Veraのコンテンツがどのように作られているか興味はありませんか?

ここではVeraの編集者およびライターの募集についてご紹介します。

ユーザーの悩みを解決できる、良質なコンテンツの作り方と届け方をすべて伝授するので、興味のある方はお気軽にご連絡くださいね。

1. 仕事内容について

  • undefined

仕事内容としては、本メディアVeraに掲載する記事を書いていただきます。

記事の内容は、

・化粧水などのコスメ関係
・ダイエットや健康関係
・グルメ、子育て、ライフスタイル関係

などがあります。

ライターさんの知識や興味のあるカテゴリに合わせて編集部からキーワードをお渡しします。

ライティングの流れ

【1カ月目】
まずは編集部や先輩ライターと一緒に、記事のライティングをしていただきます。

記事が完成したら、編集部で記事の編集を行います。
公開までのフローを見ながら、「ユーザーが求める情報」を正確に伝えるライティング方法を習得しましょう。

【2カ月目~】
週に1本程度の記事制作をお任せします。

自分が心を込めて書いた記事が、多くのユーザーに読んでもらえたと分かった時は、大きな達成感と喜びを感じるはずです。


磨けるマーケティングスキル

Veraを利用するユーザーはリリースから1年足らずで100万を超えています。

日本中のユーザーがどの記事を見て、どこまで読み、どのような行動をしたのかは、全て数字で確認できます。

ただ情報を記事にまとめるのではなく、数字で見える反響をもとに、「どうしたらユーザーの悩みを解決できる情報を正確に伝え、解決のお手伝いができるのか」をとことん追求できる環境です。

2. 募集内容について

2-1. 雇用形態

雇用形態はまずは「アルバイト」または「業務委託」の形でライティングしていただきます。

良質なコンテンツを1人で作れるようになれば編集者という立場で社員への昇格も考えています。

2-2. 対象となる方

  • undefined

Veraの記事を読んでくれるユーザーへ正しい情報を発信し、ユーザーの悩みを解決したり、生活の質を上げられるような良質なコンテンツを制作したい方を募集しています。

そのためには書籍やヒアリングなどで徹底的に調べることが必要になります。

ただネットにある情報をまとめるだけのライティングがしたい方はお断りしております。

現在の編集者、ライターは大学生から主婦の方まで幅広く活躍しています

歓迎経験・スキル
◆Webサイトやコンテンツの企画、ライティング・編集などの業務経験
◆Webマーケティング・広告・広報の業務経験
◆無形・有形問わず何らかの販売経験
(化粧品販売員(美容部員)、アパレル販売、エステ、など何でも歓迎です)

こんな方を求めています

◇書くことが好きな方
◇美容・健康に興味・知識をお持ちの方
◇反響を得る・結果を出すことを常に意識できる方 
◇コツコツ調べるのが苦でない方

2-2. 勤務地

勤務地は神田徒歩5分の弊社オフィスです。Vera事業部では、先輩ライターや編集者とのコミュニケーションを大切にしているため、週2回はオフィスへ来社していただきます。

それ以外は在宅での執筆も可能です。ご希望の勤務形態をご相談させていただきます。

2-3. 勤務時間

勤務時間は平日の11:00~19:00の間であれば何時に来てもらってもかまいません。

2-4. 報酬制度

1記事10,000円〜

また、記事の月の更新数や記事のクオリティに応じて賞与制度があります。

3. Veraについて

3-1. Veraとは?

Veraとは、大人の女性向けの美容/健康/子育てなどの情報を発信しているWEBメディアです。

読者の悩みが解決するよう、本当に正しい情報を読みやすくまとめて届けることを大切にしており、1記事1記事の集客力が強いのが特徴です。

1年前の記事は、今でもアクセス数をずっと伸ばしています。

3-2. 募集背景

リリースから1年足らずで100万ユーザーが利用するサイトへと急成長しています。日本No.1の女性向け情報サイトとなるため、ライターを新規採用する運びとなりました。

多くの人に信頼される新しいメディアで、ライティングスキルやWEBマーケティングスキルを身に付けたいという意欲溢れる方からのご応募をお待ちしています。

3-3. お問い合わせ先

ライター募集に少しでも興味のある方は、以下のご連絡先よりご連絡ください。

E-mail: support@veramagazine.jp
LINE ID: @vera(@をお忘れないように注意してください。相談内容を直接お送りください。)

募集事項
・名前
・性別
・メールアドレス
・年齢
・得意な分野とその根拠
・応募動機
・記事を書いたことがある方は、書いた記事のリンク