えてあげるのがおすすめですよ!

②生まれつき肌が弱いタイプ

「規則正しい生活」「正しいスキンケア」なのに敏感肌が改善しない方は、

  • 生まれつき肌が弱い

可能性が高いです。小さい頃からよくかぶれたり、アトピーだったという方はこのタイプといえます。
肌に負担をかけないメイク方法や高保湿のケアアイテムで肌トラブルを減少させましょう。

おすすめのケアやメイクについては、「4.生まれつき敏感肌の改善方法」で解説します。

アレルギー体質が原因のことも
敏感肌はもともとのアレルギー体質が原因になることも。「両親がアレルギー体質」「食べ物、ホコリでじんま疹が出る」「花粉症」「ぜんそくになったことがある」...という人はアレルギーの可能性があるので、まずアレルギー反応が起きる成分を皮膚科のパッチテストで特定するのがおすすめです。
その成分を含まないケア用品なら肌トラブルを避けることができます。

「後天的」と「生まれつき」、どちらが自分により近い敏感肌タイプでしたか?次は、それぞれの改善方法をご紹介します。

3.後天的な敏感肌の改善方法

「後天的に敏感肌になってしまった」というタイプの人は、

  • スキンケア方法
  • ライフスタイル
  • 毎日の食生活

を改善してみるのがおすすめです。それぞれ順番に見ていきましょう。

3-1.正しいスキンケアで改善

普段から以下のようなNGスキンケアをしていませんか?

  • クレンジングと洗顔に2分以上かける
  • オイル・シートタイプのクレンジングを使う
  • 泡立てない・ゴシゴシ洗顔する
  • 化粧水を強い力でパッティングする

これは敏感肌になるばかりか、悪化させることにもなります。そこで改善しやすくなるポイントを押さえていきます。

◆正しいクレンジング・洗顔のポイント

敏感肌はまず、必要な皮脂まで落さないことが大切なので「クレンジング&洗顔で1分半以内」で終わらせることがポイントです。
使うアイテムは、

  • 「クリーム・ミルク・バームタイプ」のクレンジング
  • 「固形せっけん」の洗顔料

がおすすめ。皮脂を落としすぎず余計な成分を含まないのでお肌に優しいんですね。

正しいクレンジング・洗顔(1分半)
《クレンジング》
1.落ちにくいリップやマスカラを、オイルタイプで落とす。
2.クリームなど肌に優しいタイプを「Tゾーン→Uゾーン」の順に優しくなじませる。
3.人肌程度のぬるま湯(36℃前後)で優しくすすぐ。

《洗顔》
1.手を洗い、ぬるま湯で顔を濡らす
2.固形せっけんをよく泡立て、まず額・鼻筋のTゾーンを洗う
3.頬やフェイスラインなど、Uゾーンを洗う
4.目元や口元、小鼻を優しく洗う
5.ぬるま湯で丁寧に洗い流し、清潔なタオルで優しく水気をとる

朝やノーメイクの日は、ぬるま湯の洗顔のみで大丈夫ですよ。

※より詳しいやり方については別記事の「敏感肌のスキンケア|お肌を改善する正しいスキンケア方法をご紹介」で解説しています。

◆正しい化粧水・保湿のポイント

敏感肌の化粧水のポイントは次の2点です。

  • 洗顔後にすばやくつける
  • 手であたためて、優しくつける

洗顔後はどんどん肌の水分が蒸発してしまうので早さが命です。また、化粧水はあたためると肌によくなじむので手でつけてくださいね。

正しい化粧水のつけ方
1.手で軽く化粧水をあたため、優しく顔全体を覆う
2.そのまま手のひらを使ってゆっくり顔になじませる
3.再び化粧水を手にとり、乾燥しやすい部分に指でなじませる
4.手のひらが肌に吸いつくくらい化粧水がなじんだら完了

化粧水後の保湿は「セラミド配合の美容液」がおすすめ。高保湿成分のセラミドは乾燥した肌を潤し、肌のバリア機能を高めて改善してくれます。また美容液は、スキンケアアイテムでも美容成分の濃度がもっとも高く、セラミドも高配合なことが多いんです。

なお、クリームタイプでもセラミドをたっぷり配合しているものはあります。さらっとしたテクスチャより、濃厚なものがお好きな方はこちらもおすすめですよ。

※より詳しいつけ方は別記事の敏感肌のスキンケア|お肌を改善する正しいスキンケア方法をご紹介で解説しています。

敏感肌さんにおすすめのアイテムは「4-2.敏感肌におすすめスキンケアラインTOP3」でご紹介します!

スキンケアを見直したら、日々の生活習慣からも敏感肌を改善していきましょう。

3-2.理想の生活習慣で改善

忙しいとなにかと後回しになる生活習慣。こんな日々が続いていませんか?

  • 昼夜逆転の生活
  • 睡眠不足
  • 過剰なストレス

お肌はデリケートなので、乱れた生活習慣がそのまま「敏感肌」として表れた可能性があります。ライフスタイルを理想に近づけると、敏感肌を改善できるかもしれません。

理想の生活習慣のポイント
朝は…
起きたら日光を浴びる。
・朝ご飯を食べる。

昼は…
・仮眠は15分まで。(夜に寝れなくなるため)
・運動などで適度にストレスを解消する。
夜は…
・なるべく6時間、最低4.5時間は寝る。
・就寝前はお酒、コーヒー、紅茶を控える。

しっかりと睡眠をとり、適度にストレスを解消することで敏感肌を改善していきましょう。
実は食生活も、肌質を改善する大切なポイントなんです。

3-3.食べ物で改善

食事による栄養補給はお肌にとても大切です。

  • 不規則な食事時間
  • 偏ったバランス
  • 大量のインスタントや清涼飲料

こんな食生活が続くと敏感肌を引き起こす原因に。

なるべく「同じ時間」に「3食バランスのとれた」食事にすると敏感肌は改善していきます。

特に、お肌の抵抗力を高めてくれる栄養素は以下の4つです。意識して摂りたいですね。

肌の抵抗力を高める食材
たんぱく質:赤身肉・乳製品・タマゴ・魚など
ビタミンB2:乳製品・牛乳・納豆・レバーなど
ビタミンB6赤身肉・魚・バナナ・小麦・大豆・ナッツ類など
カルシウム桜えび・牛乳・乳製品・いわし・小松菜など

一方で甘いものが好きな方は要注意です!糖分の摂りすぎは皮膚の抵抗力を下げ、お肌の炎症を起こしやすいので治りにくくなってしまいます。

※この他の肌に良い栄養素と食べ物は「毎日の食事で美肌になれる10の栄養素と食べ物」で紹介しています。

次は生まれつき敏感肌になりやすい方の改善方法をご紹介します。

4.生まれつき敏感肌の改善方法

不規則な生活や間違ったスキンケアではないのに敏感肌の人は、もともと肌質が弱いタイプの可能性が高いです。
肌トラブルを減少させるには、

  • 高保湿のアイテムを選ぶ
  • クレンジング不要のメイクをする

の2点がポイントです。

4-1.スキンケアアイテムで改善

敏感肌さんはお肌の乾燥が主な原因でした。そこでお肌の改善には高保湿な化粧水での保湿が有効です。
そこで化粧水を選ぶときのポイントは、

  • 高保湿成分の「セラミド」配合
  • 刺激になる成分が少ない

アイテムかを見極めることが大切なんです。セラミドはもっとも高保湿な成分で、乾燥したお肌を潤し、肌のバリア機能を高める効果に期待大なんです。

またアルコールや香料が多いとヒリヒリしやすいので、以下の成分が成分表の前から3つ以内にないかも確認しましょう。​

敏感肌が気を付けたい成分
・○○アルコール(○○エタノール)
…多いと必要な水分まで奪ってしまう。
・香料(精油/植物の名前+油)
…ハーブや花の天然香料でも、複数あると刺激になることも。
・ビタミンC誘導体(成分表の表記
…皮脂の抑制作用があり、強いとより乾燥する原因に。
・着色料

人によっては敏感肌用と書いてある肌に優しい化粧水でも、合わないことがあるので神経質にならずあくまで参考程度にお考えください。

4-2.敏感肌におすすめスキンケアラインTOP3

ここでは、敏感肌におすすめのスキンケアブランドを

  • 高保湿成分「セラミド」配合でしっかり保湿できる
  • 肌に優しく低刺激

という2つのポイントから厳選して、ランキング形式でご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

1位「ayanasu(アヤナス)」ディセンシア

1位は、ポーラ・オルビスグループの“敏感肌専門ブランド”DECENCIA(ディセンシア)から提供されている「ayanasu(アヤナス)シリーズ」。敏感肌ケアとエイジングケアを同時に叶えてくれるんです。

通常のセラミドよりも浸透力が高い「ヒト型ナノセラミド」を化粧水・美容液・クリームの全てに配合。さらに高保湿成分も豊富に配合されており、お肌のすみずみまでうるおいを与えます

また、くすみを改善し透明感をアップしてくれる効果とあわせて、ストレスと肌荒れのメカニズムに着目したオリジナル成分「ストレスバリアコンプレックス®」を配合しているので、ストレスによる肌荒れを防ぎ健やかな肌を保つ効果もあります。

さらに詳しくみる

◆なかでもおすすめなのが…
「アヤナス クリーム コンセントレート」

アヤナスのなかでも必ず試してほしいのが「アヤナス クリーム コンセントレート」というフェイスクリーム。

弱った角層の代わりに肌を守るという特許技術を取得しているため、スキンケアの一番最後に使うことで肌を刺激からしっかりブロックしてくれます。

また、ナノサイズのヒト型セラミドを贅沢に配合しているので保湿力が高いほか、肌のコラーゲン産生を170%アップさせる成分を配合しているので、「しわ」「たるみ」「ほうれい線」の無いハリ肌へ導いてくれるんです。

さらに詳しく見る

◆実際に使った方のクチコミ

敏感肌改善
お肌に落ち着きが感じられています
読者’s COMMENT
こちらのクリームは、軽やかさがあって しっかり密着 さらり~と保湿感もでて、肌のハリも上がってきて お肌に落ち着きが感じられています。この季節 外部刺激にも弱く 肌も赤くなりがちだけど、こういう時にこそ!! ・・・と思えるクリームでした。(敏感肌/20代後半)
敏感肌改善
朝のメイク前に塗ってもメイク崩れなし!!
読者’s COMMENT
ベタつかないので、朝のメイク前に塗ってもメイク崩れなし!!夜塗って寝たら、ちゃんと朝までしっとりが続いていて、逆に不満点がないぐらいです!!ベタつかないから夏でも使いやすいと思います。乾燥からの皮脂で崩れる事があったけど、このクリームを塗ってたら崩れないんです!!(敏感肌/30代前半)

乾燥・エイジングという気になる2つのトラブルを、敏感なお肌でも優しくしっかりと改善できるアイテムになっています。

◆WEB限定で最安値で試す方法

現在、こちらのクリームのほか化粧水・美容液が入った10日分のトライアルセットが初回限定1480円(税込)、送料・振込手数料無料でお試しできるキャンペーンを行っています。

30日以内なら全額返金保証つきで使用後も返品可能なので、万が一肌に合わなくても安心。一度は試してほしいクリームです。

トライアルセットを見てみる
商品詳細
アヤナスクリームコンセントレート
◇ブランド名:DECENCIA(ディセンシア)
◇価格:
5940円/30g
リフィル 5400円 
◇買える場所:公式通販のみ
◇特徴:保湿力◎、低刺激◎、ヒト型ナノセラミド配合、アンチエイジング効果あり
◇トライアル:初回限定10日分1480円(送料無料)、30日間全額返金保証つき
 
公式サイトを見る

2位:「つつむ」ディセンシア

  • 敏感肌改善

 

敏感肌専門スキンケアブランド「decencia(ディセンシア)」「つつむ 」シリーズです。

アルコール・香料不使用でアトピー肌の方や、敏感肌の中で特にお肌の弱い方でも使えるように作られたラインのため、安心して使うことができます。

さらに詳しく見る

◆なかでもおすすめなのが…
「つつむ ローションセラムE」

 

「つつむ」シリーズのなかでもオススメなのが、「つつむ ローションセラムE」です。

とろっとしたテクスチャーで、この化粧水だけでもかなりの潤いを感じられます。

ナノサイズのヒト型セラミドやアミノ酸複合体など必須保湿成分がたっぷり配合され、新配合の「エモリエントプール成分」が肌の保水機能を高めてくれますよ。

アルコール・香料も不使用で、肌に刺激になる成分は入っていないため安心です。

さらに詳しく見る

◆実際に使った方のクチコミ

敏感肌改善
値段は少し高めですが、その効果は十分です!
読者's COMMENT
アトピーっぽくなってしまうほどの敏感肌だったのですが、これを塗っても染みずに、朝までしっかり潤ってくれました!心なしか、毛穴も小さくなってきています。お値段は少し高めの設定ですが、効果を考えると十分に価値があります!(敏感肌/30代前半)
敏感肌改善
超敏感肌をしっかり潤してくれます
読者's COMMENT
とろみのある優しいテクスチャーで、お肌にぐんぐん入り込みます。つけてからのお肌がモチモチになり、しっかり潤ってくれました!!
敏感肌用に作られた低刺激のアイテムということで、かなりの敏感肌の私でもヒリヒリせずに使えています。
ラインのフェイスクリームと併用してみたところ、乾燥する季節でも朝起きた時のお肌がモチモチしていて感動です!(敏感肌/20代後半)

◆WEB限定で最安値で試す方法

やさしさと保湿を組み合わせており、敏感肌の方はもちろん乾燥肌の方にも高い人気を得ています。

こちらのローションが入っているトライアルセットは14日間分で税込1470円で、試してみる価値アリです!30日間全額保証がついており、使用後も返品OKなので、万が一お肌に合わなかった場合も安心ですね。

トライアルセットを見てみる
商品詳細
◇商品名:つつむローションセラムE
◇ブランド名:decencia(ディセンシア)
◇価格:3400円 / 120mL
◇買える場所:公式通販のみ
◇特徴:保湿◎、低刺激◎
◇トライアル:14日分1470円(送料・手数料無料)、30日間全額返品・返金保証つき
 
公式サイトを見る

3位:「dプログラム モイストケア」資生堂

資生堂の美容ケア&低刺激ブランド「dプログラム」はお肌に優しく美肌をかなえてくれるラインです。

dプログラムには肌悩み別に4つのラインがあるのでsが、敏感肌の方におすすめなのがピンク色の乾燥・敏感肌向け「モイストケア」シリーズ。

乾燥やアトピー、毎日のメイクなどの刺激で弱まったお肌の炎症を抑え、肌のバリア機能を回復に導いてくれます。

もっと詳しく見る

  

◆中でもおすすめなのが…
「モイストケアローション W」

肌の炎症を抑えて、刺激に弱くなったお肌のバリア機能の回復をサポートしてくれる効果がある化粧水です。

低刺激はもちろんのこと、肌の乾燥もうるおい成分によって改善し、バリア機能を回復させてしっとりなめらかな美肌を実現させてくれます。

◆実際に使った方の口コミ

敏感肌改善
これを使いだして乾燥しなくなりました
読者's COMMENT
乾燥しがちな敏感肌ですが、これを使いだして乾燥しなくなりました。刺激もないため、これを使う時は安心感があります。
乾燥敏感肌向けアイテムでお肌に合っている気がしますし、実際、使い終わりになめらかなお肌になれるのでしばらくリピします。(敏感肌/20代後半)
敏感肌改善
痛むことなくずっと使えています
読者's COMMENT
何を使ってもヒリヒリしていた私ですが、こちらは痛むことなくずっと使えているのでお気に入りです。忙しかったりメイクや乾燥などで荒れがちな期間も、この化粧水をお守り代わりに使って乗り切っています!手放せないアイテムです。(敏感肌/20代後半)

パラベン・アルコール・鉱物油・防腐剤フリーかつ無香料・無着色という低刺激処方のため、安心して使えますよ!

◆WEB限定で最安値で試す方法

こちらの化粧水のほか、クレンジングオイルや洗顔料・乳液まで入ったセットが、おしゃれな巾着や500円相当クーポンと一緒に税込1512円でトライアル可能です。

送料無料でまるまる7日分の用量を試せるため、お肌に合うか心配な方もおトクにお試しできますよ。

トライアルセットを見てみる

  

商品詳細
モイストケアローションW
◇ブランド名:dプロジェクト
◇価格:3500円 / 125mL
◇買える場所:薬局、独立店舗(店舗一覧)、通販など
◇特徴:保湿○、低刺激○、炎症を抑える、美白効果あり
 
公式サイトを見る

以上が、敏感肌さんにおすすめのスキンケアアイテムです。
気になるものが見つかった方はぜトライしてみてくださいね。

次は、敏感肌さんにおすすめの肌に優しいメイク方法をご紹介します。

4-3.肌に優しいメイクで改善

肌に負担をかけるクレンジングはできれば避けたいステップです。そこでクレンジング不要でもきれいに仕上がる、

  • ファンデーション選び
  • ベースメイクのコツ

で敏感肌の改善を目指します。

◆ファンデーションの選び方

外出時は紫外線を防ぐためにもファンデーションだけは必須です。

そこで普段はクレンジング不要の「油分の少ないファンデーション」を、カバー力の欲しい時はクレンジングで落ちやすい「パウダーファンデ」がおすすめです。

おすすめのファンデーションの種類
《いつものメイク》
・ミネラルファンデーション
・フェイスパウダー
・ルースファンデーション

《ばっちりメイク》
・パウダーファンデーション

これらは刺激が少なく肌トラブルも起きにくいです。
一方、油分の多い「リキッド」「クリーム」のファンデーションはカバー力がありますが、洗顔で落ちず肌への負担も大きいので避けましょう。

◆ベースメイクのコツ

クレンジング不要のベースメイクは、

  • 高保湿の美容液
  • 油分の少ないファンデーション

の2つで作ります。簡単な流れは以下の通りです。

敏感肌のベースメイク
1.敏感肌の洗顔~化粧水を正しく行う。
2.美容液を優しくハンドプレス。
3.軽くティッシュで油分を取る
4.柔らかいメイクブラシで、顔の中心から放射線状にファンデーションをのせる。

なるべく薄くを意識してのせてくださいね。

一方、敏感肌のベースメイクにNGなのは洗顔料で落ちにくいアイテムの使用です。「化粧下地」「BBクリーム」「日焼け止め」などは、なるべく使わずメイクをしましょう。

5.もし敏感肌が悪化したら

不安定でデリケートな敏感肌。何かのきっかけで、

  • ヒリヒリや赤みが治まらない
  • 強い痛みを感じる
  • 吹き出物ができる

…ということもありますよね。
そんな時は我慢せずに、洗顔やスキンケアを控えてなるべく早く皮膚科に頼りましょう。症状に合わせて塗り薬などを処方してくれます。

お近くの皮膚科は「お医者さんガイド」というサイトから検索することができますよ。

☆アレルギーの方も、まず皮膚科へ
敏感肌には大きく「一時的な敏感肌」「アレルギー性の敏感肌」があります。アレルギーの場合、スキンケアアイテムを選ぶ前に病院で刺激になる原因物質を特定してもらいましょう。

6.まとめ

自分の肌にあった対処法は見つかりましたか?

自分の肌の状態と、それに合う対処法を知ることこそが、敏感肌改善へ向けての第一歩となるはずです。

体の内側と外側の両方からのケアを心がけて、敏感肌と向き合っていきましょう!