結婚式を挙げるかどうかを決めるとき、費用の問題は外せませんよね。

「結婚式の費用が当初の見積もりよりも膨らんできた…」

など、悩んではいませんか?打合せが進むたびに金額が増えていくのを見ると不安になるものです。

そこでここでは、

  • 結婚式の費用が上がる理由
  • 結婚式の費用を抑えるコツ
  • 結婚式の費用を抑えたモデルケース
  • 結婚式の費用支払いの分担

…など詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

先に結婚式の費用を抑える節約術を知りたい方は、「2. 結婚式の費用を抑えるコツ」からジャンプして、見てみてくださいね。

1. 結婚式の費用とは

一般的に、結婚式にかかる費用の相場はゲストが約60~70人で約300~350万円です。

また、初期見積もりは最低ランクのものである場合が多く、

  • 各項目のランクアップ
    …料理・ドリンク・引出物・ドレス など
  • 必要な項目の増加
    …両親の衣装・着付け、衣装小物 など

…といったものにより、最終的な結婚式の費用は初期見積もりより上がりがちです。

また、結婚式の費用以外では以下のような出費があることも。

結婚式以外の出費

・受付や余興を引き受けてくれた方へのお礼

・遠方からの方へのお車代や宿泊費

・ウエルカムグッズ

 (受付の飾りやお手洗いのアメニティなど)

・招待状の切手

 (封筒+返信はがき用)

・ブライダルネイルやエステ

かさむ費用の事を考えると、悩んでしまいますよね。

次の章から、結婚式の準備期間ごとに出来る「費用を賢く抑えるコツ」をご紹介していきます。ぜひ実践して、節約しながら素敵な式を作り上げましょう。

2. 結婚式の費用を抑えるコツ

ここでは、元ウエディングプランナーによる「賢く費用を抑えるコツ」を式当日までの残り期間ごとにご紹介します。

自分たちが何にお金をかけたいのか話し合い、優先順位をつけるのがポイントですよ。

※この章では【ゲスト70名(親族30名/会社・友人40名)】規模の結婚式を想定しています。また、金額は結婚式場によっても異なるため、節約金額は前後する可能性があります。

2ー1. 5~6ヶ月前に出来る節約術

結婚式の打ち合わせが始まる前。この時点から出来る節約術をご紹介します。

◆招待状の自作

式場のプランにおいて、招待状にかかる費用はゲスト70名なら合計で約4万円(1通当たり約500~600円)ですが、

  • 手作りキット
  • 外注

などで自作すれば約2万円(1通当たり約200~300円)で収まります。

初回の打ち合わせまでに仮のものを作成し、プランナーさんにも確認してもらいましょう。

発注部数に注意しましょう
外注する場合、追加注文が10部~など制限があるので、多めに発注するようにしてくださいね。

2ー2. 2~3ヶ月前に出来る節約術

打ち合わせが進み、見積もり金額が上がりはじめた時期ではないでしょうか?

​ここでご紹介する節約術を実践すれば、最大で約27万円の節約をすることができますよ。

◆ペーパーアイテム

席札や席次表などのペーパーアイテムを手作りすることで、以下の様に費用を抑えることができます。

アイテム 相場の費用 自作の費用
・席札  約15,000円
(1人当たり約200円)
約10,000円
(1人当たり約150円)
・席次表 約65,000円
(1人当たり約900円)
約30,000円
(1人当たり約400円)
・メニュー表 約30,000円
(1人当たり約400円)
席次表に印刷すれば0円
合計 約110,000円 約40,000円
(約7万円の節約)

※この表の金額は【ゲスト70名(親族30名/会社・友人40名)】規模の結婚式を想定しています。

◆上映DVD

オープニングDVD、プロフィールDVD、エンドロールなども式場で頼まず、外注することで費用を抑えることができますよ。

また、カットしたり、手作りすることでさらに費用を抑えることができます。

上映DVD 相場の費用 外注の費用
オープニング 約50,000円 約30,000円
・プロフィール 約60,000円 約40,000円
エンドロール 約200,000円 約40,000円
合計 約310,000円 約110,000円
(約20万円の節約)

※表示の金額は編集部調べです。

ただし、上映DVDを式場で頼まない場合プロジェクター使用料などがかかる場合もあるので事前に確認をしましょう。

名前の確認はしっかりと
席次表やエンドロールDVDを持ち込む場合、ゲストの名前の漢字や肩書などに間違いがないか何度も確認をしましょう。

また、プランナーさんにも確認してもらうことを忘れないでくださいね。

2ー3. 1~2ヶ月前に出来る節約術

お料理やドリンクコースはこだわりたいものですよね。しかし、これらのランクアップをすると、見積もりの金額が大きく上がります。

この時期は

  • プチギフト&引き出物
  • お花
  • 演出

など、お料理以外の項目を工夫することで最大約40万円の費用を抑えることが可能ですよ。プランナーさんと相談しながら、上手に節約していきましょう。

◆プチギフト&引き出物

式場でプチギフトの手配を頼むとゲスト70名なら合計で約2万円(1人当たり約300円)ですが、持ち込みをすれば約1万円(1人当たり約150円)に。

費用は抑えつつ、ささやかでも喜ばれるプチギフトを用意しましょう。

また、引出物をゲスト宅へ直送してくれるサービスを利用すると

  • セット価格での割引
  • 式場への持ち込み料のカット

などができる場合もあります。

POINT
引出物の宅配サービスは比較的新しいサービスなので、申し込みたい場合は遅くとも挙式の2か月前までにはプランナーさんに相談しましょう。

◆お花アイテム

ブーケやゲストテーブルなど結婚式を鮮やかに彩るお花は大切な項目ですが、費用がかかりがち。

そこで、お花を最小限に抑えても華やかな式に出来るコツをご紹介します。

◆ブーケ

カラードレスのブーケを外注し、ウエディングドレスと兼用に。

相場:約50,000円→外注:約30,000円


◆両親への贈呈用花束

相場:約10,000円→外注:約5,000円


◆フラワーシャワー

生花100%ではなく、生花+ペーパーやフェザーなどを混ぜる。

相場:約20,000円→アレンジ:約15,000円

さらに、ケーキ台・カットナイフ・演出台・トーチ・マイク・受付用のお花の費用の合計は【約2万円】ですが、これらはお花をカットしてもゲストに気づかれにくいポイントです。

お花の代わりにリボンなどを付けてもらうのもおすすめですよ。

また、お花を外注するときは、以下の点を事前によく確認しておきましょう。

お花の費用を抑えるときの注意点

・持ち込み料がかかるか式場に確認

・当日、お花が取れるなどのトラブル対応について外注業者に確認

◆テーブルの装花

メインテーブルやゲストテーブルの装花の費用相場は合計で【約20万円】です。

  • キャンドル
  • イニシャルオブジェ

などの小物を置き、お花の量を減らすことで費用を削減することができます。

ただし、メインテーブルやゲストテーブルの装花はゲストの目に入りやすく、写真にも残る箇所なのでお花を削る場合には注意が必要ですよ。

プランナーさんだけでなく、フローリストにもしっかりと相談しましょう。

◆演出

キャンドルサービスなどの人気の演出はそのぶん費用が高くかかります。

  • ​ゲストテーブルへのキャンドルサービス
    …費用相場:約7万円
  • メイン演出の大きなキャンドル
    …費用相場:約10万円

ここからは、こうした演出の代わりにお金をかけずにゲストを楽しませられる演出をご紹介します。

ゲストテーブルのおすすめ演出

・フォトラウンド
…新郎新婦が各テーブルのゲストと写真を撮っていく演出。

・果実酒づくり
…ゲストに1つずつフルーツを瓶に入れていって貰い、最後に新郎新婦がアルコールを瓶に注いで完成させる演出。材料費のみで可能。


メインのおすすめ演出

・カラードレス色当てクイズ

・ラッキーディッシュ
…ゲストのお皿の裏にランダムにシールを貼っておき、シール付きのお皿に当たった人に景品を渡す演出。
★当たった方達へのプレゼントを用意しておきましょう

これらの演出はほとんど金額はかかりません。ゲストと一緒に楽しめる演出で、素敵な思い出を作ってくださいね。

2ー4. 2週間~1ヶ月前に出来る節約術

この時期はハネムーンも控えていますし、もう少し費用を抑えたいところではありませんか?

  • アルバム&記録撮影

など、まだ節約出来るポイントはありますよ。最大で約26万円の費用を抑えることができます。

◆アルバム&記録撮影

式場のプラン内でアルバムを作る場合は、撮影数を減らさずにアルバムのランクを下げるのがおすすめです。

また、ビデオ撮影もカットして知人に依頼するなどすれば、下記の様に費用を抑えることが可能です。

アイテム 相場の費用 節約後
・アルバム 約220,000円 約160,000円
記録撮影 約200,000円 0円+知人へのお礼
合計 約420,000円 約160,000円
(約26万円の節約)

※表示の金額は編集部調べです。

データのみの販売がある場合は思い切ってアルバムもカットしましょう。データを受け取ったあとは

  • 自分たちでアルバム作り
  • アルバム作成サービスの利用

などをするのもおすすめですよ。ただし、これらの費用を節約する際は以下の様なポイントに注意が必要です。

撮影数や記録撮影についての注意

・写真の撮影数や記録撮影は後から追加注文することは出来ない

・撮影を知人に依頼した場合「希望のシーンを撮影してくれていなかった」などのトラブルも

費用の節約をする際は、よく検討してくださいね。

ここまで結婚式の費用を抑えるコツをご紹介してきましたが、いかがでしたか?是非実践してみて下さいね。

次の章では、ご紹介した節約方法を実践したコストカットのモデルケースをご紹介していきます。

3. 結婚式の費用を抑えたモデルケース

ここでは、実際に「2. 結婚式の費用を抑えるコツ」の節約方法を実践して、費用を抑えた挙式のモデルケースをご紹介していきます。

ケースA:
ホテルにて結婚披露宴
(ゲスト70名/7月挙式)

  • 結婚式費用ブライダル人気おすすめランキング

◆式を挙げたAさんのコメント

結婚式費用ブライダル人気おすすめランキング
賢く費用を抑えておもてなし重視
ホテルならではの格式や品格を損なわないように、招待状やペーパーアイテムは品のあるデザインを選択。演出をカットしゲストとの時間を多くとりおもてなしを重視ししました。

品格を損なわない様、ペーパーアイテムやDVD作成も完全に手作りにはせず、外注でクオリティを保った賢い節約術です。

ケースB:
ゲストハウスにてガーデン挙式&ウエルカムパーティ
(ゲスト70名/4月挙式)

  • 結婚式費用ブライダル人気おすすめランキング

◆式を挙げたBさんのコメント

結婚式費用ブライダル人気おすすめランキング
こだわりのガーデン挙式のために節約
ガーデンを使ったオリジナルの結婚披露宴をかなえるために節約。でも節約したと思われないようにゲストにかかわる料理や引出物は削らずこだわりのものをチョイスしました!

会場が華やかなので、ゲストの目に入る部分はしっかりお金をかけて、印象に残りにくい部分で上手に節約していますね。

ケースC:
レストランにて結婚披露宴
(ゲスト70名/12月挙式)

  • 結婚式費用ブライダル人気おすすめランキング

◆式を挙げたCさんのコメント

結婚式費用ブライダル人気おすすめランキング
ゲストへの感謝を大切にした披露宴
レストランだからこそ料理にはこだわりたかったため、持ち込みできるものは節約していきました。アットホームにみんなとゆったりと過ごせるような雰囲気に!

手作りアイテムを上手に取り入れアットホームな雰囲気にして、その分ゲストへのおもてなしを重視していますね。

どの結婚式も費用を抑えているとは考えにくい、とても素敵な結婚式です!

続いては、結婚式の費用を考える上で外せない「費用の分担」についてをご紹介します。

4. 結婚式費用の分担について

ここでは、結婚式の費用の分担についてご紹介していきます。

4ー1. 結婚式費用の分担パターン

結婚式の費用の金額と同等か、それ以上によく検討する必要があるのが「費用の分担」についてです。

結婚式の費用の分担方法に決まったものはありませんが、

  • 新郎新婦が全額支払う
  • 新郎家・新婦家どちらかが多く支払う
  • 両家で折半する
  • 両家で人数割り
    …最終金額を招待人数で割り、招待した人数分の金額を支払う方法
  • 両家で項目分け
    …料理などの項目は人数割り、アルバムなど2人のものは両家で折半、衣装などはそれぞれで負担、など項目により分担する方法

などの分担パターンがありますよ。

ご祝儀は両家で分ける?
ご祝儀は各家にいただいたものなので、どちらかが全て受け取ったり、合算して等分するということはありません。

次に、費用の分担で起こりがちなトラブルを回避するためのポイントをご紹介します。

4-2. 結婚式費用の分担トラブル

「どちらが多く支払う、支払わない!」

…など、結婚式の費用分担については支払いの直前にトラブルが起きがちです。このようなトラブルが起きてしまうのは、

  • お互い~~のつもりでいた
  • 詳細まできちんと決めていなかった
  • 両家とも、新郎新婦を通してしか話していない

…など両家できちんと話し合えていないことが原因。これらを避けるためには、下記のタイミングで両家での話し合いが必須です。

話し合いのタイミング

・会場が決まったとき

・最終見積もりが分かったとき

その際、あらかじめ新郎新婦の意見を決め、両親もそれぞれ意見をまとめておきましょう。 決まった分担方法はないので、両家で納得いくまで話し合うことが大切ですよ。

5. まとめ

いかがでしたか?

結婚式の費用を抑えるコツや分担方法などご紹介してきました。やってみたい節約方法はありましたか?

ご紹介した方法を参考に、無理せず賢く費用を抑えて、理想の結婚式を叶えてくださいね。

結婚式についてもっと詳しく知りたい方は

上記の記事もあわせてチェックしてみて下さいね。