陽射しが強くなる時期こそ、しっかり紫外線ケアを行ってお肌を守りたいですよね。

ただ日焼け止め選びでは、SPF/PA値やベースメイクとの兼ね合い…など、考えることが多くて結局どれを選べばいいか分からない人も多いのでは?

そこでここでは、

  • 日焼け止めクリームとは?
  • 自分にぴったりなSPF/PA値の選び方
  • 効果的な塗り方とアフターケアの方法

をご紹介します。自分に合ったアイテムを見つけてみてくださいね。

用途別に使い分けられる「2.おすすめの日焼け止めクリーム」もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.日焼け止めクリームの選び方

まず、日焼け止めクリームの特徴から自分に合ったアイテムの選び方までご紹介していきます。

1-1.日焼け止めクリームの特徴

日焼け止めには、ジェルタイプ・ミルク(乳液)タイプ・パウダータイプなど様々なテクスチャと種類があります。

なかでもクリームタイプの日焼け止めには以下のような特徴があります。

クリームタイプの特徴

・しっとりした仕上がり

・ウォータープルーフタイプが豊富

・保湿力と防水性が高く、メイクが落ちにくい

こうしたことからクリームタイプの日焼け止めは、

  • 乾燥が気になる方
  • レジャー時など特にしっかり塗る必要がある時
  • 毎日メイクをしっかりする方

…におすすめなアイテムです。

では、自分に合ったクリームタイプの日焼け止めはどのように選べば良いのでしょうか?

1-2.日焼け止めクリームの選び方

日焼け止めクリームを選ぶときのポイントを3つに分けてご紹介します。

①用途にあったSPF値を選ぶ

「SPF/PA値」はUVカット効果の強さを表しており、この数値が高いものほど効果は強まりますが、そのぶん肌への負担も大きくなります

いたずらにお肌の負担を増やさないよう、シーンに合わせて必要なSPF値を知ることが日焼け止め選びでの大切なポイントですよ。

  • お買い物など1時間くらいの外出
    →SPF10~30
  • レジャー・運動会など2時間以上の外出
    →SPF30~50

以上のように、生活スタイルや肌質に合わせて数値を選びましょう。

SPF/PAとは?

・SPF…紫外線B波を防ぐ力の大きさ
10~50+があり、日に当たってから日焼けやシミを引き起こす「サンバーン」を起こすまでの時間を何倍に延ばせるかを表す。


・PA…紫外線A波(即時型色素沈着・シワ・たるみ)を防ぐ力の大きさ。
+~++++があり、「サンバーン」を起こさずにすぐ色素沈着を起こす(即時性色素沈着)までの時間をどれだけ延ばせるかという数値を表す。

A波・B波のどちらも対策をしていきましょう。

②お肌への刺激が少ないものを選ぶ

日焼け止めを選ぶときは、お肌へ与える刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。

  • 紫外線吸収剤不使用
    (ノンケミカル)
  • アルコールフリー
  • 合成香料・着色料 不使用

…といった表記があるものがおすすめですよ。

「せっけんで落とせるか」を見る
うまく見つからない場合はせっけんで落とせるかをチェック。このタイプはお肌に優しいノンケミカルやアルコールフリーのものが多いです。

③保湿力があるものを選ぶ

日焼け止めは、保湿力があるものを選びましょう。

もともと日焼け止めにはお肌の乾燥を招きやすい性質があります。乾燥による肌荒れやダメージを防ぐためにも、以下のような高保湿成分が含まれているものがおすすめです。

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • エラスチン

乾燥しがちな方はぜひチェックしてみてくださいね。

◆日焼け止めクリームの選び方まとめ

ここまででご紹介した、日焼け止めクリームの選び方をまとめました。

  1. 用途にあったSPF値を選ぶ
  2. お肌への刺激が少ないものを選ぶ
  3. 保湿力があるものを選ぶ

では次から、こうした選び方に基づいたおすすめの日焼け止めクリームをご紹介します。

2.おすすめの日焼け止めクリームTOP3

ここからは、おすすめの日焼け止めクリームを

  • 肌に優しい
  • 日常使い向きのSPF/PA値
  • 保湿力がある

…というポイントから厳選し、ランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1位:UVクリーム 【医薬部外品】(キュレル)

花王の乾燥性・敏感肌向けブランド「キュレル」から出ている「UVクリーム 【医薬部外品】」です。

普段使いにおすすめなSPF30/PA++で紫外線を防ぎながら、

  • ユーカリエキス
  • 潤浸保湿セラミド機能成分

…といった潤い成分も配合。UVカット+高保湿ケアで肌荒れしにくい潤い肌を保ってくれます。

化粧下地としても使えるベタベタしないテクスチャがお肌にすっとなじみ、ファンデーションののりも良くしてくれますよ。

商品詳細

 UVクリーム
◇ブランド名:キュレル
◇価格:オープン価格 / 30g
 (編集部調べ:1,058円~)
◇買える場所:全国の薬局、量販店など
◇SPF/PA値:SPF30/PA++
◇特徴:紫外線吸収剤不使用、無香料・無着色、植物由来の消炎剤(有効成分)配合、パッチテスト・ノンコメドジェニックテスト済み*

 

公式サイトを見る

 

2位:エーデルワイス UVプロテクト(ヴェレダ )

スイス発のオーガニックコスメブランド・ヴェレダから出ている日本限定発売の日焼け止めクリーム「エーデルワイス UVプロテクト」です。

SPF33/PA++で日常のUVケアに使えるほか、美肌に良いとされる「エーデルワイス」を中心にした植物エキス(保湿成分)も配合。

お肌を守りながら美肌ケアができますよ。

柑橘系の香りがする薄いベージュ色のクリームで、化粧下地としても使えます。石けんで落とすことができ、赤ちゃんにも使える優しさもポイントです。

商品詳細

エーデルワイス UVプロテクト

◇ブランド名:ヴェレダ
◇価格:2,259円 / 50mL 
◇買える場所:公式通販取り扱い店舗など
◇SPF/PA値:SPF33 /PA++
◇特徴:紫外線吸収剤不使用、エーデルワイス・アロエベラ・サンシキスミレエキス配合

 

公式サイトを見る

 

3位:UVケアクリーム (ママバター)

天然由来保湿成分・シアバターをメイン成分としてプロダクトを提供するブランド・ママバターの「UVケアクリーム」 です。

紫外線吸収剤。シリコン、パラベン、合成香料・着色料、鉱物油不使用でお肌に優しく、

  • SPF25/PA++
  • シアバター5%配合

…といった処方でお肌を潤しながらUVケアが可能です。

しっとりさらさらの使い心地で、石けんで簡単に落とすことができます。

商品詳細

 UVケアクリーム
◇ブランド名:ママバター
◇価格:1,200円 / 45g
◇買える場所:直営店公式通販取り扱い店舗など
◇SPF/PA値:SPF25/PA++
◇特徴:紫外線吸収剤不使用、ナチュラルシアバター5%配合、無添加処方(不使用成分:シリコン、鉱物油、合成香料、合成着色料、パラベン等)

 

公式サイトを見る

気になるアイテムはありましたか?

続いては、特徴別におすすめの日焼け止めクリームをご紹介します。

3.特徴別におすすめの日焼け止めクリーム

ここからは、ランキングには入らなかったもののおすすめ日焼け止めクリームを、以下のカテゴリごとにご紹介します。

気になるものをチェックしてみてくださいね。

3-1.普段使い向きの日焼け止めクリーム(SPF10~30)

あまりお肌に負担がかからないSPF10~30でお肌の潤いケアもできる普段使いにおすすめな日焼け止めをご紹介します。

◆アレルバリア クリーム(d プログラム )

「ときどき敏感肌」になる人へ向けて作られた資生堂のブランド・dプログラムの「アレルバリア クリーム」です。

SPF30/PA+++で紫外線ダメージをケアしながら、花粉・ちり・ほこりなどの空気中の汚れからもお肌を守ってくれますよ。

化粧下地効果もあり、しっとりとしたうるおいが長時間持続。

ノンケミカル処方で赤ちゃん(新生児を除く)の肌にも使える低刺激性もポイントです。

商品詳細

アレルバリア クリーム

◇ブランド名:dプログラム

◇価格:3,000円 / 35g
◇買える場所:公式通販取り扱い店舗、薬局など
◇SPF/PA値:SPF30/PA+++
◇特徴:紫外線吸収剤不使用、無香料、アルコール・パラベン(防腐剤)無添加、敏感肌の方のご協力によるパッチテスト、アレルギーテスト済み

 

公式サイトを見る

 

◆UV ウルトラフィットベース N(セザンヌ )

セザンヌ化粧品の高保湿なうるおい下地「UV ウルトラフィットベース N」です。

SPF36/PA++で香料・鉱物油・紫外線吸収剤不使用。またヒアルロン酸をはじめ、

  • マロニエエキス
  • ブドウ葉エキス
  • ハマメリス葉エキス

…など7つの保湿成分を配合しており、お肌のうるおいをキープしてくれますよ。

肌色補正の下地効果があり、ライトベージュ・ライトブルー・ライトピーチの3色から選べるのも嬉しいポイントです。

商品詳細

UV ウルトラフィットベース N

◇ブランド名:セザンヌ 
◇価格:680円 / 30g
◇買える場所:全国の量販店、薬局など
◇SPF/PA値:SPF36/PA++
◇特徴: 紫外線吸収剤不使用、無香料、無鉱物油、ヒアルロン酸、植物エキス配合

 

公式サイトを見る

 

3-2.レジャー向きの日焼け止めクリーム(SPF30~50)

レジャーなど外の日差しを長時間浴びるときに使いたい、しっかり紫外線をカットするSPF30~50のおすすめ日焼け止めクリームをご紹介します。

◆スーパーサンシールド EX (アクセーヌ  )

皮膚生理学に基づいて美しさを考えるアクセーヌの「スーパーサンシールド EX 」です。

  • SPF50+/PA++++という高いUVケア効果
  • ウォータープルーフタイプで汗や水にも強い

…といった、夏やレジャーにぴったりのアイテムです。

心地よさ・優しさにこだわった伸びの良いテクスチャがうるおいを長時間キープしてくれるのも嬉しい特徴です。

商品詳細

スーパーサンシールド EX 

◇ブランド名:アクセーヌ
◇価格:4,000円 / 22g
◇買える場所:公式通販全国の百貨店など
◇SPF/PA値:SPF50+/PA++++
◇特徴: 低刺激性・無香料、アルコール(エタノール)フリー、ノンコメドジェニックテスト済み

 

公式サイトを見る

 

◆UVシールドEX (ノブ )

常盤薬品工業株式会社のデリケートなお肌を考慮した低刺激性ブランド「ノブ」の「UVシールドEX」です。

敏感肌の方や子供の肌にも優しく、

  • 紫外線吸収剤不使用
  • 保湿成分ヒアルロン酸配合

…といった処方で、お肌に刺激も乾燥も感じさせません。

ウォータープルーフタイプですが、石鹸で簡単に落とすことができます。伸びがよく白浮きしにくいため、化粧下地としてもおすすめです。

商品詳細

UVシールドEX 

◇ブランド名:ノブ
◇価格:2,500円 / 30g
◇買える場所:公式通販全国の薬局など
◇SPF/PA値:SPF50+/PA++++
◇特徴:紫外線吸収剤不使用、香料・無着色、ヒアルロン酸配合、光アレルギーテスト、ノンコメドジェニックテスト済み

 

公式サイトを見る

 

3-3.下地機能つきでおすすめ日焼け止めクリーム 

日焼け止め効果をしっかり持ちつつ、メイクの下地としても使えるおすすめアイテムをご紹介します。

◆メルティーモイストBB (オルビス )

1本6役の機能を持つ美容液をベースにしてつくられた、オルビスの「メルティーモイストBB」です。

化粧水の後この1本でスキンケア+ベースメイク+日焼け止めが叶う優れもので、

  • 浸透型コラーゲン
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • バナバ葉エキス

…といううるおい成分をたっぷり配合。目の下のクマ・毛穴や色ムラも整えて、きれいな仕上がりを長時間キープしてくれますよ。

商品詳細

メルティーモイストBB

◇ブランド名:オルビス
◇価格:2,500円 / 35g
◇買える場所:公式通販直営店など
◇SPF/PA値:SPF30/PA+++
◇特徴:紫外線吸収剤不使用、浸透型コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸配合、バナバ葉エキス配合、アレルギーテスト済

 

公式サイトを見る

 

◆ミネラルCCクリーム(ラノア)

ラノアの日焼け止めCCクリーム「ミネラルCCクリーム」です。

SPF50/PA++++の日焼け止めとしての紫外線防止効果に加えて、化粧下地や乳液・美容液・毛穴カバー・色補正など6つの役割を果たしてくれます。

  • ハリや弾力を与えてくれる美容成分
  • 皮脂吸着パウダー

…も配合で、お肌をケアしながらメイク崩れしにくい仕上がりを実現。

「ピュアナチュラル」「ピュアオークル」の2色から選べるため、自分に合ったものを選べるのも嬉しいですね。

商品詳細

ミネラルCCクリーム

◇ブランド名:ラノア
◇価格:3,300円 / 30g
◇買える場所:公式通販
◇SPF/PA値:SPF50/PA++++
◇特徴:紫外線吸収剤不使用、アラリアエクスレンタエキス、マタタビ果実・マンダリンオレンジ果実エキス配合

 

公式サイトを見る

気になるアイテムはありましたか?気になるものや自分の肌質にあったものを選んでみてくださいね。

続いて、日焼け止めクリームの正しい塗り方と注意点についてご紹介します。

4.日焼け止めクリームの正しい塗り方と注意点

せっかく良いアイテムを手に入れても、正しい使い方をしていると思うような効果は得られません。

正しい使い方とポイントをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

4-1.日焼け止めクリームの塗り方とベースメイク

日焼け止めクリームはボディへの使用であればそのまま塗っても問題ありませんが、顔に塗るときは少しコツが必要です。

まずは、日焼け止めクリームをフェイスに使うときの正しい塗り方をご紹介します。

日焼け止めクリームの塗り方

① 化粧水や乳液などで肌を保湿する
② 100円玉大ほどの日焼け止めクリームを手にとる
③ まんべんなく塗って約60秒ほど待ち、しっかり乾かす
④ 乾いたらもう一度同じ量を塗る


★しっかりUVを防止するには二度塗りがポイント!

日焼け止めを塗り終わったら、以下の手順でベースメイクを行いましょう。

 ① 日焼け止めがしっかり乾くまで待つ
 ② パウダーファンデーションをムラなく塗る

ベースメイクは、BBクリームやクリームファンデーションよりも、さらっとしたパウダーファンデが崩れにくくておすすめです。 

◆塗り直しをするときは…

日焼け止めは汗や水で落ちやすいため2時間を目安に塗り直しが必要です。

ただしメイクの上から塗りなおしたいときはパウダーファンデーションをムラなく重ねるだけでOK。日焼け止めの役割を果たして、紫外線を防いでくれますよ。

パウダーファンデーションについては、パウダーファンデおすすめ7選|テカりを抑えて崩れにくい優秀ファンデの選びの記事で詳しく紹介をしているので、気になる方は是非読んでみてくださいね。

続いては、日焼け止めクリームの注意点についてご紹介します。

4-2.日焼け止めクリームの注意点

日焼け止めクリームを使うときに気を付けたい注意点をご紹介します。

◆クレンジングでしっかり落とす

クリームタイプの日焼け止めは油分が多いため、クレンジングでしっかり落としましょう。

きちんと落とせていないと、肌荒れやニキビの原因につながることもあります。また、落とした後はたっぷり保湿してあげることが大切です。

◆使用期限は開封後1年ほど

未開封の場合は基本的に3年ほどもちますが、開封後は1年を目安に使い切り、

  • テクスチャの変化
  • 異臭

を感じたら使用はやめましょう。 品質変化を防ぐため、冷暗所で保管することが大切です。

最後に、さらに日焼けを防ぐコツについてご紹介します。

5.さらに日焼けを防ぐコツ

ここからは、日焼け止めクリームに加えてさらに日焼けを防ぐコツを2つご紹介します。

5-1.持ち物で日焼けを防ぐ方法

UVカットアイテムとして、日焼け止めに加えて以下のようなアイテムも使用しましょう。

  • 日傘 ・サングラス
  • UVカット加工が施されたストールやカーディガン

紫外線A波の中にはガラスを通過するものもあるので、室内でも油断せずに気をつけることが大切です。

5-2.食事で日焼けを防ぐ方法

日焼けによる紫外線のダメージは食事でもケアすることができます。

日焼けが気になった日は、以下のような栄養素と食べ物をバランスよく取り入れていきましょう!

日焼けしたときにとりたい食べ物

・βカロテン…

にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜
・ビタミンC…

キウイ、イチゴなどの果物
・ビタミンE…

アーモンド、クルミなどのナッツ類
・ポリフェノール…

ココア、黒ゴマ、赤ワインなど

どれも美白にいいとされる食べ物ばかりです。積極的に摂ってみてくださいね。

6.まとめ

日焼け止めクリームについてご紹介してきましたが、気になるものはありましたか?

選び方のポイントを、もう一度ご紹介します。

  • 用途にあったSPF値を選ぶ
  • お肌への刺激が少ないものを選ぶ
  • 保湿力があるものを選ぶ

日々、紫外線から肌を守ることを気を付けていけば、10年後の肌も違ってきます。日焼け止めクリームを活用していつまでも美肌を保ちましょう!

*全ての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらない、コメド(にきびのもと)ができないというわけではありません。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。